マンガでよめる痔のこと・薬のこと

回答、大至急でお願いいたします。
実は今日、職場で針刺し事故をしてしまいました。本来ならすぐに報告して患者さんの感染症の有無を検査をするのですが、育児休暇あけで復帰したばかりで新しい職場に慣れず怖くてできませんでした。
患者さんの2ヶ月前の結果では、HB、HCV(-)でした。私は8年前にHBワクチンを受けています。
患者さんからの感染リスクって高いでしょうか?そして、私はどのくらいしたら採血して感染の有無を調べたらよいでしょうか?ワクチンの効果はもうないでしょうか?2年前はHBs抗体169でした。
もうパニックでどうしたらよいか…。と言うより、何故あの時言わなかったのか後悔ばかりで…。
2人目の妊娠を考えていた矢先だったのでショックです。
どなかた詳しくご存じの方、早めに回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

看護師の方でしょうか?


一刻も早く、お勤め先に正式に報告されるべきと思います。
「善は急げ」、「鉄は熱いうちに打て」です。
報告が遅れると、労災認定されないこともあるようです。

感染の有無についてですが、下記サイトの掲示板で質問されることをお勧めします。
血液や性感染症の専門家である医師が運営しておられるサイトです。
http://tetsujin.hiho.jp/

過日、看護師さんの仕事ぶりを拝見する機会があったのですが、「看護師とは、とても大変で危険な仕事だな」と思いました。
看護師も含め、医療従事者の職務には頭が下がります。

ただ、この場をお借りして苦言を呈させていただきます。
育児休暇明けだろうが職場に不慣れだろうが、医療事故の言い訳にはなりません。
今回はご自身に対する事故だからまだ良かったものの、他人に対しての事故だったならば、「切腹もの」となっていた可能性もあります。

それは看護師も人間ですから、疲れたりボーッとすることがあるのは分かります。
しかし、どうか勤務中は雑念を捨て、最大限に気を張り詰めていてください。
そうでないと、我々医療を受ける側の人間は、安心して身を委ねることができません。

とにかく質問者さんが感染していないことをお祈りします。
    • good
    • 0

出勤して病院の責任ある立場の方からの助言あるいは判断を頂けばかなり安心できると思います。

私のは素人の個人的感想にすぎません。普通は受け持ちの患者さんがキャリアーかどうかは事前に分かっているものだと思います。
    • good
    • 0

患者さんがキャリアーでなかったら6か月も心配する必要はないはずです。

この回答への補足

もしキャリアの方ならHCV抗体はプラスになってますよね!?マイナスだったからキャリアではないですかね?
6ヶ月と考えたのは、HB,HCVに感染していないってはっきり言い切れる期間がそのくらいなのかな?と思いまして…。何かハッキリわかりましたら、ぜひ教えてください。

補足日時:2009/05/31 08:14
    • good
    • 0

現在問題になる感染症はC型肝炎とエイズのようです。

エイズはともかくC型肝炎の方はキャリアーの人が多いようです。ただC型肝炎はワクチンもないようですし、針刺し事故を起こしたら感染しなかった(患者さんがキャリアでなかった)ことを祈る以外ないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とりあえず6ヶ月後の血液の結果まで、ひたすらいのってます。

お礼日時:2009/05/31 06:40

現在は医療従事していないので、現在の検査状況や職場ごとの検査詳細はわかりませんが、


1ヶ月後、3ヶ月後、6か月後に感染の採血検査だった思います。

今からでも遅くはありません。
自分の将来、これから家族となるパートナーや子供の将来も考慮して、すぐにでも報告すべきだと思います。

参考 針刺し事故の対処

http://medt00lz.s59.xrea.com/man_2004/ketusin/no …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
時間が経てば経つほど言えなくて…。まわりが厳しくて。弱い自分がいやです。早い回答嬉しかったです。

お礼日時:2009/05/30 17:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【医療従事者の方へ】針刺し事故をしてしまいました。。不安です

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。一刻も早く検査とグロブリン投与をしてほしいところですが、専門医がそういわれるので、それに従うしかありません。が、そんなに悠長なことで大丈夫なんでしょうか?
チクっとしか刺していないし、すぐに流水洗浄をしましたが、時間が短くやや不十分であったこと(穿刺部をもっと爪でギュっとしごくようにすればよかった)と、消毒をアルコールで軽くしかしなかったことをすごく後悔しています。
点滴の針なので、血液の付着も(見た目的には)ないと思うので、感染の確率は低いとは思いますが、やはり不安で仕方がありません。

職場には針刺し事故に関するマニュアルがあり、グロブリン投与や今後定期的に肝機能検査を行うことなどの記載があり、体制としてはしっかりしていますので、それに準じていれば安心かなとも思います。ただそれにはHIVのことが一切含まれていないので、自費で抗体検査をするしかないかなと思います。
私の周りで針刺し経験者は何人かおり、みな健在ですが、全国では亡くなった医療従事者も少なからずいるみたいで、不安が募る一方です。
このままだと連休中、ずっと悶々としそうです。
できればちょっと安心できるような回答がいただけたらなあと思って質問してみました。

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。...続きを読む

Aベストアンサー

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量は少ないので感染する可能性は少ないと思います。また、貴女自身の免疫力も関係しますので、貴女が免疫力が正常で、その時の体調が悪くなければ、それほど問題にはならないと思います。あと、患者さんの疾患名が書いてありませんが、肝疾患患者ではないですね。肝疾患でなければたとえB型、C型が陽性であってもウイルス量が少ないので心配ないと思いますよ。それにHIVが心配と言うことですが、増加しているとはいえ、HIV患者はまだ日本には少なく、針刺し事故に関係した患者がHIV陽性であったという可能性は非常に低いと思います。いずれにしろあまり心配なされない方が良いかと思います。

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量...続きを読む

Q針刺し事故になりますか?

1ヶ月ほど前に看護師として働いていたクリニックでのことです。(現在は事情があり辞めています)
ある20代の患者さんの採血をしました。
翼状針での採血をし、スピッツに分注したのですが、後片付けの際の動作(?)で針先がスピッツから抜けてしまい、針先で左手の手背をかすってしまいました。

幸い出血もなく、よーく見ると軽くひっかいたように少しだけ赤くなっていただけでしたがこれは針刺し事故になるのでしょうか??
調べたところ針刺し事故とは,『「汚染源患者の血液が付着した医療器具(注射針,メスなど)により,医療従事者の皮膚を損傷し,かつその傷が皮下に到達していること」と定義づけられる。
つまり受傷部位からの出血が確認できる状態で,単に血液を浴びた程度や,針がかすった程度のものは針刺し事故として扱わない。』
とあり、今回の件は針刺し事故ではないということなのでしょうか・・・。

また、今回のように針先がかすった程度でも何かしらの感染の可能性はやはりあるのでしょうか・・・。
クリニックのため、その患者さんが感染症を持っていたかどうかまではわかりません。

もう辞めてしまったクリニックでの出来事のため誰にも相談できず心配しております・・・。
どうか回答をお願いいたします・・・。

※ちなみに、かすったあとはアルコール綿で消毒、流水で手洗いをしました。
※患者様は20代女性韓国の方ですが、クリニックは地域柄感染症を持っている方が多く訪れる場所です。

1ヶ月ほど前に看護師として働いていたクリニックでのことです。(現在は事情があり辞めています)
ある20代の患者さんの採血をしました。
翼状針での採血をし、スピッツに分注したのですが、後片付けの際の動作(?)で針先がスピッツから抜けてしまい、針先で左手の手背をかすってしまいました。

幸い出血もなく、よーく見ると軽くひっかいたように少しだけ赤くなっていただけでしたがこれは針刺し事故になるのでしょうか??
調べたところ針刺し事故とは,『「汚染源患者の血液が付着した医療器具(注...続きを読む

Aベストアンサー

医師です。分かる範囲で答えます。まず、今回の質問ですが、針刺し事故になります。その際に、申し出ていれば、針刺し事故として処理されていたと思います。
ただ、今回は、秘密にして時間が経った後に心配になってきたという事ですね。
私も、針刺し事故あります。採血後の針をもろ指に刺しました。幸い入院患者で、HCV、HBV、梅毒陰性だったため報告はしませんでした。HIVは調べていません。針刺し事故は怖いですね。
なかなか感染するものでもないらしいですが、可能性は否定できませんので、どこかの病院を受診して、正直に話して、一通りの感染症の検査をしてみる事をお勧めします。

Q針刺し事故後の対応

はじめまして。私は約200床の私立病院に勤務している看護師です。
昨日、針刺し事故を起こしてしまいました。
私の対応としては、
(1)直ちに水道水で血液を搾り出し、
(2)患者の感染症(HBs、HCV、梅毒)をカルテで調べ、陰性である 事を確認し、
(3)上司に報告。
(4)外来へ行き労災カルテの作成を依頼しました。
当院にはマニュアルがあり、そのとおりに進めていくと
(5)採血
となるわけなのですが・・・。
病院(勤務先)側から「針刺しは自己責任だし、患者には感染症がないのだから採血はしても無意味。自費になるだけだから採血はするな!アクシデントレポートを提出するだけでよい」と言われました。
患者の感染症がマイナスならば血液検査を施行しなくてもよいものなのでしょうか?
結局、労災カルテも作成してもらえず、検査もしてもらえず不安です。
ちなみに、私自身の感染症検査は入職時検診(平成14年)でHBS抗体陰性です。

Aベストアンサー

採血をして事故時のあなたの感染症の有無を確認するのが筋で、それがないと不幸にして感染してしまった時に労災の認定が難しくなります。可能性としてはまれなのでしょうが。
採血が自費というのはどうかしてると思います。病院の儲けは無視できるわけで、実費でできると思うし、その実費も自己負担なんて聞いたことがありません。針刺しが自己責任というのもおかしいです。まあ、病院の針刺し防止システムが完璧であなたがそれを守らなかった、というのならわからないでもないですが、採血を自費でなどという病院ならシステム的にも知れてるような気が・・・。
勤務先、というのは看護部ですか? もし、医師とか事務なら、師長か看護部長に相談されたらいいと思います。

Q針刺し事故をしてしまいました。

針刺し事故をしてしまいました。
といっても新品の針なので感染の危険はないのですが、問題は痛みです。
中指の第二関節のすぐ下あたりを40日程前に刺し、刺したあたりが少し腫れていて押したり手を握ったりすると痛みます。
内出血をギュッと押したような痛みです。
だいぶ日にちが経ったのに一向に良くなる気配がなく、ずっとこのままではと不安になりました。
放っておけば治るのでしょうか?
それとも医師に相談すべきでしょうか?
もし受診するなら何科を受診すればいいでしょう?

Aベストアンサー

針刺しで40日の異常は問題大ですね。
看護学生との事なので釈迦に念仏になってしまいそうですが、針を刺した時に皮膚が消毒されていたかが問題となると思います。
状況によっては感染症を起こしている事も考えられますし。

血液検査で採血した際に針先が神経を刺してしまったようで、「しびれ」の症状が出た時があります。
大学病院だったので、すぐに神経内科で対応してもらいました。
大きな病院だと、受診する診療科の相談を受ける相談カウンターやどの診療科が適切なのかを医師が判断する総合診療科があったりします。
新患受付で相談なさってもいいかと思います。

ご参考まで。


このカテゴリの人気Q&Aランキング