最近WINDOWS98が不安定になってきたのでWINDOWSを
再インストールしようと考えています。

その時、現在のHDのデータのバックアップを取って、
再インストールしてからも使えるようにしたいのです。

ところが、現在のHDの中身のバックアップ
をとろうと思うと、サイズが
20Gもあるので、CD-Rの使用は、相当無理があります。

そこで、手元に未使用の40Gの
ハードディスクがあったので、
それを増設しました。
そして、データを全て新しいHDにコピーして、
WINDOWSの再インストールを
行いたいと考えています。

ちなみに説明不足だと思うので、
簡単に書くと

HDD増設→旧ハードディスクから
新ハードディスクに全データコピー(バックアップ)
→旧ハードディスクをフォーマット→WIN再インストール
→バックアップデータを残したまま、新ハードディスクを再インストールしたWINDOWSに認識させて使用する。

です。

しかし、これではWINDOWS再インストール後に増設したHDを認識
させる時に、FDiskをしないといけないから、
バックアップデータは消えるんじゃないのかと思います。

なにかいい方法はあるでしょうか?

A 回答 (1件)

増設したハードディスクは、セットアップ後Fdisk等を行わなくても認識します。


まあ、操作を誤って消さないために、コピー後、増設したディスクのIDEケーブルをはずしておくのがよいと思います。
その後インストールすれば大丈夫です。完全にセットアップ終了後(何度か再起動が必要です)電源断後に40Gのディスクのケーブルを接続し、再起動後データをコピーしてください。

注)データは、データだけですよね?もしアプリケーションソフトもデータと読んでいるのであれば、それらは再インストールの必要があります。

もうひとつの方法として、40Gにバックアップを取るのではなく、40GのHDDをマスターにしてWindowsをセットアップし、セットアップ完了後に、20GのHDDをスレーブとして接続し、データをコピーすれば、失敗しても元の20Gのディスクはそのまま生きていますので、マスターにすれば元に戻りますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早くてわかりやすい返答をしていただいて
ありがとうございます。
さっそく今から言われた
通りに実行してみようとおもいます。

お礼日時:2001/03/10 22:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報