人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

破産者へ貸付があり破産処理中に本人と会い、必ず支払うと念書を書かせたのですが、破産後になんらかの手段で請求できるものなのでしょうか?
尚、破産後の財産処分配当金をわずかに貰っております。
破産処理中に念書を書かせたのに問題ありますか?
また破産は今から5年前ですが遅すぎますか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



まず、破産者の方が裁判所に対して、自己破産の申し立てをされたときに、kk12edbt様が貸しているお金に関しても、免責(払わなくていい)決定を受けておりますでしょうか?

もし、kk12edbt様の貸付金に関しても、裁判所から免責を受けているのであれば、もう法律的にはその借金の返済を請求する権利も、支払う義務も無くなっていますので、回収は難しいと思います。

ただ、破産者の方が免責決定を受けたとしても、免責後に、免責前の借金の支払いをするのは「任意」ですので、故意に支払ってもらうことが「違法」というようなことにはなりません。

そのため、念書を書かせたという程度のことでしたら、そんなに大きな問題ではないと思いますが、あくまで支払は「相手の気持ち次第(任意)」ということになると、思っていただくしかありません…。

このことから、破産をした後5年が経った、現時点で契約書等を交わしたところで、それに強制力はないことになってしまいます。


しかし一方で、もし、破産者が自己破産の申し立てをした際に、kk12edbt様の貸付金を申し立てしておらず、免責決定を受けていなかった場合には、借金の返済を請求することは可能です。この場合には、自己破産をしたとしても、kk12edbt様の貸付金に関する返済義務は無くなっていません。

また、破産処理中の5年前に念書を書かせた時点で、時効は消滅していますし、おそらく「個人同士」の貸付だと思いますから、個人の貸付の時効は10年間で消滅します。ですから、現時点でも請求することは可能だと思います(もし、kk12edbt様が「会社」として貸付を行っている場合には、5年で時効にかかりますので、ちょっと返済請求できるかどうかは怪しいです)。

ですから、契約書や公正証書等を作成をして、請求するようにしましょう。

このことから、現状がいかなる状態であるかを判断した上で、行動に出てみてください。もし、ご自身で判断することが難しい場合には、専門家に相談だけでもしてみるといいかもしれませんね。

債権回収についての無料相談をしている事務所がありましたので、ご紹介しておきますね。ご参考までに…。
http://www.saikenkaisyu.com/

事がうまく進まれることをお祈りしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

milktea04様ありがとうございます。
免責を受けてるようで、なかなかむずかしそうです。

お礼日時:2009/06/02 11:37

> 破産後の財産処分配当金をわずかに貰っております。


配当を貰ったと言うことは、破産債権の中に含まれていたと言うことで、請求の権利を喪失しています。

> 破産処理中に念書を書かせたのに問題ありますか?
問題はないけど無意味。
何が書いてあっても、ただの紙くずと同等の価値しかない。

> また破産は今から5年前ですが遅すぎますか?
破産処理終了の翌日でも、5年後でも、50年後でも同等。
請求の権利がないから。

相手がどうしても払いたいから、返済しさせて欲しいと言ってきた場合のみ、受け取ることが出来る。
こちらから返せという権利はない。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

破産」に関するQ&A: 自己破産前にカード利用

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお金を貸した相手が自己破産することになりました。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識のある知人に相談してもそういった契約は無効だと言われ
貸した相手の任意(善意?)で返してもらうほかないと言われました。

でも,正直納得がいきません。

返してもらう方法があればもちろんのこと
何かしらの天罰(反省させたい)を与える方法はないのでしょうか。
もちろん合法的にです。

貸した金額は相当な金額で,もちろんお金を貸すときは捨てたと思って貸せなければ
貸すものではないということもわかっていて,それで貸したのであきらめるほかないかもしれませんが
なぜゆえに,助けるつもりで貸したこちらが痛い目にあって
借りたほうがふんぞり返って生活するような事態になるんでしょうか。。。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識の...続きを読む

Aベストアンサー

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無効」と言われました。挙句、大声で「そんな理不尽な事があるかい!わしん所みたいな町工場は死ね言うんかい!」と怒鳴りちらしたら、法廷から閉め出されてしまいました。もう悔しくて悔しくて何度もそいつの家に電話して「少しでも払わんかい!」と言ったら、逆に警察に通報され、警察署へ連行。事情が事情なだけに、逆に同情してもらい、すぐ帰されましたが、それが機に「中度の鬱病」を患うハメになり、今は3級の障害者手帳も持っています。ですからあなたの気持ち、痛い程によく解かります。

こういったケースは借りた側の「モラル」に任せるしかないのが現状です。合法的な仕返しをしたいというあなたの気持ちも良く解かりますが、残念ながら今の法律ではそういった方法はありません。何かしでかせば「違法」になり、僕の様に捕まるのがオチです。

唯一、道筋があるとすれば、「私は自己破産するかもしれないが、金を貸してほしい。必ず返す」という文言が契約書に書いてあれば、ある意味あらかじめ「借り逃げ」を前提にあなたに金を融通してもらった事になるのですから、「詐欺」と言えなくもありません。しかしあなたもそれを承知で信用貸ししたのですから、詐欺になるのかどうか・・・。その契約書、法律相談センターで見てもらってはいかがでしょうか。結論がどうあれ、あなたに納得いく説明をしてもらった方が良いかと思います。


僕にはこんな程度のアドバイスしかできませんが、お役に立てれば幸いです。

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無...続きを読む

Q友人の借金をその両親に請求出来ますか?

友人に5年前に300万円を貸しました。5年経った今も返済がありません。
その都度返して欲しいと連絡しているのですが、その時点では返すと言うものの中々返してくれません。少しずつ負担にならない程度でもいいと提案しても、もう少し待ってほしいと言われてしまいます。
借用書は作りませんでしたが、振込履歴は残っています。
近々まとまったお金が必要なんですが、その友人の両親に対して、返済を請求することは法的に出来ますか?

Aベストアンサー

ご両親が知っているのでしたら話してみてよいと思います。
300万円も貸すのに借用書も保障人もたてなかったのですか。
期限は決めてあったのですか。
振込履歴は差し上げたのか、何かの支払いか等々明確になりますか。
ここに相談する前に、当然、弁護士さんには相談していますよね。
何か、お金に関わる事でしまりがないように思えるところがありますが、ご両親に相談しても良いとは思いますが、やはり弁護士さんと相談してからでしょうね。

Qお金を貸した相手が自己破産を考えているようです

約2年前、父が知人へ200万円貸しましたが、返済期間を延ばされては返してくれません。

貸す時、大きな自宅兼会社の写真が入った名詞、知人が所有しているという貸し店舗の時価総額のメモ、1ヶ月後には10億円が入り200万円+お礼金を払うということで信用して貸したようです(どれもこれも、信じる父が悪いのですが。しかも、その大きな自宅は後日、違う人の名義だとわかりました)。

先日、私が電話をしたところ、知人の知人が携帯電話にでて、自己破産を考えていると。しかも、父のほかに約10名から約総額3000万円借りていると知りました。

自己破産をされると、個人間の貸し借りも免責されると聞き、とても不安です。しかも、どうも会社を運営しているのかどうか疑問なので、意図的に3000万円を集めた可能性があるので、どうしても許せません。

裁判所に民事裁判を考えていますが、相手が自己破産をした場合、貸したお金は返ってこないでしょうか?
何か良い方法があればお教え下さい。お願いします。

Aベストアンサー

>>ただ、過去に自己破産をしているかの確認を、本人に聞く以外で何か方法があるかと思い巡らしています。市役所などの破産者リストは見れないでしょうし・・・。もし、何かアイデアがあれば教えていただけますか?お願いします。

信用情報機関にはデータがあると思いますが、一個人がどうこうできるものではないですからね…

一応、破産者は氏名・住所等が「官報」に掲載されますので、図書館で過去の官報を探せば載っているのかもしれません。気の遠くなるような作業ですが・・・

また、確かに自己破産をした場合は免責されるので、免責後は強制的に回収することはできませんが、債権者である以上、相手方が自己破産手続を利用すれば、債権者名簿に載せるための通知が来ます。

それがきていないのであれば、まだ相手方は自己破産手続を利用していないことになります。

詳しくは専門家の方に相談されたほうがよいと思いますが、強制執行をするためには民事執行法22条(http://www.houko.com/00/01/S54/004.HTM#s2)に定められている「債務名義」という文書が必要になります。

債権者がお金を返してもらうために裁判をするのも、この「債務名義」をするためです。

しかし、同じ効果を得るのであれば、「支払督促」によってもできます(http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/minzi/minzi_04_02_13.html)。

これは、債権者の言い分のみを聞いて、債務者に通知を送り、債務者に与えられる2回の機会の間に異議申し立てが行われなければ、「仮執行宣言の付与」といって、民事執行法22条4号によって、「債務名義」とすることができます。

ですので、強制執行をするために必ずしも裁判をしなければならないわけではありません。
支払督促のほうが、簡易・費用が安い・早いなどのメリットもあります(デメリットは債務者が異議を申立てるのに理由が必要でないことや、異議が出た場合は通常の裁判に移行してしまうことなどです)。

もっとも、結局は相手に返済できるだけの資産がなければなりませんし、他にも債権者がいるのであれば、その関係で色々と問題になります。

どちらにしても、素早い対応がのぞまれますし、ここで回答した内容だけではわかりにくいでしょうから、専門家のもとへ行かれたほうがよいと思います。

法テラス(http://www.houterasu.or.jp/)もありますし。

>>ただ、過去に自己破産をしているかの確認を、本人に聞く以外で何か方法があるかと思い巡らしています。市役所などの破産者リストは見れないでしょうし・・・。もし、何かアイデアがあれば教えていただけますか?お願いします。

信用情報機関にはデータがあると思いますが、一個人がどうこうできるものではないですからね…

一応、破産者は氏名・住所等が「官報」に掲載されますので、図書館で過去の官報を探せば載っているのかもしれません。気の遠くなるような作業ですが・・・

また、確かに自己破産を...続きを読む

Q公正証書作成後に自己破産された場合について

初めて質問させて頂きます。よろしくお願いします。

両親が姉の旦那(Aさん 50歳)に500万円貸しました。
毎月10万円返済するように、公正証書を作成しました。
その後、15ヶ月は返済があり、
利子はほとんど貰わないことになっているので、
残りの額は350万円となっています。

Aさんの借金は、上記以外にも、
住宅ローン(2000万円)
消費者金融(500万円)
私が把握して散る範囲でも2500万円あり、他にもあるようです。
8月に住宅ローンの返済が6か月滞っていたため、家を差押えられ
手放すことになるようです。
現在、この債務の整理をAさんのお兄さんがやっており、
(たぶん、法律事務所を通して)自己破産を検討しているそうです。

自己破産により、毎月10万円の返済義務は免責となってしまうのでしょうか。公正証書は無意味なものになってしまうのでしょうか。

私の両親は、60歳をこえており、年金生活をしております。
両親の年金と少しのパート給料は、住宅ローンと保険等の支払いで、
全てチャラになってしまい、
Aさんの毎月10万円の返済でギリギリ生活できている状態です。

私も経済的に余裕が無く、両親への援助も困難な状態です。
両親にとって必要不可欠な生活費ですので、
返済が無くなると生活できなくなってしまいます。
この返済を強制するには、どのような策があるでしょうか。

皆様の知恵をお借り致したく。
よろしくお願い致します。

初めて質問させて頂きます。よろしくお願いします。

両親が姉の旦那(Aさん 50歳)に500万円貸しました。
毎月10万円返済するように、公正証書を作成しました。
その後、15ヶ月は返済があり、
利子はほとんど貰わないことになっているので、
残りの額は350万円となっています。

Aさんの借金は、上記以外にも、
住宅ローン(2000万円)
消費者金融(500万円)
私が把握して散る範囲でも2500万円あり、他にもあるようです。
8月に住宅ローンの返済が6か月滞っていたため...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。お礼見ました。

> 免責を阻止するための申し立てはできないでしょうか。
これについては破産申立て時に債権者に通知が来ますから、その時に不正な行為があるのであれば(例えば資産を隠しているとか、違法なことをして借りているとか)申し立てることはできますが、通常では資産がなければ破産宣告はなされてしまいますし、よほどでない限り同時免責ということになってしまいます。

No3.さんのお礼にあります不動産の件ですが、もちろん、債権者同士でその債権の大小により分配されますが、先取特権がありますので通常住宅ローンを組むときにはその不動産を担保にしますから、まずは売ってそのお金で担保権のある銀行等ローン会社が配分を受け、それでも余りがでれば他の債権者と割合を決めて配分を受けることは可能です。。。
しかしながら、ローンを支払っている期間が長くほとんど残債がないような不動産でもない限り、残債に充ててその残りが出る・・・なんてことは少ないようですがね。

公正証書だけではなく、物的、人的保証がなければ自己破産した人の債務を回収するのは難しいですよ。

No.2です。お礼見ました。

> 免責を阻止するための申し立てはできないでしょうか。
これについては破産申立て時に債権者に通知が来ますから、その時に不正な行為があるのであれば(例えば資産を隠しているとか、違法なことをして借りているとか)申し立てることはできますが、通常では資産がなければ破産宣告はなされてしまいますし、よほどでない限り同時免責ということになってしまいます。

No3.さんのお礼にあります不動産の件ですが、もちろん、債権者同士でその債権の大小により分配されますが、先取特...続きを読む

Q自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
私の借入先に、あまり評判のよくないJトラストフィナンシャルサービスが2社(元プリーバ・元スタッフィ)ありますので、とても気になっております。
また、提訴されるとしたら、受任通知を見てからどれくらい後になってからなのでしょうか?
弁護士さんは、来年初めくらいに裁判所に申立をするようなことを言ってましたので、それまでまだだいぶ期間がありますので、心配しております。給与の差し押さえなどされたら、会社にはいられませんので。
お詳しい方、ご経験者の方、よろしかったらお教え下さい。
よろしくお願いいたします。

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
...続きを読む

Aベストアンサー

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
⇒基本無いはずです。闇金関係はしつこく連絡ありますが(これは電話等を変えること)
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
⇒通常無いと思います。私もギリギリ某社から訴状が届きましたが、、、。弁護士先生は何とかしてくれましたが・・・。一度詳しく無視していいものかどうか聞いてみるとよいと思います。

もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
⇒基本無いと思います。弁護士次第です。
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
⇒細かく心配事を話しておく必要があります。
私の借入先に、あまり評判のよくないJトラストフィナンシャルサービスが2社(元プリーバ・元スタッフィ)ありますので、とても気になっております。
また、提訴されるとしたら、受任通知を見てからどれくらい後になってからなのでしょうか?
弁護士さんは、来年初めくらいに裁判所に申立をするようなことを言ってましたので、それまでまだだいぶ期間がありますので、心配しております。給与の差し押さえなどされたら、会社にはいられませんので。
⇒ま、私の場合会社の知るところで、会社の組合から弁護士相談に至りましたが・・・。
お詳しい方、ご経験者の方、よろしかったらお教え下さい。
よろしくお願いいたします。

まとめ
〇弁護士は法的公使を行う為、そのような提訴等は基本無いと思われます。その怪しい2社というのが全情報信用情報記録開示書に出てこないようなところですとありえると思いますが、弁護士はそんなやわな仕事ではないはずです。基本的に心配なことは弁護士に相談すべきです。ま、正直に心配なことをぶっちゃけてすっきりしないと人生のやり直しも出来ませんし。不安で仕事にならないと思います。私は債務整理で払い込み期間は過ぎ、妻は自己破産と行いましたが、自分を反省し見直すチャンスです。弁護士に細かく心配事をぶつけるべきです。弁護士もいろんな人がいますが、要点を絞って反省の誠意を持って話せば誠意を持って答えてくれると思います。国選弁護士、と民間弁護士ではちとお金のかかりかた対応が違うかもしれませんが。解決していくのはあなた自身です。

以上参考になったかわかりませんが。

 

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
⇒基本無いはずです。闇金関係はしつこく連絡ありますが(これは電話等を変えること)
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
⇒通常無いと思います。私もギリギリ某社から訴状が届きましたが、、、。弁護...続きを読む

Q自己破産後の保証人からの請求について

知人の話ですが、知人は自己破産をして免責も得られたそうです。
ところが突然知人の借金の保証をしていた保証人から知人の借金を債権者に返済したので返済を求められたそうです。
知人は破産して免責されたので、払う必要はないはずだと言ったそうです。しかし、保証人は知人が破産したことは知らなかったし、何の連絡通知もなかったから自分は免責されないと言っているそうです。本当でしょうか。ただ、実際破産の際に保証人には、連絡や通知をしておりませんでした。もちろん債権者にはもれなく連絡通知をしたらしいのですが・・・。
ご存知の方ご教授ください。

Aベストアンサー

債務者が自己破産し免責も得られ場合
保証人が債務者本人に変わって支払った部分について保証人が請求できる求債権がありますが
、債務者が自己破産をし免責も得られている場合は求償権を行使してお金を回収することはできません。

>破産したことは知らなかったし、何の連絡通知もなかったから自分は免責されないと言っているそうです。
保証人が求償権を元に返済を求める裁判を起こした場合は、免責債権とされるか非免責債権とされるかは状況などを総合的に勘案し判断されます。

破産・免責の申立で申立人は裁判所に対し、債権者名簿を提出します。裁判所は、異議の申し立てや債権を届け出て貰う為に債権者名簿に載せられた債権者に通知をします。
裁判所から保証人へ通知がなかったので保証人が異議の申し立てや債権を届け出る事はできません。その場合は、免責の例外に該当するので債権は免責されません。

しかし、東京地方裁判所判例(平成15年6月24日判決・金融法務事情1698号102頁)によれば、うっかり忘れてしまった結果として記載漏れをし、それについて過失がないときは記載漏れがあった債権にも免責の効力が及ぶと判断しています。これと同じような判例も他にあります。(神戸地方裁判所平成1年9月7日判決・判例時報1336号116頁等)

債務者が自己破産し免責も得られ場合
保証人が債務者本人に変わって支払った部分について保証人が請求できる求債権がありますが
、債務者が自己破産をし免責も得られている場合は求償権を行使してお金を回収することはできません。

>破産したことは知らなかったし、何の連絡通知もなかったから自分は免責されないと言っているそうです。
保証人が求償権を元に返済を求める裁判を起こした場合は、免責債権とされるか非免責債権とされるかは状況などを総合的に勘案し判断されます。

破産・免責の申立で申立人は裁...続きを読む

Q弁護士への手紙の書き方は?

弁護士への手紙の書出しや封筒の宛名は、弁護士の後に○○弁護士様とするのか、そのまま○○弁護士とするのか、それとも弁護士という肩書きは書かないのが普通ですか?

Aベストアンサー

弁護士に限らず日本語のルールですが、社会的地位を表す肩書きの後に様、殿などの一般敬称をつけるのは間違いです。

****法律事務所
山田 太郎 弁護士

又は、

****法律事務所
弁護士 山田 太郎 様

とします。弁護士の場合は、

****法律事務所
弁護士 山田 太郎 先生

とする方法もあります。

弁護士様 とか 課長様 とか 教授様 などとするのは日本語として間違いです。
なお、様と殿ですが、殿は敬意を表す言葉としては十分で無いといわれており、通常は「様」を使います。
「殿」はたとえば社内で他の人に回覧する、あるいは他の人に当てたビジネスレターなどで使用します。
社外などより敬意を表さなければならない場合は使用してはいけません。

Q自己破産しているか調べる方法は?

個人に貸し付けてあるお金があります。
その個人が、自己破産をしているかどうかを調べる方法はありますか?
会社で貸付金として処理してあるので、破産されていれば損金でおとせます。
個人は埼玉県に住所をおいています。当社は県外にあるのですが、裁判所とかでわかるんですかね?
また、官報に破産者は載ると思うのですが、それから調べられる方法はないですか?

Aベストアンサー

官報からの検索は非常に手間暇かかります。

図書館の倉庫等に保存されている官報綴から一頁、一頁探して行けば破産の有無の確認は可能です。

何年分探すかは別として探す事はできると思います。
(事実、私は過去何例が実際に法人登記簿→官報の順に検索して管財人弁護士を探し出した事があります。)

尚、破産法では以下の例外規定があります。

破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権(当該破産者について破産手続開始の決定があったことを知っていた者の有する請求権を除く。) は免責債権から除かれます。

今回のケースはこの規定に遭遇する可能性があります。

この場合、破産手続開始時の無届債権として非免責債権として、今後も請求し続けるか、それとも「知っていたことにして」償却してしまうかは自由です。

Q大金を貸した相手が自己破産。。。

スポンサーの金を、勝手に運転資金に使い込まれてしまいました。
頼まれてその分を貸したのですが、相手が直後に自己破産してしまいました。

裁判で取り返すことはできるでしょうか。
逼迫しているため、かかる期間も教えてください。

Aベストアンサー

個人間の借金の時効は10年、企業では5年です。

これを成立させるには、借りた方が内容証明で「時効が成立したので支払い義務はありません」と宣言しなければなりません。

ただ、これは「返済をしなくなって、借金のことも認めない」状態での年数です。月賦で払っていれば、逐一時効期間が延長されている状態になります。
だから、住宅ローンが何十年も契約できるのです。

払わせたり、訴訟でも起こしたりすれば、時効は中断します。


人気Q&Aランキング