リングスの代表って事は知っていますが、他に何かしているとしたら
教えて下さい。仕事でも趣味でも。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

最近、雑誌でよんだのですが、プロモーター(リングスへの)として世界規模で動いているとの事。

最近リングスへの参戦選手の層の厚いことは、やはり前田代表の働きでしょう。

ご本人はMACで情報収集を行っているとの事。

あんまりTVとかでは見かけないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
もっともっと お姿を拝見したいですう。。。。

お礼日時:2001/03/14 23:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前田日明について

最近、前田さんのことが好きになったんですが、もう引退してるようです。前田日明さんについて、何かおもしろいエピソード知ってる人、教えてください。

Aベストアンサー

前田日明の事は、
自伝書の「パワー・オブ・ドリーム」を読めば、殆んどの事が分かりますので、古本屋でお探し下さい。


デビュー前は、
大阪出身の「在日朝鮮人」ですので、
物凄く喧嘩が強くて、高校時代は前田の名前を知らない人がいない程に、喧嘩では有名な人物でした。


新日本プロレスに入るきっかけは、
アントニオ猪木の自宅に招待されて、当時:妻の倍賞美津子が、お茶を持ってきて、芸能人を見て驚いた。
が、
プロレスラーに成れば「美人の嫁が貰えるゾ」と、猪木に口説かれて、新日本プロレスに入団したのも、きっかけの1つです。



マスコミに大して切れる事も壮絶で「石田えり スキャンダル」取材映像は必見です・・・。

前田日明vsマスコミ
前田日明vsプライド
前田日明vs安生洋二
前田日明vs尾崎允実
前田日明vs高橋義生
前田日明vs長井満也
前田日明vs山田英司
前田日明vsドン・中矢・ニールセン
前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアント
前田日明vs長州 顔面キック
前田日明vs佐山聡 金的

と、
格闘技&プロレス関係者で、前田日明を嫌ってる人は、多数いるのが実情で、

プロレス界の「嫌われ者」でした・・・。
が、
その逆に、カリスマ的な人気を持った「格闘家」でした!

前田日明の事は、
自伝書の「パワー・オブ・ドリーム」を読めば、殆んどの事が分かりますので、古本屋でお探し下さい。


デビュー前は、
大阪出身の「在日朝鮮人」ですので、
物凄く喧嘩が強くて、高校時代は前田の名前を知らない人がいない程に、喧嘩では有名な人物でした。


新日本プロレスに入るきっかけは、
アントニオ猪木の自宅に招待されて、当時:妻の倍賞美津子が、お茶を持ってきて、芸能人を見て驚いた。
が、
プロレスラーに成れば「美人の嫁が貰えるゾ」と、猪木に口説かれて、新日本プロレスに入...続きを読む

Q滝本誠さんについて何か知っている事教えてください

柔道家・・・いえ今は格闘家の滝本誠さんについて何か知っている事教えてください。
シドニーで金メダルを取った事は知っています。
それ以外で滝本誠さんの事について知っている事を教えてください。

Aベストアンサー

瀧本誠選手のファンサイトがありますので
紹介しておきます。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/3919/

Q前田日明vsアンドレ戦

昔、前田日明vsアンドレザジャイアントの
試合をインターネットでそれも無料で
見れたのですが今はそのサイトが
どこに行ったのか分からなくなりました。
もし知っている方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

テレビ朝日からクレームがついて映像公開出来なくなったようです。
テレビで収録しなかったので、著作権はないはずですが、テレビ朝日側は著作権の侵害との主張のようです。
管理人は近いうちに復活させると言っていますので、
期待できますね。

参考URL:http://home.intercity.or.jp/users/saigou/comment3.htm

Q前田日明のリングス時代のテーマ曲

新生U時代までの前田の曲は、CAMELのCAPTUREDですが、リングス時代はアレンジの違う曲だった気がします。
もしくはリングスのテーマ曲かもしれません。

その曲のタイトルとアーチストを知りたいので教えて下さい。

Aベストアンサー

jakyyです。
リングスのテーマソングで流れている曲は、
公式テーマ「VICTORY TRACK」となっています。
誰の曲であるかは、わかりません。


http://www4.kcn.ne.jp/~jun4416/listcd7.htm

QなぜA級戦犯?ターザン山本&佐山聡

プロレスに最近興味を持ち始めた初心者です。

プロレスの歴史においてターザン山本&佐山聡の2名が

業界でA級戦犯?の様な扱いを一般的にされているようですが

その理由・背景・経緯をお教えください。

是非、初心者にも分かり易い解説で宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

おそらくは
佐山サトル名義でターザンがプロレスの内幕を暴露する「ケーフェイ」という本を著したからでしょう。

今では大方のプロレスファンはプロレスにブック(筋書き)があることは承知していますしそれはそれとして楽しんでいます。
また団体によってはブックがあることを隠さずむしろ逆手に取って観客を楽しませようとしています。

が、「ケーフェイ」が出版された頃は(およそ30年前)プロレスは格闘技のいわゆるガチ勝負、または勝敗は予め決まっておらず技を受けあって耐えぬいたほうが勝ち、みたいに考えているプロレスファンはたくさんいました。

そういうファンにとってシリーズの話題作りや試合の勝敗の筋書きが決まっているとあきらかにした「ケーフェイ」の内容は許すことができないものでした。
また、プロレスの仕組みについて気づいていたファンでも、それを本にして公に明らかにしてしまうことは違っていると考える人が多かったように思います。


>なぜA級戦犯?ターザン山本&佐山聡
その頃からのファンで未だその気分を引きずっているひとも多いでしょうし、その人達の意見に同調する当時のことを知らないファンもたくさんいるのだと思います。

それに加えて、半ばネタとして言っている人もたくさんいると思います。

おそらくは
佐山サトル名義でターザンがプロレスの内幕を暴露する「ケーフェイ」という本を著したからでしょう。

今では大方のプロレスファンはプロレスにブック(筋書き)があることは承知していますしそれはそれとして楽しんでいます。
また団体によってはブックがあることを隠さずむしろ逆手に取って観客を楽しませようとしています。

が、「ケーフェイ」が出版された頃は(およそ30年前)プロレスは格闘技のいわゆるガチ勝負、または勝敗は予め決まっておらず技を受けあって耐えぬいたほうが勝ち、みたいに考...続きを読む

Qノゲイラのリングスでの黒星

確かノゲイラがリングスマットに上がっていた時代に、一度負けた記憶があるのですが、誰に負けたのでしょうか。
それとも記憶違いでしょうか。

Aベストアンサー

KOKトーナメントの決勝で、ダン・ヘンダーソンに判定で負けていました。

Q前田日明はどうして格闘技雑誌で連載をもてるのでしょうか?

個人的に、プロレスの途中で相手とのコミュニケーションがとれなくなった・・・以外の「真剣勝負」を前田日明はやっていないと思います。技術にも見るべきものはないと感じられます(のっそりとした、未熟な空手式の技術、そして同じくもっそりとした関節技)それなのにどうして格闘技雑誌で連載を持ったり、語ったりできるのでしょうか? その連載をしている雑誌は「NO FAKE」を一時、キャッチフレーズにしていましたし、実際にリングスでも地味な試合でも真剣であれば大きく載せていましたし、前田日明の試合は小さく載せていました。これだけ総合が成熟したのなら、真剣勝負をやっていない人に頼る必要はないのではないでしょうか?

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6678052

Aベストアンサー

自分も質問者様と同じよう、前田が横柄なのには閉口です。

しかし、前田はアマチュア大会開催(アマチュアリングス、アマチュアKOK)など、総合格闘技界の発展に寄与したのも1つの事実です。

現役時代の選手としての活躍だけでなく、そこらへんも雑誌の編集部は考慮しているんではないかな?とは思います。

あと、今年2月のK-1MAXの決勝での小比類巻を酷評した件はインパクトありましたね。
「前田憲作」の間違いだろう?といくつもの媒体を確認したけど、あれは小比類巻自身がアドバイスを求めているからいいんでは?と思います。

Q角田選手、西選手、佐竹選手のリングスでの試合

正道会館の角田選手、元正道会館の佐竹選手、和術の西選手は、90年代あたまに、リングスに参戦していたようですが、どのようなルールで試合をしていたのでしょうか? この時代に活躍していた選手に興味があります。

対戦相手ごとにルールが変わるようなしあいをしていたのでしょうか? それとも、毎回同じルールで試合をしていたのでしょうか?

西選手の試合だけは、一度ビデオで見たことがありますが、スタンディングは顔面掌底、グランドは打撃なしのような感じでした。

それから、この3人の試合は、常に「競技」的なものだったのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

その3選手はレギュラー参戦的だったのでRINGSルールで試合をしていました。

それ以外に「実験リーグ」なるものがあって、正道会館の選手が数名参戦していました。
覚えているのはアダム・ワット選手、玉城選手、後川選手、無名の関節が柔らかい選手(笑)

当時のRINGSルールですからスタンドでは顔面は掌底のみ、膝がついた相手への打撃は一切なしです。
3人とも打撃が得意だったので肘パット着用の上での肘ありルールで闘っていたと記憶しています。

対戦相手によってルールが変わるというかキックルールで行われた試合などもありましたね。
実験リーグでのワットVS岩下など。

一番変則的だったのが実験リーグでの後川VS平直行の試合です。
奇数ラウンドと偶数ラウンドでルールが異なり、キックルール(グローブあり)、RINGSルールを混ぜるというものでした。

最後の、「競技」的 という言葉がよくわかりません。
どういう意味でしょうか?「競技的でない」のはどのようなものでしょうか?

Q以前に格闘王の前田日明さんが、沢木耕太郎の書いた名作『一瞬の夏』を否定

以前に格闘王の前田日明さんが、沢木耕太郎の書いた名作『一瞬の夏』を否定している発言をした話しを聞きました。
どなたか詳しい話しを知っていたら教えてください。
何でも沢木耕太郎の書いた名作『一瞬の夏』は否定したけどある本のことは賞賛したそうです。
僕は沢木耕太郎さんが大好きなので驚きました。
また、前田さんは本当に在日なのでしょうか?

それにかんするちょっとした情報が下記になります

 『SPA!』の前田日明のインタビューについて、
 前田兄さんは、宿敵 ターザン山本をカバーしない人たちを叱りつけ、
 さらには、『一瞬の夏』を読んで、
 沢木耕太郎さんの本を全部捨てましたと、
 カシアス内藤も顔色を変え、
 山口二矢もグサリのテロリスト発言しておるのだ。
 凄いね。

よろしくお願いしますっ!

Aベストアンサー

前田は間違いなく在日です。
自分でTVで堂々と告白してますし、祖母から日本で活躍している人は全員韓国人だと教えられて育ったと先月くらいにTVで言ってました。
前田と言うとアナウンサーにTVカメラの前でガチで脅していたのを見て、こいつクズだなと思っていました。
在日と聞いてやっぱりなって思いました。

Qリングスは今後どうなっていくのでしょか?

リングスは今後どうなっていくのでしょか?

旗揚げからのファンでしたが、
昨年末のあの訃報・・・。
リングスは今後どうなっていくのでしょか?

ご連絡、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現在までの公式発表および、各方面からの情報によりますと、
1. リングス・ジャパンは会社組織として消滅する。
   よって、高阪・滑川他3名との選手契約は解除。元5名の所属選手は、
   次回興行後、フリー選手となります。
2. 各選手の動向ですが、実績のある高阪・金原に関してはUFCやPRIDEあるいは
DEEP等からオファがあると思われ、フリーのままでも自らプロダクションを
立ち上げたり、他団体・プロモーションへの移籍等々今後への不安は少ない
と思われます。
3. リングスのネットワークに関しては各国独立形態のため、存続意思のある所
は、継続して地元等で不定期に興行を行う可能性ありとの事。

いずれにせよ、総合格闘技の先駆者であり団体がなくなるのは非常に残念です。
前田日明氏には今後とも、何らかの方法で頑張ってもらいたいものです。


人気Q&Aランキング