プロが教えるわが家の防犯対策術!

電子を粒子加速器で光速に近付けようとして加速していくとその電子はどんどん重たくなるという話があります。電子に電気的力を加えて加速させ光速を超えるには無限大のエネルギーが必要になってしまいそれは不可能であると一般向けの科学雑誌で読みました。それならば、光速の直前まで加速した電子の進路を地球の重力場の方向(下向き)に曲げたら、地球の重力加速度で加速して簡単に光速を超えられるんじゃないでしょうか?この発想って大きな間違いでしょうか。きっとできないですよね。どうしてだめなのか、専門家ではないのでもう何年もその答えがわからないままです。周りに正しく答えてくれるような専門の方もいません。どなたか分かりやすく教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1様、すばらしい。



重力波は光速で伝播するのだから、
物質は、速度V<Cでその力(重力)を受け取らねばならない。

ので、
光速を超えて力を受け取る事は出来ない。

んじゃないの? つ^_^)つ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E5%8A%9B% …(%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E8%AB%96)

おやすみなさい。 ○(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重力は光速で伝わるということですね。だから仮に光速で運動する粒子があったとしても、重力はそれ以上伝わらず、加速しなくなる、、、説得力のある回答に目からうろこです。ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/03 09:07

相対性理論では (ニュートン力学でも同じといえば同じだけど) 「外力によって運動量が変化する」と考えます. そして, 「運動量そのもの」はいくらでも大きくなることができます.


ところが, 物質の持つエネルギー E, 質量 m, 運動量 p, 速度 v の間には
E^2 = (mc^2)^2 + (pc)^2 = (mc^2)^2/[1 - (v/c)^2]
の関係が成り立ちます. したがって, 質量が 0 でない (正である) 物体に対しては, 「どのようにエネルギーを与えたとしても」その速度が光速に到達することはあり得ません.
とどのつまり「そもそも力の種類はどこにも影響しない」ということで. 電磁気力だろうと重力だろうと, 種類は無視して「力」として扱います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あうっ、数式が出てきました((+_+))。この関係式、解るようなわからないような、、、う~ん、奥が深いというか勉強不足というか。。。相対性理論について素人ながらもう少し深く勉強してみようと思います。力の種類には関係ないということの分かる式として覚えておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/04 00:18

光速は30万km/秒です。


自由落下で1秒間に落ちる距離は4.9mです。(質量に無関係。)
(そのときの速さは9.8m/秒です。)

光速で1秒運動するとして、30万km進む間にたった4.9mしか落ちません。
(そのときの速さは√{(30万)^2+(0.0098)^2} km/秒です。)
ほとんど誤差の範囲です。

しかも、この1秒間の軌道は直線でなければならないので、地球上では決して実現できません。
(軌道を円形にしたら等速円運動になり、速さは変わりません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのかあ。ちゃんとそういう計算したことありませんでした。地上では実現不可能なんですね。ありがとうございます。視野が広がりました。どっか他の星とかを想定して考えてみます。

お礼日時:2009/06/03 08:29

専門家ではないのですこし幼稚な回答かもしれませんが、


電子でも物質である以上例外なく慣性の法則に支配されます。
すなわち、速度が速ければ早いほど進む向きを変えるためには
莫大なエネルギーを消費してしまうのですよ。
なので、せっかく光速の寸前まで加速しても、
進行方向を変えた時点でエネルギーをロスして速度が低下するので、
やっぱり光速は超えられないって感じじゃないでしょうか。

この回答への補足

zivさん、早速のご回答ありがとうございます。
そうですよね、加速に使ったエネルギーが無駄になってしまうみたいな感じですかね。
考えてみたんですけど、例えば水平平面上に設置された半径1kmの円形加速器のどこか1か所で進路を切り換えて、同じく今度は垂直平面上に半径1kmの円弧を90°描くような経路につなげてやれば、水平平面上の経路と同じ半径で滑らかに地球の中心方向に向きを変えられると思うのですがいかがでしょうか。そこで地球の重力も電子の質量に比例して加わるので、極端な話、無限大になっていく電子の質量には無限大とも言える重力がかかり、光速に近い電子も9.8メートル毎秒二乗の一定加速度で加速して光速を超えてしまいそうに思うのですが。
よろしくお願いします。

補足日時:2009/06/03 00:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐにご返答くださったのでとても嬉しかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/03 15:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光速度が不変なのには理由があるのでしょうか?

光速に関する素朴な質問です。

1.なぜ光速度は不変なの?
 光の速度はいかなる理由によって不変と決まっているのでしょう。
 方程式を解くように論理的に説明ができるのでしょうか?
 それとも実験結果を受け入れているだけですか。
2.本当に光速度は不変なの?
 空気、真空、水の中でも進む速度は同じですか?
 光が水に入ると屈折しますが、これは速度が変化しているのではありませんか。
 AからBに向かう光の渦の中をBからAに向けて発射された光は遅くなりませんか?
 光に邪魔(干渉)されて遅くなる気がするのですが。
3.どうして遅くならないの?
 光速に限界があるのは、光子に質量があるためと理解しています。
 しかし、遅くすることは可能なのではないでしょうか?
 光子の質量を重くしたり、エネルギーを奪うようなことはできないのでしょうか。
 波動の性質を変えたりできませんか?
4.電磁波の進む速度は?
 光は電磁波の一種、可視光線だそうです。
 他の電磁波、X線、紫外線、マイクロ波、ラジオの速度はどれくらいですか?
 光より遅いとすると、どうして遅いのでしょうか?
5.時間が進むのは一定であるという前提で相対性理論はできませんか?
 相対性理論は、光速度が不変であると仮定して成り立っています。
 だから時間の進み方が早かったり、遅かったりします。
 逆に時間が進むのが不変であるという仮定して、新相対性理論はできませんか?

光速に関する素朴な質問です。

1.なぜ光速度は不変なの?
 光の速度はいかなる理由によって不変と決まっているのでしょう。
 方程式を解くように論理的に説明ができるのでしょうか?
 それとも実験結果を受け入れているだけですか。
2.本当に光速度は不変なの?
 空気、真空、水の中でも進む速度は同じですか?
 光が水に入ると屈折しますが、これは速度が変化しているのではありませんか。
 AからBに向かう光の渦の中をBからAに向けて発射された光は遅くなりませんか?
 光に邪魔(干渉)...続きを読む

Aベストアンサー

 物理学は、自然界で見られる現象に対して法則を見つけようとする学問です。そういった法則の中には、もっと基本的な法則から理論的に導かれるものもあります。そうやって整理していくと、最後には、他の法則からは導くことができない基本法則だけが残ります。その基本法則は、観測によってのみ、根拠を与えられます。
 質問の主旨は、光速度が不変であることは、基本法則なのかどうか、ということだと思います。ローレンツは、他の法則から光速度不変を説明しようとして、ローレンツ変換の式を求めました。ローレンツが考えたのは、物体がエーテル中を運動すると、エーテルとの電磁気的な力によって物体が圧縮され、長さが縮むので光の速さに差が出てこないように観測される、というものでした。これに対してアインシュタインは、光速度不変が基本法則であるとしました。その仮定に基づき、ローレンツ変換の式を求めました。考え方は違いましたが、求められた変換式はどちらも同じものでした。
 得られた変換式はどちらの考え方でも同じです。そうすると、どちらの考え方が正しいと言えるのでしょうか。歴史的に見れば、アインシュタインの考え方が受け入れられたようですが。
 真空以外の媒質中では光の速度は遅くなりますが、それはマクロ的に見た場合です。例えば水中を光が動く場合、水の分子と分子の間は真空ですから、そこの間は真空中の速度で動いていますが、分子によって光が吸収、放射され、マクロ的に見たとき、速度が遅く観測されます。通常、光速度不変という場合は、真空中での光速度を言うようです。ここでひとつ注意しなければならないことは、真空中の光速度が不変という場合、重力場ではない、という条件が必要です。重力場内では、光速度は遅くなります。したがって、質問者さんの、光の速度を遅くするのは可能か、に対しては、重力場を通せば遅くなる、と言えます。
 最後に光子の質量についてです。光子に質量があるというのは間違いですが、ないというのも間違いです。正しくは、光子の質量は定義できないし、定義する必要もない、です。光子の質量はゼロである、という話はよく聞きますが、これは静止質量のことを言っています。これまで他の方々が説明されておりますように、光の速さは一定であり、静止することはありません。したがって、光子の静止質量に意味はありません。

 物理学は、自然界で見られる現象に対して法則を見つけようとする学問です。そういった法則の中には、もっと基本的な法則から理論的に導かれるものもあります。そうやって整理していくと、最後には、他の法則からは導くことができない基本法則だけが残ります。その基本法則は、観測によってのみ、根拠を与えられます。
 質問の主旨は、光速度が不変であることは、基本法則なのかどうか、ということだと思います。ローレンツは、他の法則から光速度不変を説明しようとして、ローレンツ変換の式を求めました。ロ...続きを読む


人気Q&Aランキング