マンガでよめる痔のこと・薬のこと

おしんの中で中村まさとしがハーモニカで吹いていた曲はなんと言う曲ですか?
わかるかた教えて下さい。お願いします。

A 回答 (3件)

「庭の千草」で 検索すれば


音楽が聴けるサイトが出てきます
 1例を挙げておきます。

参考URL:http://bariken.com/niwanoch.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
厚くお礼申し上げます。

お礼日時:2003/03/18 22:28

「庭の千草」です


埴生の宿ではありません
    • good
    • 0

「埴生の宿」だったと思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおしんは最後は幸せになるのですか?

NHKで今再放送されているおしんについてですが、おしんは最後幸せになるのでしょうか?

Aベストアンサー

スーパーの経営者になって、でも息子(仁)や嫁や孫とはうまく行かず、
実の子ではない子どものほうが大切にしてくれて、初恋のコウタさんとは別々な人生を歩んでいるのだけど、時々茶飲み話をしたりする。お加代さんの息子(自分の息子として育てている)の息子(孫にあたる)は、おばあちゃんと仲が良くて、おばあちゃん(おしん)の思い出をたどる旅について歩いて、おばあちゃんの人生について話を聞く、、
特に幸せでもないけど、不幸じゃない、って感じだったと思います。

QNHKドラマ「おしん」

おしんの幼少時代、雪山生活で中村雅俊氏(役名忘れました)が、おしんに笛を吹いてあげるシーンがありますが、その曲名をどなたか知りませんか?最近では、骨髄バンクのCM?で流れていたような気がします>

Aベストアンサー

中村雅俊氏(役名:俊作)が吹いていたのは笛ではなくて
ハーモニカで曲名は多分「庭の千草」と思います。

Qおしんをいじめる佐賀のしゅうとめ

 おせわになります。「おしん」の再放送を見ています。佐賀のしゅうとめが、都会的思考の嫁をいじめる、という展開になっています。それで思ったのですが、大正時代の佐賀というのは、特に保守的、封建的風土の強いところだったのでしょうか。あるいは、佐賀が特別、保守的ということではなく、一般的な地方と東京の差、ということなのでしょうか。ドラマでは、しゅうとめの考え方として、「女は田畑や家事を一生懸命やり、外でお勤めなどしてはいけない。男は家事をいっさいやってはいけない。女は男を常にたてなければいけない。身分の違うものと親しくしてはいけない。」、などというようなことが、出てきました。
 佐賀というと「佐賀の乱」などが連想され、士族的気風の強いところのような気もしますが、どうなのでしょうか。もし、佐賀が他の地方より保守的だとすれば、その歴史的背景はなんですか。

Aベストアンサー

佐賀に限らず、当時、日本全国女は男をたてるものって感じだったと思います。
今でも、老人ホームに入居している大正産まれの女性は、たとえ女性職員に対して厳しい態度をとっても、男性職員に対してはクレームなどは絶対つけないという話を聞いたことがあります。

 ・歴史的背景 佐賀って今は地方の片田舎ですが、江戸時代は日本の最先端を担っていました。長崎の出島から、外国の文物がダイレクトにはいってきたからだそうです。幕末には鍋島閑叟なんって殿様も出たり、明治維新では「薩長土肥」と、佐賀(肥前)は維新を成し遂げた藩の一角を担いました。アームストロング砲も佐賀で生産。ただし、藩の気風は古風で、教育も詰め込み教育型です。早稲田大学の創始者である大熊重信は佐賀藩の出身ですが、藩のつめこみ型教育の気風に反発して早稲田の校風が産まれたそうです。

 あちこち聞きかじりなので間違いなどはあしからず。


人気Q&Aランキング