製作者、制作総指揮、監督、などそれぞれの役割は一体何なんでしょか?
あと、映画ってその監督が作った作品ってどれも似たようなセリフがあったり、
出演者とかも同じ人使ってることが多いですよね。
でも、セリフは脚本家が決めていることですし、俳優は、キャスティングする人が
ちゃんといるんですよね?なのになんで監督によって似てくるのかが分かりません。
気になっています。分かる方回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

製作者はプロデューサーのことです。


プロデューサーとは映画製作の上での最高責任者です。
もっとも責任重大なことはもちろんお金です。映画といっても利益を上げなければなりません。
【プロデューサーの仕事】
1、キャスティング、ロケ場所、パートナー会社決定などの
  プレプロダクション(製作前準備)
2、撮影中の進行度、トラブル管理
3、配給、興行の管理(ポストプロダクション)
 1と3は完全にお金の話です。
監督は、撮影(アート)の最高責任者です。
つまり、監督は自分の作りたいものを作りたい。
しかし、プロデューサーは予算内でやってもらいたい。
この二人が話し合って(妥協しあって)どんな映画を作るのか、CGを使うのか、
キャスティングは誰にするのかなどを決めるわけです。
普通に考えると、この二人がお互いを分かり合っているほど、スムーズに映画
ができることは当たり前ですね。同様に監督にとって俳優がどんな演技をするのか
を知っているほどスムーズです。ですからファミリーが必然的に生まれます。
台詞はなんとでもなるんですよ。監督、プロデューサーの一声で。
(全く脚本どおりというのも少ないと思いますよ。)

製作総指揮ですが、これはほとんど意味がないということです。
例えば、続編なら前作の監督などが名前を出したり、有名監督が自分に依頼が
あった映画を(忙しいから)自分の知っている若手監督を推薦して委ねた時
とか、いろいろな場合があります。が、映画に箔をつけるために(観客を呼ぶため)に(多かれ少なかれ)関わった有名監督の名前を借りるということが
ほとんどではないでしょうか。「製作総指揮者」=[thanks to]と理解すると分かりやすいと思います。

以上、映画界就職希望でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしか、メンインブラックをスピルバーグの名前につられて
見に行ったことがあったんですが、くだらなかったです。
スピルバーグは制作総指揮でした。

お礼日時:2001/03/14 19:54

 私自身も製作者と制作総指揮の違いがよくわかりませんが、「キネマ旬報」2001年3月上旬号に「映画業界」の特集が載っていましたので、それを参考に書いてみます。


 プロデューサーには、企画立案者、実際の製作総指揮者、予算管理をする人、キャスティング担当、現場を取り仕切るライン・プロデューサー、映画に出資しただけの人、という具合に、いろいろあるようです。監督とは、「現場における最高の意思決定機関」であり、撮影・照明・録音・俳優などの専門の仕事全てをコントロールして指揮を執る仕事ということです。
 後半のご質問については、私の勝手な考えですが、脚本というのは、書き上がった時点で完成したというものではなく、撮影していく中で、状況に応じて変更されていくものと思います。その際、現場で大きな権限を持つのは、脚本家ではなく、監督ですから、似たようなセリフになってくることもあるのではないでしょうか。
 出演者が同じになりがちであることについては、映画の世界というものは意外に我々が思っているより狭いのではないかと思うのです。この役はこの俳優の方がいいのではと、我々映画ファンが思っても、その監督からしてみれば、今まで一緒に働いてきた俳優の方が気心も知れているし、自分の作った映画以外にあまり観ていなければ、どんな俳優がこの世に存在するかもわからないでしょう。プロデューサーの立場としては、やはり監督がやりやすい方がいいわけですから、監督からの〔この俳優を使いたいという〕リクエストに応えることになるのではないでしょうか。大林宣彦監督に「監督さんの映画の中では俳優さんたちが皆生き生きとしていますが、普段の交流なども深いのでしょうか」という質問をした時、次のようなお答えをいただきました。
「普段そんなに付き合っているということではないんですね。むしろ、映画を撮っている時の方が一番深い付き合いになってしまうんです。映画が先にあって、キャスティングを作るという発想が全くなくて、こういう人たちがいるから、こういう映画を作るということが多いですから。仮に峰岸〔徹〕君が忙しくて駄目だったら、その役自体をなくしちゃおうというぐらいの感じですね」
 ご質問からは少し、はずれますが、ジョン・フォード監督や小津安二郎監督、黒澤明監督などの大監督は「~一家」と言われるほど、出演俳優を固めて、独自の映像世界を作りましたが、ウッディ・アレン作品などは、よく出る俳優もいますが、是非アレンの映画に出たいということで、いろいろ著名な俳優たちがギャラにこだわらずに、アレンに売り込んで出演しているという例もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんです、だから似たようなセリフが出てくるんですね。

お礼日時:2001/03/14 19:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画のエンドローツの構成や用語、決まりを教えて下さい

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレクター、音響さん、制作会社、プロデューサー、衣装提供、スポンサー、配給会社など、あると思うのですが、ハリウッド映画などにでてくるエンドローツのこの項目の全てを知りたいです。

■順番
上記の項目にも、おそらく決められた順番があるのではないかと思うのです。その順番を知りたいです。

■ドルビーデジタルとかについて
映画のエンドロールでドルビーデジタルのロゴとか出てきますが、あれは何の項目に属しているのでしょうか?
更に、エンドロールの最後の方になるとそういったロゴなどがいっぱい出てきますが、何が最後にまとめられているのでしょうか?

目標はハリウッド映画のエンドロールです。
ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレク...続きを読む

Aベストアンサー

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか?

・Presents(つくった方や会社名など)
・In Association with(協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名)
・CAST
・Exective Producer
・Producer
・Co-Producer(共同プロデューサー)
・Written by (脚本を担当された方)
・Director of Photography(撮影された方)
・Music by(音楽)
・Production Designer(美術を担当された方)
・Costume Design (衣装デザイン)
・Editor(編集された方)
・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者)
・Visual Effects (特殊効果)

他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。
http://us.imdb.com/

スタッフ名の後には製作に関わった各会社名がきます
・Completion Bond Services Provided(ハリウッド映画は製作完成保険という保険に入るので、その会社名)
・Production Insurance Provided(こちらは撮影時の事故や盗難、機材破損などの保険会社名)
・Title and Opticals (オープニングやエンドロールを作った会社)
他にも現像所とか、機材レンタル会社などなどで、撮影機材(アリフレックスとかパナビジョンとか)や音響システム(大半のハリウッド映画はDolby・DTS・SDDRの三つ)、など関してはロゴマークが並んだりもします。

次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで
Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。
邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。

で、最後に
Directed by (これは質問者さんの名前でしょうか?)

スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こん...続きを読む

Q映画スタッフ役職名の英語訳

海外のコンテストに出品する為、自主制作映画のエンドロール(エンドクレジット)をすべて英語で書きたいと思っていますが、ネットで調べたけど、それぞれ微妙に違う呼称があり、確証がありません。
映画スタッフ役職の英訳を教えて下さい。
お願いします。



スタッフ→ Staff
役者→ Cast
脚本・監督・編集→ Script wrìter(?) or Screenwriter(?)/Director/Editor
撮影監督→ DOP
撮影(カメラオペレーター)→ Cinematographer(?)
撮影制作スタッフ→ Best boy(?)
音声→ (?)
照明→ electrician(?) or Gaffer(?)
メイク→ Make(?)
雑用スタッフ→ (?)
かちんこ&記録係→ (?)
音楽→ Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○


※制作スタッフの中心人物は何でもこなしてる撮影スタッフのリーダー的な役職ですが何でも屋なので、
「Best Boy」でしょうかね?

Aベストアンサー

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいますので)
撮影監督→ DOP director of photographyもしくはCinematography(DOPはカメラマンのことを指してはいません。ハリウッドの製作システムでは日本でいうカメラマンの仕事とDOPの仕事とぜんぜん違います)


撮影(カメラオペレーター)→Camera Department  でcamera operator
撮影制作スタッフ→Camera Departmentでcamera assistant
 何人もいる場合にはそれぞれ役割分担がありまして
 focus puller(レンズをかまってピントを合わせる方)
 clapper loader (フィルムの装填をする方)
 などとなります。邦画だと撮影の助手は4人くらいになります。
 

音声→ 現場で録音をしたのか、仕上げの段階で音声を担当したのかで呼称がいくつもあります。Sound Departmentで 
   sound recordingやsound dubbing となります
照明→ Electrical Departmentでelectrician
メイク→ makeup 髪をいじっていればhairdresser
雑用スタッフ→ best boyよりもmiscellaneous crewの方がいいかもしれません。
かちんこ&記録係→scripter
音楽→ Music もしくはOriginal Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○ これだと会社や組織名ぽいかたちです。producer ●●でもいいと思います。


ほかに
衣装 Costume Design もしくはWardrobe Department
美術 Production Design 
製作担当 Production Manager
が抜けてますが、居なかったのでしょうか?

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいます...続きを読む

Q「プロデューサー」と「ディレクター」の違いについて

 テリー伊藤氏の或る本を読んでいたら、次の一節が出てきました。
  「テレビ業界にも、ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀だという人たちが少なからずいる」
 これってどういう意味なんでしょうか?
 プロデューサーは「企画する人」、ディレクターは「指示を出す人」だというのはわかるんですが、プロデューサーは自分の頭の中に企画のイメージやアイデアがあるということで、ディレクターの代わりにディレクションをすることはないんでしょうか?
 また、「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)、その逆ってどうも今ひとつイメージできません。
 テレビ業界に限らず、映画・アニメ・音楽などの業界での話として、どなたか説明してくださる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

まず、

>「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)

という認識が、理解を妨げている気がします^^;

ディレクターとは、No.3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。
演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。

一方、「プロデューサー」が行なう事は、制作全般の運営・管理です。
企画立案、資金調達(企画売り込み営業等)、スタッフや出演者のキャスティング、スケジュール管理、予算管理、作品のクオリティー管理などなど。
従って、プロデューサーはこれら制作管理の立場から、場合によってはディレクションに口を出すこともあり、ポジションとしては紛れも無くディレクターの上司に当たります。

即ち、ディレクターは演出力のみ発揮すれば良いですが、
プロデューサーは制作の全責任を負う職務な訳です。
従って、これまで投稿された回答がプロデューサーを軽んじてるように思えるのが少し気になるところです。
とりわけ、企画を通す、とか予算を引っ張って来る、なんて事はどんな業務より困難なのは明らかですよね。

しかしながら、以上は理想であり建前です。
現状は演出力のないディレクターや何もやらないプロデューサーを大勢見てきました。
ですから、『プロデューサーは「企画する人」』というのは、本来は間違いではありませんが、自分で企画を起さない人も多数いますから、むしろプロデューサーに絶対必要な資質というわけではないのでしょう。
現にテリー氏の会社には構成作家を何人も抱えていて、プロデューサーが企画を立てたい時は彼等を自由に使える仕組みになっています。

「営業」も然りで、テレビ局等との関係によっては勝手に仕事が舞い込む場合もあったりして、自らの営業力を発揮しないプロデューサーも少なくありません。

では、テリー氏の言う優秀なプロデューサーとは何を指すのかと言うと、
『企画を“然るべき”作家に立てさせる』
『その企画を“然るべき”スポンサーやテレビ局に通して資金を調達する』
『企画を遂行できる“然るべき”スタッフや出演者をブッキングする』といった、
当該企画に必要な“然るべき”人物達を見極められるだけの十分な【人脈】と、
それらと折衝を行ない使いこなす【コミュニケーション能力】ではないでしょうか。

私が業界に入った当初、私の師匠から「ディレクターになれなくてもプロデューサーにはなれる」と教わりました。
その意図するところは、ADや制作進行、助監督など(現場によって呼び名や職務は様々ですが)下積み業務をこなしているうちに自ずと制作管理全般の知識は身に付き、加えて、多くの人々に出会い人脈も構築できる。だから仮に演出能力がない場合に備えて人望を磨いとけ、というものでした。
ちなみに、テリー氏と私の師匠は元同僚なので同じ教育を受けて同じ考えを持っていても不思議ではありませんし。

加えて、
他の方々も指摘してらっしゃる通り、ディレクター達は往々にしてコスト意識が薄く、
それに対してプロデューサーは「金がかかり過ぎ!」などと怒ったりぼやいたりするのが常ですが、ディレクターのアイデアが実現できるように立ち回りつつも、同等の効果が得られしかも安く上がるような提案を積極的に行なうようなアグレッシブな予算管理を行なう事なども良いプロデューサーの資質だと思います。
また、それをしないと商業映画のプロデューサーなら即失格でしょう。

それから、

>ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀

ご承知かも知れませんが、
プロデューサーになるには必ずディレクターを経るというわけではなく、ディレクターを目指して業界入りしても修行半ばでプロデューサーに目標を変える人や、最初からプロデューサーを目指して業界入りする人も大勢います。
要するに、ディレクターはプロデューサーへの通過点ではなく、
プロデューサーはディレクターの成り損ないでもないという事をご理解下さい。

こんばんは。

まず、

>「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)

という認識が、理解を妨げている気がします^^;

ディレクターとは、No.3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。
演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。

一...続きを読む

Qエンドロールの名前の順番

ドラマや映画のエンドロールの名前の順番は
どういうふうにきまっているのでしょうか?
1番最初は主役でその後はどうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

5番さんへ。

確かにおっしゃるとおりですね。
主役→脇→その他→脇→準主役(もしくは大物)
簡単に言うと上記のようになると思います。
でも大物ぞろいの場合(この冬のドラマで言えば「拝啓、父上様」など)
主役→脇→その他→大物→脇→準主役
そういう場合もあります。
間に大物をはさむ場合、仲締めみたいなものですね。
最後の人は言葉通り、おおとりみたいな感じです。

そもそもロールというのは技術的にそれほど古いわけではなくて
「渡る世間は鬼ばかり」に代表されるように
カットチェンジするのがオーソドックスなのです。
その場合、一枚の画に何人書かれているかも基準です。
主役や出番が多ければ一枚に一人。
脇になれば脇になるほど一枚にたくさん書かれます。

カットチェンジの場合一枚の画を最低3秒ほどは必要になりますから、
千部処理するのにある程度時間がかかりますが、
ロールの場合は速さなどで時間の調整も出来ます。
今はロールが主要ですが、
NHKの大河や朝ドラもほとんどカットチェンジですね。

上手く説明できたかどうか・・・。
すみません。

5番さんへ。

確かにおっしゃるとおりですね。
主役→脇→その他→脇→準主役(もしくは大物)
簡単に言うと上記のようになると思います。
でも大物ぞろいの場合(この冬のドラマで言えば「拝啓、父上様」など)
主役→脇→その他→大物→脇→準主役
そういう場合もあります。
間に大物をはさむ場合、仲締めみたいなものですね。
最後の人は言葉通り、おおとりみたいな感じです。

そもそもロールというのは技術的にそれほど古いわけではなくて
「渡る世間は鬼ばかり」に代表されるように
カットチェンジする...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報