今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

NC旋盤を使っているものです。
機械図面の幾何公差についてですが、穴径に直角度が記された図面がありました。
穴径φ40に対して直角度0.01と…
これってつまり、穴径が0.01振っていたらダメということであって、
穴径がφ40とするとφ40.01~φ39.99におさまらないといけないという事でしょうか?
穴の幾何公差は真円度と円筒度しか関係ないと思っていたのですが、直角度も関係あるのですか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「直角度」とはNo,1,2様の通りですが、「旋盤加工」で直角度?。


旋盤で普通に仕上げをすれば(掴み替えなしでの1工程の加工であれば)、フランジ面(端面)に対して穴の直角度は物理的に「直角」になりませんか?。

掴み替えや2工程以上の加工でない限り、気にすることはないと思いますよ。
その図面は恐らく、主に「旋盤」以外の加工機を使った場合に留意する公差であると思います。
まぁ詳細がわからないので推測になりますが・・・。
    • good
    • 0

加工面に対する傾きをタンゼントで表示しているのです

    • good
    • 0

直角度の記号の後に0.01と書かれていて、その後にAとかBとかMとか書いてないですか?


そのAを示してる平面に対して直角が必要と言うことです。
しかも、直角度は0.01/100とか書いてないですか?
/以下の数値がその距離で、という意味です。当然小さくなれば楽ですけど。
振れはФに似たような記号ですよ。
    • good
    • 0

 


直角度とは直角であること。
直角度が悪いとは傾いてる事と思えば理解できませんか?
円の精度とはφ40mmの指示に、出来た物がφ40.01~φ39.99とかです。
真円度とは円がどれほど丸いか、楕円でないかの程度です。
円筒度とは円柱が真っ直ぐかどうか、竹輪を押し縮めた様になってないかという事。

真円で、真っ直ぐで、円の大きさも正確でも穴の中心線が / こんな状態なら直角度がダメです

 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

φ とは」に関するQ&A: 製図 R部について

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q角度換算について

教えて下さい。

趣味で色々工作をしているのですが、例えば58mm×43mmの長方形のブロックがあります。このブロックには直角度があり、58mmの辺を基準に48mmの辺の直角度が±0.5mm以内と記載されていた場合、角度に換算する場合、どのように計算すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

この質問の趣旨は
・直角度の定義が分からないので知りたい。角度の方が理解しやすい。
・定義は分かっているが角度に直したときの大きさを知りたい。

どちらでしょうか?前者ならここよりDIY(日曜大工)のカテあたりで
聞かれた方がいいのではないでしょうか?
直角度という言葉は数学と言うより工学でしょうから。


後者であるなら定義を書かれた方が回答がつきやすいと思います。

質問の直角度が48mm先で本当の直角の時より長さで±0.5mm左右に
ずれているということであるなら

asin(0.5/48)≒0.60°
90±0.6°
だと思います。ただ、xが小さいときは
sin(x)≒x (ただしxはラジアン)
が成立しますので、

0.5/48*180/3.14=0.60

で近似的に計算できます。

Q表面粗さの単位?

早速なんですが、表面粗さで”S”を付けますが
この”S”ってどんな意味なんでしょう。
cmはCentiMeter、NはNewtonだったりしますよね
教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

No.2で回答した者です補足・アドバイスです
パラメーターのSでなく
Ra・Ry・Rzの仕上げ記号a・S・zですね
仕上げ”記号”で”単位”ではないです。
単位はmmのもあるようですが表示はしないようです
公差と仕上記号には基本的には相関関係はないようです

で、ちょっと調べたんですが…
回答は中々出てきませんでした
今のJIS規格・旧JIS・ISO
▽記号(旧式記号)使ったりRmax使ったり
現場もゴチャゴチャして粗さがあったりしてなんて
思いながら調べると

JIS B0601が表面粗さについて書いてあるようです
参考URL:JISのHPですデータベース→JIS検索
新しいのがB0601-2001みたいです
この辺は現場の人間ではないのでよく分かりませんが
改定前はB0601-1994その前はB0601-1982みたいです
(No.2で回答したS:局部山頂の~は新JISでは削除されてました)
この辺もある程度読んだのですが
S・aの定義がなく、あっても前から使っている
記号使ってもいいよみたいな感じでした

で、表面粗さの歴史を調べると
表面粗さに関する規格は,1944年(昭和19年)7月に臨時日本標準規格(臨JES)第608号として制定されたのが
最初である。
そのなかでは,(表面の粗さはデコボコの最大の高さで表す)と定義されている。とあります
それで
1952年(昭和27年)最大高さの定義に加えて,表面の仕上げの程度を表す仕上げ記号(三角記号)と
”S”記号(表面粗さをある範囲ごとに区分けして区分けした数値に”S”を付けて表示する)
を用いた図示方法の規定を設け,表面粗さJIS B O60ト1952として規格が完成している。
ここで初めて”S”が出てきました
表面粗さをある範囲ごとに区分けして区分けした数値
を単語英訳すると
表面:surface
範囲:sphere・scope
区分け:sort・mark off; space…訳し方でもっとでてきそうですが
この中のSなのかSが何個かあるからSなのか…
JIS調べていてら表面粗さ以外でS=があって
S=標準偏差、”s”tandard deviation…これもひっかかる…
JIS B O60ト1952にがJIS検索で出てこないので
トの意味が分からないし、この辺は現場の人の方がわかるとおもいますので
たぶんJIS B O60ト1952に定義されていると思います

参考に↓技術の森
教えて!gooの製造技術版みたいなものです。役立ちます
新規質問してみては?

参考URL:http://www.jisc.go.jp/

No.2で回答した者です補足・アドバイスです
パラメーターのSでなく
Ra・Ry・Rzの仕上げ記号a・S・zですね
仕上げ”記号”で”単位”ではないです。
単位はmmのもあるようですが表示はしないようです
公差と仕上記号には基本的には相関関係はないようです

で、ちょっと調べたんですが…
回答は中々出てきませんでした
今のJIS規格・旧JIS・ISO
▽記号(旧式記号)使ったりRmax使ったり
現場もゴチャゴチャして粗さがあったりしてなんて
思いながら調べると

JIS B0601が表面粗さについて書いて...続きを読む

Qリーマ加工とH7穴の指示の違い

機械設計をしております

部品図を作図する際に、H7をはめあい公差として指示する場合が多いのですが
提出した図面に対して、客先からリーマ穴と記入訂正するように言われます

リーマと記載しない場合も有ります

この違いは何なんでしょうか?

分かりやすく教えて頂くと助かります

また、この場合はリーマで、この場合は、リーマ穴は駄目とかケースを教えて下さい

Aベストアンサー

元・機械設計製作をしていた者です.

お客さんの意図が何かは分かりませんが,リーマ穴にするかどうかの一般的な規格・規則はなく,経験とその人の感覚による場合が多いです.リーマ穴にしておいた方がより安心だ! という様な.

質問者さんが何ミリの径に対して公差 H7 を指定しているか分かりませんが,例えば,Φ10(直径10ミリ)のピンを打つ場合の公差 H7 は,穴がΦ10_H7(0 ~ +0.018)で,ピン(軸)は,Φ10_H7(0 ~ -0.018)です.ですから,最大で,0.036ミリの隙間があります.お客さんは,この 0.036ミリのガタを嫌ったのかも知れません.

>また、この場合はリーマで、この場合は、リーマ穴は駄目とかケースを教えて下さい

特に決まりはありません.その場,その場の設計者の経験と感とセンスによる場合が多いです.
この場合は絶対にリーマ穴じゃないとダメ.というような決まり・JIS規格のようなものはありません.

大雑把に言うならば,可動部分で,部品同士がズレを起こしてはならない部分は,リーマ穴です.
また,静止部分でも機械振動が伝わってきて,面で接している部品同士のズレやガタの発生が心配.という様な場合もリーマ穴です.

静止部分で,部品同士がズレを起こす心配がなく,単なる位置決めの部分は,平行ピンを打つ場合が多いです.また,何かの理由で,リーマ穴に出来ないか,リーマ穴の効果が期待できない場合は,平行ピンを打ちます.例えば,板状の2枚の部品が薄ければ,リーマ穴にはしません.逆に,厚すぎてもリーマ穴には出来ません.

ですから,ケース・バイ・ケースなのです.

釈迦に説法でしょうが,公差についての参考です.
http://kousyoudesignco.dip.jp/drawingTolerance.html

寸法公差とはめあいのPDFファイルです.
http://www.den.rcast.u-tokyo.ac.jp/sekkei2009/doc/tolerance.pdf

以上です.

元・機械設計製作をしていた者です.

お客さんの意図が何かは分かりませんが,リーマ穴にするかどうかの一般的な規格・規則はなく,経験とその人の感覚による場合が多いです.リーマ穴にしておいた方がより安心だ! という様な.

質問者さんが何ミリの径に対して公差 H7 を指定しているか分かりませんが,例えば,Φ10(直径10ミリ)のピンを打つ場合の公差 H7 は,穴がΦ10_H7(0 ~ +0.018)で,ピン(軸)は,Φ10_H7(0 ~ -0.018)です.ですから,最大で,0.036ミリの隙間があります.お客さんは,この 0.03...続きを読む

Qタンジェントとアークタンジェントの違い

タンジェントとアークタンジェント、サインとアークサイン、コサインとアークコサインの違いをすごく簡単に教えてください。

Aベストアンサー

タンジェントやサイン、コサインは、角度に対する関数です。
例えば
 tan60°=√3
のような感じで、角度を入力すると、値が出てきます。

逆に、アークタンジェントなどは、数値に対する関数です。
 arctan√3=60°
などのように、数値を入力すると角度が出てきます。

そして、タンジェントとアークタンジェントの関係は、
springsideさんも書いてありますが、逆関数という関係です。
逆関数というのは、原因と結果が逆になるような関数です。
例えば、
  45°→タンジェント→1
  1  →アークタンジェント→45°
のように、「1」と「45°」が逆の位置にありますよね?
こういう関係を、「逆関数」というんです。

どうでしょう、わかりましたか?

QAutoCAD寸法(公差・許容差)について

仕事で最近AutoCAD 2004LTを使用し始めました。

許容差(上下)で一方に0を入力すると
その一方の許容差の記号(+や-)がなくなってしまします。

許容差(例えば0,-0.02)を入れて、0の許容差に
+を表示させるにはどうしたらいいのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

オブジェクトプロパティの中の寸法許容差はなしにして
文字編集で修正します。

<> \H0.7X;\S+0^-0.02;
こんな感じで記入します。

<>・・・・・・・・寸法
\H0.7X;・・・・・文字高さ尺度(見た目で決めて下さい)
\S+0^-0.02;・・・2段表記(上+0、下-0.02)

他にもいろいろな制御文字がありますので、調べられるといいですよ。

Q穴と穴の間隔 どうやって測ります?

たびたびお世話になります。

機械部品をいじっていると、取り付けのネジなどが入る穴の間隔、
いわゆる中心間寸法を正確に(ある程度ですが)測りたいことが
しばしばあります。

もちろんそのための穴ピッチ用ノギスを使えば良いのですが、
非常に高価ですし、それほど使う頻度でもありません。

実際のところ、どうやって測るのが無難でしょうか?

Aベストアンサー

ノギスがある場合内径を測るところを使って2つの穴に入れ穴外の寸法を測り穴径1個分の寸法をマイナスします<2つの穴径が同じ場合(デジタルノギスの場合は穴径を測った状態でゼロセットすれば読み値がピッチとなります)

何もない場合で測りずらい場所は紙を押し当てこすって穴を移し、紙に写った穴を定規で測ります。

小さな穴でピッチが10mm以下ぐらいでしたら密着させて使う0.1mm目盛りの付いたルーペがあります。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q加工代

機械加工に用いる言葉です、それはどういう意味か分かりません、教えて欲しい、ありがとうございます。

Aベストアンサー

私が使っている「削り代(けずりしろ)」と同じ
意味でしたら、例えば・・・

旋盤加工でφ10ミリの丸棒に仕上げたい時に、
加工する素材がφ15ミリあった場合、φ(直径)
で5ミリ、肩肉で2.5ミリの削り代、といいます。

仕上げ代ともいい、仕上げの寸法までに削る
厚さ、量のことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報