知り合い(30代女性)が髄膜種と診断されました。
約1年前に診断され3cm程の大きさで、痙攣発作
もあります。ところが本人は開頭手術、放射線、
抗癌剤による治療は拒否しています。
代替治療(免疫療法等)に理解のある病院、お医者
さま等の情報を是非お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>患者側は常に自分のケースしか 見えないため、1例でも他の悪い結果を見せられると「やはり大丈夫ではない」と考えてしまうからなのでしょうか。



その気持ちはよくわかります。一人一人の患者さんにとっては0%か100%しかなく、私も術前の説明の時には「合併症の危険性は○%位ですが、あなた(又は家族の方)にとっては何か起こってしまえばそれが100%ですからね。そのことをご理解・納得されてなおかつ手術を選ばれるならお引き受けします。」とお話しして承諾を得ています。その説明に感激される方もいらっしゃれば、逆に他の医療機関に行って手術をお受けになる方もいらっしゃいます。それはそれで仕方のないことと考えています。合併症が不幸にして起こってしまった場合には、原因や経過について誠心誠意説明し、治療にも当たらせていただく覚悟ではおりますが、どんなに誠心誠意になってもその方の身代わりになったり一生面倒を見させていただくことは不可能ですし、患者さんや家族の方も心の底から完全に納得することは出来ないでしょう。手術の説明(危険性も含めて)を受け、医師に手術を依頼すると言うことは、患者さん側にもそれだけのリスクを負う責任が発生することであると私は思います。従って、あくまでも、強制や誘導ではなく、患者さんの自由意志にゆだねるしかありません。

脳外科におけるホリスティック医療や代替医療に関しては、残念ながらよくわかりません。脳外科の知り合いの中には、「生体エネルギー」の様なことを真剣に研究している人もいましたが、私は門外漢ですのでコメントは出来ません。積極的に研究している機関についても寡聞にして存じ上げておりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろとアドバイスありがとうございました。
疑問点に対しひとつひとつ懇切丁寧にお答え頂き
とても参考になりました。難しいのは治療を受けるのが
私自身ではないことです。私自身は手術を受けることが
現時点における治療としては最善ではないかと思っておりますが
もしも自分が癌宣告された場合、手術という選択肢を選ぶか
どうか自信がありません。もしその治療法が100%でないなら
ば治療法の選択肢が多ければ多いほど個人の思想にあった方法が
選択できます。そんなことを考えつつ本人と今後の治療に関して
話をしてみます。また本人と話した結果、先生のご意見を伺いたく
なることもあるかと思いますがその節はよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/14 01:13

通常髄膜腫を誤診することはないと思います。


病院側の立場とすればあちこち受診するのは医療費の無駄ですが担当医の意見が納得いかない場合にはセカンドオピニオンとして他院での診察を受けることは非難されません。複数の病院を受診することは最初の病院での対応に納得できない場合にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろとありがとうございました。
これまでご回答頂いた内容を参考に今後の
治療方針に関して本人と相談してみます。
またお伺いすることもあるかと思いますが
よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/03/14 00:40

(1)開頭手術による感染


 2-3%位でしょうか。うちではここ5年くらいは1%以下だったと思いますが、一般的には2-3%だと思います。
(2)手術によりガン細胞が活性化し、転移し易くなる
 髄膜腫は一般的に良性腫瘍で(稀には悪性もありますが。悪性でも転移するのはごく稀で、症例報告ものですが)、転移はありません。
(3)大出血等を起こし植物状態になってしまう恐怖  及び
(4)どんなに注意深く手術を行っても必ず脳に傷をつけてしまう。
 3cm位の大きさで大出血はないと思います。静脈洞に浸潤している場合には可能性としてはあるかも知れませんが、先ず大丈夫でしょう。
ちなみに、当院では、ここ数ヶ月の間に、左前頭部の6cmの例、右前頭部の7cmの例、左運動感覚野の4.5cmの例等かなり大きな、あるいは、術後麻痺等が予測されるような髄膜腫の手術を行いましたが、腫瘍の摘出に伴う出血は問題になりませんでしたし、術後も何事もなく経過し退院されました。脳を傷つけると言っても、腫瘍が大きい場合には被膜の内部から腫瘍を摘出し、量を減らしながら被膜と脳の間を丁寧に剥がしていけば、機能を損なうほどの傷は付けずにすむことが多いと思われます。厳密には、脳を全くさわらずに手術すると言うことは不可能なので、(4)の様な説明になったのだと思われます。・・・私だってきっとそう言いますよ。
(5)硬膜移植時のヤコブ病感染
 現在、ヒト死体乾燥硬膜は使用されていないはずで、ゴアテックスなどの人工硬膜を用いていますので、全く心配ありません。
(6)信頼のおける先生を知らない
 nobu1先生もおっしゃっていますが、その通りです。なお、大学病院や研修病院では、専門医前の先生が術者となることも多いですが、普通は専門医が必ず一緒に入りますし、名医(?)といわれる先生が手術しなくても全く心配ないと思います。(極々一般的な手術です)
(7)後遺症に対する恐怖
 こればかりはどうしようもありませんね。人間のやることであり、人間の体ですから、低いけれども合併症、後遺症の可能性がゼロだと言うことは絶対に出来ませんので。低いけれども起こりうる可能性を恐怖して治療を受けず、今後腫瘍が徐々に大きくなっていき脳の圧迫が強くなっていくであろう高い可能性を自然のこととして受け入れるのも人生観だとは思います。(逆に、人間の体ですから、絶対に今後徐々に大きくなるとも言えません。大きくならない可能性は、手術で後遺症を残す可能性よりもはるかに低いとは思いますが)
よろしくお伝え下さい。治療を受けるのも受けないのもご本人が決定されることです。悔いの残らないように十分担当医の先生に説明を受け、十分に理解した上で今後の方針を自ら決められることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございます。
naokun先生の病院でのご実績を伺い少し安堵いたしました。
ただいろいろと情報を調べるうちに髄膜腫と言えども
完全にとりきれない場合も少なくなく(担当の先生も
おっしゃていた)その場合転移することも多いと聞いています。
確かにnaokun先生のおっしゃるように低い可能性に恐怖ばかり
していてもしかたないとは思いますが、調べれば調べるほど
悪い事例が目についてしまいます。このような言い方は
失礼かもしれませんが、脳外科の先生の大丈夫という言葉と
患者側の大丈夫の言葉との間に差があるような印象を受けて
しまいます。多分脳外科の先生は多くの手術をご経験になり
(または統計結果から)、全体の何%が助かったから大丈夫
という確立的な見方をされ、患者側は常に自分のケースしか
見えないため、1例でも他の悪い結果を見せられると「やは
り大丈夫ではない」と考えてしまうからなのでしょうか。
せっかく親身なご回答を頂いたにも関わらず愚痴のような
ことを書いて申し分けありませんでした。naokun先生のような
方が近くにいらしたらガンガン愚痴を聞いて頂けるのにと
残念です。先生のご回答には本当に感謝しております。
最後に一つだけお伺いしたいのですが、アメリカ等におきま
しては、ホリスティック医療や代替医療の分野が非常に進んでいる
とよく聞きますが、日本の医療現場において、これらの分野は
どのように扱われているのでしょうか(特に脳外科分野における
研究はどこかの大学、研究所等で積極的に行われているのでしょうか)
長くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/03/13 02:18

右側頭葉後ろとのことですので手術中気をつけるのはむしろ静脈で動脈損傷による大出血は起こりにくい場所だと思います。


基本的には脳神経外科学会に認定された専門医でしたら特殊な手術ではありません。
具体的にどこのどの病院というわけにはいきませんがよく時間をかけて話しをすることです。
説明をめんどくさがる医師はだめだと思ってください。あわてて手術を受ける必要はありませんから納得がいくまでねばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
担当のお医者さまとも時間をかけて相談していくつもりです。
nobu1先生の「納得がいくまでねばってください」との
お言葉に大変力づけられました。
お礼と言いつつ、つい質問をしてしまいますが
一般的に手術をするような病気の場合、複数病院
で検査したほうがいいとのことをよく聞きますが、
今回のように髄膜腫という診断が確定している場合
でも複数病院の検査を受けるべきでしょうか?

お礼日時:2001/03/13 01:36

追加情報です。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「髄膜腫で開頭手術を受けたが病理検査で一部が悪性で再発した、治療法や病院は?」

ご参考まで。

参考URL:http://www.mars.dti.ne.jp/~kyr00055/ca-upper-hal …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
早速参考URLサイトを拝見してみました。
内容的にはかなりショッキングなものですが、
髄膜腫治療の実態として参考になりました。
またアガリクス等の情報に関してもありがとう
ございました。MiJun様は一般の人とのことですが
広範な知識と情報を持っていらっしゃるようで
びっくりいたしました。今後とも代替医療に関する
最新情報がありましたらよろしくお願い致します。

お礼日時:2001/03/13 01:10

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


さらに、
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=40610
この回答では他の民間療法に関しての回答があります。

ご家族の心中はお察しいたしますが、個人的な見解(?)では、一部の免疫療法(臨床評価が確立している薬剤)を除いて未だ(臨床)評価が確立していないものはお勧めできません。良く主治医とご相談して下さい。

それから、naokun先生がお答えになるでしょうが、
(5)髄膜移植時のヤコブ病感染
に関しては、最近問題になってからはニュース情報では問題無くなったようですが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=39519, http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=24982
    • good
    • 0

専門家の回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「原発性脳腫瘍」
このページの特に「治療」の項と関連リンク先も参考にして下さい。

更に、国立がんセンターのHPから、
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010233. …
(脳腫瘍(成人))
このページで、
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010233. …
(その他の療法)
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010707. …
(免疫療法)

これらのページは専門的すぎるかもしれませんが、ある程度の知識をもとに主治医と良く相談される事をお勧めします。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
教えて頂いた情報、大変参考になりました。
もし抗癌作用のある食べ物(アガリスク、キトサン等)
の情報をご存知でしたらお教え願います。

お礼日時:2001/03/12 01:53

AKasama58先生、nobu1先生同様脳神経外科専門医です。


髄膜腫の治療に関しては、お二方のおっしゃるようにやはり手術による摘出が最良の治療手段であると認識しております。術中の多量の出血が予想される場合には、術前に血管内手術により髄膜腫の主な栄養動脈を塞栓しておき、リスクを低減させておくなどの工夫もなされています。また免疫療法あるいはホルモン療法に関してですが、以前(10年以上前でしょうか)髄膜腫と女性ホルモンとの関係が研究されていたように思いますが(確か自分の所でやっていたような・・・)、ホルモンの感受性などを調べるためには結局摘出して組織を調べなければなりませんので、手術なしにというわけには行きません(この辺うろ覚えで専門家と名乗るのはお恥ずかしいですが、つまり、現在ホルモン療法などは行われていないと言うこととご理解下さい)。

問題は、何故、知り合いの女性の方が、開頭手術、放射線、抗癌剤による治療を拒否しているかということだと思います。ただ単に髪の毛を切られるのがいやだとか(切らなくてもできなくはありませんが)、頭の骨を開けると術後骨に段差が出来て醜くなってしまうのではないかとか(最近はチタンプレートなどで骨を固定することが多いためほとんど問題になりません)、治療により後遺症が出たりする事が怖いとか、ただ漠然と怖いと思っているからとか、何か宗教的な考え方があるからとか色々考えられますが、通常は病気の知識が乏しく、また、十分な医師からの説明を受けていないためにいろいろな誤解があったりして治療をためらっている場合が多いのではないかと思います。手術を中心とした治療の目的と利益、治療によって起こるかもしれない不利益(合併症など)を十分に説明を受けた上でご自身で比較検討し、その上での治療拒否ならかまわないのですが、そうでない場合にはやはりきちんと説明を求めるところから始めた方がよろしいのではと考えます。
宜しくお伝え下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご丁寧な内容に感謝申上げます。
開頭手術、放射線、抗癌剤による治療を拒否している理由は
いろいろあるようです。
(1)開頭手術による感染
(2)手術によりガン細胞が活性化し、転移し易くなる
(本当かどうかはわかりませんが....)
(3)大出血等を起こし植物状態になってしまう恐怖
(4)担当の先生のお話によると、どんなに注意深く手術
を行っても必ず脳に傷をつけてしまう。
(5)髄膜移植時のヤコブ病感染(新聞紙上でずさんな管理が
指摘されている)
(6)信頼のおける先生を知らない
(7)後遺症に対する恐怖
私個人の考えは、やはり手術が有効ではないかと思いますが、
本人から聞いた理由を並べてみると、確かに上記のような危険
はあることを納得させられてしまいました。
もし、信頼のおける病院、先生等の情報がありましたら
ご教示お願い致します。

お礼日時:2001/03/12 01:48

現役脳神経外科医です。


髄膜腫は一般に良性で、免疫療法はありえません。抗癌剤も使いません。
痙攣があったとのことですので多分脳表にあるもののようですので手術は容易と思われます。
最近定位的放射線療法も行われますが効果がでるのに時間がかかります。
確実に治る病気ですので信頼のおける脳神経外科医に相談すべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
先生のおっしゃるように腫瘍ができている場所は右側頭
の後ろ側の脳表とのことです。
担当の先生からのご説明によりますと、手術そのものが
困難とは言われておりませんが、手術中の出血のこと、
術後の後遺症のこと等手術に対する危険性も伺いました。
私はまったくの素人ですので、手術の危険度がどの程度
のものなのか実感はできません。(他の悪性腫瘍に比べて
危険度が低いこと位は理解できますが...)
一番気になるのは「信頼のおける脳神経外科医」ということです。
どなたが信頼がおけるのかどうかまったくわかりません。
(素人的な言い方で申し訳ありませんが腕のいい外科医を知りません)
もしよろしければその辺の情報をご教示願えませんでしょうか。
お礼のメールのつもりが長くなってすみません。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/12 01:26

 脳神経外科医の仕事から離れて10年近くなりますので、最近の事情には疎い部分もあるかもしれませんが、髄膜腫は開頭手術が基本となる治療で、一番根治性が高い治療手段です。


 開頭手術を拒む場合、あるいは再発時の残存腫瘍に対して、代替的に、γナイフという放射線療法が行われることがあります。
 一般論として、免疫療法というのは悪性の腫瘍の治療方法です。髄膜腫は良性腫瘍で、手術により根治可能な病気なのです。稀に悪性の髄膜腫というのもありますが、その場合は通常進行が早いので、やはり早く手術したほうが望ましいと思います。すなわち、あまり放置して大きくなってしまうと、手術の際の合併症発生率が高くなるからです(大きくなる分だけ手術がしにくくなるため)。
 術前にも「痙攣」があるため、術後の痙攣発生率は、高そうな印象を受けます。その辺りの手術合併症に関して、担当医の先生に良く相談し、納得した上で手術を受けるのが望ましいと私は思います。
 下記URLも参考になると思います。 

参考URL:http://www.med.kindai.ac.jp/nouge/inf-tumor/meni …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
私としては手術が一番有効であるとは思っていますが、
なかなか本人の説得が難しいのです。
気長に説得を続けるつもりです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/12 01:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性のむだ毛と胸の大きさと女性ホルモンについて

女性のむだ毛と胸の大きさと女性ホルモンについて質問です

胸が大きくなるのは女性ホルモンが影響するために
胸が大きい人はこの女性ホルモンの分泌が多いんでしょうね。

対して、男性ホルモンは毛に影響するとき聞きます。
と言うわけで、「すね」や「腕」のむだ毛が濃い女性は
男性ホルモンが多く胸が小さいということなのでしょうか?

経験上、胸が大きい女性はむだ毛が濃いイメージがなく
あっても細い毛で目立たない程度だと思います。
単にうまく処理してあるだけで分からないと
突っ込みが入るかもしれません(笑)

むだ毛が濃くても胸が大きい人はいるんでしょうか?
最近そんなことを考えてしまいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です
コメントありがとうございました。

>スムーズにエッチになる率も高いということですかね。
>その分エッチな子が多かったりするんですかね?

「胸が大きい女性は皆エッチ好きだ」
というのは男性が陥りがちな勘違いです。
実際はそういう女性とそうでない女性と極端に分かれてます。
若い頃から自分の身体を武器にする女性もいますが
(風俗の女性はそういうタイプでしょうね)
大きな胸がコンプレックスで内向的な女性も相当数います。
私の周りの巨乳女性は殆どそうですね。真面目で清楚です。
そういうタイプの子たちは多くの勘違い男に迫られて
嫌な思いをした結果、身体目当てに近寄られることに対して
非常に過敏ですし極端に嫌がります。
なので、「胸が大きい女性はエッチ好き」というのは
女性に対して失礼な勘違いだってことは憶えておいた方が良いですよ。

>一般人でも綺麗にしてる方は常に綺麗にしているんですね。

これも美容に対する価値観の問題で個人差が大きいですが
背中の産毛まで処理している人は相当手慣れていると言うか......
気合い入ってるなあと思いますね。

No2です
コメントありがとうございました。

>スムーズにエッチになる率も高いということですかね。
>その分エッチな子が多かったりするんですかね?

「胸が大きい女性は皆エッチ好きだ」
というのは男性が陥りがちな勘違いです。
実際はそういう女性とそうでない女性と極端に分かれてます。
若い頃から自分の身体を武器にする女性もいますが
(風俗の女性はそういうタイプでしょうね)
大きな胸がコンプレックスで内向的な女性も相当数います。
私の周りの巨乳女性は殆どそうですね。真面目で清楚...続きを読む

Q術後髄液漏の治療について

私の夫が3月23日脊髄腫瘍の摘出手術を受けました。腫瘍がかなり大きかったため、第3番目の骨を外し、硬膜を開いて神経と共に腫瘍を摘出し、骨盤より骨を移植しました。手術時間は8時間にもなりましたが無事終了しました。腰には髄液を除く?ドレーンが2本入れられていました。術後すぐに頭部の痛みと、ろれつが廻らない言語障害がありましたが麻酔のせいかもとのことで、数日様子を見られましたが状態は改善せず、27日に背中のドレーンを抜かれました。その夜から熱が38度前後出て、激しい頭痛に見舞われました。次の日頭のMRI検査が行われ、小脳出血がありすぐに転院し点滴による治療が始まりました。それから1週間過ぎ、ろれつは廻るようになったものの頭痛はかわらず、首の硬直と(転院したとき既にあったのですが)意識障害が出始めました。それで4月3日に髄液検査が行われ、表皮ブドウ球菌による髄膜炎との診断でした。それから14日までファーストシンの点滴があり一応状態が治まるかの兆しでした。それから軽いリハビリを開始したところ、また38度の熱がでて血液検査をしたのですが炎症反応もなく白血球の数値も少なく、熱も多少治まったので、18日に腰の手術をした病院に再度転院しました。相変わらず(程度は違いますが)頭痛が残りましたが、リハビリも開始しました。3日後、また頭痛がひどくなり熱も出だしました。リハビリを中止し座薬で抑え安静にしていました。頭痛の原因を調べるため26日腰のMRIを再度撮ったところ、手術をした脊髄のあたりに袋があり、おそらく髄液漏だろうということでした。このまま様子を見てこれ以上大きくなるようなら再度手術をしてふさがないといけないが、「針の穴」 を探すのと一緒ぐらい難しいとのことでした。この先どうして良いのかわかりません。どなたかお力をお貸しください。

私の夫が3月23日脊髄腫瘍の摘出手術を受けました。腫瘍がかなり大きかったため、第3番目の骨を外し、硬膜を開いて神経と共に腫瘍を摘出し、骨盤より骨を移植しました。手術時間は8時間にもなりましたが無事終了しました。腰には髄液を除く?ドレーンが2本入れられていました。術後すぐに頭部の痛みと、ろれつが廻らない言語障害がありましたが麻酔のせいかもとのことで、数日様子を見られましたが状態は改善せず、27日に背中のドレーンを抜かれました。その夜から熱が38度前後出て、激しい頭痛に見舞われま...続きを読む

Aベストアンサー

◆MRI写真も見ていませんので、確実なことはとても言えませんが、袋状のものが写っているとすれば、髄液漏ではなく、感染や炎症の後にできた嚢胞(組織液の袋、あるいは膿の塊から黴菌がいなくなって液体が残ったもの)か何かなのではないかと考えるものです。髄液のもれ出るいきおいはとても弱いので、髄液が袋状になるほど溜まってしまうことは通常ではまずないからです。

◆ブラッドパッチというのは、漏れ出ていそうな部分に血液を注入し、血液の塊でふさぐ方法です。これは、文字通り漏れている場所がわからない時に使います。今回の場合、髄液がもれている問題よりも袋状のもののほうが悪さをしているように思われます。実際には髄液は漏れていないのかもしれません。そのためブラッドパッチではなく、袋状のものへの対処を決めるために中の液体を調べることは必要でしょう。

◆その中が髄液だったとしたら髄液漏なのですが、そうではないような印象です。漿液(しょうえき)という炎症の後に組織から出てくる浸出液なのか、黴菌が残っている液体なのか、中身は重要です。

◆中身を吸い取ってしまうと、無くなってしまうこともあるので、それも含めて、まずは中身を穿刺吸引することは間違いではありません。

◆MRI写真も見ていませんので、確実なことはとても言えませんが、袋状のものが写っているとすれば、髄液漏ではなく、感染や炎症の後にできた嚢胞(組織液の袋、あるいは膿の塊から黴菌がいなくなって液体が残ったもの)か何かなのではないかと考えるものです。髄液のもれ出るいきおいはとても弱いので、髄液が袋状になるほど溜まってしまうことは通常ではまずないからです。

◆ブラッドパッチというのは、漏れ出ていそうな部分に血液を注入し、血液の塊でふさぐ方法です。これは、文字通り漏れている場所がわから...続きを読む

Q男で女性ホルモン多い人って居るのでしょうか?

男で女性ホルモン多い人って居るのでしょうか?実はそれって自分の事かもと思っております。私の身体的特徴としてまず、頭髪の生え際から上に行くにつれてもフサフサ(当方42歳)、髭は薄くうぶ毛程度、体毛薄い、なぜか胸が出てて女性のA カップくらいある。(誰かに豊胸手術したのかと冗談とも本気とも取れるように聞かれた。)などです。どなたか教えて下さい。なおいい加減な知識などで答えないで下さい。お願いします。

Aベストアンサー

血液検査を受けて男性ホルモンと女性ホルモンの数値を調べてください。
そして確かに女性ホルモンが多ければ医師に相談して男性ホルモンの注射を打ってもらう方法があります。但し、ガンになりやすくなる可能性がありますのでそれも医師に尋ねてみてください。

Q低髄液圧症候群の治療機関について

大切な人が「低髄液圧症候群」と診断されました。が、何しろ情報も少なく、病院も一体どこへ行けばいいのか分からないような状態です。東海地区で治療してくださる治療機関を教えていただきたいのですが。。。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で#2で紹介したサイトも参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=353148

Q男性です、女装しますよ女性ホルモン錠を、飲むとほんとに胸が膨らみますか?男性のばわいわ内臓肝機能病気

男性です、女装しますよ女性ホルモン錠を、飲むとほんとに胸が膨らみますか?男性のばわいわ内臓肝機能病気とかありえるませんか?教えて下さい。

Aベストアンサー

女性ホルモンだけでは、中々、胸は、大きく成りません。
ホルモン注射が良いでしょう。序でに、タマも、取りましょう。
女に、成った様な気がしますよ。
善は急げ!です。

Q免疫療法(免疫細胞療法)の効果はある?

一月程前、友人の母親(60歳)が胃癌と診断され、腹水が溜まって
いるので手術は、セカンドオピニオンでも現在は出来ないと言われた
そうです。レベルは4で、今は抗癌剤治療を受けています。
代替療法として、免疫療法というものがあるそうで、それについて
ご存知の方、何か些細な事でも良いので情報を下さい。
以下の質問でどれか一つでもいいので、よろしくお願いします。

(1)免疫療法について。
(2)治療の効果、メリット又はデメリット。
(3)実際に治療中又は治療経験をされた方。もしくは話を聞いた事がある方の体験談。
(4)日比谷内幸町クリニック(ここで受診を考えているそうです)
という所をご存知の方がいらっしゃれば、その評判など。

Aベストアンサー

http://www.jgca.jp/guideline/web/kakuron/index.html
胃癌治療ガイドラインの2004年版には下記のような記載があるようです。
「免疫療法,免疫化学療法。非特異的免疫賦活剤と化学療法の併用が,胃癌切除後の延命に寄与したという報告があるが114),他方では多数の否定的な報告がある。依然評価は不十分である。」
114)とは、Nakazato H, et al: Efficacy of immunochemotherapy as adjuvant treatment after curative resection of gastric cancer. Study Group of Immunochemotherapy with PSK for Gastric Cancer. Lancet 343(8906): 1122-1126, 1994のことのようです。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?Db=pubmed&Cmd=ShowDetailView&TermToSearch=7910230&ordinalpos=3&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_RVDocSum
論文のサマリーは無料で閲覧可能のようです。
1990年代初頭にprotein-bound polysaccharide (PSK) による非特異的免疫賦活剤治療と化学療法の併用が,胃癌切除後の延命に寄与したという報告のようです。

ガイドラインは、2004年に作成されたものですので、新しい知見があらわれているかもしれませんね。

参考URL:http://www.jgca.jp/PDFfiles/GL2IPPAN.pdf

http://www.jgca.jp/guideline/web/kakuron/index.html
胃癌治療ガイドラインの2004年版には下記のような記載があるようです。
「免疫療法,免疫化学療法。非特異的免疫賦活剤と化学療法の併用が,胃癌切除後の延命に寄与したという報告があるが114),他方では多数の否定的な報告がある。依然評価は不十分である。」
114)とは、Nakazato H, et al: Efficacy of immunochemotherapy as adjuvant treatment after curative resection of gastric cancer. Study Group of Immunochemotherapy with PSK for Gastri...続きを読む

Q男にも女性ホルモンがある?

女性ホルモンはお肌がきれいになるらしいですが、男にもあるんでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言えば、あります。
同様に、女性の体内にも男性ホルモンが存在します。
というのも、女性ホルモン(エストロゲン)の元となるのが男性ホルモン(テストステロン)であるためです。
どちらも酵素の作用によってコレステロールから生じるものですので、全く体内にない、ということはありえません。
(女性の体内に含まれるテストステロンは男性よりもかなり多い、という報告もあります)
男性では一般に思春期前後に男性ホルモンの増加に伴って女性ホルモンの増加が起こり、一時的に乳腺が発達する、といったような現象が見ることができます。
ということで、その美肌作用は別にしても、体内には存在します。
ただし…経口でも塗布でも体内に女性ホルモンを摂取することは女性では性周期の変化、男性では女性化などの悪影響がありますのでご注意を!

Q放射線治療による副作用は上に出ないってホントですか?

放射線を腫瘍に治療の為、照射した場合、その場所より上部には副作用は出ないとききました。(例えば脊髄にうてば、頭部には副作用は出ず、出るとすれば下半身など)
放射線の常識だと言う人もいるのですが、本当なんでしょうか?

Aベストアンサー

放射線治療で放射線を当てた場合、放射線が当たったところ以外に局所的な副作用がでることはありません。
局所的な副作用とは毛が抜けたり、白内障になったり、唾がでにくくなったりすることなどです。放射線を浴びたことにより2次的にがんになるという副作用以外のことをさすと考えてください。

ですから、乳がんで乳房に照射して、髪の毛が抜けるということはありません。

でも、腫瘍の治療をするときに、放射線治療単独で治療をされる方は少ないと思います。化学療法の副作用も同時に起こってきますので、照射期間中に毛が抜けたり、吐き気がしたりということがないという意味ではありません。

Q女性ホルモンを増やすにはどうすればいいですか?ちなみに男です。

女性ホルモンを増やすにはどうすればいいですか?ちなみに男です。

Aベストアンサー

個人的にサプリメントとかが1番手っ取り早いような気がします、やったことはないので健康面は保証できませんが。
よくcmで流れているものをチェックし試しに買ってみてはいかがでしょうか?

Q放射線治療後すぐ妊娠したかもしれません

先日10月11日、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)の治療で、放射線の服用治療をしました。
医師からは放射線治療後1年は妊娠しないよう言われ、分かっていましたが、
避妊のタイミングを間違えてしまいました。
アメリカでは、日本よりガイドラインがもう少しゆるいとも聞いていますが、
さすがに、放射線治療後、たぶん1週間後くらいでの妊娠はNGなのかと悩んでいます。
気持ちとしては、初めて授かったので、
今後年齢(現在32歳)を考えて、将来不妊になることもあるかもしれないとも思い、
放射線の影響が思ったよりも強くないのならば、産みたいと思います。

放射線に詳しい方、教えてください。
バセドウの担当医師には、あと1週間後に自身で検査薬で試して、産婦人科を受診してから、
相談しようと思っています。

心配でいてもたってもいられません…

※妊娠のカテゴリにも記入しましたが、放射線に詳しい方からの回答を希望するため、
こちらのカテゴリにも書き込みました。

Aベストアンサー

被曝→妊娠という順序
放射線治療で1泊入院したちょうどその日に生理が始まった

おそらく、胚に被曝の影響は微小であると思います。妊娠継続の可否は質問者さん(母体)の甲状腺機能のコントロール如何によるところではないかと思います。
妊娠確定したら、きちんとご主人とも相談してあげてくださいね。
母子ともに無事出産までたどりつけますよう、願ってやみません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報