人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

不可能に近いようなこと、というような例えで、

「砂の中から針を探す」

「砂の中から金を拾う」

という表現を目にします。
2つの意味は少しニュアンスが
違うような気もしますが、それができれば
奇跡のようなことと言える点で似ているように思います。

検索をすると砂の中から針を探すが、多いように思いました。

ただ、針は人が作ったものなので、落とさない限りは
砂の中から探す必要はなくなるので、
一度、落としたものはなかなか手に戻ってこないという
意味もあるのかとも思いますが、
どなたかご存じの方いますでしょうか。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

砂金」に関するQ&A: 砂金について

A 回答 (1件)

なんとなくおぼろげな記憶ですが、「藁山の中から針を探す」というのが西欧のどこかのことわざにあったような気がします。


藁と針って形状が似てるじゃないですか。

「砂の中から金をさがす」はどこのことわざというわけでもないけど、砂金取りをする大変さみたいのを比喩的に言っている感じでしょうか。

「砂の中から針を探す」というのは、二つの混交のような気がします。
あくまで、気です。おぼろげな記憶に拠ったあてずっぽです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

なるほど、「藁山の中から針を探す」が、
正しい表現だったんですね。

確かに、形状が似ているので、砂の中よりも
想像しやすいです。

砂の中から金は、確かに砂金取り比喩のような
感じがしますね。

藁山とは・・・なるほど、ものすごく得心しました!

ありがとうございました!

お礼日時:2009/06/09 22:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

砂金」に関するQ&A: 北海道で子供向きな場所

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q困難さを表現することわざ

英語の「Empty the sea with a spoon」に相当する日本語のことわざを探しています。
この言葉がことわざかどうかさだかじゃないのですが「砂の中から針を探す」とかでしょうか??? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ことわざというより慣用句ですよね?
「ザルで水を汲む」がぴったりなのでは?

Q海や石を投げて魚に当てるようなことわざは?

海や川に石を投げて魚に当てるようなことわざや例えありませんでしたっけ?

闇雲に行動しても結果は出ないとか、確率が低い等の意味を持ったことわざだったと思います。

何かとごちゃまぜになっているかも知れません。
分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

非常に確率の低い、稀なことについて
「盲亀の浮木優曇華の花」という言い方があります。
が、これはむしろ僥倖、ラッキーな事柄について使う言い方ですね。

大海で目の見えない亀が漂う木材の穴に首を突っ込む、3千年に一度咲くと言われる優曇華の花を見つけることができる、それと同等にあり難い稀なできごとである、という意味です。
原典は仏教の経典です。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q確率の面白い例え方

ほとんど可能性が0に近いことに対して
「たとえ天と地がひっくり返っても絶対にそんなことはありえない」などと表現されることがありますが、
このようなニュアンスで
誰もが納得してしまうようなユニークな例え方っていっぱいあるとおもいます。

たとえば
「~することは宝くじで1等を当てることより難しい」
「これは高校野球のチームが巨人に勝ったことと同じぐらい奇跡だ」
「飛行機が落ちることよりももっと可能性は低いよ」
など

私のこのたとえ方は一般的でごく平凡なものですが、他にはどんな面白いたとえ方があるでしょう?
少々ブラックなものでも結構です。
みなさんからの回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

宝くじで1等を当てる確率よりも、宝くじを買いに行く際に事故に遭う確率の方がまだ高いらしいですね(笑)
そう考えると、そりゃ当たらんわって思います。。。

Q「たかが~、されど~」ってどういうことですか?

こんにちは。
つまらない質問かも知れませんが、回答よろしくお願いします。

よく、たかが~されど~って言葉を聞きますが
どういう意味なんでしょうか?

考えれば考えるほど意味や使い方が分からなくなってきました。

例とかも踏まえて
詳しく教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

意味:たいしたことじゃないと思うよ。しかし、場合によっては大いに重要な場合もあるよ。

使用上の注意:言い古された使い方ですから、あまり得意になって使用しないほうがいいと思います。使用した人間が「薄っぺら」に見えます。

Q「けなげ」と「いじらしい」の違いがわかりません。教えていただけないでし

「けなげ」と「いじらしい」の違いがわかりません。教えていただけないでしょうか?例文があるとなお助かります。

Aベストアンサー

#2です

両方使う場合もありますね。「いじらしい」を更に強調する感じで。

形容詞である「いじらしい 【可憐しい】」には、弱いものが頑張っている様をみて感じるきもち。かわいいがかわいそう。など意味合いがあり、その中には形容動詞として「けなげ【健気】」も含まれてます。


例◆運動会のリレーで子供が、傷だらけでも頑張って走り回っているのが健気でいじらしい。

Q太字でないのに太字になります

ワード使ってます。
文章スタイルの大半は標準、強調したい部分だけ太字に設定してます。ところが、画面上では標準で表示されているにもかからず、印刷すると太字になって出てきます。
何故このようなことが起こるのでしょうか?
またこのようなことを最も効率的に解消するためにはどうしたらいいでしょうか?
標準で表示させたい部分はすべて文字の大きさ、スタイルともに印刷結果上全部一致させたいんです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 既に、Imiko さんがご回答ですが、「印刷すると太字になる」部分のフォントタイプをご確認下さい。
 また、「効率的に解消する」手法としては、新たなスタイル(段落/フォント)を定義する事が考えられます。
 例えば、スタイル名「標準」には、[MS P明朝/10.5]を指定し、スタイル名「ゴシック」に[MS Pゴシック/10.5]を指定しておくと、スタイル名「標準」で作成した文書の内で範囲指定の後に、スタイル名を「ゴシック」に変更すれば、その範囲では、フォントが変更されます。
 ただし、段落を跨っての部分変更は、段落のスタイルとして取り扱われる為できない様です。
 また、単に「太字」をご希望であれば、ゴシックとする代わりに太字を指定されれば、同様に行なえます。

Q第一弾?第一段?

例えば、「待望の○○、第3ダン!」などと言うとき、
「弾」と「段」、どちらが正しいのでしょうか?
わたしはずっと「弾」だと思ってきましたが、
最近「段」を使っている人が多いので、
不安になってきました。

どちらが正しい?
それとも、どちらも正しい(それぞれ別の意味がある)?
教えてくださいませ。

Aベストアンサー

待望のという使い方であれば「弾」だと思います。
ひとつの傍証として、「待望の第2だん」で検索をかけてみて下さい。「第2弾」では、企業の公式ページやニュースのページ、「第2段」では個人作成のページが主に検索にかかると思います。思いこみによる誤用がいかに多いかと言うことですね。

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

Q「御中」の使い方

「御中」の使い方について教えてください。

送り先に「○○係」までと書いてある場合、「御中」に直しますよね?この場合の「御中」の使い方は、
1.「○○係 御中」
2.「○○ 御中」
のどちらなんでしょう?こんな質問をするのは恥ずかしいのですが、いつも迷って困っているので教えてください。

Aベストアンサー

○○係 御中  です。
御中とは、会社など、直接誰宛かわからないが、「その中のどなたか」に出すときに使います。

だから、その係の誰に出すかがわかっている場合は、
「○○係 △△様」となるのです。


人気Q&Aランキング