最大火炎温度が1300度のカセットガストーチを使って、
黄銅ロウ(真鍮ロウ)によるロウ付けを行いたいのですが、
何かコツのようなものはありますか?
黄銅ロウ棒が赤熱して曲がるだけで中々溶けてくれません。
ロウ棒はトビノ製のものを所有しています。

A 回答 (3件)

#2です



鋼鉄でも小さい物薄い物ならばガストーチで可能です。
ガスバーナーであっても火口が太い物(あるいは複数バーナー使用)であればより太い部材も可能です。
最大温度もさる事ながら熱の絶対量も関係あるわけです。
電気の電流(時間あたり熱量)と電圧(火炎温度)の関係に似ています。
なお銀ロウのほうが低温で可能です。
http://www2.odn.ne.jp/~cbl61670/Ag-braze.htm

工場では酸素アセチレンではなくて大型ガスバーナーでろうづけしている場合もあります。

自転車ぐらいの物ですとガストーチ一本では無理かもしれない…
酸素ガスバーナーでも精密用の細い物では無理です。

この回答への補足

ご回答有難うございます。
想定していたロウ付けは外径14mmの鋼管とスチール缶との接合
を想定していました。
スチール缶に穴を開けて鋼管を継ぐ形になります。
銀ロウは価格が現在高騰中で、使用するにはコストが掛かりすぎ
これからの入手性にも疑問なために避けています。
真鍮ロウとカセットガストーチの組み合わせでも
複数のトーチを使えば可能なのですね。
今度、カセットガストーチを追加して試してみます。

補足日時:2009/06/16 01:42
    • good
    • 2
この回答へのお礼

御礼が遅くなり申し訳ありません。
鋼管とスチール缶との接合こそできませんでしたが
スチール缶上にトビノの黄銅ロウを綺麗にくっつけるところまではできました。

お礼日時:2009/10/15 00:51

コツは溶接する物を熱して赤め、フラックスの沸いているところにロウ棒を注すということです。

ロウ棒に火は掛けません。ロウを置いておいて全体を熱してもいいのですがとにかくロウ棒だけ熱しても無理です。
熱が充分であればフラックスのところに自然と染み込んで行くはずです。

業者が使うようなアセチレン酸素バーナーでないと部分的に赤めるなどは難しいのでガストーチだと赤くなるまでしばらく時間をかけないと無理と思います。それだけ熱はまわりに広がりがちです。

全体の作業の原理としてはハンダ付けと同様です。

この回答への補足

ご回答有難うございます。
溶接する本体にフラックスを塗り、トーチで赤熱させるのですね。
しかし、現在手持ちのトーチは最大燃焼温度が1300度程度のもので
対象物がよほど小型のものでない限り、赤熱させることは難しいです。

ブタン-空気でも理論燃焼温度は2200度近くまであげられるそうですけど
中々市販のカセットガストーチでは、鋼鉄を赤熱させられません。
おっしゃられるように、アセチレンバーナーか
プロパン-酸素バーナーが必要なようです。

補足日時:2009/06/14 18:06
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こつまで教えていただき本当に感謝します。

お礼日時:2010/08/17 20:04

Googleで検索すると融点は下記のようです。


>7-3黄銅で916℃
>6-4黄銅で899℃
>快削黄銅で888℃
>りん青銅で843℃

>最大火炎温度が1300度のカセットガストーチ
>黄銅ロウ棒が赤熱して曲がる
「赤熱」は600℃程度のはずなので、赤から黄色が多くないと融点には達していないと思います。

下記のURLを参照してください。
http://www2.memenet.or.jp/kinugawa/hp/hp623.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答のほど有難うございます。
なるほど、600度程度の温度にしか達していないのですね。
だとすると手持ちのトーチでは難しいですね。

お礼日時:2009/06/10 14:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長ナットのサイズ

径8mm厚さ5mmの有孔ボード二枚を、20mmの長ナットとネジを使って接続したいのですが、この場合、どのサイズの長ナットが最適でしょうか?M9×20かな?と思いましたが、使ったことがないので、教えていただきたいです。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

φ8mmの穴ならφ6mmビスがベター、
ビスのリーチが20mmならワッシャー2枚(約2mm)と板2枚(凡そ10mm)ナット5~6mmでギリですね、板厚がもう少しあるならリーチは25mmの方がいいでしょうね、何処でも売ってますよね、

φ9mmのビスを使うのならドリルで穴を広げる必要が有りますよ、

仰る長ナットはビスのリーチの事では有りませんか?、
長ナットを使う必然性が良く判りません、一般に市販はされてます。

Q真鍮棒を購入するなら

直径2~3cm程度の真鍮棒を購入したいのですが、よい業者をご存知の方お教え願います。

Aベストアンサー

直径20~30mmは通常のホームセンターでは売ってませんね。最高で10mmです。特注になるでしょう。タウンページで金属卸で最寄の卸やさんに電話で問い合わせるのが早いです。

Q真鍮に比べアルミはどのくらい弱い素材でしょうか?

階段のステップに使う素材で、アルミか真鍮か迷っています。

  ・アルミは安いし、選んでいる色もそこそこ真鍮に近い高級感がでています。
  ・真鍮は高いですが、本物の高級感があります。

質問
(1)アルミは傷がつきやすいでしょうか?
(2)アルミは真鍮に比べ経年劣化は著しいのでしょうか?

Aベストアンサー

お使いになる場所(階段のステップ)なら、アルミでも真鍮でも構わないと思います。

特に水が掛かる事が多いとか、(重量に対する)強度が必要だとか、が無ければアルミ製でも良いのではないでしょうか?
※階段の「踏み板」面に面で接触して固定するのでしょうから、重みも関係ないですよね?

ただ、(ご質問者のお話の中で)1点気になった所は「色」です。
アルミも真鍮も、どちらも同じ色とのことでしたが?
その色は真鍮の様なゴールド系のお色なんでしょうか?
又は、真ちゅう製のも真鍮の地金の色ではない色をしており、アルミもそうなのでしょうか?

もし、アルミ製でアルミの地金と異なる色(つや消しのシルバー)なら、
金属調の色ならイオンプレーティングの様な(めっきのイメージでOKです)加工がしてあります。
金属調でなければ塗装の可能性が高いと思います。
だとすると、経年的なもので(風化や階段を使う時の摩擦等)色落ちの可能背が有ると思います。
※真鍮でも地金の色で無い場合は、同じです。

色落ちも一つの劣化ではありますが、使用上の強度(安全性)にはほとんど影響が無いと思いますので、
あくまで外観、見た目の問題ですね。
外観的には、真鍮の場合でも素地で有れば、やはり経年的に黒っぽくなってしまいますから、

普通、地金を生かした色調の製品は表面にクリアー塗装がしてあると思います。
※クリアー塗装もだんだん剥げてしまいますが・・・・(苦笑)

傷つき易さは、厳密にはアルミの方が劣ると思いますが、
まぁ・・・・それでも、階段のステップレベルなら、それほど気にしなくて良い内容と思います。

価格は確かにアルミが安いですね。(笑)
真鍮は(約ですが)アルミのほぼ3倍くらいの重さ(比重)なので、
金属というのは材料価格はKg当りですから。(笑)
特に今は、真鍮もアルミも材料が高騰しており、
真鍮の高騰はものすごい物が有ります。※今後、大きく価格が下がる要素も無いですネェ・・・ガソリンと同じで。(苦笑)

まぁ・・・どちらでもお好みというか、
予算やデザイン等で、気に入った方を選択されれば良いと思いますよ。

お使いになる場所(階段のステップ)なら、アルミでも真鍮でも構わないと思います。

特に水が掛かる事が多いとか、(重量に対する)強度が必要だとか、が無ければアルミ製でも良いのではないでしょうか?
※階段の「踏み板」面に面で接触して固定するのでしょうから、重みも関係ないですよね?

ただ、(ご質問者のお話の中で)1点気になった所は「色」です。
アルミも真鍮も、どちらも同じ色とのことでしたが?
その色は真鍮の様なゴールド系のお色なんでしょうか?
又は、真ちゅう製のも真鍮の地金の色ではな...続きを読む

Q9mmの真鍮棒にタップ加工は出来ますか?

DIYで家具を作っているのですが、既成の引き手が気に入らず、前々から真鍮が好きなこともあり、「コの字」型(幅約100mm、奥行き約30mm)に加工した真鍮にタップ加工をして、ねじ棒を差込、ナットでしめて固定したいと考えていますが、身近に詳しい人がおらず、お知恵を拝借したく思います。
丸棒(9ミリくらいの径)の断面にナットで固定出来るくらいのタップ加工をしたいのです。もし、そのようなことを個人でできる方法や道具を知っているかたいましたら、ぜひ教えてください。また、参考ウェブなどありましたら、教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

穴を開けるならボール盤(又はフライス盤)か旋盤でも可能でしょう。
棒材を使用するのなら旋盤のほうが中心を取りやすいでしょう。
ねじは市販のタップで十分いけると思います。
問題は棒材をまげて取っ手に・・という事ですが棒を全体に曲げてとなると均一にするのは難しいかもしれません。この時でなく半円のようなRになら可能でしょう。(又は形状や精度を求めなければ)
取っ手にするなら各面を独立して作るてもあります(Rも別部品として)これはかなり手間がかかると思うのでのでお勧めは出来ませんが。
多少加工技術があれば曲げ部分の内側を少し削り曲げやすくするという方法はどうでしょうか?多少強度的に問題はあるかもしれませんができない事は無いのではないかと思います。
参考までに。
ついでに個人でも買える(?)小型工作機械
http://m2o.jp/
旋盤のおすすめ(?)
http://m2o.jp/toyoasmmo/7.1/66500/

Q真鍮の硬さが違うのはなぜなのか。

真鍮製の管楽器の調整を仕事でしています。
それで思うのですが、真鍮の硬さが、製作年代によって違うように思います。
現代の真鍮は硬く、昔の楽器、特に1950年代以前はもっと柔らかいように思います。
そのような真鍮の硬さの違いというのはなぜ生まれるのでしょうか。
それとも真鍮というのは硬さは一定で、違うと思うのは気のせいなのでしょうか。
ハンマーで叩いて成形しているような部品であれば硬さが違うのは分かるのですが
そのような部品ではありません。

Aベストアンサー

>そのような真鍮の硬さの違いというのはなぜ生まれるのでしょうか。

真鍮って元々銅と亜鉛の混合物なんです。
さらに混ぜ物の比率によって
固さや性質が変わるんです。
http://www.toishi.info/sozai/cu/c2.html

機械部品なんかだと、耐食性やあげるために
亜鉛の含有率を下げたり、
導電率をあげるためにあげたりと
様々な工夫が凝らされています。

楽器については詳しくありませんが、
たぶん、加工技術が未熟だった頃は柔らかめのもので
作られていたとか、固さによって音が違うとか、
どういう固さのものが最もその楽器の音に適しているか
などの創意工夫が各年代で行われた結果ではないでしょうか。

Qロウ印用のロウを売っている場所を教えてください。

こんにちは。
タイトルの通りなのですが、ロウ印に使うロウ
(厳密に行ってロウなのかどうかはよくわかりませんが…)
を売っている場所を探しています。
海外旅行のおみやげに貰ったのですが、
おもしろがってバンバン押しているうちに、
あっという間にロウを使い果たしてしまいました。

ネットで検索したりしてみているのですが、
どうにも上手くヒットしません。
どなたか、どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

お邪魔します。
これは「シーリング・ワックス」または「封蝋」と言うものです。
大きな文具屋さんか、東○ハンズなどで買えると思います。

ネットでも「シーリング・ワックス」でヒットするので買えるでしょう。

Qこのぺンのメッキみ剥がして綺麗な真鍮の色を出したいのですがどうしたらいいですか ちなみに素材は真鍮で

このぺンのメッキみ剥がして綺麗な真鍮の色を出したいのですがどうしたらいいですか
ちなみに素材は真鍮です。

Aベストアンサー

真鍮が本当なら、塗料はがせば、10日もしないうちに変色して、

毎日磨くようになるけど・・・・

Qギブソン SGについての質問です。 所有しているものが、何年式のどういうものか知りたいのですが、よろ

ギブソン SGについての質問です。
所有しているものが、何年式のどういうものか知りたいのですが、よろしくお願いします。
検索しても同じモデルがなかなかな見つかりません。
コントロールパネルが前面に埋め込みタイプのSGです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まぁシリアル№が判らないので正確なことは言えませんが・・・コントロール類がTOPから装着されているのは、SG-Proというモデルです。
 製造年は’70年代初頭(恐らく’70~’74年頃)で、コストダウンの為にフェンダー式の組立構造として製造工程を大幅に省略したモノです。
 当然世界中からヒンシュクを買ったために、ギブソン社は’72年でカタログから引っ込め(しかし製造は続いていた様で、実際にシリアル№上は’74年製のSG-Proが出回ったりします)、SGは’70年代が終わる前に‘60年代スタイルに戻りました。

>検索しても同じモデルがなかなかな見つかりません。

 いわゆる『日本での一般的なオールドの価値』はないので国内での本数は少なく、日本語の検索ではなかなかヒットしないでしょう。
 ギブソンはアメリカのメーカーなので、英語圏のサーチエンジンで検索してみてください。コストダウンの効果で価格が下がり大量生産されたモデルなので、カンタンに見つかるはずです。

 SG-Proは、コストダウンが最優先された’70年代の絶望的な?ギブソン(メイプル3ピースネックのレスポールとか、センターブロックがコマ切れのES-335とか)の布石となったギターですが、しかしこの時代の製品は、今では長いギブソンギター史の中で特殊なトーンを持つ時代とされ、特別な人気があります。
 ある意味、オールドの’60年代SGよりも貴重かもしれません。次の世代に残す価値のあるギターではあるので、大切に弾いてあげてください。

まぁシリアル№が判らないので正確なことは言えませんが・・・コントロール類がTOPから装着されているのは、SG-Proというモデルです。
 製造年は’70年代初頭(恐らく’70~’74年頃)で、コストダウンの為にフェンダー式の組立構造として製造工程を大幅に省略したモノです。
 当然世界中からヒンシュクを買ったために、ギブソン社は’72年でカタログから引っ込め(しかし製造は続いていた様で、実際にシリアル№上は’74年製のSG-Proが出回ったりします)、SGは’70年代が終わる前に‘60年代スタイルに戻りました。

>...続きを読む

Q真鍮同士をくっつけるには???

真鍮で石座を作りたいと思っているのですが、
真鍮をロー付けする時は、
何ローを使えば良いのでしょうか?
真鍮ローなるものがあるのでしょうか?
もしくは、元から作るのではなく、
銀の石座をゴム型にとってキャストに出したりするのでしょうか?

Aベストアンサー

真鍮ロウありますよ。
銀ロウでも真鍮に使えます。
ホームセンターや東急ハンズで置いてます。

Q安く小さな支持棒、指し棒が欲しいです。

安く小さな支持棒、指し棒が欲しいです。

できれば100円ショップで買いたいと思います。
情報をお持ちの方は、教えてください。

折りたたんだ時の全長は、3[cm]程、
伸ばしたときの全長は、10[cm]程を希望します。

強度はなくて大丈夫です。
なにかの代用品でも結構です。
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

壊れた小さなラジオを分解できたらアンテナが使えるかも
ロッドアンテナ  で検索するとQ&Aもショップも色々あるみたいです
元電器屋の発想なので参考にならないかな??


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング