親族が千代田生命で、貯蓄の計画が狂ってしまいました。
そんなこともあり私も保険の勉強をしているところです。

友人が農協のライフアドバイザーという保険関係の仕事をしているということもあり、生命保険、年金、貯蓄の面でJA共済を検討しています。
友人の話では・・・
「国内基準、国際基準ともに安全度や健全経営度が高く民間の保険会社と比べても評価が高い。半分は国の機関だし、郵政省の簡保かそれ以上に安全。日本が沈没でもしない限り大丈夫。生保の補償も厚く、年金も安心確実で高額、貯蓄の満期返戻金もかなり高いレベルで民間にはまず負けない。」とのことです。

友人が言っているのは本当なのでしょうか?
JA共済は、そもそも農協の存在、位置付けどうなんでしょうか?
生保、年金、貯蓄で入っている方はなぜ是と決断したのですか?
民間生保を選んだ方にも反論があればお教えください。
またほかにオススメがありますか?

試しにJA自動車共済(保険)には加入しましたが、今のところ事故もトラブルもなく共済(保険)を利用していませんので分からないところが多いです。金額は他社の損保と比べて安かったです。
参考までにその友人は旧友で、全く私には保険勧誘をムリにしてきません。お客さん(JA会員さんなど)への話を聞いていて自分から勝手に検討しているところです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

JA共済と民間の保険の違いについては、下記サイトの内容が参考となるかもしれませんね。



・JA共済保険を徹底解説|共済と保険の違いとメリットとは? - 保険コネクト
https://hoken-connect.jp/columns/190/

A 回答 (4件)

tyounさんへ 追加回答です。


うちはJAの組合員でもあるので親の代からJA共済です。
自分が加入するにあたって他社と比較検討しましたが、JA共済が特に
劣っている点はみつけられませんでした。
前にも書きましたが、JAの職員だからといって共済の知識を全て持ち合わせて
いるかとういとそうではないです。
生命の入院給付が疾病で10日以上でないと支給されないのが弱点かも。
商品開発が他社に比べて遅いようです。(介護給付とか)
疾病入院は4月加入から5日以上入院で支給されるらしいです。
保険関係は生命・建物・自動車すべてメインはJA共済です。
自動車事故も何度か経験しましたが、対応に問題なかったです。
自動車事故の休日夜間対応がフリーダイヤル受付のみなのも弱いと思います。
保険関係で何かあったら、管轄のJAへ電話すれば担当者が訪問して
対応してもらってます。

私は終身共済に加入していますが、他社と決定的な違いは
  1.JA共済は全期型で払込終了まで比較すると掛け金が他社の更新型に
   くらべ200万円位安かった。
   (他社のセールレディ(おばさん)はうちでは全期型はないといった。)
  2.払込終了時に特約掛金が他社は全納払のみであったがJA共済は
   年払いを選択できた。
このこともありJA共済をえらびました。
しかしJAの職員と仲良くなると、いろんな物を売りにきます。
今日は5月発売の新茶を注文にきた。母が予約していた。

この回答への補足

貯蓄としては、自営業をしていますし年末の所得控除の為にも(少しの事ですが)年金共済に年間10万円を超えるくらいの掛け金でとりあえずJA年金共済に入ろうかと思っています。

生命保険については、県民共済などの低額な掛け捨てタイプのものを併用してみようかと思っています。

年金共済は加入していませんか?
また良きアドバイス・・・または悪いよ!というアドバイスをお願いします。

確かにJAは「何でも屋さん」なようですね。
JAに関係がある家庭では、デパート、ホームセンターや食品スーパーに行く機会が減ると聞きました。

補足日時:2001/03/28 08:49
    • good
    • 32

JAの年金共済


年金共済も加入しています。これは年金共済が発売されて直ぐ
に加入しました。このときは何も考えず付き合いで加入しました。
予定利率が高い(多分3.75%)ときでしたので貯金みたいなもの
です。(後でわかったこと)
今はどうかわかりません。
しかし4月から掛金の改定があるので、加入は3月中が良いと
思います。
    • good
    • 30

JA共済はJA組合員の為の共済(保険)です。


そのため組合員外の方には利用制限を設けています。
(生命共済では職業により加入できない場合や金額制限がある)
そのため危険率を低く設定できるので予定利率が生保各社より高いです。
(生保予定利率 2.0%  JA共済 2.25%)
さらに生保のように歩合制の営業職がいないの掛け金が安くなります。
JA共済の弱点としてすべての職員がJA共済の専門知識を持っていない
ので知名度が低いことです。
ライフアドバイザーさんはそれなりの専門教育をされているので共済に関して
は相談なさるといいと思います。

生命共済は 疾病入院で10日以上入院で初日から給付です。
      一つの病気で200日まで保障です。
      基本が全期型なので更新型にくらべてトータルで
      支払い掛け金が安くなります。(同額で更新した場合)

この回答への補足

donbe2000さんは今現在、JA共済にはご加入なのですか?確かにライフアドバイザー親切丁寧に相談には乗ってくれますが、当然民間と比べてJAの悪いところ等は言ってくれません。(知らないのかも・・・)

JAを選択するように自分自身を納得させたいのですが・・・今の世の中どの会社でもむりでしょうか・・・

補足日時:2001/03/27 14:35
    • good
    • 22

JA共済の事業内容・活動状況をご紹介するディスクロージャー誌「JA KYOSAI 2000 (ANNUAL REPORT)」をPDFファイルでご覧いただけます。



下記のページをご覧になって、検討してください。

参考URL:http://www.ja-kyosai.or.jp/ja-kyosai/j-page/annu …
    • good
    • 15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング