セックスに翻弄される女性、男性の生きていく姿を描いた映画3選

 弁護士になるには法科大学院で学ぶ必要が数円前からできましたが、どうして法科大学院が必要になったんでしょうか?

 中にはそれに通う必要が出たから、弁護士の夢をあきらめるという人もいると思うんですが、それだけ司法試験合格者の質を上げる必要があるんでしょうか?

 もしくは、司法試験合格者が多すぎて、それほど必要ないからでしょうか?
 なんか、「弁護士不足」みたいな話も聞いたことがあるんですが、それは勘違いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「行政改革」という言葉は聞かれたことがあると思います。


基本的には、「行政改革」と車輪の両輪となって、「司法改革」がなされる
ようになりました。その一つが、裁判員制度であり、司法制度改革です。
このように法科大学院ができた経緯は非常に政治的なものであり、「どう
して?」という言葉に対する端的な答えは難しく、あえていうなら、「改革」のため、ということになると思います。

 法科大学院ができて、合格者の質があがったかどうかというのは、
まだ時間がたっていないのでわかりません。ただ基本的には、「同じ」で
あるということと、人数が多いのでその分下がるということはありうる
かもしれません。

 弁護士の夢を諦めるというのは、確かにその面があると思いますが、
もともと弁護士になることは非常に難しいことですので、法科大学院
に行けないという程度の理由で、諦めるひとの数は、そんなに多くない
と思われます。

 弁護士不足というのは完全な勘違いで、就職不足が叫ばれていると
おり、弁護士の数は、足りているのが現状です。
    • good
    • 0

質を上げるというよりは、合格者数を増やしても質を落とさないためです。



法曹人口の増員というのが経済界からの要望だったのですが、だからといって、かつて年間500人程度であった合格者を、年間3000人に単純に増やすだけで、他に何の対処もしなければ、合格者の質が落ちるのは明らかです。

そこで、質の低下を抑えるために、ロースクールで教育してから司法試験を受験させようと言うことになったのです。
    • good
    • 0

合格率を上げたいから 試験を変えた 学校も作った



だけど 学生の質は上がらなかった という時点での質問になりますね?

「司法試験合格者が多すぎて」なんて事実はなかったと思いますが…
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング