76歳の母が少し呆けの兆しが見えてきました。あまりひどくならないうちに手を打ちたいのですが何かいい方法があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

つ以下情報です。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「第35回VICプレスセミナー(2001/1/16)抄録」
このページで、
http://www.vic-japan.gr.jp/
(ビタミンEが多く含まれる食品)

ご参考まで。

参考URL:http://www.vic-japan.gr.jp/
    • good
    • 0

漢方では有りませんが、エーザイでアルツハイマーの薬があります。


たしか、ア「リセプト」といいます。
知り合いのMRの方が結構自信たっぷりでしたので、記憶に有りました。

薬やさんで売っている薬ではないので、病院で処方してもらうのだと思います。

エーザイのフリーダイヤルの薬の相談窓口の電話を書いておきますので、聞いてみてください。

0120-161-454
    • good
    • 0

 私が知っている「ボケ予防」に関して下記に列記しますが、確実な予防法というのは「ない!」というのが現状ですので、あくまでも「少しでも良くなれば」という期待感で種々試みて下さい。


 
アルツハイマー病の予防
ビタミンC:新鮮野菜
ビタミンE(200~800mg) ユベラ1cap=100mg
 高脂血症に対して1日600mgまで保険適応
 食品では、アーモンド、まぐろ(赤身よりトロの方が倍近く多 い)、
 カツオ、カボチャ、大豆、植物油(ひまわり油・コーン油など)、
 ほうれん草などに多く含まれている
DHA:青い魚に多く含まれる。特にマグロの目玉
ω(オメガ)-3系不飽和脂肪酸:DHA、EPA(医薬品ではエパデール)
赤ワイン:ポリフェノールは、ビタミンCやEよりもずっと強い抗酸化力をもっている。1日3~4杯を推奨(フランスのデータ)
お茶(紅茶か緑茶)にもポリフェノールが多い。
ガムをかむ(脳血流が増加)
1日30分以内の短い昼寝(アルツハイマー病発症リスクが1/5になる!)
音楽療法:モーツアルトを聴く(α波の賦活)。ロックの方が効果が高いという報告もある(愛知県)
動物介在療法(小山田特別養護老人ホーム)
園芸療法:徘徊などの問題行動減少する効果
老年男女交際:SEXの有無ではなく、ときめく気持ちが脳の活性化に有効!
日記をつける
適度な運動(20分程度の軽い運動を週に3回程度で良い)
趣味(囲碁・将棋・麻雀・トランプ、詩・短歌・俳句、ゲートボール・テニス・水泳・ダンス、絵画)
あまり効果がない趣味:釣り、カラオケ、編み物、料理など
ストレスホルモン(コーチゾールcortisol)のレべルを下げる:毎日ある程度の時間をかけて、座禅や瞑想、あるいはヨガをやるのが手っとり早い
若いうちに努力を。使って鍛える。
糖尿病・高脂血症・高血圧などの生活習慣病は危険因子
避けることができる危険因子:アルミニウム、煙草(2.3倍)、不活発な生活
お酒は、一合(ビールなら中瓶一本)程度にしましょう
頭を打たないように注意しましょう

 以上です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございました。とても参考になりました。早速いくつかを試してみます。

お礼日時:2001/03/11 20:56

痴呆症には、ご自宅の庭の松の葉を噛むか、歯がないときは、擂鉢で摩り下ろして水を少し入れて飲んで下さい、又、松葉の焼酎漬けしたものをオチョウコ1杯位飲んで下さい、これと、イチョウの葉の焼酎漬けとか、乾燥したものをお茶として飲んで下さい良い結果が出ます。


 痴呆症の治療には、身近にある薬草が一番です。
    • good
    • 0

「呆け」というのは症状で、その正体は様様な疾患であることも多いので、


まずnaokunさまのご回答のとおり、お母さんの気持ちに配慮しつつ、
病院に相談してみてください。

その上で、ご家族が気をつけていけることを。

・決して何か失敗したり、対人関係で揉め事が起こっても叱らないで下さい。
 ますます問題行動がひどくなることがあります。
 
 物忘れしたりする方や、いわゆる「呆け」の症状が出始めた方は、まずご本人が
 傷ついています。
  やったはずのことを忘れていたり、身に覚えのないことで叱られたりして、
 元気だった頃の自分とのイメージの差に戸惑っています。
 
 やさしく、今まで以上に愛情をもって接してあげてください。

・家事や、役割をもっているなら、できることは、なるべく今までどおりやってい
 ただいてください。
・食べ物では、「予防」の段階ではDHAの豊富な青背の魚(サバ・サンマ・イワシ
 など・・)もいいと言われています。
・歯が健康で、よく噛む人ほど呆けにくいといわれています。噛むことで、脳の
 血流が数倍になり、呆けの予防につながります。歯の健康を保って、よく噛む
 食事にしましょう。 

 老いは、誰もがとおる道です。
 深刻な病気でないことをお祈りしますが、もし何らかの診断名がつけられたと
 しても、ご家族の愛情で、頑張ってお母さんを支えていかれますようを願って
 います。でも愛情だけではやっていけないこともありますので、その場合は、
 またご相談ください。
    • good
    • 0

適切な例ではないかもしれませんが、naokun先生の会と王のように「アルツハイマー型」では薬剤によるしかないかもしれませんが、脳血管系障害によるものであれば「ビタミンE・DHA・EPA」等を含む食物・補助食品が良いかもしれません?


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「ビタミンE」

ご参考まで。

参考URL:http://www2.famille.ne.jp/~horio/text1/text1.htm …・2
    • good
    • 0

漢方や食べ物ではありませんが、アルツハイマー型老年痴呆であれば、アリセプトという薬剤があります。


根本的に痴呆そのものを治す薬というわけではありませんが、痴呆の進行を1年間ぐらい食い止めたり、若干症状をよくしたり出来ることが認められており、実際に私も外来で投与している方が何人かいらっしゃいます。
先ず、病院に行かれお母様の痴呆の種類を診断してもらい、それから家族の方の心構えや今後の対応方法、治療方針を考慮してもらってはいかがでしょうか?
精神科、神経内科、脳外科、内科などが受診してみるべき科かと存じます。
    • good
    • 0

イチョウ葉エキスがいいとは聞きますが。



参考URL:http://www3.tky.3web.ne.jp/~aiaihide/ityou.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報