高カロリー輸液などの中にビタミン剤を入れることがあると思うのですが、ビタミン剤が混入されている場合は遮光をしなければならないという事をききました。
ですが、この「ビタミン剤」というのはどこまでを言うのでしょう?アスコルビン酸やパントテン酸なども含まれるのでしょうか?
気になりはじめると、気になってしょうがありません。
どなたか教えてください…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


あくまでも長期保存中の変質を防ぐもので、点滴中は遮光は必要ないということから、添付文書には書いてないのですが、出入りされている製薬会社の方か直接製薬会社のサイトに尋ねられた方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
心強い味方ができたという感じです。
さっそくきいてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/23 14:56

参考まで。


ビタミン剤のアンプルはほとんど遮光の容器です。
分解されやすいからです。
アスコルビン酸は普通の容器です。
すなわち遮光の必要がないのですが、言えることはどのビタミンも長期に保存することを考えて遮光なので、
点滴などに入れて数時間で体内に入るのであれば、点滴の容器を遮光の必要はないと思います。慎重を期してされるに越したことはありませんが・・・。
ただ高カロリー輸液(IVH)などは24時間かけて流すので、窓際のベットの方には遮光するのがよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ということは、遮光をしている容器に入っているものが混入されている点滴を行なう時だけ遮光をすればよいという事になりますか?粉末のものを溶かしても同じ考え方でいいのでしょうか?
添付文書にはそういった事は記載されていないのですが、どこで調べればわかるのでしょう?
たくさんきいてすみません。

お礼日時:2003/03/22 14:09

医療関係者の方のようなので.添付文書でも読めばわかるのではありませんか。


http://www.pharmasys.gr.jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
教えていただいたサイトは、これからも利用させていただきたいと思います。

お礼日時:2003/03/22 13:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高カロリー輸液の他剤混注のケース

お世話になります。

フルカリックやアミノトリパといったIVH剤において、一緒に投与するケースがある薬剤というのは、ガスターといった胃薬、ビタミン剤、微量元素以外に、どのようなものになりますでしょうか?

また、ありえないと看護師の友人に笑われたのですが、例えば、IVHラインから、側注で3つも4つもラインをつなげて、(時に、ポンプもつなげて)別の薬剤を投与するケースというのは、ありえないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

現役医療職です。

IVH剤に一旦入れてしまうと取り返し(補整)がきかなくなるので、その他の薬剤を混ぜるケースは少ないとは思います。
バランスも難しいですし。
強いて上げるならインシュリンくらいでしょうか。


患者の情況によっては、IVHラインに三法活栓などをつけての持続的な側注はありえます。
(全身火傷など、他のルートがとれない時)
今は(感染面から)閉鎖式のルートを使っていることが多いので、側注じたいをあまり見なくなりましたね。

Q病院でビタミンが不足していると言われてます。体がだるくてビタミンやニンニク注射を勧められたのですが、

病院でビタミンが不足していると言われてます。体がだるくてビタミンやニンニク注射を勧められたのですが、1万や3,000円くらいするので断ってますが、これらは医療費控除の対象となるのでしょうか?

Aベストアンサー

それらの注射は自由診療で保険は使えません。
従って医療控除の対象ではありません。美容整形と同じですね。
それにしても他の病院より高いようです。

http://e-clinic.gr.jp/vitamin.html

Q高カロリー輸液(IVH)について

私の勤めている病院では、高カロリー輸液として

ユニカリックL・N、
アミノトリパ1・2号、
ハイカリック液1・2・3号、
ハイカリックRF

の4種類を使っているのですが、何故4種類必要なのか
よくわかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

通りすがりの者ですが・・・。
輸液に造詣が深い訳でも無くaluさんが病院にお勤めとの事ですのでお答えできる事も無いと思うのですが一般人の自信無しの話として・・・。
先ずハイカリックRFはカリウムを含まずナトリウムやクロールなども腎不全患者や透析患者用に極力少なくした特別な輸液ですからそう言った患者さんのために置いてあるのだと思います。
次にハイカリック1号、2号、3号はナトリウムとクロールが入っていないので自分でナトリウムの量を調節できますしアミノ酸製剤を使う時期で無い術後の割と早い時期などにも電解質入りの糖液ですから使いやすく、またアミノ酸製剤とともに使う場合もアミノレバンやアミユーなど製剤を選べるので肝臓に優しくしたいのか腎臓に優しくしたいのか選べて細やかな管理をするのに便利なのだと思います。
ユニカリックL,Nは言ってしまえばハイカリックNC-L,N(1号、2号にナトリウムとクロールがあらかじめ入っているもの)とアミゼットを最初から一緒にしたもので使いやすいですが細やかに管理はしにくいと思います。
アミノトリパ1号、2号も言ってみればトリパレン1号、2号にアミパレンが一緒に入った様な者なので使いやすいという点ではユニカリックと同じですがトリパレンの売りであるグルコース以外の糖である果糖やキシリトールでカロリーは入っても血糖をあまりあげないという利点も引き継いでいるのでしょうから糖尿病の患者さんなどに使いやすいという面があるのだと思います。またaluさんもおっしゃる通りPHがこの二つの間では違いますから薬剤を混ぜようとした時に相性の良い方を選べるという点も二つ置いてある利点かも知れませんね。
医療従事者の方に回答するのも「釈迦に説法」という感じがして恥ずかしいのですが疑問点の解消の一助になれば幸いです。
それでは。

通りすがりの者ですが・・・。
輸液に造詣が深い訳でも無くaluさんが病院にお勤めとの事ですのでお答えできる事も無いと思うのですが一般人の自信無しの話として・・・。
先ずハイカリックRFはカリウムを含まずナトリウムやクロールなども腎不全患者や透析患者用に極力少なくした特別な輸液ですからそう言った患者さんのために置いてあるのだと思います。
次にハイカリック1号、2号、3号はナトリウムとクロールが入っていないので自分でナトリウムの量を調節できますしアミノ酸製剤を使う時期で無い術後の割...続きを読む

Q輸液について教えてください

題名の通りなんですが、
いま、輸液について調べています。

輸液(キシロース使用)は使われているのでしょうか?
グルコース輸液・マルトース輸液と比べて使われ方はどうなんでしょうか??
ネットで検索したところ、キシロース輸液は神経障害を引き起こすなどともかかれていたもので・・・。

ほか、輸液の事について詳しくかかれているサイト・参考書等ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

キシロースとは、クリニザルツやクリニットに含まれるキシリトール輸液のことでしょうか?同じ目的であるのなら、やはりポタコールRやマルトス10のほうが需要が多いようですが、副作用的には、両方とも急速 大量投与による電解質異常のほかに、キシリトール輸液は、腎・肝障害もありとの記述があります。
ポタRや、マルトスは、大手製薬メーカーゆえの需要の多さも考えられるかもしれません。
神経障害の有無は、定かではありません。ごめんなさい。

輸液に関しては、メディカ出版から出ている 「輸液・輸血・救急薬 TODAY」という著書が写真入りでわかりやすいです。

Qビーフリード輸液のゴム栓

ビーフリード輸液のゴム栓に書かれているin outは区別があるのでしょうか?
灰色の所に書かれています。
みんな区別なくルートつないでいるように見えるのですが…

Aベストアンサー

inとoutは微妙にゴム栓の厚さが違うと聞いたことはあります(本当かどうかはわかりませんが。)

製薬会社の方に聞いてみると正しいことが聞けるかもしれません。

お役にたてなくてすみません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報