この度ウェッジ(SW相当の56度)を新調しようかなと考えているのですが、それに伴ってバンス角どうするか迷ってます。56度のウェッジだと大体8~14度くらいのバンス角がありますよね。それぞれどういう用途で使うのか、あるいはどういうタイプのスイングなのかによって変わってくるのでしょうね。
私はギアに関しての知識も乏しいのでここで皆様のご意見を伺いたく質問させていただきます。
私のバンス角について知ってることは

バンス角大きいメリット
(1)バンカーでバンスを生かしてエクスプロージョンしやすい。
(2)フェアウェイなどでもソールが滑ってくれるのでザックリしにくい。

デメリット
(1)ザックリしにくい代わりに手前から入るとヘッドが跳ねてトップしやすい
(2)フェースをオープンに構えるとリーディングエッジが浮く

バンス角が小さいメリット
(1)フェアウェイなどでバンスが跳ねないのでクリーンに打ちやすい
(特に芝が薄いとこなどで)
(2)フェースをオープンに構えやすい

デメリット
(1)バンカーでバンスが生かせずザックリの可能性がある。
(2)フェアウェイなどでも同様ザックリしやすい


って感じですがみなさん56度や58度のウェッジのバンス角を選択する際こういう理由だからこうしてるみたいなご意見を伺いたいです。
また上記以外にもバンス角についてのメリットデメリットがあればそちらも同時に知りたいです。
ちなみに私はフェアウェイに関してはバンス角が小さくても平気と思うのですがバンカーが少々苦手です。またバンカー以外のアプローチもあまり多彩な事はできず同じ打ち方しかできません。(フェースをかぶせたり開いたり、右に置いたり左置いたりって操作はあまりしないです)なので自分ではバンスが大きいタイプの方が合ってるのかな?とも思うのですがその辺はどうでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

バウンス(バンス)角についての概念は


記述されたもので良いと思います

ところで、バウンスにはラウンドの付いたものが多く
細かく見ると、実際のバウンス角はハッキリしない事があります

バウンス角より入射角度(ダウンブローの角度)が大きければ
バウンスの影響は殆どなくなります
問題は入射角が小さい時の影響ですね

また、バウンスには平らなものもあります
私に使用しているLynxはソールが平面なので
その角度がハッキリしていて、角度に慣れると
何処で使用しても入射角の範囲が調整できれば問題は起きません
バンカーでも、平らなソールを砂にぶつける感じで処理できます
(過去のプロがこの手のSWを重宝がったのもこれが理由でしょう)

フェアウェイでの使用には、芝の長さと、地面の柔らかさが関係し
多少のバウンス角でも問題の出ないコースもありますので
行きつけのコースにあわせて多少大きめのバウンスでも使用できる
ことを確認されるといいかと思います
(これまで使用したSWのバウンスでどうだったかで判断できますね)

バンカーの砂の質でもラウンドソールと、フラットソールの違いは
はっきり出ます
砂が柔らかければ、どちらかというと、バウンスの大きくて広い方が
脱出しやすいと思います

参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
入射角とバンス角の関係について言われてみればなるほどと思いました。
またバンス角だけじゃなくその形状も関係するのですね。フラットなものとラウンドがついたもの。当然使い勝手も変わってくる訳ですね。
私の今のSWは初心者の頃からずっと使い続けてるのですが(アイアンは買い換えたのですがSWだけはそのままです。クラブ自体は20年くらい前のものみたいです)もともとは友人から譲り受けたクラブなのでバンス角が分からないのです^^;HIRO HONMAのM-20なのですが。ソール形状はフラットとまでいかないかもしれませんが割りとラウンドは少なめな感じがします。
このクラブで特にバンスが邪魔だなぁとか感じた事はないですね。

お礼日時:2009/06/13 07:34

よく質問の中で「ウェッジのつながり」と言う言葉が出ます


私には一番わかり難い感覚です

これまでのお話にも申し上げましたが
私のウェッジに関する考え方はSWが中心になります
PWやAWには殆どバンカーは関係ないからです
(砂の少ないバンカーではAWをしばしば使用しますが)
つまり、SWはバンカーとフェアウェイの二つの条件を満足するという
条件が付くからですね

最近の重量フロー(PW、AW、SW)がどうなっているかは不明ですが
私の使用しているホンマのAWは明らかにAWは軽くなっています
PWより5gくらい軽いと思います
これがいいのかどうかわかりませんが、最初は違和感がありました
ところが、ウェッジとは皆さんが単品で入れ替えられるほど
一つ一つに個性があっていい物なのだと認識すると
違和感が消えてしまったのです

あとは、球筋とスイートスポットでヒットした時の感覚だけです
(バランスはセットとの事なので合っているとして)
飛距離はウェッジには殆ど関係ありません
私のPWはキャリー130ヤード(130ヤードグリーンに70%以上
届きます、スピンで止まる確率は30%程度ですが)
AWはキャリーで110ヤード、大体PWと同じ確率です
SWは最大で100ヤードは出ますが、本番では80ヤードを目安に
使用することにしています
あとは、重なる距離の部分の使い分けだけですね
もちろん、球筋はありますが

どの辺がしっくりこないのか一度見直されてはと思います
メーカーの設定がbuluenote55さんに合っていない
可能性も有ると言う事でしょうか
そうであれば、AWの選定で済むように思えるのですが
いかがでしょうか?

余計なアドバイスまで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに言われて見ればそうですよね。プロのクラブセッティングをみてもウェッジは別物。つまり極端な言い方すればそれだけが単体で独立してたりしますよね。(ロフトは無視できないでしょうけど)ウェッジは感覚こそ全て。autoro様はそれを一番の優先事項としてる風に読み取れました。まさにその通りだなと思いました。

ところで私が言った「つながり」ですが、もっと具体的に言うとPWとSWは同じ風に構えて同じスイングで違和感なく振れるのですがAWだけはなぜか違うスイングを強いられてる感がしてならないのです。もっと簡単に言えばとても振りにくいんですね。なんでそうなのか原因はサッパリ分からないのですがそう感じてしまってるからにはやはりAWは変える必要があるのではとは思います。autoro様の言われるとおりAWだけの選定ので済むことですよね。


それと最後に重量フローだのバランスだのカタログの数値に固執しすぎた(頭でっかちになりすぎてた)自分に気づかされた思いがしてハッとしました。ゴルフでは「感覚」が一番大事な事ですよね。その感覚を生かすための準備段階としての理屈だったり知識だったり。そんな当たり前の事を忘れかけてた自分を恥ずかしく思います。

アドバイスありがとうございました。
肩の力がふと抜けた思いがしました。

お礼日時:2009/06/15 22:23

そうですか、AWと合わないですか


私は現在アイアンはホンマのCL-505でPW,AW共
セット物です
他に、McGregor、マルマンもありますが
SWはLynxのみで通しています

SWはバンカーとアプローチのスコアメイキングクラブです
これがしっかりしていないと、スコアの基本が崩れると思っています
(他のクラブはSWに合わせる距離管理になります)
したがって、SWに問題がなければ
PWとAWを替えられる方がいいのではないかと思いますね
これからSWを使いこなして行くのは大変だと思いますが?

余計な再追記です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホンマのCL-505はいいクラブですよね。
一生魅せられ続けるくらいの魔力がホンマにはありますよね。

PWとAWを替えられた方がとのご提案ですが、これまたちょっと難しくて^^;ってのもPWとAWは同じWRなのですがなぜだかPWの方はすっごくしっくりきてるのですよね。またPWとSWは1つ番手は飛びますがつながり的にも違和感がないのです。それがなぜなのか分かりませんが・・・
なのでAWだけ替えるってのも一つの手ですよね。
そこが一番の問題点な訳ですし。

その辺のところもう一度考えてみたいと思います。

お礼日時:2009/06/14 06:48

M-20ですか良いSWです


私もCL-505のSWがあります形状は殆ど同じですね
バウンスはラウンド型なのですが他のSWより丘が低いですね
ホンマのアイアンに変えたときにしばらく使用してみました
悪くはないのですが、慣れでしょうか、いつの間にか元に戻りました

仲間にもホンマのSWを離さない方が居ります
良いSWだと思います
バウンス角も最近のSWと比べても遜色ないかと思います
(10-12度に感じられます)

ただ、御質問にも在りますとおり
バウンスを何処まで活かすかという問題になりますと
先ほども申し上げました「慣れ」がどこまで体に
染み付いているかで、今後導入のSWを使いこなせるようになるか
時間(長期の使い込みが必要なので)が許すかどうかになりますね

私もSW使用期間が20年以上になりますので
私と同じ感覚でホンマのSWを使用されているのではないかと
もしそうなら、56度はかえって邪魔になりはしないかと
ふと思ったりもしています

なぜ56度かと言う理由は判りませんが
私はSWは一本で良いと思っていますので
あくまでも御自分の選択にはなりますが

余計な追記まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

autoro様もHONMAのSWの使用経験があるのですね。
そうですね。ほかのSWに比べてラウンドは少ない感じはしますね。バンス角も10~12度くらいとの事ですがそのくらいかなぁと私も思います。今回このSWとAWを抜いて新たに50度と56度のウェッジを買おうかと思ってるのです。(つまり56度はバンカーでも使う前提です)ホンマのSW自体はなんの不満もないのですが今の持ってるAW(スリクソンのWR)がいまひとつ気に入らないのでAWを抜くついでにSW相当のウェッジも同じシリーズでセットで買ってしまおうかなと。っていうのも現在のAWとSWに「つながりの悪さ」みたいなものを感じてるのです。重量フローやバランス的にはおかしくない組み合わせのはずなのですが数字には表れないフィーリングの部分でそう感じるのでしょうか。(50度・56度って組み合わせの理由はPWのロフトが45度のためです。)それと同じ事が起こるのが嫌なので同じシリーズでそろえた方が間違えがないかなと。そんな事情からです。
ただ、私は現在13本のセットで実は1本余裕があります。なので例えばウェッジを2本新調して今の慣れ親しんだSWを残すなんて事も可能なのですが^^;

お礼日時:2009/06/13 12:39

そうですね、例えばヴォーケイなんかだと「スライダー」「ディガー」とスイングタイプでの


バウンス角を目安としたラインナップとなっていますよね。
また、キャロウェイなんかだとソールのグラインドで双方のメリットを活かす考え方での設定になっていますよね。
(ミズノの最新MP-T or Rシリーズも一見の価値がありますよ)
現在のウェッジの傾向は、ソール側のトレーディングエッジをグラインドさせて複合的な機能性を高めたモデルが多いですね。
もちろん、ヴォーケイでもツアーバンデザインはこの種のタイプになりますね。
…ということで、バウンス角の大きい場合のデメリットはかなり軽減されています。

ボクの場合は基本ソールを滑らせたいタイプですが、ローバウンスでのダルマ落としや2度打ちを
数度経験しているため、58度の12度を設定しています。
フェイスはガバッと開いて斜めに使いますが全く問題ありません。
ちなみにロマロのVK-Vです(銅の柔らかさが気に入ったため)

最近では大手ゴルフショップにたくさんの試打クラブを揃えたアプローチ&バンカーコーナーがあります。
気軽に入れるようになっていますので色々試されてみたらどうでしょうか?

何か参考になれば…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今のクラブってソール形状が凝ったタイプが多いですよねぇ。ヒールとトウ側を削り落としたモノやミズノのMPシリーズみたいに多面のモノや。ショップで試打などもした事ありますが人工マットの上からだと正直あまりその形状の恩恵は分かりませんでした^^;
ただバンス角が大きいデメリットが軽減されるってのは確かにそうですよね。

私もアプローチはノーコックに近くまたシャローに入れるタイプなのでソールを滑らすイメージはあります。
58度で12度のバンスでオープンにしても気になりませんか。なるほどです!

お礼日時:2009/06/13 07:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダウンブローとダフリの関係

ダウンブローとダフリの関係

こんばんは。
本日デビュー二回目のラウンドに行きました。ゴルフを初めてから2ヶ月が過ぎました。
今日は前回とは比較にならない位叩きました。ダフリが多かったのです。
これまでの練習でダウンブローを練習してきました。練習場では自分なりにまあまあ良い感触と手応えを感じました。
ところが本コースでは天然芝がミスを顕著に知らせてくれました。練習場ではダフっても玉は飛んでくれていたのです。
さあここで悩みです。ダウンブロー(カット打ち)?は鋭角的にクラブが落ちてくるのでヒッティングエリアが狭いと読んだ事があります。ダウンブローの利点を知り、学んできました。
もちろん本日のラウンドのミスの原因は下半身の不安定感は否定出来ません。

クラブは縦振りの認識しています。友人からもコックは入れるなとか言われますし…
ただ私はダウンブローの打ち方をこれからも学びたいと思っています。

ダフリやトップはダウンブローが関係してるのでしょうか?私は下半身の体重移動 軸 回転が本日の失敗だと思ってます。
ダウンブローの打ち方事態にリスクはあるのでしょうか?

皆さんはこんな体験や経験はいかがですか?聞かせて下さい。宜しくお願いします。
追記
友達にはコックはするな…って。私はHB辺りではしてシャフトをあげてます。アウトサイドイン起動過ぎるのですか?
友達にはダウンブローを止めたらと言われてる気がします。経験者の意見は素直に参考にはしたいものですが…

ダウンブローとダフリの関係

こんばんは。
本日デビュー二回目のラウンドに行きました。ゴルフを初めてから2ヶ月が過ぎました。
今日は前回とは比較にならない位叩きました。ダフリが多かったのです。
これまでの練習でダウンブローを練習してきました。練習場では自分なりにまあまあ良い感触と手応えを感じました。
ところが本コースでは天然芝がミスを顕著に知らせてくれました。練習場ではダフっても玉は飛んでくれていたのです。
さあここで悩みです。ダウンブロー(カット打ち)?は鋭角的にクラブが...続きを読む

Aベストアンサー

ダウンブローを特別な打ち方だと思っていませんか?
そこが一番肝心な所です

スイングのクラブの通り道(軌跡=弧)を紙に描いて
見てください
一番クラブの下がる所が「最下点」で
ダウンブローとはクラブが降りきらないうちにブールに
当たる事を言います(クラブがダウン中にブロー)
従って、御自信のスイングを変える必要はなく
絵に描いた「弧」の最下点を何処にするかで決まるわけです
いつも最下点でボールをヒットしているとすれば
ボールの位置がボール半分右によるだけでダウンブロー
になります

ところで、アイアンのショットはターフを取ることと
教わったと思います
この打ち方で最下点でボールをヒットする場合
必ずダフルことになるのが理解できると思います
(絵に描いた「弧」を見つめて考えて下さい)

こうして理論が理解できてくれば
下半身を安定させる必要があることや
腕の力でクラブを振ることが以下に悪い事か
が理解出来る様になると思います

アドバイスまで

Q砂の固いバンカーとウェッジのバンス角

現在バンス角10度のサンドウェッジを使用しています。

このウェッジで砂の固いバンカーから打つと
地面に跳ね返されてよくトップしてしまいます。

ローバンスのものが固いバンカーには向いているみたいなのですが
一般的にローバンスとは何度くらいのものを指すのでしょうか?

またみなさんは砂の固いバンカーなどは
バンス角何度くらいのものを使用されていますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>砂の硬いバンカー
多分エクスプロージョンを試みられていると思います
砂の硬いところはクリーンヒットと教わりませんでしたか?
過去の質問でも皆さんの答えはそう申しておりますが

クリーンヒットだとバウンス(バンス)がどうあれ
ボールを上げたい角度と高さがそれを決める事になり
腕前によりバンスの使い方が決まる事になります

バンカーの硬さにも色々ありますが
バンカーに入った時にシューズが沈まないようであれば
私は、AW,PW,SWが選択肢になります
バンカーの淵がなく転がして上げられれば
パターも選択肢の一番になりますね

アドバイスまで

Qドライバーがダウンブローでも吹き上がらない理由

片山プロはドライバーや3Wも
若干ダウンブロー気味に打っているそうですが
どうして吹き上がらないのでしょうか?

確かにティーアップした3Wでもインパクト直後に
軽く地面にすれていることがあります。

ダウンブローといってもほとんど
フラットだからでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一昨年の大晦日(2006年)に
ドライバーのダウンブローで
訳の判らない方とやり取りした事があります
丁度タイミングよくBSでタイガー.ウッズの
ドライバーのスロー映像が放映され
それがアッパーブローでもなく、ダウンブローでもなく
テイーの前後は完全なほどレベルに通過していることを指摘しました

論より証拠で
雑誌やプロのレッスンで指導するほど
ダウンでもなく、アッパーでもない
フェースのロフトどおりのスピンになっているのですね

ドライバーのシャフトの長さからして
一般的にはインパクト付近のスイングの「弧」は
ストレートに近いもののはずです
要は、クラブのスイングの最下点を何処に置くかになりますが
タイガーのようにレベルゾーンが長く取れるかどうか
に限られるように思いますね

アドバイスまで

QT-zoid pro のサンドウェッジのバンス角とロフト角が知りたい

T-zoid pro のサンドウェッジのバンス角とロフト角を教えてください。約10年くらい使用しているのですが、ウェッジを買い換えようか悩んでいます。今はミズノのT-ZOID PRO を使用しています。何気なく使っていたのですが、ロフト56度とバンス12度が使いやすいと聞いたので、バンス角とロフト角はいくつなのか急に知りたくなってしまいました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご近所のゴルフショップにご持参下さい
相談かたがたSWのロフトとバウンス角が知りたいといえば
測定してくれます
普通、用品を購入すれば無料で測定してくれます
ロフト調整が必要かどうかの相談なら(バウンス角も変わりますので)
黙って測定してくれるでしょう
(頭を使うことです)

アドバイスまで

Qゴルフ ダウンブロー

打ちっぱなし場に行ってきてダウンブローに打てているかなと思うショットがたまに出ました。

打った瞬間ボールの真ん中「トップかなと思いました」しかしいつもよりボールが高く上がりました。「飛距離も少し伸びました」

これをいつも打てるようになる練習法やコツなどありますか?

ダウンブローに毎回打てるようになるとプロの弾道にほんの少しでもちかずけるでしょうか?

「初めは低くて途中から高く上がるような球です」

Aベストアンサー

ダウンブロー
これは特別な打ち方では有りません
前にも申しましたがスイングは円運動です
クラブヘッドが最下点を中心として
下向きに動く(downward)=最下点の1-2cm手前
でボールをヒットする事をダウンブローといいます

つまり、スイングの途中のどこでボールをヒットするか
を言い表しているだけです

マットの前に立ち、クラブがマットに当たる点が
最下点に当たります
この最下点にボールを置くとスイープショットになります
(ボールをほうきなどで掃くようなショットつまり
拾うだけのショットという意味です)

ダウンブローにしたければ
ボールの位置を1-2cm右に寄せておいた状態に
すれば良いだけなのです
(最下点より1-2cm右に寄ったのでクラブが最下点に
達する前にヒットできますね)

ボールの位置が大切になります
最下点を同じ所にする努力が必要です(スイングの安定)

参考まで

Q一打目がフェアウェイバンカーの土手に止まった!さて何番?

1打目ドライバーで打ちました!
スライス(フック)してフェアウェイバンカーを越えたものの、バンカーの土手の芝のとこでボールが止まりました。
まだ150yard残っています。
土手なんでライ・足場はグリーン方向に上っています。ボール周りの芝はかなり短いです。
実は先週この状況になりました。

6Iを短く持って思い切り打ったものの、ライが上っていたので、球はものすごーーーーく高く上がっただけで、結果全然距離が出ず、3打目が50ヤードも残ってしまいました。

今でも
「あの時何番で打ったらよかったんだ?」
「3wで打ったら乗ってたか?」
「俺の選択は正しかったのか?」
「パターでフェアフェイ真ん中に出したら良かったか?」
など考えたりします。

あなたならどうしますか?

Aベストアンサー

とある安全策ゴルファーです!

私の場合は、1打目がミスなら、必ず2打目は打てる位置に出すだけか、
kokku5555さんの様なそこそこ打てる場所なら30~40y出して残り120~130をグリーンON!させるぶれの無い自分のゴルフスタイルを維持する考えで行きます。
フルショットとフルスイングを考え違いしてる方が多いのですが、的確な位置を狙える、乱れの無いショットがフルショットではないかと考えます。
私はよく仲間から「枯れたゴルフ」だとか言われますが、いいんです。
ゴルフは飛距離やパワーを競う競技では無いですから。
周囲の目を考えたり、悩んで、ミスったら、また「たら、れば」の繰り返しですので。
ぶれの無いゴルフ始めませんか?
身体が小さくても、パワー無くても、大きなミス無ければ必ずハーフは40台で、コースにもよりますが上手く気持ちが切れずに、気持ちがぶれずに行けば40切ります。

Qダウンブロー

ゴルフを始めたばかりなのですか、「ダウンブロー」で打つにはどうしたらよいのでしょうか。
やはり練習場なので生徒を募集しているレッスンプロにつくのがよいでしょうか。  レッスンプロにつくとうまくなれるでしょうか。

Aベストアンサー

ダウンブローを意識してはいけません。
意識してボールを上からつぶすように打ってもそれは単なるパンチショットになり球に当てて終わりのとても窮屈なスイングになってしまいます。
手打ちじゃなく、ちゃんと体重移動ができるようなスイングなればクラブの最下点は、アドレスの位置より自然に左に移動しますので、ボールに対してダウンブローに当たります。(ターフが取れるようになります)

Qフェアウェイのアプローチには56°か58°どちら?

フェアウェイからのアプローチ(50ヤード以内)で
56°か58°のどちらのウェッジを使うか迷っています。
好みによるとは思いますが、
どちらを使うほうがおすすめですか?

ちなみにバンカー用のSWが56°のハイバンスのもので、
PWが45°、AWが51°です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私が最初に距離と使用クラブを決めた方法をお話します

PWでフルショットをしましたキャリーで130ヤード飛びました
AWで同じことをやって110ヤードでした
SWはフルショットをすれば130ヤード出ましたが
右肩の高さのトップで80ヤードを採用しました

PWの右肩のトップは100ヤードです
AWの右肩のトップは80ヤードです

PWの腰の高さのトップは50ヤードです
AWの腰の高さのトップは40ヤードです
SWの腰の高さのトップは30ヤードです

勿論確率は60%くらいですが
一番いいときには80%以上ありました
この計算で行けば距離の隙間が殆どなくなっているのがわかると
思います

参考になればと思います

Qダウンブローとは

良く「ダウンブロー」という言葉が出てきますが、
体の動き、手首の動き、クラブ(フェース)の動き、等
もう少し詳しく解説してもらえると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

主にアイアンショットの場合ですが。
手首の動き・・・あまり関係なし。
クラブフェースの動き・・・これもあまり関係なし。
体の動き・・・体重移動がキモですね。インパクトの際は、右打ちの場合、ほぼ左足に体重が乗っていないとダウンブローには打てません。

練習方法として、両足のスタンスのラインとはほぼ垂直に、地面に線を引きます。その線をボールと見立ててショットします。
線より後ろの土が削れてはダメです。(ダフリです。)
線も含めて前の土を削る様にします。体重移動がうまくでき、全てのタイミングが良ければうまくいくでしょう。
一点ではなく、より長めに土が真っ直ぐ削れればよりベターです。
クラブの番手によって、線の位置は前後に変わる必要もあるでしょう。
(つまり球の位置が右足寄り、中央、左足寄りになるということ。一般的にはクラブが短くなるごとに、右足寄り。)
ショートアイアン、ウエッジあたりから練習してみましょう。
クラブに傷がつくので、ボロクラブ、古クラブで十分です。
なお周りの安全には十分注意して下さい。

芝の上で練習できれば一番よいのですが、ダウンブローに打てれば球は弾けるように飛んでゆきます。
バックスピンが効いているので、多少せり上がるような球筋です。

練習場のマットの上では、音に注意しましよう。
「バツン」「バスッ」・・・ダフリです。
「スパーン」「パシーン」・・・どちらかと言えばレベルブローでしょう。
「ドピュ」「ドピュン」・・・ダウンブローです。手のひらにも良い感触が残ります。

主にアイアンショットの場合ですが。
手首の動き・・・あまり関係なし。
クラブフェースの動き・・・これもあまり関係なし。
体の動き・・・体重移動がキモですね。インパクトの際は、右打ちの場合、ほぼ左足に体重が乗っていないとダウンブローには打てません。

練習方法として、両足のスタンスのラインとはほぼ垂直に、地面に線を引きます。その線をボールと見立ててショットします。
線より後ろの土が削れてはダメです。(ダフリです。)
線も含めて前の土を削る様にします。体重移動がうまくでき、全...続きを読む

Qクラブのネック、フェースの形状、バンス角、、、、、

雑誌の内容だけど、見てもわからないので、わかりやすい説明、お願いできませんか。

1.グースネックの文章だけど、「リーディングエッジが引っ込んだグースネックは構えたときに、ボールを包みこむような安心感があるだけでなく、ヘッドをアドレスした位置に戻すだけ、といったシンプルなうち方が合う。」
そのヘッドをアドレスした位置に戻すって、どうしてシンプルな打ち方というんですか?

2.「必要なバンス角がラインナップされたモデルを探してロフト角を決める」、そのバンス角のラインナップはなんですか?

3.「ティアドロップはフェースを開いたときにボールを拾うイメージがなくならず、フェースが目標方向から逃げていくように見えないので開きやすい」、フェースがボールを拾うってどういうこと?また、フェースが目標方向から逃げるってどういう意味ですか?

4.「コロがしではイメージが湧かないので、落としどころをピンポイントで狙い、上げて止めるボールで寄せたいという人に」、イメージってどういうイメージですか?また、ピンポイントはどこ?ボールを入れる穴ですか?

Aベストアンサー

ゴルフの解説は難しいですね
書く方の独自のイメージが読者に理解できない事が多いので
特に、有名な方々は自分の表現しか用いませんので、読者は苦労します

1.クラブ、特に、アイアンを使用する時に、単純なスイングで
  クラブフェースをアドレスの形に戻すのが多いのですが
  人によっては、クラブフェースをローリング(トウとヒールが
  同じ距離を動くのではなく、ヒールよりトウが沢山動く打ち方)
  させて使用される方がおります
  シャフトの中心とリーデイングエッジが一致していると感覚的に
  合わせ易いのですが、グウスになっているとローリングで使用する方
  では感覚のずれが生じる可能性があるということだと思います
2.バンカーで使用するケース、スルーザウェイで使用するケース
  状況は様々なので、バウンス(バンス)の角度や広さがご自分の
  ショットにどう影響するかを判断して、必要な角度と広さを
  備わったクラブを探して使用する(購入する)ことだと思います
3.サンドウェッジのことを話しているのだと思います
  涙の形をしたフェースを持つクラブ(テイアドロップ)、
  トウが角ばっていなくて丸いもの、はフェースを開いても
  ロフトやリーデイングエッジの角度の変化が極端に変わった
  感じがしませんので(本当はどのクラブでも同じなのですが)
  フェースを開く事によってクラブフェースの高さが実際は低くなり
  ボールが逃げていく感じが強くなるところが、それを感じないで
  (拾う)、使用できるということだと思います
4.イメージとはボールがどういう風に動いていくかを想像する事です
  転がす事は(ランニングアプローチ)落としどころからの転がる
  距離が多くなるので、カップまでのラインが読みきれないので
  転がる距離を出来るだけ少なくして、ボールがカップまでたどり着く
  ラインを判りやすくしたいということで
  ピンポイントとは、転がしにしても、上げて止めるにしても
  ここに落とさないとボールがカップに近づかないと言う点を指します
  ピンは一般に言うピンで針と同じでポイントは点、つまり、
  針で突いたような小さな位置を落としどころとして選択することを
  言います

本当に大変ですね、ゴルフ用語を理解するのは
先輩たちはインターネットもなく、今ほどゴルフが流行してなく
一つ一つ、体験や、色々表現される記事を見ながら、こうであろうと
具体化していったのですね
レッスンにしても同じような言葉が沢山出てきますので
またお手伝いできればと思います

ゴルフの解説は難しいですね
書く方の独自のイメージが読者に理解できない事が多いので
特に、有名な方々は自分の表現しか用いませんので、読者は苦労します

1.クラブ、特に、アイアンを使用する時に、単純なスイングで
  クラブフェースをアドレスの形に戻すのが多いのですが
  人によっては、クラブフェースをローリング(トウとヒールが
  同じ距離を動くのではなく、ヒールよりトウが沢山動く打ち方)
  させて使用される方がおります
  シャフトの中心とリーデイングエッジが一致して...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報