柴錬立川文庫の「猿飛佐助」「真田幸村」読後、柴田氏の書かれる真田幸村のファンになってしまいました。
「赤い影法師」「柳生但馬守」にも彼が登場することがあるようですが、その他の柴田氏の作品にも出ているのでしょうか?
御存知の方いらっしゃいましたら、どうぞご教示ください。
よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

 『決闘者 宮本武蔵』にもちょっと顔を出していたように記憶しています。

あと、もう一冊非常に重要な役割で登場する作品があるのですが、ネタバレになってしまうのでタイトル名は伏せておいたほうがいいかな。探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重要な役割、かつネタバレになってしまう……と言われると、興味が湧いてしまいますね。
じっくり探してみます。
「決闘者 宮本武蔵」の方も是非読みたいと思います。
まことにありがとうございました。

お礼日時:2009/06/15 20:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真田幸村の祀られている神社のお守りが勝利の勝なのは分かりますが、なぜ奈良の東大寺のお守りも勝なんです

真田幸村の祀られている神社のお守りが勝利の勝なのは分かりますが、なぜ奈良の東大寺のお守りも勝なんですか?

奈良の東大寺の当時の大仏は真田幸村みたいな英雄だったんですか?

Aベストアンサー

「勝守」のことですかね。
勝守は、何にでも「勝つ」という強運のお守りになります。

>奈良の東大寺の当時の大仏は真田幸村みたいな英雄だったんですか?
⇒そんなことはありません。
 東大寺の大仏は正式名「盧舎那仏像」といい、752年聖武天皇が仏教による中央集権国家を作るために、各国々に国分寺、国分尼寺をつくり、その総本山として奈良の都平城京に東大寺および盧舎那仏像を作ったとされています。

Q戦国武将真田幸隆・昌幸・信幸・信繁(幸村)が主役の小説でオススメの作品

戦国武将真田幸隆・昌幸・信幸・信繁(幸村)が主役の小説でオススメの作品を教えてください。
歴史書・研究書ではなく、小説がいいです。
史実に忠実でもいいですし、『花の慶次(一夢庵風流記)』や『影武者徳川家康』ぐらい作者の創作が織り交ぜられていてもかまいません。
また、かっこよかったり、光っていたりするなら主役ではなくても結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

池波正太郎さんの真田太平記(前12巻)以外ありえないかもしれませんw
長いですが良くある幸村ヒーロー者とは違い本能寺~大阪の陣までを
真田家(昌幸・信幸・信繁)を中心にしつつも、信長~家康への天下の
情勢の移り変わり、それに対抗する昌幸、信繁親子が魅力的書かれています。
残念ながら真田幸隆は名前が出る程度ですが...

Q『太閤立志伝V』で、早期に『真田幸村』を主人公にしてプレイしたいです。

 私は先日、『太閤立志伝V』というPS2のゲームを買いました(歴史シュミレーションゲームです)。
 私は真田氏(その中でも特に真田幸村)のファンなので、早速そのキャラで始めようかと思ったのですが、初めから選べるキャラは5人しかおらず、その中に真田幸村は入っていません。どうやら『武将札』なるものを集めなければ、真田幸村を主人公にしてプレイすることはできないようです。
 そこで質問なのですが、『太閤立志伝V超初心者』の私が、『初めからゲームを始めた』場合、『真田幸村の武将札』を最も早く、かつ効率的に手に入れられるようにするには、どのような方法を取るのが最適・最善の手でしょうか? このゲームに詳しい方がいましたら教えてください。
 それからこのゲームで、『ゲーム開始直後の貧乏人時代』は何をして過ごすのが最も効率的な方法でしょうか? やはり、『武士プレイ』の場合でも、商業をして『お金を稼ぐ』ことが最優先になるのでしょうか?
この点につきましても、教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

真田幸村(信繁)でのプレイのためには、
一:真田幸村の主人公札を手に入れる
二:初期状態で真田幸村が登場しているシナリオを出現させる
必要があります。

一:真田幸村の主人公札を手に入れる
複数の方法がありますが、もっとも簡単なのは
「飯富虎昌」「山県昌景」「井伊直政」三人の主人公札を手に入れる→赤備つながりで幸村入手
かと思います。

お勧め主人公のうち「木下藤吉郎」でプレイして、この三人の主人公札を狙うのが手っ取り早いかと。
飯富と山県は武田家の武将です。飯富は残り寿命が短いと思うので、早めに仲良くなりましょう。
井伊は徳川家の武将ですが、シナリオ開始時点ではまだ登場していません。
そこで、織田家の武将「塙直政」の主人公札を狙います。
塙の札を入手すると同名つながりで井伊の札も手に入ります。

二:初期状態で真田幸村が登場しているシナリオを出現させる
獲得札が300枚を超えると「1582年 転変の章」のシナリオがプレイ可能になります。
十勇士を集めたいなら、獲得札を400枚以上にして「1598年 太平の章」を出しましょう。

どちらにしろ、それなりの時間がかかると思います。
幸村プレイのための準備、とだけ思っていると途中で嫌気がさしてくるかもしれません。
藤吉郎(秀吉)プレイをのんびり楽しみながら、幸村を目指すことをお勧めします。

真田幸村(信繁)でのプレイのためには、
一:真田幸村の主人公札を手に入れる
二:初期状態で真田幸村が登場しているシナリオを出現させる
必要があります。

一:真田幸村の主人公札を手に入れる
複数の方法がありますが、もっとも簡単なのは
「飯富虎昌」「山県昌景」「井伊直政」三人の主人公札を手に入れる→赤備つながりで幸村入手
かと思います。

お勧め主人公のうち「木下藤吉郎」でプレイして、この三人の主人公札を狙うのが手っ取り早いかと。
飯富と山県は武田家の武将です。飯富は残り寿命...続きを読む

Q読後感のいい本・・・

タイトル通り、読後感のいい本を探しています。
できれば、スカッとするような、楽しい本が好みです。
例えば、主人公の才能?がどんどん台頭してくるような
サクセスストーリー的なものや、大団円で終わるような・・・
(上手く説明できない・・・)
ジャンルは問いませんが、SFやライトノベルは苦手なので
できればそれ以外で・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジャンルにもよりますが、高杉良の『辞表撤回』(『組織に埋れず』の
タイトルの作品も同じものです)などどうでしょう。

主人公が壁にぶつかる度に困難を克服していく物語です。実話を元にし
た作品という点も、読後感があります。

詳しくはアマゾンなどの書評を参考にしてみて下さい。

Q真田幸村・真田十勇士が出てくる小説

真田幸村、もしくは真田十勇士が出てくる小説がありましたら、教えていただけると有難いです。
既読は以下の本なのですが、このほかにはもうないのでしょうか?

・「異聞 真田幸村」 (中田耕治)
・「異聞 猿飛佐助」 ( 〃 )
・「真田幸村」 (柴田錬三郎)
・「猿飛佐助」 ( 〃 )
・「魔風海峡」 (嵐山徹)
・「真田忍侠記」 (津本陽)
・「風神の門」 (司馬遼太郎)
・「奔る猿飛佐助」 (亀井宏)
・「真田幸村」 (佐竹申伍)
・「忍者 猿飛佐助」 (富田常雄)
・「真田十勇士」 (村上元三)

これら以外にご存じでしたら、紹介していただければ幸いです。
できれば脇役ではなく、主人公格の物語だとうれしく思います……。
(が、脇役でも、面白ければ何でも結構です)
どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「真田太平記」(池波正太郎)
「霧隠才蔵」(火坂雅志)
「決定版・真田十勇士 霧隠才蔵」(宮里洸)
「奔る猿飛佐助 風雲真田城」(亀井宏)

オムニバス小説ですが
「機略縦横!真田戦記」PHP文庫

Q浅田次郎氏&島田荘司氏&恩田陸氏の作品について@

読書の好きな私ですが、島田氏も恩田氏も浅田氏も、数多く作品を出されている方々なので、どこら辺から手をつけてよいのか迷っています。。。
そこで、どちらでもかまいませんので、お勧めの作品を教えてください@

Aベストアンサー

島田荘司は、ほとんど読んでいます。
きちんとした推理小説です。
大きく分けて御手洗潔ものと吉敷竹史ものがあります。
過去の作品のキャラの経緯が新しい作品に微妙に反映されていることもあり、
新しい作品を先に読むことには注意が必要です。

御手洗ものだったら、
発表順に読むことを強くお薦めします。
『占星術殺人事件』
『斜め屋敷の犯罪』
『異邦の騎士』
という順番です。
『異邦の騎士』はいいですね。
短篇集『御手洗潔の挨拶』も面白いです。

吉敷ものだったら、
『涙流れるままに』は後回しにする方がいいでしょう。
面白いのは、
『北の夕鶴2/3の殺人』
『奇想、天を動かす』
あたり。

他に、独立した作品で『火刑都市』はお薦めです。

特に『龍臥亭事件』『龍臥亭幻想』は先に読まない方がいいです。
まあ、作品の水準の問題もありますが。

Q真田幸村が大好きです。

 戦国武将の中で一番好きなのは真田幸村なんです。
幸村の事をたくさん知りたいんです、ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

幸村は名前からして実名ではなく(正式には信繁)、真田十勇士や薩摩亡命説など講談や小説の中で加えられた伝説が多くあります。

「真田幸村」という人物はそういった虚像を含めて語られることが多いようです。
もちろん創作でも魅力的なエピソードが多いのは、モデルとなった人物の評価を上げることにはなるのですが、
特に幸村の様な人気のある人物について語るときには
史実かどうかを知っておく必要があります。(ほかにも、赤穂浪士とか新鮮組とか坂本竜馬とか…)

などと偉そうなことを言いながら、私も幸村は好きです。というかむしろ父親の昌幸のファンです。
そのきっかけとなったのが池波正太郎の『真田太平記』です。これは20年ほど前にNHKでドラマ化されて、今でも根強い人気があります。

ただ文庫版500頁×12冊という長編なので、経済的・時間的に余裕がないと辛いかも知れませんが、
幸村ファンを自称するなら避けては通れない道かと思います。
古本屋でも手に入りやすいので機会があればチャレンジしてみてください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101156344/ref=pd_ecc_rvi_1/249-3653713-8721915

幸村は名前からして実名ではなく(正式には信繁)、真田十勇士や薩摩亡命説など講談や小説の中で加えられた伝説が多くあります。

「真田幸村」という人物はそういった虚像を含めて語られることが多いようです。
もちろん創作でも魅力的なエピソードが多いのは、モデルとなった人物の評価を上げることにはなるのですが、
特に幸村の様な人気のある人物について語るときには
史実かどうかを知っておく必要があります。(ほかにも、赤穂浪士とか新鮮組とか坂本竜馬とか…)

などと偉そうなことを言いながら、...続きを読む

Q読後、幸せな気持ちになれる小説、探しています

主人公がとても辛い目にあったり、不幸なまま結末を迎える本が苦手です。
読み終えたとき、ちょっと幸福感を味わえるというか、「よかった~」と思えるような本を教えてください。
好きな本は、「遠い海から来たCoo」「後宮小説」「ぼくの小鳥ちゃん」「なんて素敵にジャパネスク!」「星の王子さま」などです。
狗飼恭子の本はほとんど読みました。
絵本はすぐ読み終わってしまうので、できれば絵本以外でお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!
私も、「ぼくの小鳥ちゃん」大好きです。
あの、「女」な感じの小鳥ちゃんがかわいいですね。

unmaさんの質問を見て、一番に浮かんできた本は
アレックス・シアラー著「魔法があるなら」です。
雑食で、結構いろいろ読んでいますが久し振りにドキドキワクワクする本に出会った、という感じです。
あらすじは、主人公の女の子とその妹、お母さんの三人が、なんとデパートにこっそり住んじゃうんです。
最後のハッピーエンドもうれしくなっちゃいますよ。

子供向けに書かれた本かもしれませんが、間違いなく大人も楽しめます。
作者はアメリカのテレビでシチュエーション・コメディを書いているそうで、それだけにすごく面白い本ですよ。
思わずはまって夜更かししてしまいました。

是非一度、読んでみてくださいね!

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31087873

Qなぜ真田信繁は真田幸村って名乗ってるの? 武士は本名以外に外で使う名前の2つを持ってたの?

なぜ真田信繁は真田幸村って名乗ってるの?

武士は本名以外に外で使う名前の2つを持ってたの?

Aベストアンサー

まず信繁が史料上で実名とされています。
当時は本名で呼ぶことを避ける習慣がありました。面と向かって呼ばれる機会は朝廷や正式行事の時くらいしかありません。
では、普段はなんと呼ばれていたかといいますと、官名です。
真田信繁は従五位下左衛門佐に叙せられていたことから、この官名で呼ばれていたと思われます。

大坂城で活躍するまで真田信繁自身はほとんど無名だったので史料にはさまざまな名があります。
これは真田信繁が特定されるだけの存在ではなかったこともあります。
ちなみに、その中には「信仍、信賀、信次、幸重……」などと記憶されています。

で、もっとも知られている幸村が登場するのは、彼の没後50年近く経ってから刊行された軍記物が最初です。いわば創作に近いものなので、リアルタイムでは幸村の名は登場しません。
この軍記物が流行ったこともあって、真田幸村の名で広がったわけです。

わかりやすくいうと、ニックネームが幸村で、本名が信繁だと思えばいいと思います。

Q柴田練三郎の本

最近、柴田練三郎の本(剣鬼?)を読んだら面白かったので他にも読んで見ようかと思います。時代小説では、池波正太郎と山本周五郎を読んでいます。

Aベストアンサー

柴田作品はどれも長編ですが、比較的短いもので「運命峠」「われら九人の戦鬼」あたりはいかがでしょうか?お好きな題材が分かりませんが、エンタテインメントとして抜群の作品だと思います。子母沢寛の「新撰組始末記」もわくわくしました。異色なところで栗本薫「夢幻戦記」「神州日月変」などもお勧めです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報