大江健三郎の小説を読んでみましたが、正直言って死ぬほどつまらないものでした。
変に難解で、読むのが苦痛でした。
僕は読書が好きで、古典的名作と呼ばれるようなものもかなり読んだのですが、これほどつまらないと感じたものは珍しいです。
ですが、大江氏はノーベル文学賞を受賞しており、優れた作家である筈です。
僕の読解力に問題があるのではと考えてみましたが、友人に聞いても「つまらない」という答が返ってきました。

皆さんはどう思われますか?

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

仮に質問者様が私にお尋ねになっても、ご友人と同じ答えを返すでしょう。


『雨の木(レイン・ツリー)を聴く女たち』『万延元年のフットボール』
の2作品に挑戦してみましたが、使いまわしのモティーフ、だらだらと
緊張感のない文体、なんとつまらない作品だろうと辟易しました。
『雨の木』は一応通読しましたが『フットボール』は半分も読まずに中断。
ノーベル賞に限らずどうして大江作品があれほど高く評価されているのか
皆目見当がつきません。アイデアの秀逸さでは倉橋由美子の方が、
文体の緊張感ではジョン・スタインベックの方が、
ダイナミックな読み応えでは丸山健二の方がはるかに上を行っているように
私には思えます。
反面、NO.1さんが挙げられたリンク先の熱情云々と言う言及にも
大爆笑してしまった私ではありますが…。

「難解」という評は一般に共通しているようなので、
好みの分かれる作家なのかもしれませんね。
そうとでも思わないと理解できないと言うのが私の本音です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしかに大江健三郎よりも面白い小説を書く人はたくさんいますよね。

「難解」というのが共通した評価のようで少し安心しました。

お礼日時:2009/06/15 06:51

ご参考まで。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%9F% …
http://d.hatena.ne.jp/saboten2008/20090521/p1
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
http://natto.2ch.net/mass/kako/1008/10081/100816 …

で、ノーベル賞での選考はどうやって行われるかというと一旦英語に直したものを皆で読み解くのだそうです。
なので、2chにある、
> 17 名前: o 投稿日: 01/12/12 23:13 ID:oHt7QVIF
> ムズカシイ漢字を散りばめただけの日記。
> 強いて言えば翻訳した外人の文章力のお陰です。
> その人に文学賞を上げるべきだった。
というレスに笑ってしまいました。

ではノーベル賞は数ある文学賞の最上位に位置している模様で、その権威に文芸読み物としての作品が耐えられているかと言うと、どうもそうでは無いようで、私自身はノーベル文学賞をすっかり信用しなくなりました。

文学賞を授賞させる際の定義が「『文学の分野においても1つの理念をもって創作してきたものの中で、最も傑出した作品を創作した』人に与えることを目的として制定したものである。」であるので、読み物として面白くなくてOKみたいです。

また、日本人のノーベル賞受賞者が「川端康成」「大江健三郎」となったのも、周辺では「? なんであの人が? 」となってしまったようでもあり、日本人が求めるものと授賞作品はその方向性が違うようでもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
・・・結構適当なんですかね、ノーベル賞って。
川端康成は好きなんですけどね。

お礼日時:2009/06/14 21:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大江健三郎…?

大江健三郎は何故日本という国が嫌いなのですか。
大江健三郎は何故日本国籍のままでいるのですか。
大江健三郎は何故好きな国に帰化しないのですか。

Aベストアンサー

 なぜ嫌いかというと、戦後ながく、反政府・反日的な言動をとることが文化人としてのステイタスであった時代が続いたから。鳥越俊太郎とか、小田実とか。その当時の考えに固着しているんじゃないかな。
 なぜ日本国籍のままでいるのか、なぜ好きな国に帰化しないのかって点は、多分よその国では相手にされないからじゃないかな。彼の著作が海外で売れているって話は聞かないし。(なんでノーベル文学賞がとれたんだろう)

Q川端康成、大江健三郎。

この二人の作品は、一言で言うと、"何かグロい"って感想です。
大江健三郎作品、本屋にもほとんどなく、探すのが大変なので、
現代、別に誰からも求められていないのでしょうか?甚だ疑問です。

 勿論、彼らはプロです。
ただ、どうしてこの二人がノーベル賞もらったのか、凄く疑問です。
一体どういう功績が讃えられたのか、素人にも分かるように説明してもらえませんでしょうか。

Aベストアンサー

超簡単にいいますと
ノーベル賞というのは,ある意味
翻訳賞でもあるのですね

世界中どこの人が読んでも
内容が通じる
意味がわかる

風俗小説、といっても
あの風俗ではなく
現代の世相を表している小説
(たとえばキャバクラとか携帯電話とか女子高校生とか
今はやりのモノ,事件などですね)
こういうのを風俗小説といいますが
そうではなく
時代とは関係なく
また世界中のどこでもなく
これから100年たっても読めるもの

そういう作品が選ばれるのですね

お二人を何かグロいと書かれていますが
まあ人間は、そのようにグロいであろうと
審査員には納得がいったのではないですか

もうひとつは
これは審査員が選ぶのではなく
各国からの推薦なんですね

その推薦が強力であればあるほど
候補に残りやすいのです

村上春樹でも
講談社や、中央公論社などの
強力な推薦で毎年候補にのぼっています

出版社からすれば、賞をもらえれば
本も売れますから
ここはがんばりどころでしょう

ノーベル賞をもらったからといって
必ずしも誰にも好感をもたれる作品とは
限りませんから

事実
いま日本でも売れている作家の作品が
100年後にも、世界中の人にも
理解出来るかといわれれば
あやしい作品がたくさんありますからね

私なんか
江戸川乱歩がいまも現役であったなら
もらえたのではないかと考えていますがね

超簡単にいいますと
ノーベル賞というのは,ある意味
翻訳賞でもあるのですね

世界中どこの人が読んでも
内容が通じる
意味がわかる

風俗小説、といっても
あの風俗ではなく
現代の世相を表している小説
(たとえばキャバクラとか携帯電話とか女子高校生とか
今はやりのモノ,事件などですね)
こういうのを風俗小説といいますが
そうではなく
時代とは関係なく
また世界中のどこでもなく
これから100年たっても読めるもの

そういう作品が選ばれるのですね

お二人を何かグロいと書かれていますが
まあ人間...続きを読む

Qノーベル賞作家「大江健三郎」の反国家思想とは

ノーベル賞作家「大江健三郎」の反国家思想とは
先日の韓国併合100年韓日知識人共同声明にて大江健三郎氏が反国家という考えの持ち主であることを知りました。
テレビなどでインタビューを聞いていても常識的な考えの人だと思っていたので正直驚きました。
そして大江氏の反国家の考えはどういうものなのか疑問に感じました。
天皇 民主主義 朝鮮 というキーワードを軸に教えてください。

Aベストアンサー

回答になるかどうか分かりませんが。
彼の思想が本心でそう思っているのか営業的な思想なのか分かりませんので理解しようと考えることは無駄のように思います。

「大江健三郎」氏は、純粋文学でノーベル賞を受賞するだけの才能が有りませんので、お粗末な才能でノーベル文学賞を取るにはどうしたら良いかと考え、「反日」を選択した卑しい作家ですので、最初に本来の思想があってその上で小説を描いた作家では有りません。従って彼の思想はマーケティングの結果である可能性が高いので相手にする必要は有りません。

欧米では、有色人種は下等で白人には叶わない。世界は白人が支配すべきだ。・・・と考える者が多く、その幻想をぶち破った日本に反感を持つ者が多数おります。また中国・韓国は自分たちの方が儒教秩序では上位なのに下位の日本が評価が高いのはけしからん。・・・と嫉妬もあり考える者が多数おります。

従って「反日」に対し喝采を送る人が多いので、彼らが溜飲を下げる様な材料を提供すると彼らの評価を得ることができます。また「反国家」だと普通の国だと迫害されますので国家の迫害を恐れぬ勇者扱いしてくれます。

回答になるかどうか分かりませんが。
彼の思想が本心でそう思っているのか営業的な思想なのか分かりませんので理解しようと考えることは無駄のように思います。

「大江健三郎」氏は、純粋文学でノーベル賞を受賞するだけの才能が有りませんので、お粗末な才能でノーベル文学賞を取るにはどうしたら良いかと考え、「反日」を選択した卑しい作家ですので、最初に本来の思想があってその上で小説を描いた作家では有りません。従って彼の思想はマーケティングの結果である可能性が高いので相手にする必要は有りません...続きを読む

Q村上春樹の小説を読んでみたいです。 私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さん

村上春樹の小説を読んでみたいです。
私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さんはノルウェイの森しか読んだことがありません。以前までは大丈夫だったのですが最近はグロテスクな表現やハードボイルド系の小説が苦手で、山田悠介さんや太宰治などは読めなくなってしまいました。そういった表現がないものでオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

「回転木馬のデッドヒート」はどうでしょうか。
読みやすいわりに奥の深い短編集です。

下記の書評の中で同じことを書いてる人がいますが、私が初めて読んだ村上春樹の本で、結局今でもこれが一番好きです。

書評
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062749068

Q大江健三郎の文学史における位置づけは?

日本の近現代文学史に関して質問します。
ある文学史に関する選択肢回答方式の問題を解いていますが、大江健三郎について悩んでいます。外国で発行されたと言われるある資料によれば、大江健三郎は「第三の新人」の代表的な作家だとされていますが、いろいろ検索していると「第三の新人」の後続グループであるとする記述しか見当たりません。かと言って、どのグループ(例えば社会派)に属すると明記されている記述も見当たらず、大いに混乱しています。その資料が間違いであるとすれば比較的簡単に解決できますが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

大江健三郎の小説自体を社会派と言うのは極論のような気がしますが、現代の状況を元にして発想された小説世界は社会派と言っても良いでしょう。
作家個人の行動としては、社会活動家としての側面も多いわけですから、そう考えると社会派と言っても良いかもしれません。

Q読書の秋 読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏

読書の秋
読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏りが出てしまいます。
そこで、皆さんのおすすめの作家と作品、出来れば感想(短くネタバレ無しで)を教えて下さい。吉田修一さん、湊かなえさん、浅田次郎さん、瀬戸内寂聴さんは、かなり読んでしまったので他の作家さんでお願いします。

Aベストアンサー

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。心理描写がおもしろいです。

ナサニエル・ホーソーン『緋文字』。罪を犯してしまった牧師の苦悩が見事に描かれています。

シオドア・ドライサー『シスター・キャリー』。いなかで育った娘が都会に出てきて、さまざまな経験をする。都会とは何か?富とは何か?成功とは何かを考えさせられる作品。

フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー(華麗なるギャツビー)』。繁栄の1920年代、だれもが富の追及に夢中になっていた時代、超越的な理想主義を追い求めた主人公の姿が、悲しくも美しい。

参考までに。

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。...続きを読む

Q朝日新聞と大江健三郎について

11月06日の朝日新聞の書評で高橋源一郎氏が、大江健三郎著「さようなら、私の本よ!」について次のように書いてます。
「 大江健三郎は、現存する、最大の顰蹙(ひんしゅく)作家である、とぼくは考える。
例えば、戦後民主主義へのナイーヴな信頼や、政治的アクションへの止(や)むことのない参加は、高度資本主義下の日本人の多数にとって、顰蹙ものである。
さらに顰蹙をかうのは、その作品だ。」と、続きます。
http://book.asahi.com/review/TKY200511080298.html

なんか、私には、大江氏のことをすごいけなしてるようにみえるけど、そうゆう風にとらえていいんでしょうか。
だって、朝日新聞と大江氏は仲いいんじゃなかったでしたっけ。

Aベストアンサー

…もっと何度も熟読される事をおすすめします。
「顰蹙を買うことを恐れずに書き続けている」というニュアンスかと思われますが。

Q私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、

私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、主人公の下の名前しか覚えていません。名前はヘブンかヘヴンで若い女の子です。小説自体は厚めで文庫本の少し大きいサイズでした。冊子は柔らかく、カバーはつるつるの素材でした。主人公は表で見た記憶だと、黒髪ロングの子です。挿し絵があったかどうかも曖昧です。
これだけの情報だと、やはりわかる人はそうそういないでしょう…。わかる方はご回答、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

「サムライガール」かな?https://www.lib.adachi.tokyo.jp/young/tokusyu/tokusyu-kako/tokusyu-kako1102.html

Q大江健三郎の文章ってただヘタクソなだけじゃないですか?難解な語句を使い

大江健三郎の文章ってただヘタクソなだけじゃないですか?難解な語句を使いまわしたりまどろっこしい言い方をしてますが、本当に文章力があるならもっと簡潔に分かりやすく表現できるはずだし、物語も全く読者として評価できるものでもないし、印象に残るものでもありません。
 ノーベル賞受賞作家だそうですが、受賞理由も受賞ありきでむりやり考え出されたような、審査員自身もよくわかっていないような抽象的で曖昧な評価でした。

ここまで言っておいて、大江健三郎ファンの方には申し訳ないのですが、彼の小説をどんなふうに評価しているのか、彼が文学界に貢献したことってどんなことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

大江健三郎は多くの大作家の例もれず、時間とともに変貌の著しい作家です。東大の学生時代に描いた出世作、「芽むしり」、「仔撃」等は確かに感受性がきらきらしていて、ああ、素晴らしい、いい作家が出てきたろ思ったものでした。
 しかしノーベル賞をもらったころ書いていた「万延元年のフットボール」に代表される四国の山奥を舞台にした一連の作品は「大江ワールド」と呼ばれるように、彼の代表作でありますが、これは考えさせられる作品でありました。
 一つは「これは何の価値があるのか、日本に世界に何を言いうるのか」という疑問です。もとより実存主義的発想に立てばそのような問題設定は噴飯ものなのかもしれませんが、世界は小説家だけで構成されているのではない、私は技術屋ですが、技術屋は、つまり小説家以外は、何を読み取れば良いのかと素朴な疑問の解が見つかりません。小説の要件を満たしているのでしょうか。
 もう一つは、たとえばカフカは「人生は悪夢にほかならない」と言っているように思いますが、カフカの作品には引き込まれます。大江健三郎は「世界はすべて四国の山奥で起こったことで説明がつくのだ」と言っているとしたら、余りに整理不足で、美しくない、透明感がない、古新聞の三面記事と同じレベルだと感じざるを得ません。つまり、小説はそんなものなのだと言っているのでしょうか。それは一つの見識であって、否定するつもりはありません。小説という文化の一つの形態の限界、終焉を提示しているとしたらそれは卓見でありましょう。
 その後、障害児の洸さんを取り上げたいくつかの作品を書き、最近はまた奇怪な試みを行っていると聞いています。

 というような見方をしながら彼の作品を読み解こうと、折に触れて考察を深めています。毒なのか薬なのか解らないけど何かあるという感じはするのです。

大江健三郎は多くの大作家の例もれず、時間とともに変貌の著しい作家です。東大の学生時代に描いた出世作、「芽むしり」、「仔撃」等は確かに感受性がきらきらしていて、ああ、素晴らしい、いい作家が出てきたろ思ったものでした。
 しかしノーベル賞をもらったころ書いていた「万延元年のフットボール」に代表される四国の山奥を舞台にした一連の作品は「大江ワールド」と呼ばれるように、彼の代表作でありますが、これは考えさせられる作品でありました。
 一つは「これは何の価値があるのか、日本に世界に何...続きを読む

Q名作と言われている小説で文章の誤りが指摘されている小説がありますか。

名作と言われている小説で文章の誤りが指摘されている小説がありますか。

あればその一例を教えてください。

Aベストアンサー

堀辰雄の「風立ちぬ」に出てくる「風立ちぬ、いざ生きめやも」と言う文は、堀辰雄自身は、「風が吹いてきた さあ生きようではないか」と言う意味で使用していますが、「~めやも」は本来の古文では反語的表現で、これでは「生きようか、いやそうではない」と言う正反対の意味になってしまうと、国語学者の大野晋らが指摘しています。

詳細は下記参照
http://murasaki-cube.blogspot.jp/2013/03/blog-post_25.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報