百鬼夜行絵巻を観ると、妖しげな鬼だの何だのが列をなしておりますが、
彼らはどうして、手に経文の書を持って、読経しながら歩くのでしょうか。
そもそも彼らの徘徊する目的は、一体なんなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

霊現象」に関するQ&A: 霊現象について

A 回答 (2件)

百鬼夜行(正式名ひゃっきやぎょう)は有名な霊現象で、本来は割れた茶碗・土鍋や皿が群れを成して夜の都を徘徊し、これを見た者は恐ろしいたたりに見まわれ、


一族・親戚までみんな死ぬと言われています。

これらは主に付喪神(物が妖怪化したもの)の仕業と言われてますが
そのイメ-ジが固まったのは大体室町時代以降であるといいます。

その頃は大陸との交易も盛んになって輸入品がぞくぞく町に溢れるようになり、
人々が物をあまり大事にしなくなったのが原因だと言われています。

しかし、その付喪神も最初の内こそ人々に恐れられていましたが
その内、ユ-モラスなものとして鳥山石燕などの絵巻物に描かれるようになるんです。元が物だけにその霊力も大した事はないらしいです。

本来の目的は自分を粗末にした人間を探す為に徘徊をしているんです。
色んな絵巻物が描かれる事で色んな目的や姿が変わり
その当時の文化を表していたんですね。

物は99年経つと意識を持ち、付喪神になると言われています。
でも、それだったら鑑定団に出てくるお宝がみんな付喪神になっていますよね。
要するに物を大事にしないと妖怪になるという脅しにもなる絵なんです。

以上、付喪神の元祖について述べました。

この回答への補足

下の方の情報と統合すると、付喪神となった茶碗や楽器が、自分たちを粗末に扱った
人間を捜し求め、念仏を唱えながら、その魂を求めていた、ということになるのでしょうか・・?
そうではなくて、各々の話は違う原点であり、茶碗達が経文を読んでいるのは、
後に鳥山石燕が付け加えたアクセントのようなものであって、そのころには、
その絵そのものの目的も、姿でさえも様々に説明されるようになった、ということでしょうか。
どうやら後者のほうが論を得ているようだと考えます。
nayamuotokoさま、考察のヒントを頂き、ありがとうございました。

補足日時:2001/03/14 05:34
    • good
    • 0

もともとは付喪神(つくもがみ)達の練り歩く姿であり、あの姿が定着したのは「百鬼夜行絵巻」からでしょう。



なぜ、読経するかというと「死者の霊のお迎え」と信じられていたからだそうです。

申し訳ありませんがうろ覚えなので出展が示せません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「死者の霊のお迎え」なんですね。なるほど。
しかし陀羅尼の札を見せつけられると逃げてしまうというのは、
やはり彼らが正しい存在では無いからでしょうか。
大変面白くなってきました。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/14 05:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qことわざ「鬼に金棒」について「鬼に金棒」というのは元々強い鬼に金棒を持たせたら更に強くなるという意味

ことわざ「鬼に金棒」について「鬼に金棒」というのは元々強い鬼に金棒を持たせたら更に強くなるという意味ですよね。
ただ強い、敵がいないってキャラクターに対して「鬼に金棒」は使いませんよね?

Aベストアンサー

>元々強い鬼に金棒を持たせたら更に強くなるという意味ですよね。

はい。

>敵がいないってキャラクター

これは、「天下無敵」とか「天下無双」とか、そのものズバリで「○○一」(天下一、世界一、日の本一、など)と言います。

Q「南無関・・」から始まる経文を探しています

確か「南無関・・」から始まる経文だったと思いますが探しています。
どうかお教え下さい。

Aベストアンサー

『大正新脩大蔵経』(100巻)のデータベースで調べましたが、「南無関」という文字列が出てくる経典は一つもヒットしませんでした。

先の回答にもありますが、「南無」は、「あなたに帰依します」の意味ですから、「南無」の続きには帰依する対象である仏・菩薩等の名前が来るはずです。

いわゆる仏教における有名どころの仏・菩薩等で、「関」で始まる名前を私は見たことがありません。

ですから「南無関」が誤字や記憶違いでないとするならば、他に考えられることとしては、「関」で始まる高僧に帰依します……という内容の文書(経典とまでは言えないもの)、あるいは何か民間信仰のようなもので作られれた経典、そんなものではないのかなあと思います。

Q吸血鬼が吸血鬼の血を輸血したら

現代に生きる吸血鬼がいたとして。吸血鬼が、体の損傷で血が足りなくなるなどして仲間の吸血鬼の血を輸血したら、どうなるんでしょうか?
血が足りなくなったら、人間の血を吸えばいいから輸血は必要ないのか…そもそも血が足りなくなるほど重傷になること自体無いのだろうか…と私自身いろいろ考えてしまっているのですが、皆さんの自由な推測ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

吸血鬼どうしの輸血なら、別にどうにもならないと思います。人間と同様の効果がありそうです。

人間の血液は彼らにとって食料にあたるはずです。人間にとっての栄養ドリンクみたいなものでしょうね。
吸血鬼の体の構造がどうなっているかわかりませんが、人間と同様に口から摂取した栄養を分解・吸収して体内で血を作るようになっているなら、口から摂取した人間の血液は、胃や腸で分解・吸収されて、彼らの血や肉を作るもとになるはずです。

そう考えると、人間の血を吸えばいいから輸血は必要ない、とは言い切れなさそうです。
人間も、輸血が必要になるほど血液を失ったとき、栄養ドリンクを飲んだところで効果があるとは考えにくいです。
やはり、吸血鬼もそれほど血を失ったら、人間の血を吸っているヒマもないのではないかと思います。
仲間の血を輸血するのがてっとり早い治療になるのではないでしょうか。

……とここまで書いている途中で思い出したのですが、『ジョジョの奇妙な冒険 第3部』では、重傷を負った吸血鬼のディオは、ジョセフ・ジョースターの血を吸って一瞬で回復していましたね。ま、そこはマンガだからと言ったら、身も蓋もなくなってしまいますが。

吸血鬼どうしの輸血なら、別にどうにもならないと思います。人間と同様の効果がありそうです。

人間の血液は彼らにとって食料にあたるはずです。人間にとっての栄養ドリンクみたいなものでしょうね。
吸血鬼の体の構造がどうなっているかわかりませんが、人間と同様に口から摂取した栄養を分解・吸収して体内で血を作るようになっているなら、口から摂取した人間の血液は、胃や腸で分解・吸収されて、彼らの血や肉を作るもとになるはずです。

そう考えると、人間の血を吸えばいいから輸血は必要ない、とは言い切...続きを読む

Qウェーバーの社会学で「目的の達成にとって不可避の手段がそれ自身目的を傷つけるとき、このような手段をと

ウェーバーの社会学で「目的の達成にとって不可避の手段がそれ自身目的を傷つけるとき、このような手段をとるべきか否かを決定すること」とあるのですが、具体例を挙げるとすると何がありますか?

Aベストアンサー

社会福祉を充実させるための政策を実施するには予算が必要なので、消費税を増税してその予算に充てるようなこと。
福祉政策の対象となる社会的弱者からも増税することになる。

毎日のニュースや、現実の社会に目を向けてください。それに役立てるための社会学でしょうから。

Q釈迦は読経や護摩を勧めなかった?

釈迦は、呪文(読経)や焚き火(護摩)を勧めなかったらしいですが、その根拠となる仏典はどこに在るでしょうか。
「護摩を焚いて清まるならなぜ鍛冶屋がカーストの最下層にいるのだ?」とかおっしゃったらしいです。

経蔵:
1. 長部経典    34経
2. 中部経典   152経
3. 相応部経典 7762経
4. 増支部経典 9557経
5. 小部経典    15経
     総計 17520経

Aベストアンサー

呪文についてはわからないです。律蔵あたりという話もありました。
読経については、仏典のいたるところで、詩を声に出していますので、読経に近いものだと思います。
焚き火(護摩)を勧めなかったことについては、鍛冶屋の話はわかりませんが、原始仏典II相応部経典1バラモンに関する集成の中にありました。

9節
バラモンよ、木片を焼いたら清らかさが得られると考えるな。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
バラモンよ、わたしは外的に木片を焼くことをやめて
内面的にのみ光輝を燃焼させる。

8節
尊師いわく
「多くの呪文をやたらにつぶやいても、人は生まれによってバラモンとなるのではない。
内心は汚物に汚れ、欺瞞に覆われている。
・・・・・
・・・・
詩(ここでは呪文のこと)をとなえて得たものをわたしは食べてはならない。(おそなえもの?)・・・・
もろもろのブッダは、詩をとなえて得たものを拒まれる。

ということですので、呪文を唱える坊さんはダメということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報