【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

マニュアルトランスミッションでの飛ばしシフト(1→3など)についてみなさんの考えを教えていただきたいです。
・飛ばしシフトのメリット 飛ばしシフトをどういった状況で使いますか?それはどうしてですか?
・飛ばしシフトが車に与える負担 飛ばしシフトをすると、車のどういった部分に負担がかかるのでしょうか。また、どのような操作をすれば、車の傷みを最小限に防ぐことができるでしょうか?
その他、操作のコツ、薀蓄、etc.. どんなことでもいいので、みなさんの考えを教えていただきたいです!

A 回答 (11件中1~10件)

質問者さんは、そのような操作を行いたいと受け取りました。


バスやトラックで無い限りは私はその考え方には賛同できません。

車のエンジンには、パワーバンド(力の出る回転帯域)があります。
パワーバンドを使いつつ、最適な速度が出るようにギアレシオを設計してあります。
ギアを飛ばせば、適正なパワーの出る回転数から落ちてしまい、加速不良や不完全燃焼が起こります。
しかし構造的に不具合は起こらないでしょう。

バスやトラックは、空車や空荷なら、飛ばしても元々のパワーが強いので問題にはなりません。
    • good
    • 2

DC2インテRを運転中に彼女が手をつないで来たとき、


信号で止まったら「ちょい待て!」って言って
2速発進でブン回して、一気に5に入れてました。 笑
    • good
    • 6

ジムカーナやサーキット走行ではごく普通のテクニックですね。

(シフトダウンのみ)
ジムカーナでは3速を使うスピードからの180度ターンで使います。
フルブレーキングしなが1速まで落とすので3→2→1では間に合わないのです。
1速に入れたらハンドル切り込みながら、わざと回転を合わさずに(エンジン回転が低い)クラッチをスパッと繋げばハーフスピンしてターン完了。
サーキットだと半径が段々小さくなって来るようなコーナーでやりますね。
こちらは5→3の場合が多いようです。
横Gが大きい状態でのシフトダウンはミスする可能性が高く、ミスしたときの被害も大きいので飛ばしシフトすることが多いのです。
シーケンシャル・ミッションだと、これができないので特注でHパターンに変えてもらった選手もいましたね。
    • good
    • 3

>飛ばしシフト(1→3など)


上手く回転合わせてクラッチつなげることができるならクラッチへの負担は無い。
ただ、1stで3,000rpmまでまわして、3rdで繋ぐなら1,000rpmぐらいまでエンジン回転が落ちるまで待たなきゃならん。おまけに待っている間も微妙に車速落ちるし・・・
軽量フライなら、それほど苦にならんと思う。

そう言う私もたまにするけど、まあ人には言えん恥ずかしい状況だわ。
    • good
    • 2

バスに乗っていますが、飛ばす人は面倒だから(笑)


パワーのある車だと、普通にできちゃいます。
自分の車だと3~5で下り坂なら結構やりますよ。
丁寧にギアを入れてやれば、ミッションの痛みは少ないです。
また、クラッチも半クラッチをできるだけ使わないようにすれば、
よろしいかと思います。
ダブルクラッチなんかを使えば、ミッション自体のシンクロの負担は小さいかもしれませんが、クラッチの痛みが早くなりますし、普通にゆっくり軽い力でシフトするのが一番良いでしょう。 
    • good
    • 0

渋滞ではないけど、動きが遅いとき 1-3-5 です


ちょっと加速した割に、前に詰まって加速不要なので2段あげる
付いて行くぶんには1000rpmあればトルクは充分

渋滞時は、遅くて1500くらいでアップなので、1段ずつでないとトルク不測
流れていると、適度に加速が必要なので1段づつ

欧州人は良くやると聞いたことがあります
    • good
    • 1

最近はATばかりなので、想い出しながら…です。


飛ばしシフト?は、基本的にはあまり好きではないです。
できればスムーズに順番通りがいいかな、と思っています。けれど、途中飛ばすこともありだと思いますよ。

シフトダウンなどでは、シフトアップとはだいぶ考え方も違うところがあるので、ブレーキングで速度を十分落としたその速度に合ったギアにします。
そこからギアによるエンジンブレーキをかけるような感じではないですけどね。
この場合の飛ばし?はちょっとそれたかも知れませんね。

アップの場合は、1はあまり吹かしたく無い感があるので、2→4か、3→5かな?(1→4とか2→5とかはちょっと思いつかないですね…。)
そういう時(2→4とか)は、次のギア(一つ高い)があまり有効でないとか、4止まりが決まってるとか、5で定速にすぐ移り加速する必要が無い状況を思いつきます。
だから、ちょっと前が空いてしまって、少し強い加速とその先が定速になるような状況には合ってるのかな?と思います。
状況や流れの中で、うまく流れに合っていないようなときに、それでも少し時間をかけながら手順よく上げていったほうがいいか、
すぐにでも状況や流れなどに持っていったほうがいいかの判断をしながら、なるべく無理が無いようなものを選べればいいんじゃないでしょうか、ね?
加速が少し強い場合は、周りも驚いたり自分でも急な対応ができないこともありますので、そのあたりは注意でしょうね。
多くの場合、やっぱり普通に上げていくのが合ってるような気はします…。
    • good
    • 0

全てはギア比次第でしょう。



街乗りを例に考えますと
一般的なギア比の車は普通に一速発進して
普通に2,3,4,5とアップしていくと
ちょうど運転しやすいようになっていますので
お好みではありますが
燃費にも、駆動系の負担にも
普通に運転するのがよいと思います。

トラックは基本的に2速発進でギアを決めていますし
ギアもクロスしていますから
空荷や軽いときの平地は
2速で発進してすぐに4速へ入れる事が多いでしょう。

タイプR等のようにクロス度合いがきつい場合は
1速が高いので2速発進は困難ですが
1~2速間でさえかなりクロスしているので
1速で出ればすぐに3速へ入れるでしょう。
流れに乗ればそこからすぐに6速へ入れるでしょう。
クロスギアで1~6までフルに使うのは
サーキットでタイムを詰めに行くとき位でしょうという前提です。
    • good
    • 2

1-2速でしっかりと回して速度を乗せれば、維持したまま4-5速でのばせます。


2速でしっかりと回せば4-50kmは出せるでしょ。
後の10km20kmは4速でも乗せていけますから。
ノッキングしたり、ギア鳴りをさせたりしない限り問題なしです。

一般的な乗用車(5人乗り)の場合、250kgほど荷物を載せられます。運転手を除き。
余裕を持った設計ですから、300kgでもいけるでしょう。
それを動かせるギア配置ですから。
一杯一杯乗せていれば、しっかりとパワーをかける必要もあるでしょうけどね。
一人で乗っているときはパワーだって有り余っています。

車がどれだけパワーを欲しがっているかを感じれば、最適なギアが選択できると思いますよ。
只それがギアを繋いでいるのか飛ばしているのかなんて、小さな問題ですし。
    • good
    • 0

ギアを1→3へ上げるという事は1速で相当引っ張ってまわしているわけです。

恐らくエンジンがうなるほど、少なくとも4千~5千位まで回さないと3速へスムーズにつながらないですよね。別にそんな運転をしても今時の車は壊れません。全然問題ありません。ただし、逆に十分に回さないで3速へあげてガクガクするようだと車を傷めると思います(そんな事はしていないと思いますが)。
ただし、何のメリットも無いと思います。ずぼらな運転ができる(=2速にいれる手間を惜しむ)、1速で引っ張ると気持ちが良い位しかメリットが思いつきません。
逆にデメリットは燃費に良くない。速く走りたいのであれば2速でも十分に回してから3速に入れるべき。

結論として、別に車に悪い事は無いのでやりたければやっても問題ないが何のメリットもない。逆に燃費に良くない等のデメリットの方が大きい。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMTでギアをガリガリやるのはどれぐらい車に悪いの?

MTを運転されている方の多くは、
シフトレバーの操作が完全に終わっていない状態でクラッチを離してしまい、
ガリガリ!というすさまじい音を聞いてはっと驚いた、
なんて経験をされていると思います。
実は私、けっこうそれをやる頻度が高くて、
1~2ヵ月に1回ぐらいのペースでガリガリやってたりします。
(現在の車も新車で購入後8ヵ月で既に5~6回ガリガリやっています)
音から察するに車のどこかに少なからずダメージがありそうだというのはわかりますが、
その程度がどれほどのものか、興味として知りたいと思いました。
ということで、ガリガリやってしまったときに、
・具体的にどの部位にダメージがあるか
・どれぐらい車を傷めるか(またはどれぐらいやると壊れるか)
についてお教え下さい。

Aベストアンサー

#4の方が言われるスリーブとはシャフト上を移動できるようになっているもので、このスリーブにあるスプライン(周囲がギザギザになってる部分)とギアのスプラインが噛合う事によって、ギアとシャフトがロックされるようになっています。シフトレバーはシフトフォークと呼ばれる先が二股に分かれたレバーを介して、このスリーブを移動させ、必要なギアのみをシャフトとつなげるようになっています。このスリーブのギアと噛合う部分は先端が斜めにカットされていて、容易にギア側のスプラインと噛合うようにできていますが、この部分が当たった状態の時にクラッチを離してしまうと、噛合いそうになっていたスプラインがはじかれたガリガリと音を立てるのです。

Qシフトミスでギギーッ!ダメージはどのぐらいですか?

今日運転していて3速から4速へシフトアップする際にミスしてギギーッ!といわせてしまいました。

どういう操作をしたのか詳しく覚えていないのですが、ちょっと焦って操作していました(4速に入りきらないところでクラッチを繋げ始めた?)。

その後15分ほど運転して特に問題は無いようでしたが、ギギーッ!といわせてしまったらギアにどういったダメージがあるのでしょう?

また、今までバックギアに入れる際に2回、2速に入れる際に1回やっちゃっているのですが、こういうミスってギアにかなりのダメージを与えてしまっているのでしょうか?

アバウトな質問ですみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここ30年くらいの日本車であれば多少のことでは大丈夫ですよ。

クラッチ踏まないで変速できないかーとか無理なことを頻繁にすればさすがにシンクロが壊れます。

多少ギヤをならしてしまい...金属片がごくわずかに発生したとしても
ギヤボックスの中にはマグネットが入っていて吸着できるようになっているはずです。

また変速がしにくいような(ギヤが入りにくい)となってしまったらギヤボックスは基本的に分解.....
ですか最近は分解できない整備士さんも多いので交換です。
メーカーによってはギヤボックス(トランスミッション)は永久保証もあります。
何度でも無償交換という場合もあります。(クラッチは含みません)
このあたりはメーカーや車種から調べていみましょう。

Q1→2速へのシフトショックが無くせない。

はじめまして。

去年の5月に免許を取り、
ミラの4ナンバー車(10ヶ月運転)→デミオスポルト(1ヶ月弱運転)
と乗り継いできました。共にMT車です。

2→3・3→4・4→5のシフトチェンジの時は大分ショックが和らぐようになりましたが、
1→2速にシフトチェンジの時はどうしてもガクッとなってしまいます。

回転数はだいたい2800~3200ぐらいで1→2にシフトアップしています。
ショックを無くすには、どのような工夫をしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックですか?

それとも、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしょうか?


前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックでしたら、アクセルの踏む量が足りないのですね。(繋ぐ時のエンジン回転数が低い)

逆に、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしたら、アクセルを踏んでいる量が多いのです。(繋ぐ時のエンジン回転数が高過ぎる)


まずは、クラッチの繋ぎかたを多少ゆっくり目に丁寧に行い、

と同時に、アクセルの量も調整するとよいでしょう。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2047554.html)の ANo.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9

などが参考になるでしょうか。

2コ目のURLは、力強い加速のしかたの説明でもありますので、逆に、普通に発進~加速したいような場合は、1速で1000~1500回転頃にはすでにクラッチを切って2速にしてしまうような運転方法もありますし、慣れてくればむしろ普通はこんな感じですね。1速の場合のみの話ですね。
(3~5速で1000~1500回転域での運転はしません。するとしても、平地での惰性走行から減速に入るような頃だけ。アクセルは踏まない。)


他にも、いくつかURLがありますので、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の中から、気になるのをご覧下さい。かなり参考になるかと思います。


例えば、人が車を後ろから押してくれれば、2速発進が可能ですよね?

または、(同じ話ですが)、若干の下り坂道でしたら、2速発進可ですよね?

つまり、わざわざ1速に入れなくとも、発進しますね?


つまり、2速発進が可能な速度って、だいたい、自転車が普通にリラックスして走っているような速度ではないでしょうか?時速にして、4km/h~8km/h位。

この位の速度が出ていれば、街乗りに必要な普通の加速程度なら、2速発進が良いのです。


つまり、停止状態からの1速発進時も、 4km/h~8km/h位出れば、クラッチを切って2速にして良い訳ですね。


この場合、1速半クラッチ発進のイメージで、2速に繋ぐ時にも若干半クラッチ気味で繋いで良いでしょう。(練習初めの頃)

そしてだんだんと、半クラッチ気味の時間を短めにしていけばよいでしょう。


デミオも、練習にはもってこいの、とても良いお車だと思いますよね。(1500DOHCですと。ちょっと良過ぎる位に良いかな?)
練習にも良し~上手になっても申し分ない良い車。 といったところでしょうか。
練習車として見ても良いお車をお持ちですので、道具は揃っているようですね。

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなシ...続きを読む

QMT車の停止状態からのフル加速

突然なんですが、MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?
先日、友人が運転したときに停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつないでいました・・・があまり早いスタートには感じなかったことと、あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・(>_<)
もう二度とあんな走り方はしないようにしたいと思いますが、車にはどんなダメージが残ると思いますか?これまでそんな走行をしたのはその時1回だけです。
また、正しいスタートダッシュのテクニックがあればぜひ教えてください。
ちなみにテンロクのノンターボ車です。新車から1000キロ越えたところです。
よろしくお願いします
m(__)m

Aベストアンサー

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順次シフトアップ(例えば2→3速)していくのが、1番早いでしょうね。

例えば、停止状態から1速発進全力加速し、レブリミット手前7000回転でクラッチペダルを踏み2速へシフト、その速度での2速の回転数にまでエンジン回転が下がったら(下がり過ぎたらアクセルペダルを踏みその回転数まで回転を上げてやる)クラッチペダルを戻しクラッチをつなぎ(この時、エンジン回転が急激に上昇したり下降したりするのであれば、その回転数分だけエンジンとトランスミッションの回転が合っていない、という事です)、再び全力加速・・・これを繰り返せば、ディスクの磨耗も最小限に抑え、かつ1番早く加速出来るのです。

●あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・

→車が温態時(走行開始から20分以上経過し、エンジン等の部品が充分温まった状態の事)ならば、レブリミットぎりぎりまで全力加速する事は、通常の加速よりは負荷は大きいものの、メンテナンスがちゃんとされている車ならば問題はありません。
・・・が、あなたの車はまだ走行距離が1000km越えたばかりで、大体の慣らし(新品部品のなじみ)が終わったばかりなので、まだこの様な走行はしない方がいいと思います。

●車にはどんなダメージが残ると思いますか?

→あなたの友人は車にうとい方、ではないでしょうか?車の知識がある人は、この様な摩擦材であるディスクを傷めるつなぎ方はしないと思います。(1000kmそこそこで、レブリミット全力加速をする事もしないでしょう)

さて、どんなダメージが残るかですが、この一気にクラッチをつなぐ(クラッチペダルを一気に離す)事を数回繰り返した位では、ディスクが滑る程の磨耗には至りませんので安心して下さい。
各メーカー共クラッチペダルの耐久試験はしていますし、この程度で一気に滑り出してしまう物では不合格になってしまいます。
・・・が、普通のつなぎ方(エンジンの回転とトランスミッションの回転を合わせてからつなぐ)よりもディスクの磨耗が増すので、これを何10回と繰り返せばディスクが使用限界まで磨耗し、滑り出してしまいます。
エンジン等への悪影響も、この程度の走行を1回してしまった程度でしたら、まず問題は無いと思います。

*新車後1000km越えたのでしたら、エンジンオイル(エンジンオイルフィルター)やトランスミッションオイルやトランスファオイルやデフオイル(4WDのみ)の交換をすると良いですよ。
過酷な走行をする事が多いのでしたら、オイル交換等のメンテナンスも普通以上に念入に行いましょう。

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順...続きを読む

Q2・3・4速で変速ショックを無くすために(半クラッチ?)クラッチを痛めますか?

こんにちは
今度レンタカーで久しぶりにMT車に乗ります。

タイトルの通りなのですが、クラッチは一気に繋ぐのが良いらしいと言うのは聞いたことがあります。っが、2・3速あたりで繋ぐと隣に乗っている人が前後に揺れてしまうので、ほとんど無意識のうちに半クラッチ(というより1速→2速の半クラッチとは違い、2速→3速のときに急に0から100繋ぐのではなく0~100まで0.5秒くらいで繋ぐ感じです。その時アクセルも連動してじんわりと)をしてしまいます。

さすがに高速道路など高速域ではショックも少ないので、一気に繋ぎますが、低速域の加速中にこういうクラッチの繋ぎ方をするのはダメでしょうか


個人的に、極端なクラッチの磨耗がなければ、何年かごとに交換すればいいかと思っています。
心配なのは、急に繋がらなくなったり、発熱などの問題がおこらないか?と言うことです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバックラッシュだけでカウンターギヤも抜けるし、エンジンrpmが下がったところに上のギヤ突っ込むから変速ショックは皆無。(但し、車によってrevの下がり方とギヤ比は違うので慣れは必要です。)
ちょんってきるだけで変速できるから基本的に切っている時間も最短、更にショックがないってことはクラッチの負担が無いって事。慣れた車だとクラッチ切らずにシフトアップ/ダウンができるはずです。(←一番クラッチは減らない ^^)
競技で加速し続ける必要がある時には当てはまらないけど、質問者様はそうでないと思いますから。
シフトアップで変速ショックが無い運転は上手だと感じます。
あと、よっぽど半クラ使う人でも滅多にクラッチのすべりは発生しないので、質問者様の意識レベルでレンタカーならば全く問題なしのはずです。クラッチ磨耗は前兆がありますから、急に繋がらなくなる事はありません。
敬語、言い切り表現混在で失礼しました。仕事中なもので -_-;

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバ...続きを読む

QMT車でAT並みの発進の仕方をする方法

MT免許持ってますが、普段はAT乗りです。

信号待ちの後、信号が青になった時に発進しますがこの時ATならアクセルペダルを踏んでいくだけですいすい加速していけます。
MT車はATと比べて遅れてくるだろうなぁと思ってみていると、全然遅れないで同じように進んできます。
MT車が苦手な私は、毎回すごいなぁと思っています。

皆さんはMT車の時の発進はどのようにしてすいすい加速していますか?
ローから半クラッチで進んだらすぐさまセカンドにして、20キロぐらいになったらすぐさまサードにして、またちょっと加速したら4速という感じでしょうか?
こういうやり方でAT並みに進んでいけますか?

Aベストアンサー

半クラを意識する間はATにかないません。
理屈ですが、いったん動き出せば慣性エネルギーがたまります、また走行に対する抵抗は動き出す直前が最も大きくなります、動き出せば抵抗は小さくなります(滑り摩擦では最大静止摩擦といわれます)。
エンジンブレーキは慣性エネルギーがエンジンを回します。
つまり、いったん動き出したら、本来は簡単には止まりません。
動きはじまる一瞬だけ、あとは速やかにクラッチをつなぎ、同時にアクセル踏み込むだけ。
>ローから半クラッチで進んだらすぐさま
半クラは不要というより加速をロスしているだけで邪道、クラッチそのものの構造がいきなりつながらないようになっています、半クラなんて意識する必要ありません(いきなりつなぐか、それなりの時間かけてつなぐかの相違はあります)半クラを意識すると、途中で止めよう(調整しよう)とします、これが失敗の原因です。
排気量にもよります、3LクラスだとATですが時速80Kmからでも躊躇せずセカンドでエンジンブレーキ使用できます、裏を返せばセカンドのまま時速80Kmまで引っ張れます。

QMT車 発進時の半クラ時間に関して

こんにちは。25歳 男です。
初めて投稿致します。宜しくお願い致します。

タイトルの件ですが、現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。
2ヶ月程前に乗り始めたのですが、
運転操作に関して変な癖を付けたくない為、
正しいクラッチ操作をご教授頂ければと存じます。
最近はMT乗りが少なく、身近に聞ける人がいませんので、
恐れ入りますが、下記宜しくお願い致します。

発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
車が動き出せばすぐにクラッチを繋いで大丈夫とのお話です。
(私は2~3秒程度 半クラ状態を維持しています。)

しかし、アクセルを踏み込んだ際のエンジン回転数以下の車速で
クラッチを完全に繋ぐと、エンストや車体の揺れが生じますよね?

例えば、1400rpm(停止状態)から半クラ状態を作り、
クラッチの抵抗で1000rpm(半クラ状態)まで回転数が下がった状態で発進していく場合、
1000rpmに見合った車速が出る前にクラッチを完全に繋ぐと揺れ等が
生じるのでは無いかという意味です。

これは逆に言えば、0.5秒から1秒の間に1000rpm時の車速まで達する様な加速をすれば良いという解釈で宜しいのでしょうか?

今までAT歴が長く、クリープ現象→ゆっくり加速の流れが
身に付いていますので、加速は遅い方だと思います。

以上、恐れ入りますがご教授頂ければ幸いに存じます。

こんにちは。25歳 男です。
初めて投稿致します。宜しくお願い致します。

タイトルの件ですが、現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。
2ヶ月程前に乗り始めたのですが、
運転操作に関して変な癖を付けたくない為、
正しいクラッチ操作をご教授頂ければと存じます。
最近はMT乗りが少なく、身近に聞ける人がいませんので、
恐れ入りますが、下記宜しくお願い致します。

発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
...続きを読む

Aベストアンサー

>現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。

ホンダのマニュアル車って、最高ですよね。
私も今、メインユースの車はホンダのマニュアル車ですね。2リッターのMT車。
{(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4763679.html)←これは雑談なので 今見なくてもよいですが、、}



>発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
>半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
>車が動き出せばすぐにクラッチを繋いで大丈夫とのお話です。

私の回答ではないですね。



>しかし、アクセルを踏み込んだ際のエンジン回転数以下の車速で
>クラッチを完全に繋ぐと、エンストや車体の揺れが生じますよね?

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5581214.html)の No.5



>例えば、1400rpm(停止状態)から半クラ状態を作り、
>クラッチの抵抗で1000rpm(半クラ状態)まで回転数が下がった状態で発進していく場合、
>1000rpmに見合った車速が出る前にクラッチを完全に繋ぐと揺れ等が
>生じるのでは無いかという意味です。

1000r.p.m.に見合った車速(例えば8.3km/h)が出るまでは、半クラッチを維持させます。

ただし、1速の場合は、そのままグワ~ッと加速させるわけでもないのなら、アイドリング回転数程度でクラッチを繋いでしまっても問題がない(通常行う操作)シチュエーションがあります。

ジワリと加速させるのなら、そのままクラッチを完全に繋いだまま アクセルだけで絶妙にゆっくり加速させていくことだって出来ます。

もちろん、例えば仮に6km/hで1速で完全にクラッチ繋いでいたとしても、そこから強めの加速をさせる場合は、一旦クラッチを切ってエンジン回転数を1000r.p.m.以上にし、そこから半クラッチで繋いでいきながらアクセルも踏んでいって加速させるものです。

例えばその場合、クラッチ切って アクセルで2000r.p.m.まで上げてから半クラッチで繋ぎ、そのままアクセルで2000r.p.m.を維持しながらクラッチをグゥッと更に繋いでいき、クラッチが完全に繋がるのなんてのは「16km/h」なんてのも普通の操作(強めの加速の場合)です。そのまま1速で3000~4000r.p.m.へ回してから、2速へシフトアップですね。



>これは逆に言えば、0.5秒から1秒の間に1000rpm時の車速まで達する様な加速をすれば良いという解釈で宜しいのでしょうか?

0.5秒って数字は、ちょっと無い数字でしょう。
1秒、これも、気にする必要も無い言葉だと思います。
言葉のあやで、1秒と言うのなら問題ないですが、その程度の時間だと、繋いだ時はアイドリング回転数を割り込んでしまうのではないでしょうか。

考え方としては、1000r.p.m.以下ではクラッチは完全には繋がない。という基本的考え方で良いかと思います。
(ただし、上でも書きましたが、1速や2速まででしたら、1000r.p.m.以下でクラッチを完全に繋げてしまうこともあります。1速で6~7km/hで走り続けたい場合や、2速で11~12km/hで走り続けたい場合。)



>今までAT歴が長く、クリープ現象→ゆっくり加速の流れが
>身に付いていますので、加速は遅い方だと思います。

でしたら、

1. アクセル踏んで1000r.p.m.
2. 半クラッチで繋ぎ始め、
3. 1000r.p.m.を下回らないようにアクセルをコントロールしながら、
4. 8.3km/hまでのスピードコントロールは全てクラッチペダルで。(半クラッチ操作)
5. 8.3km/hに達した時点で、クラッチは完全に繋げる。
6. その後の加速の続きは、アクセル加減で。

こんな感じでベストでしょう。


また、多少慣れて上手になってきたら、上の 2. とか 3. とか 4. とかのところで、

2. 半クラッチで繋ぎ始めながら、
3. 車はゆっくり加速させつつ、エンジン回転数は1000r.p.m.→800r.p.m.へゆっくり移行させつつ、
4. 6.6km/hまでのスピードコントロールは全てクラッチペダル。(6.6km/h・800r.p.m.でクラッチは完全に繋げられる。)

こんな操作が出来るようになるかもしれません。



>以上、恐れ入りますがご教授頂ければ幸いに存じます。

当方が最近、教習中のかたへ書いた回答がありますので、一応載せておきます。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5511396.html)の No.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5520770.html)の No.4
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5531844.html)の No.3
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5580620.html)の No.5
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5581214.html)の No.5
ご質問者さんが別のかた(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5553886.html)の No.10

あとは、、、
こんなのも、参考には なるかな。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4156798.html)の No.3




アコードのマニュアル車って、凄く良い車ですよね。
ホンダの車って、日本の狭い道路でも、なぜか快適に乗りこなせますよね。
不思議な車です、とっても良い車ですよね、ホンダのマニュアル車!
 

>現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。

ホンダのマニュアル車って、最高ですよね。
私も今、メインユースの車はホンダのマニュアル車ですね。2リッターのMT車。
{(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4763679.html)←これは雑談なので 今見なくてもよいですが、、}



>発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
>半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
>車が動き出せばすぐにクラッチを繋いで大丈夫とのお話です。

私の回答ではないですね。



...続きを読む

Qシフトダウン時の切り替えの順番について

MT車でのシフトダウン時の切り替えの順番についてなのですが、教習所ではシフトダウンではギアの切り替えは5→3や4→2のように数字の順番を無視して下げていいと言われましたが、私の見間違いでなければ車のマンガではフルブレーキング時に5→4→3のように素早くですが順番に下げています。
順番に下げる利点としてクラッチにダメージを与えるのを抑えるためぐらいにしか考えが思いつかないのですが、強いエンジンブレーキを素早くえようとするならば5→3と下げる方が効率がいいと思いますが間違いなのでしょうか。
シフトダウンを順番にする利点をお教えください。

Aベストアンサー

はじめまして♪

減速度とエンジン回転数から、極端に言えば、合っていれば順番なんてどうでも良い物です。

例えば、時速50Kmからブレーキングして40Kmの時、それまで5速だった場合に高速回転エンジンでギア比も合ってればいきなり2速って事もあります。


私の車ですと、回転数が7000まで、1速では30kmちょい下まで対応可能なのですが、シフトダウンの為に最高回転数までアクセルを踏んで回転数を合わせるなんて、普段は無しです。


もっとも、2.3、4速がクロスしたギアなので、時速50kmでは5速に入れませんけれど、、、(ターボ車なので回転数から60km以上でないと5速では運転しにくいのですヨォ。)

ちなみに、時々超走りをしますが、時速100Kmからエンジンブレーキも最大に使う場合は私の車なら3速にいれます。(3速で回転いっぱいだと、おおよそ140kまでなのです。)

エンジン回転の制御として、ギアを順番に落とすのは、操作時間と効果から、あまりメリットは無いと思います。

一部のレース仕様のような車ではギア内の回転シンクロが無いために、実際にクラッチを繋がないまでも一時的にギアを操作すると言うテクニックは有るそうです。
私の車は市販車ですが一応最上位バージョンで3、4だけシンクロ有りです。

シンクロが無い場合は、アクセルでエンジン回転数を合わせるか、無駄でもギア入れを一瞬行うかと言う部分でしょう。

レースとかなら、エンジン回転数を大きく変化させては最大パワーバンドから外れてしまう時間が長く成る為にギアで対応と言うのも有るのかもしれませんね。
また、レースなら、エンジンもクラッチも、タイヤもゴールまで持てば良いので最大限酷使するでしょう。

御質問者様はマンガとのことですが、私はマンガはほとんど視ません。 動く状態で声優さんが参加しているアニメは好きなんですけれどね(苦笑)

アニメでの印象ではイニシャルDでもギアを順番に入れるシーンが合ったように記憶しますが、たしかレース仕様のピーキーなエンジンと特殊なギアボックスの特別仕様だったかと思います(思い出しながら、また視たく成ってきたぞぉ~♪)

一般の市販車とは車も違いますし、運転側のテクニックも違うと考えて良いと思います。


あくまで、個人的意見です。 たまには車の限界まで加速しますが、一般人なのでタイヤが横に滑る状況は無い様に(冬道は時速20k以下でも良く有りますがコワイ!)、他車や通行者に迷惑が無い様な範囲で楽しむだけの一般人ですよ。

ご質問者様にとってなにか参考にでもなれば幸いです(^o^)

はじめまして♪

減速度とエンジン回転数から、極端に言えば、合っていれば順番なんてどうでも良い物です。

例えば、時速50Kmからブレーキングして40Kmの時、それまで5速だった場合に高速回転エンジンでギア比も合ってればいきなり2速って事もあります。


私の車ですと、回転数が7000まで、1速では30kmちょい下まで対応可能なのですが、シフトダウンの為に最高回転数までアクセルを踏んで回転数を合わせるなんて、普段は無しです。


もっとも、2.3、4速がクロスしたギアなので、時速50kmでは...続きを読む

Q減速目的でシフトダウンする必要性?

MT車に乗っている方に質問です。速度を落とす目的でシフトダウンする必要性ってありますか?

私がシフトダウンするのは、下り坂で「速度を上げない」目的、速度が落ちた時や上り坂など「加速に必要なパワーを得る」目的ぐらいで、減速のためにシフトダウンしていないように思います。

私は信号停止とかで減速するときにはいつも5速のままブレーキを踏み、20Km/h以下ぐらいになったらクラッチを切り、そのまま止まります。一時的に減速する場合でも、5速のままフットブレーキで減速し、再加速するときに初めてその時の速度に合わせてシフトダウンします。

こういうシチュエーションではブレーキパッドが減るからシフトダウンするべきだとか言う人がいますが、そんな時は「俺運転下手だからそんな器用なことはできない」と言っています(実際上手じゃないですけど)。

私が以前乗っていた車ではそんな感じの運転で25万キロ走行してもブレーキパッドは無交換でした(ディーラーの方の話によると、パッド残量は8mm以上だったそうです、その数字の意味はよくわかりませんが)。もちろん、制動力が足りなくて追突したことはありませんし、(1度だけですが)急停車時には5速のまま急ブレーキを踏んでそのままエンストして止まり、衝突を避けました。きっと安全上も問題なさげです。

こういった実績があるのですが、やっぱり「減速目的でシフトダウンする必要性がある」とお考えの方がいらっしゃったら、ご意見を伺いたいです。

MT車に乗っている方に質問です。速度を落とす目的でシフトダウンする必要性ってありますか?

私がシフトダウンするのは、下り坂で「速度を上げない」目的、速度が落ちた時や上り坂など「加速に必要なパワーを得る」目的ぐらいで、減速のためにシフトダウンしていないように思います。

私は信号停止とかで減速するときにはいつも5速のままブレーキを踏み、20Km/h以下ぐらいになったらクラッチを切り、そのまま止まります。一時的に減速する場合でも、5速のままフットブレーキで減速し、再加速するときに初めてそ...続きを読む

Aベストアンサー

燃料カット目的という回答もありますが、
シフトダウン時にはブリッピングしますよねΣ(゜Д゜;)
なので結局は燃料の節約にはなりません・・・(゜Д゜;)
ブリッピングしなければしないで、今度はその分クラッチ交換が早まってしまいます・・・(゜Д゜;)

シフトダウンしながら減速していった場合、シフトダウン操作中に飛び出しなんかがあった場合は確実に制動距離が伸びて危険性が増します(゜Д゜;)
緊急ブレーキは一瞬の遅れが生死を分けることもあると思います(゜Д゜;)
なので安全性にも寄与するというのも疑問です・・・(゜Д゜;)

やはり必要性は無いと思います(゜Д゜;)

Q渋滞におけるMT車の運転

この間クラッチ交換を終え、今運転方法を見直しているところです(゜Д゜;)
道が混んでる時に低速で走行している場合の運転についてお聞きかせください。

2速で走っていて交通の流れの速度がスッと落ちたとします。
そこでクラッチを切ります。
止まるかと思いきや、1速にいれるにはちょっと速いかもしれない微妙な低速まで落ちた後に流れが元の速さにスッと戻ったとします。まだクラッチは切った状態です。

●まずお聞きしたいのは、この場合1速にいれるのか2速のまま繋ぐのかどちらがベターなのでしょうか?(゜Д゜;)
私は2速で繋ぎます(゜Д゜;)

●次に2速で繋ぐ場合について教えて下さい。
2速で繋ぐとして、私はちょっとゆっくり目にアクセルを踏み足していくと同時に
ちょっとゆっくり目にクラッチペダルを上げていきます。
半クラの位置で少し止めるというより、途中で足はほとんど止めずにぬぬーーっとペダルを上げます。
これでいいのでしょうか?もっとクラッチを摩耗させにくい運転方法はありますか?(ショックは出さずに)

●最後にクラッチの摩耗の度合いについてお聞かせ下さい。
今日高速を運転していて、流れが滞っていた時に何回も最初に書いたようなシチュエーションがありました。
ゆっくり目にペダルを上げるということはそれだけディスクを摩耗させてるわけで、不安になってしまいました。こういう時クラッチはよく減るものなのか、信号待ちからの通常の発進に比べればたいしたことはないのか、実際どうなのでしょうか?(゜Д゜;)

この間クラッチ交換を終え、今運転方法を見直しているところです(゜Д゜;)
道が混んでる時に低速で走行している場合の運転についてお聞きかせください。

2速で走っていて交通の流れの速度がスッと落ちたとします。
そこでクラッチを切ります。
止まるかと思いきや、1速にいれるにはちょっと速いかもしれない微妙な低速まで落ちた後に流れが元の速さにスッと戻ったとします。まだクラッチは切った状態です。

●まずお聞きしたいのは、この場合1速にいれるのか2速のまま繋ぐのかどちらがベターなのでしょうか?(゜Д...続きを読む

Aベストアンサー

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa6865450.html)の No.19
( ↑ 1速か2速か?という話も書いてあるので、見てみて下さい。)



例えば、「半クラ」だの、「クラッチの摩耗」だの、そんなことばっか気にして、エンジンやトランスミッションを守る術すらすっぽかしていたら、意味無いですよね。

例えば、
「マニュアル車の上手な運転とは = クラッチを10万キロ持たせること」なんて考える人になってはいけません。

そもそも、クラッチの寿命なんて走行距離では決まりませんし。(高速道路をよく使い長距離移動を続けていればクラッチなんて減るわけないですし)

クラッチ交換なんて、エンジンやトランスミッションの修理と比べて安価なものですし、なぜ日本では皆「クラッチ、クラッチ」とそれしか連呼しないのか、逆に可笑しなくらいです。


誤解を恐れず言ってしまえば、クラッチなんて、メカニックから「あれ、ちょっと早い(短い)かな?」と思われる位の時期で摩耗させちゃっていいものです。
楽しみながらせかせかと正しいシフトチェンジをさせてれば、そう遅くない時期にダイアフラムスプリング(クラッチ交換の時に共に交換するもの)の方がダメになるかもしれませんし、そうなると、「何のためにクラッチディスクをばか丁寧に温存させてたのか」という話にしかならないでしょう。

(↑↑よって、「少しは安心して。」という意味です↑↑)



まず、
加速させる場合(アクセルを踏み込む場合)は、エンジン回転数が1000r.p.m.以下の時に クラッチをペタッと完全に繋いではいけません。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa7369644.html)の No.12
これは、1速でも2速でも同じことです。

よって、2速で行くなら 、15km/hまでは半クラッチです。


ここで例えば 2速 7km/hで クラッチをペタッと完全に繋いでしまって 500r.p.m.位でアクセルをパコッと踏み込んでしまうようなことは、決してしてはいけないのです。




ところで、

>止まるかと思いきや、1速にいれるにはちょっと速いかもしれない微妙な低速

って、時速何km位のことを指してますか?


例えば、「1速なんてのは、車がちょこっと動き出すまでのもの。」「歩く速度に達すれば 2速だべ。」とお思いなら、それは間違っています。

ゼロからのスタートなら 1速で、そのまま加速させるなら、最低でも15km/hまでは1速を使い切るべきです。


なぜか?
「せっかく1速に入っているのなら、それをそのまましっかり使おう。」ってことです。
2速の守備範囲は「15km/h~ 」です。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4733007.html)の No.9


(ノロノロ加速時に 逆に前後にガクガクと挙動が出てしまいそうな時には、クラッチ切っちゃって、そのまま2速へシフトチェンジさせてしまったりも実際はありますが。)
速度が出てくると、1速よりも、2速の半クラや断続クラッチの方が楽だったりするのですよね。

(まあ、こんな基本的な事は既にご存知でしたよね。すみません。)



★一番上のURLのものが結構上手く書けているので、詳しくはそちらを良く読んで研究してみて下さい。



---------------------------------------------------


僅かに動いているところからのスタート(再加速)の場合、時速15km以下の時 2速のまま行くなら 必ず半クラッチ(2速+半クラッチ)です。これだけのこと。


【時速15km以下の時、2速+半クラッチで行くことのメリット・デメリット】
・1速のシンクロメッシュを使わずに済む。その分ほんのちょこっとクラッチディスクに負担してもらう。

1速のシンクロメッシュとは、トランスミッション内部に有り、単に半クラッチ(2速+半クラッチ)だけで済むことなら、それで済ませて 1速のシンクロは休ませておきたい。ということになります。


【時速15km以下の時、1速に入れなおすことのメリット・デメリット】
・半クラッチの使用(意図的な半クラッチ使用)をゼロにできる。 1速のシンクロメッシュを使うが その後心置き無く1速が使い続けられるため、低速&高負荷時にエンジンを守ることができる。

高負荷時とは、例えば坂道(上り)、例えば大人数乗車。
万万が一 半クラ時のクラッチ部を気にして完全に繋いでしまうと、低速状態では1000r.p.m.あるいはアイドリング回転数を割り込んでしまい、ここでアクセルを踏むとあっさりノック領域に入りエンジンを傷める。

半クラッチの使用が長引くようだと、そのうちクラッチディスクから煙が出てきて、こうなると非常にまずいため、そういう状況になりそうな場合には、迷わず1速にしておきましょう。

(どの位で煙が出てくるか? ブレーキパッドと構造が一緒だから あれをイメージして。 時速100kmからのブレーキでも何も起きませんよね。 ただし、クラッチディスクの方は面積はあるがブレーキパッドより薄いし、ブレーキの方はベンチレーテッドだがクラッチは密閉されてるので、あれよりは短いと思っといた方が良い。)


実際の運用面では、
「2速+半クラッチで行く?」 or 「1速に入れなおす?」 で考えた場合、2速+半クラで一気に15km/hに行けそうなら2速+半クラで。一気に15km/hに行けそうもない あるいは高負荷で半クラ強め長めになりそうな場合には、1速に入れなおしましょう。 と、こいういことです。

走行時(50km/h以下時)の1速への入れ方は、「押したまましばらく待つ」です。
クラッチ切って、1速へ入れようとする時に、無理やりグイグイと押したり緩めたりしながら「やっぱ速度があると1速は入んないのかな」などと思わずに、
クラッチ切ったまま、1速へ入れる方向へシフトレバーを押し当て続けて下さい。先程の"無理やり"の半分位の力でも、ポンと簡単に入ります。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa6063118.html)の No.9
このことを知っておけば、マニュアル車での渋滞が全く怖くなくなります。よって実際にやってみて体感しておき、自身の運転技術の一つとしておくと良いでしょう。
例えば、上り坂道で渋滞につかまった場合でも、ストレス無くポンポンと1速に入れながら、マニュアル車での渋滞坂道を存分に楽しんじゃって下さい。

※( 1速のシンクロを守るためには、なるべく低速で1速に入れた方が良いです。よって、「まだ速いうちから事前に入れておく」のではなくって、「使う直前に入れる」が正解。そのためにも、「入れたい時にはいつでも入れられる」という安心感が、運転の手助けにもなります。)



【まとめると】

・クラッチディスクなんて消耗品なのだから、エンジンやトランスミッション(シンクロ)を守ったり温存したりする目的で「2速+半クラッチ」で行っちゃう場合もある。

・上り坂道手前等で焦らないで済むために、「1速へは簡単に入る」という事を知っておくことも重要。

こういったことです。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa6865450.html)の No.19
( ↑ 1速か2速か?という話も書いてあるので、見てみて下さい。)



例えば、「半クラ」だの、「クラッチの摩耗」だの、そんなことばっか気にして、エンジンやトランスミッションを守る術すらすっぽかしていたら、意味無いですよね。

例えば、
「マニュアル車の上手な運転とは = クラッチを10万キロ持たせること」なんて考える人になってはいけません。

そもそも、クラッチの寿命なんて走行距離では決まりませんし。(高速道路をよく使い長距離移動を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング