「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

私は30歳で結婚もし子供が一人います。
妻はネイリスト及びエステティシャンです。
これからの夢ですが、35歳までには二人でネイル&エステサロンを立ち上げようと考えています。しかしながら男の私は技術を持っていません、どうやら私の性格上、現場で一線に立ってやるのではなくあくまで裏方のバックアップが向いているようです。そのため私は経営、妻は現場で技術者として役割を決めやっていこうと考えています。
今、私は普通の会社員として勤務していますが現状のままでは起業に必要な経営知識や人脈を持とうとしても無理な環境にあります。
年齢的にも具体的に動いて行かなければと考えて近いうちに、会社を退社することにしました。起業に必要な経営学を習得及び、今、起業している人、カリスマ的な人達との人脈を作る為に動き出そうと思います。
経営学の習得、人脈作りをする為にはどのように立ち回り、どのような仕事について勉強、修行して行くのが最良なのでしょうか?
今は、アルバイトからでも構わないと妻と私も考えています。
当然家庭も持っているのでリスクも覚悟の上で質問しました。最後の勝負だと思っています。
起業した方、経験者の方どんな情報でも構いませんので知恵を分けていただけたら助かります。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ご質問の趣旨とはズレますが。

美容業界でフリーで仕事をしている友人がいまして、彼女から以前聞いていたことを思い出したので、書かせていただきます。
彼女の契約先の一つに、ご夫婦で美容院とエステサロンを経営されている個人経営店があります。1階では美容師であるご主人が、2階では奥様(20代後半)がサロンを運営しておられます(アルバイトを数名雇用)。ご夫婦お2人のお子様はまだ小さいらしいです。
実際のところ経営は厳しいらしいです。以前、県の商工会連合会に経営相談をしてこられたそうで、同じく連合会によく相談をしている私の友人を紹介されたようです。こういった公共系を利用するというのも手かも知れませんね。

ちなみに、私の友人が日頃行なっていることなのですが、気になる美容関係のお店があれば、お客として入り、同業目線で勉強しているようです。(恐らく相手にはバレているでしょうが。。。)

ご参考までに読んでいただければ。
    • good
    • 0

 manakitiさん こんばんは



 薬局を経営している者です。事業を行っている1先輩として記載しますね。

 質問を読んで私が感じた事は、「経営学」なんて難しい事を考えてるな~~と言う事です。事業を始める上で最低限知らないとならない事は、「100円で仕入れた物を150円で販売する」(つまりこの場合は1個売れれば50円の粗利です。)と言う事が解かっているかどうかです。それと「収入ー支出=利益」ですから、どうやってエステ&ネイル業で利益を上げるかの方法と経費等の支出をどれだけ抑えられるかの方法を知っている事です。これだけ解かっていれば、経営的な話としては事業をするに必要十分な知識が有ると言う事なんです。
 例えば○○大学経済学部経営学教室の教授先生は、損益分岐点等の経営上必要な数字等を理解して詳しく知っていると思います。しかしそう言う教授先生がエステサロンを起業して立派に事業を成り立たせる事が可能でしょうか???私は難しいのではないかと思います。それよりももしかしたら経営学と言う学問的にはほぼ無知かもしれないけどmanakitiさんの奥様みたいに技術のあるエステティシャンの方がエステサロンを経営した方が、立派に事業を存続させる事が可能だと思います。それはどう言う施術をすればお客様に喜んで頂けて再来店して頂けるか(収入を増やす方法)・その施術に対してどの程度の価格設定をすれば良いか(収入を増やす方法)・施術に使う薬品等をどこから仕入れたら1円でも安く仕入れられるか(支出を減らす方法)等を知っているからです。ですから経営学なんて小難しい事は一切考える必要はありません。

 とは言っても何らかの勉強をしたいからここに質問したんだろうと思います。ならば「簿記」を勉強される事をお勧めします。どんな事業内容で有っても事業収入のある方は、その事業収益に似合った額の税金を支払わないとなりません。その税金を支払わない事を「脱税」と言い法律違反になります。したがって売上額云々に関わらず確定申告をしないとならない事になります。この確定申告は、本来は事業者本人で計算して税額を申告する方式になっています。この確定申告をする為の知識がズバリ「簿記」の知識です。もし簿記の知識が全くない方が起業した場合は、税理士さんに依頼して確定申告をしないとならない事になります。つまり税理士報酬と言う経費を支払わないとならない事になります。つまり支出が増える事になります。
 しかし確定申告作業を全てmanakitiさんご自身でこなす事が出来たとしたら、税理士報酬0円で済みますからその分利益が増える事になります。ですからサロン開業までに確定申告はmanakitiさんご自身でこなせられる様に「簿記」を勉強されると良いですね。そして1円でも支出を減らして利益を増やす事を考えましょう。
 manakitiさんご夫婦が開業するであろうサロンがどう言う形態で開業されるか解かりませんけど、「個人事業主」と「法人」との2パターンに別れます。たぶん当初は「個人事業主」と言う形態で開業されるだろうと想像します。この「個人事業主」が自力で確定申告を行う為の簿記の知識は、日商簿記で言えば「3級」です。同様に「法人」の場合は日商簿記で言えば「2級」の知識が必要になります。ですから、3級または2級クラスの簿記を勉強されると良いですね。これらの簿記の知識が有れば、貸借対照表や損益計算書を解かって読む事が出来る様になりますから、きちんとした利益が上がっている時は何の関係なくても利益が下がった時にどう対処すれば良いのか(例えば売上が悪過ぎるのか、経費のかけ過ぎなのか等)の理由が解かりますから対処のしようが有る訳です。ですから是非「簿記」を勉強して下さい。

 それとこれから起業しようと夢を膨らませている方に以下の事を言うのも心苦しいのですけど、事業が上手く行かなくなった時の事も考えておいた方がいいですね。こんな事を言うのも失礼に当たりますけど、これからmanakitiさんご夫婦が起業しようとしているサロンは、生活が苦しくなったら最初に切り詰めざる負えない内容です。それは例えば芸能人の様に身体を売って(別な言い方をすれば見せて)給料を得ている人と違って、多くの方はエステサロンに通わなくても最低の食生活をする上で何も支障がないからです。現代は100年に一度の不景気と言われていて、給料削減されている方が多いですよね。最低限の食生活を営むだけでも精一杯な方が多いと思います。そう言う時代ですから、極力出費は減らす。つまりカット出来る出費は出費しないと言う時代なんです。ですから開業出来たは良いものの、思う様に売上が上がらないかもしれません。
 起業すると言う事は、今までのご夫婦の給料を捨てて起業したサロンの売り上げだけで最低限の生活を成り立たせる事を意味しています。もし開業したは良いものの売上が上がらなくて即倒産になってしまった場合、生活が成り立たなくなります。ですから現実的な話をすればサロンは奥さま一人で頑張ってもらって、manakitiさんは今まで通りにお勤めをして給料を得て来ると言うのが現実的な話かもしれません。もしくは売上が下がった段階で例えばコンビニ等でmanakitiさんが働いてそれなりの給料をゲットしてきて、サロンは奥さま一人で頑張ってもらう(売上が回復するまで)と言うのも考え方かと思います。以上の事を考えるのが、まともな経営者の考え方です。私たち中小以下レベルの事業者の場合は、例えばアメリカのGMが倒産したけど国の介入で事業は続けさせてもらえる(つまり最低限の給料は国が保証してくれる)と言う事は一切ないのですから・・・・。と言う事を考えると、経営学や人脈等小難しい事を考えるよりは、事業が上手くいかなくなった時に如何すべきかを考えておく方がより現実的かもしれませんね。

 厳しい事も記載しましたが、何かの参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

起業した経験から厳しい事言いますがご了承下さい。



経営学学んだって事業が成功するとは限りません。
そんなものは起業してからでもできます。
どちらかといえば経理覚える方がいいでしょうね
厳しい事言いますが学生感覚のように感じ取れます。
学歴さえあれば資格さえあればというのと同じです。
世の中そんな甘くないって事はサラリーマン時代でも
気が付いていると思います。

サラリーマン時代に人脈や知識を得られないという
言い訳している時点で駄目です。
向き不向き関係なく起業すればイヤでもやらばければなりません。
できないのであればできる人を費用かけて雇用しなければありません。
でも完全に他人任せにする事はリスクが高くなります。
あと起業するならサラリーマン時代から準備しないと大変ですよ
(特に資金面)
尚、人脈はサラリーマン時代から年と共に徐々に作り上げていく物です。
急にできるものではありませんが急に無くなるものではあります。
どちらかといえば事業に関係する人脈という面では奥様の方が
向いているでしょうね
貴殿の人脈は客を集める人脈となりサラリーマン時代でもできる物ですね

ちなみに人脈は類が友を呼びます。
貴方にその能力がなければすごい人は近づきません。
お互いメリットがあるから人脈となるわけです。
よって貴方自身を磨かないといい人はよってきません。
下手すると利用しようとしている人ばかりよってくるかもしれませんよ
注意しましょう。
    • good
    • 0

他の方もおっしゃっていますが、人脈作りよりまずはお客様にご来店いただくことです。


正直、BtoCですし、現状ですと、人脈がビジネスをプラスにもっていってくれるような要素はかなり少ないと思います。
また、会社経営をしていく中で、情報収集をしていれば人脈は徐々に付いてきます。

また、現場に出ないのであればPLとBSくらいは完璧に読み書きできて、
資金調達や資金繰りなどはしっかり出来ていたほうがいいですね。
おそらく現金商売で仕入れもあまり無いとは思いますが、
最初は銀行からの融資枠も小さいでしょうから、キャッシュフローをしっかり管理しましょう。

ネイル、エステサロンですと、HotPepperなどの広告を使った
ダイレクトマーケティングのスキルが必要になると思いますので、
そういったところから始めてみてはいかがでしょうか。
とにもかくにも、まずはお客さんに来てもらわないといけないので。
来てくれたお客さんにクチコミをしてもらうための、
クチコミツールの開発とかをしてみてもいいかもしれませんね。
    • good
    • 0

>今、起業している人、カリスマ的な人達との人脈を作る為に動き出そうと思います。


このような人たちと人脈を作ってどうしようと考えているのでしょうか?
今人脈を作るべきは、実際の技術者の人やそういうお店に来てくれるお客様では無いですか?

>どうやら私の性格上、現場で一線に立ってやるのではなくあくまで裏方のバックアップが向いているようです。
バックアップと経営はまるっきり別ものです。

経営をするには今の流行や最新の技術、実際に働く技術者の人たちは何を望んでいるか、などなどを知らないと難しいですよ。
それには実際に技術者の奥様の方が向いていると思います。

バックアップが向いているmanakitiさんは経理として支払や銀行の対応を含めた金策、経営分析、不動産屋や大家さんとの対応、などをされた方が良いと思います。

なので、転職をするのなら経理として働ける会社の方が良いかもしれません。
ちなみに奥様は独立することを望まれているのですか?
二人で一緒に会社を起こすことを望まれているのですか?
    • good
    • 0

とりあえず、ご自分のまわりに「経営者」を探して話を聞いてみるというのはいかがでしょうか?


と同時に「経営」の本を20~30冊読んでみてはいかがでしょうか?
実際、経営学を知らなくても経営者できるし、経営学を知っているからと言って破綻する会社もたくさんあります。

将来の分野を美容に絞っているのであれば、その競合になる会社やそこと取引のある会社に転職されてはいかがでしょうか?(できれば有能な経営者のいる会社に)
そうすれば、業界独特の裏事情を知ることもできるし、経営を学ぶこともできると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q起業アイデア(ビジネスプラン)を提供して、ロイヤリティをもらい生活をす

起業アイデア(ビジネスプラン)を提供して、ロイヤリティをもらい生活をすることは可能ですか?
またはそういう団体はありますか?

私は現在起業を志している者です。
その過程で起業アイデア(ビジネスプラン)がいくつか出てきました。

ただ、自分が本当にやりたいことではないため、それを自らやろうという意志が働きません。
そこで、アイデアを提供しそれを誰かに実行してもらうことでそのロイヤリティを得たいと考えています。

自分がやるより「やりたい」と考えている人に楽しくやってもらいたいというのが本心です。

そこでそういう人・団体を探していますが、どなたかご存知ないでしょうか?
知っていたらぜひともよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は特に新規ビジネスを企画し、実現させることを支援してきた大手シンクタンクのコンサルタントです。
そういうマッチングの組織はいくつかネットバブル期に生まれましたが、成功した例がすくなくあまり機能していません。
もっと現実的な方法は、リスティング広告などを使って、セミナーを開いたり、関心がある企業に訪問して説明したり、あるいは展示会への出展(50万円くらいはかかりますけど)、あるいは、ベンチャーに出資している会社、たとえば、ネットエイジとか、そういうところに持ち込むことで、のってくる人はいるかも知れません。
おそらく気にされるのは、話すとノウハウが漏れるとかだと思いますが、話したくらいで他の人ができるようなことは、お金にすることは難しいのがこれまでの経験です。
話して、相手も面白いと思い、でも、自分ではできそうではない、手伝って欲しい、という順番です。
他人にやらせるなら、それを仕切れる信頼できるパートナーをセットにして売り込みする必要があります。
アイデアの内容がわかりませんのであくまで、ご参考まで

Q最近経営学に興味を持っています。

はじめまして。今某大学の英語科に通っている大学1年の男です。
今日はご相談があって投稿させて頂きました。

元々中学から英語が好きで、漠然と英語の力を伸ばしつつそれを使った職業に就きたいと思い、
今の大学、学科を選びました。
正直なところ、自分の進路を決める際、あまり悩みもしませんでした。多方面に目を向けて、なおかつ決めていた方向性をよく検討しなかったのは甘かったと思っています。

そんな中、とあるテレビ番組や友達の持っていた経営に関する本を目にしていくうちに、
興味が沸いてきて何冊か本を読んでみました。
読んでみて凄くおもしろかったので、もっと詳しく経営について知りたいと思うようになりました。

このようにして経営学について興味を抱いているんですが、経営学を真剣に勉強するとなると、独学は可能なんでしょうか?

安易かもしれないですが、学部学科を変えることもうっすらと視野に入れています。
ただ、自分の後悔しない選択をしたいと思っているので、周りの方の意見をお聞きしたくて投稿させて頂きました。

厳しい意見でも構いません。


もしよければお暇な方、アドバイスをお願い致します。

はじめまして。今某大学の英語科に通っている大学1年の男です。
今日はご相談があって投稿させて頂きました。

元々中学から英語が好きで、漠然と英語の力を伸ばしつつそれを使った職業に就きたいと思い、
今の大学、学科を選びました。
正直なところ、自分の進路を決める際、あまり悩みもしませんでした。多方面に目を向けて、なおかつ決めていた方向性をよく検討しなかったのは甘かったと思っています。

そんな中、とあるテレビ番組や友達の持っていた経営に関する本を目にしていくうちに、
興味が沸いてきて...続きを読む

Aベストアンサー

独学でも勉強できますよ。
日本ならば中小企業診断士の資格を取るつもりで勉強するのがいいとおもいます。
テキストはTACのものとかを使えばかなり体系的に勉強できます。
ただ英語科であれば経済学や会計学は本格的には勉強していないでしょうから、独学だとちょっと難しいかもしれません。
他学部の授業も受講できる環境ならば、それらの科目を聴講すればいいと思います。
予備校もありますのでこれに通うのもひとつの方法です。

次は経営大学院(ビジネススクール)に行く方法です。
大学院ですから、今の学部を卒業してからでいいです。
本格的に勉強したいのであれば日本ではなく、アメリカのビジネススクールに行くほうが圧倒的にいいです。
あなたの場合は英語は問題ないので、非常に良い体験になるでしょう。
多くのビジネススクールは数年間の会社経験を要求しているので、大学を卒業し、数年間働いてから留学するのが一般的です。

経営学を勉強して何に活かすかですが、残念ながら日本ではあまり価値を認められません。
経済学部のほうが上に見られます。
アメリカの企業に勤める場合はビジネススクールを出ていないと一流には勤められません。

独学でも勉強できますよ。
日本ならば中小企業診断士の資格を取るつもりで勉強するのがいいとおもいます。
テキストはTACのものとかを使えばかなり体系的に勉強できます。
ただ英語科であれば経済学や会計学は本格的には勉強していないでしょうから、独学だとちょっと難しいかもしれません。
他学部の授業も受講できる環境ならば、それらの科目を聴講すればいいと思います。
予備校もありますのでこれに通うのもひとつの方法です。

次は経営大学院(ビジネススクール)に行く方法です。
大学院ですから、今の学部...続きを読む

Q起業のアイデア思考法

起業するためには、今までにない業態や、差別化を図れるアイデアがないといけないのかと思います。しかし、いろいろ考えてみてもなかなか思いつきません。皆さん、どのようにされているのでしょうか?アイデア思考法とかそういったものご存知であればご紹介頂きたいと思います。

Aベストアンサー

 「起業する」というのが先にあって、「何をどうする」は未構想なのでしょうか。それでは勝算に乏しいですね。順序が逆です。どんなビジネスであるかについて、その競争力(他にない「売り」や「差別化」「強み」)や経営戦略があって、ニーズや将来性も含めて勝算が見込めるときに、起業を考えるものでしょう。漫然と起業したのでは、ポシャるのは確実です。自分が持っている(他に負けない)技術・経験・知識(ノウハウ)・ネットワーク(人脈・サポートしてもらえる組織など)・資金に基づくものでなければなりません。アイデアだけでは起業しても失敗します。それを実現する能力がなければダメでしょうね。アイデアよりも営業力・仕事を確保する力のほうが成功には重要です。

経営コンサルタント(30年間勤めた大手企業を脱サラして株式会社を興し8年目に入った団塊の世代のオジサン)より

Q経営学、経営全般に関する推薦図書

経営学、経営全般に関する推薦図書を教えてください。

古典でも、フロンティアでも構いませんし、雑誌論文でもOKです。

ハウツーものは遠慮いたします。

Aベストアンサー

定番でご存知かもしれませんが、グロービスのMBA(経営学修士)
シリーズ。

まずは、「マネジメント・ブック」からでも・・・。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/908958/ref%3D%5Fbr%5Fdp%5F3%5Flf/249-6520035-6067523

Q起業アイデア真似していいの?

タイトルどうりの質問なんですが、今はいろいろなアイデアで
仕事をしている方々がたくさんいます。
こんなやり方の商売があるのか、と驚かされることも多々ありますが、
そんな仕事のアイデアを、真似して起業や開業してもいいのでしょうか?
特許などをとっていなければ、商売のやり方など真似ても
いいのでしょうか?

無知で恥ずかしいですが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は決して真似をしても問題は無いと思いますよ。
そもそも、インターネット関係では、SNSもオークションサイトも誰かやどこかの企業がアイデアを出して始めたものですよね。

アイデアだけでは商売として成り立ちませんので、そこにどの程度の資本を投下し、アイデアを具現化して事業として成立させるか!が大事ではないでしょうか?

Q都内大学、経営工学と経営学の違いは?

社会人で夜間部大学に働きながら通学したい者です。

自分なりに調べましたが簡単に言うと経営工学はさらに数学に力を入れた経営学といった感じで説明がされてました。 普通の経営学より良いということでしょうか?

ちなみに都内で経営工学二部は理科大にしかありません。

やはり学校によって内容に大差ありますか?

(以前、理科大の事務局に聞きたいことを問い合わせたところ、とても態度が冷たかったのが気になってます。事務員ではなく教員の方だったんですが、あんなに冷たい教え方なのか?と思ってしまいます。…冷たいより温かい方が意欲は湧きますよね…?)

Aベストアンサー

経営を「定量的」に考察するのが経営工学で、「定性的」に把握するのが経営学と言うくらいの理解で良いかと思いますよ。
その違いによって、「良い」「悪い」は大きく違ってきます。

たとえば経営工学の世界では、F・テイラーと言う超有名な学者がいます。

経営を科学的・工学的に定量化・数値化することを本格的に挑んだ先人で、多くの成果・功績を上げましたので、経営工学の世界では「神様」みたいな存在です。

一方、経営学でもテイラーの名はビッグネームですが、テイラーが実際に携わった企業(フォードなど)は、多くの成果は上げたものの、労働問題なども引き起こし、必ずしも業績を伸ばしておらず、経営学的には、「どちらかと言うと失敗?」みたいにも結論付けられていますよ。

原因は、作業者(人間)まで定量化しようとした部分で、人間性みたいなモノを軽視したことにムリがあったなどと言われますが、いずれにせよテイラーの科学的経営管理の手法は、その後の経営(工)学に多大な影響を与えたものの、それは「自然科学と人文科学を切り離し過ぎたら成功しない」と言う形で、最も影響したのでは?と思われます。

即ち、経営学と経営工学では、どちらが良いとか、どちらが上と言うこともありません。
「国語と数学ではどちらが良いか?」と同じで、答えは「どちらも重要」としか言えません。

経営工学は経営学の重要要素の一つで、経営の中の工学的要素を学問分野としたのが経営工学です。
一方では、重要要素ではあっても、最大要素では無いので、偉大な経営工学者でさえ、経営に失敗なんてコトもあるわけです。

また自然科学系学部の中では、金属工学とか建築工学など、特化した工学分野に比べると、経営工学はやや総花的ではないか?と思いますよ。

企業的に言えば、事務系でも技術系でも活躍出来そうな反面、いずれかの色合いが強い部署(たとえば法務部とか研究所など)は務まらなさそうでしょ?

言い換えたら、事務系と技術系の橋渡し役などとして、大活躍出来る可能性などもあるのですが、現実の組織は、事務系と技術系で線引きされてますので、その中間的な役割などニッチに過ぎず、果たして活躍の場があるのかは、ちょっと疑問です。
悪い言い方をすれば、事務系と技術系の中間的な「コウモリ系」っぽいワケです。

そこら辺は、質問者さんが将来ビジョンを持って考えておいた方が良いと思います。
正しいビジョンに向かって、経営資源を駆使するのが経営であって、それを論理的・科学的的に行うのが経営工学ですから。

経営を「定量的」に考察するのが経営工学で、「定性的」に把握するのが経営学と言うくらいの理解で良いかと思いますよ。
その違いによって、「良い」「悪い」は大きく違ってきます。

たとえば経営工学の世界では、F・テイラーと言う超有名な学者がいます。

経営を科学的・工学的に定量化・数値化することを本格的に挑んだ先人で、多くの成果・功績を上げましたので、経営工学の世界では「神様」みたいな存在です。

一方、経営学でもテイラーの名はビッグネームですが、テイラーが実際に携わった企業(フォード...続きを読む

Q起業のアイデア

30代後半の男性です。
起業したいのですがアイデアがありません。
今までの職歴も工場のライン作業などマニュアル化されたものが多かったので
ヒントになるようなものがありません。
どういった目で世の中を見渡せばビジネスのヒントを得られるのでしょうか?
長らく人材派遣にお世話になってるのでそれをしようかと調べたのですが
飽和状態で今更という感じなので起業の対象にするのをやめました。
まずは簿記の勉強でも始めたほうがいいのですかね?^^;
止まっていてもなにも前に進まないので・・
0を1にしたいです。
回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

同世代の方のようですね。

何に興味があるか、などが重要だと思いますよ。

興味のない仕事で起業しても、いつかは破たんが来ることでしょう。
興味がなければ、勉強しても身に入りませんし、興味のないことについての情報も耳に入ってきませんからね。

興味のある分野で、技術やノウハウを身に着けるべきです。
極論をいえば、経営学を学んでも、経営で成功できるわけではありません。経営コンサルタントの多くが経営コンサルタント以外の仕事で起業していないところからも言えることでしょう。

私は、企業の気持ちが一切ありませんでした。
しかし、兄が起業意識が高く、私自身が税理士をめざし、簿記は当然に税務なども学んでいたことと、税理士試験を挫折したこと、しかし、税理士事務所での経験があったこと、などから起業の際に合流し、財務を中心とした事務の多くを任せられています。
起業の分野がITだったのですが、パソコンの修理やカスタマイズについては趣味程度に行っていたことから兄から指導を受けながら、販売からサポートまで行うこともあります。

儲かる仕事を見つけたとしても、まねされることでしょうし、大資本の企業に真似されれば、かなわないことでしょう。起業したいというだけでは、難しいと思います。
まずは、どのような分野でどのような商売をしてみたいか、を探してみてください。そして、少なからずその業界での経験がないと、商売が成り立ちにくいことでしょう。
特に会社員であれば会社が用意したルールや書類などに従えばよいですが、それも0からのスタートとなります。経験があれば、調べることなどでそのような書類なども用意が可能でしょう。未経験ですと、取引先とのトラブルにもなりかねませんからね。

検定試験などは、あくまでもスキルアップのためであり、事業に直接関係しないことも多いと思います。簿記検定などを持つことは、持たないよりもよいことです。しかし、経営者のすべてが簿記を知っているわけではありませんし、必須ともいえないでしょう。

回答にならないかもしれませんが、頑張ってください。

同世代の方のようですね。

何に興味があるか、などが重要だと思いますよ。

興味のない仕事で起業しても、いつかは破たんが来ることでしょう。
興味がなければ、勉強しても身に入りませんし、興味のないことについての情報も耳に入ってきませんからね。

興味のある分野で、技術やノウハウを身に着けるべきです。
極論をいえば、経営学を学んでも、経営で成功できるわけではありません。経営コンサルタントの多くが経営コンサルタント以外の仕事で起業していないところからも言えることでしょう。

私...続きを読む

Q経営者の方に質問です。経営学ってどういう学問なんで

経営者の方に質問です。経営学ってどういう学問なんでしょう?

Aベストアンサー

経営学の目的は、ある事業を遂行した結果、いかに利益を得ながらそれを持続するか、を理論付けることでしょう。
この利益により、係わる従業員の給料を保証し(雇用の永続)、地元に税金を落とし、地域と共に事業(企業)を永続していくことが出来ます。
企業の利益は、従業員の給料を支払った後で考えるのが普通ですが、結局のところ差異はありません。
経営とは、事業を行う前に、これらをいかに予測してその事業の実行に決断を下すか、決断を下すべき材料を準備できるか、断念するか、などの判断、それがすべてと言えるでしょう。
従業員の生活や地域の貢献とその永続性までを考えなければ、事業は成り立ちません。

特異な部分では、一時の儲けでおさらば、と言う詐欺なども、それが成功すれば個人としては経営の成功といえるのでしょうね。
社会貢献か、個人利益追求か、の違いで、経営理念は変わると思います。
他人の不幸の元に個人の利益追求、これが間違い、と言うのは、競争を否定するものともいえます。…スポーツはいかに相手の弱点をつくか、の競いあいです。

Q起業のアイデアが浮かんだ時どうする?

ここ3年ほど、自分の専門の分野で、起業案を考えていたのですが、ようやく勝算がありそうな、案件をひらめきました。

友人とは少し盛り上がっているのですが、初めに役所で相談をしたほうがいいのでしょうか?

バックオフィスその他コールセンターホームページ製作もろもろアウトソーシングを考えており、費用がどれぐらいかかるかを知りたいです。

Aベストアンサー

費用はご自身で算出しましょう!
もしここに具体的に書いてくれたら「参考意見」は貰えるかも・・・
それと「企画書」作って役所に行こう!
でないと相手にして貰えないよ。
その企画書には「どの様にして利益を出すか」を明確に!
出来れば聞かされてる人が想像できるぐらい具体的にね。

成功を祈ってます。

Q経営学や経営学ってお金を掛けないことを美徳としてい

経営学や経営学ってお金を掛けないことを美徳としている学問ですか?

それともお金を掛けることに美徳を感じる学問ですか?

Aベストアンサー

> 経営学や経営学ってお金を掛けないことを美徳としている学問ですか?

学問が美徳なんて考えていません。

経済学は、典型的には、人間社会をモノの動きとその裏にあるお金の動きで理解する、という学問であり、経営学は組織の運営を考える学問です。

いずれも人間がベースなのですが、同じ満足度であればより安い方を選ぶ、という人間観察の結果から導き出されています(とはいえ例外もあったりしますが省略)。例えば、同じものが並んでいて、右が100円、左が200円なら、右を選ぶ人が圧倒的に大多数でしょう?

こういう、人間の行動が理論なり研究なりの基礎にあるだけです。


そこから、例えばパレート最適という、社会的に最適な状況を考えた場合に与件の下で全員が満足度が最大化している状況を一つの概念として成立させたりと、発展していきました。


人気Q&Aランキング