『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんにちは!!BOnJoviのITS MY LIFEのスコアを
見てるのですが、なんと5弦じゃないですか~~
ぼくは、4弦ベースなので、音合わせに苦労しています。
どなたか、良い方法を教えてくれませんか?
4月に、ライブなので、困っています!!
なんとかお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

5弦ベースって高音が1本(B音?)増えてるだけだったと思うのですが。


何が分からないのでしょうか?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

自分の勉強不足ですので、すみません。

お礼日時:2003/03/23 22:28

一言追加…



It's my lifeの場合は、4弦の下にLow-B(4弦開放のEよりも低い、開放でBの音が出る弦)を追加した5弦ベースを使用しているようですので、先ほどはそれを前提とした話を書きましたが、5弦ベースには他に1弦側にHigh-C(通常の1弦開放Gよりも高い、開放でCの音が出る弦)を追加した仕様のものもあります。

5弦ベースに関しては、一応チューニングの仕様を確かめて判断する必要があると思います。
(6弦ベースであれば、普通はLow-BとHigh-Cの2本を追加した仕様になりますね)
    • good
    • 4

すでに回答は出揃っている感がありますが…



4弦ベースで5弦ベースの音を出す場合は、低音弦側に1本弦が増えますので、低音にどうやって対応するかが問題になると思います。
#2、#3の方が挙げられている方法と同じ内容ですが、

・5弦上の音程を3弦上の1オクターブ上に移動させるか、フレーズを変える。
 5弦開放なら3弦2フレットのように、5弦上のフレットポジション+2が、3弦上での1オクターブ上の同音のフレットポジションになります。 こうした場合、だいぶ音が軽く聞こえるかもしれません。 あるいは、コードの構成音の、別の音を弾いてごまかす。 完全5度上、完全4度上などは合わせやすいと思います。

・ピッチシフター(音程を変えるエフェクターです)でオクターブ下に音程を移す。
 音程だけを見れば、最も手軽に5弦ベースの音程に近づけられます。 ただこの場合、エフェクターのレイテンシー(エフェクターでの加工音の発音遅延)が問題になります。 弦をアタックした瞬間よりも微妙に音が遅れて出てくるので、リズム命のベースにとっては致命的かもしれません。

・4弦だけ必要な分ドロップする。
 曲中で最も低い音程を調べておいて、4弦開放をその音にあわせる変則チューニングをします。 5弦開放を使用している場合はあまり実用的ではありませんが、ドロップD(4弦のみ1音下げ)くらいまでは普通に実用に耐えると思います。

このあたりで対策するのが良いと思います。
5弦ベースの低音側の弦を4弦ベースに張るのは、お勧めしません。 ナット径(ナットの溝)が弦と合わないでしょうし(最悪の場合、ナット径が変形して元の4弦がうまく張れなくなります)、ネックへの負担が大きく変動してネックが異様に反る可能性もあります。 楽器が潰れる可能性に目をつむる覚悟があるのであれば話は別ですが、そうでなければ止めておいたほうが良いと思います。

最終的には、5弦ベースを入手するのが一番でしょうね… そうでなければ、全パートをベースの最低音に合わせて移調するとか…
    • good
    • 5

yuseiさん、ふつうは低音弦が増えるんですが。



考えつくのは次のどれかですね。
1.問題のパートはオクターブ上げて弾く。
2.ピッチシフターで下げる。
3.4弦だけドロップさせる。
4.5弦ベース用の5本セット弦の1弦以外を4弦ベースに張る。
5.適当なフレーズを考える。

個人的には4が一番イイと思います。
これから先、ややこしい音楽をやるには5弦ベースは必要ですからね。
4弦ベースの曲でも5弦を上手く使うとフレーズの幅が広がりますよ。
簡単にできるので一度おためしあれ~。

この回答への補足

5弦ベースの弦を張ると、チューニングのしかたは
どうなるのですか?
自分は、ベース歴は長いのですが、
ブランクが大分あり、基本がしっかりして
いません。少しわかりやすく教えてもらえないですか?
宜しくお願い致します。

補足日時:2003/03/23 22:20
    • good
    • 0

五弦は確か低い方(NO-1の方違いますよ)が一本多いんですよね。


(Low-B)四弦をLOW-Bでチューニングするとか(ベローンって感じでかなり
無理がありますが)オクターブ上で演奏するとか、ピッチシフター
などのエフェクトを利用するとか・・・、構成音の他の音(ルートではない音)などでごまかす、などの方法しかないような気がしますね。

最終的には、ローン組んで五弦買うとかね(笑)

この回答への補足

貴重なご意見ありがとうございます。
LOW-Bとは?ビッチシフター?
自分は基本がしっかりしていないので
もう少しわかりやすく、教えてもらえませんか?
勉強不足ですみません。

補足日時:2003/03/23 22:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q5弦ベースの曲を4弦ベースで演奏する方法

こんにちわ。最近エレキベースをはじめました。
僕は学校の選択授業でバンドをやっていてベース担当になったんですけど困ったことになりました。
僕は今度学校のレクレーションの時間でライブをすることになったんですが、僕たちの演奏する曲(ポルノグラフィティのネオメロドラマティックっていう曲です。)のバンドスコアを買ったんですけど5弦ベースで演奏する曲みたいです………
僕の学校には4弦ベースしかありません……(5弦ベースを買うお金もありません……)
学校の先生に聞いてみたところ「楽譜のコードを見て直せ」って言われたんですけど、僕は初心者なのでタブ譜しか読めなく直せません!!
どなたか5弦ベースの楽譜を4弦ベースの楽譜に直す方法を知っていたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

多分5弦と言っても「ロウB」のことだと思います。
低音側に1弦増やしてあり、通常の最低音である4弦解放のミ(E)より下を出せるようにしたものです。
第5弦はシ(B)に調弦することが多く、シからレ#の分だけ4弦ベースよりも低い音が出ます。
まずはタブ譜でも五線譜でもいいですから4弦解放のミよりも低い音を拾い出してください。
単純に考えればシからレ#の部分を1オクターブ上げれば4弦でも弾けるわけですが、それではフレーズが不自然になることがあります。
その低い音が割りと長い音符や短い音符でも「レレレレ」「ドドドド」のような繰り返しなら1オクターブ上げてもそれほど不自然にはなりませんが、速い音符で「ミレミレ」「ミシレミ」のように4弦解放のミと細かく交替するようなときはミも1オクターブ上げないとフレーズがガチャガチャになります。

一応5弦の音と対応する1オクターブ上のポジションを書いておきます(弦-フレット)。

5-0(シ)=4-7, 3-2
5-1(ド)=4-8, 3-3
5-2(ド#)=4-9, 3-4
5-3(レ)=4-10, 3-5, 2-0
5-4(レ#)=4-11, 3-6, 2-1

前後のつながりで最適なポジションを選んでください。

多分5弦と言っても「ロウB」のことだと思います。
低音側に1弦増やしてあり、通常の最低音である4弦解放のミ(E)より下を出せるようにしたものです。
第5弦はシ(B)に調弦することが多く、シからレ#の分だけ4弦ベースよりも低い音が出ます。
まずはタブ譜でも五線譜でもいいですから4弦解放のミよりも低い音を拾い出してください。
単純に考えればシからレ#の部分を1オクターブ上げれば4弦でも弾けるわけですが、それではフレーズが不自然になることがあります。
その低い音が割りと長い音符や短い音...続きを読む

Q5弦を4弦で演奏

はじめまして。
今度僕のバンドで、椎名林檎さんの「ここでキスして。」をやる事になったんですが、この曲では5弦ベースが使われてるみたいなんです。
それで、できれば4弦のベースで演奏したいと思っているのですが、あまり雰囲気を変えずに4弦ベースで演奏するにはどうするのが最適でしょうか。
ちなみに4弦より低い5弦で、使われている音は、たまに3フレットとすごく少し7フレットが出てくるくらいでした。

最悪買っても良いかと考えてもいるので、相場や、オススメの物など教えてくれたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1さんが演奏の技術面での話はほぼ完璧に答えてくれていますので、私は違う面から回答してみます。

まず、今の4弦ベースを使いつつ5弦のサウンドを出すには、ドロップDチューニングを行うのが一般的です。
それを楽にしてくれるアイテムとして、ヒップショット社から、BASS XTENDER KEYという物が売られています。
4弦のペグのみをBASS XTENDER KEYに取り替えることで、ボタン一つ押すだけで歯車を回しチューニングを自動的に設定した音(E♭~ローCまで)落としてくれます。価格は1万円前後ですね。

また、5弦ベースを新たに買う場合です。
安価でまともな5弦ベースといえば、バッカスのBJB5シリーズでしょうか。
価格は3万円後半~4万円半ばですね。
楽天で調べてみたところ、Antique Noelというメーカーも3万円程度で5弦を出しています。
定評のあるところで言えば、IbanezやSquierも3万円前後の5弦ベースを出しています。
5万円以上出せるのであれば、IbanezのBTBシリーズ(バルトリーニ搭載)やSTEINBERGERのSpirits(ヘッドレスですね)なども手に入ります。
FenderJapanでも5弦をリリースしていますが、8万円以上となり、ちょっと高価ですね。

2本目以降のベースということであれば、中古も検討してみる価値があると思います。
大体、新品の5割~6割程度の値段で購入できますよ。
同じ予算でもワンランク上のベースがねらえると言うことになります。

また、多弦ベースを買うときは店で購入することを強く勧めます。
弦が多くなれば多くなるほどネックも太くなりますし、自分に合うかどうかは握ってみなければ分からないものですから。
ネットで買うにしても、できれば同じモデルを店で触ってみるのがベターだと思います。
まぁ、いざとなれば自分をベースに合わせるくらいの意気込みでやれば結構どんなベースでも弾けてしまう物ですけどね(笑)

No.1さんが演奏の技術面での話はほぼ完璧に答えてくれていますので、私は違う面から回答してみます。

まず、今の4弦ベースを使いつつ5弦のサウンドを出すには、ドロップDチューニングを行うのが一般的です。
それを楽にしてくれるアイテムとして、ヒップショット社から、BASS XTENDER KEYという物が売られています。
4弦のペグのみをBASS XTENDER KEYに取り替えることで、ボタン一つ押すだけで歯車を回しチューニングを自動的に設定した音(E♭~ローCまで)落としてくれます。価格は1万円前後ですね。

ま...続きを読む

Q5弦用TAB譜を4弦ベースで弾きたいのですが…

5弦用TAB譜を4弦ベースで弾きたいのですが
その時はどうやって弾けばいいのですか?
1弦を5弦用TAB譜の上から1列目か2列目か
どちらかを読んで、
残った弦をオクターブずらして弾こうと挑戦したいのですが…無理でしょうか?

始めてから2日くらいしかたってないので
全然わからない状態です。
教えてください。

Aベストアンサー

どういう音楽をやるのか分かりませんが、かなり難しいと思います。Low-B弦が追加された5弦であれば、Eより低いCやDの音が入っているでしょうから、単純に1オクターブ上げるだけでは雰囲気が壊れてしまうこともあり得ます。

他方、ベースそのものの音色を変えることで、オクターブ上げても違和感がそんなに出なくて済むこともあり得ます。

また、最も低い音がDくらいですむなら、4弦のチューニングをDに落とす(そのために「ヒップショット」ってパーツもあります)、という方法もあるかも? まぁ、これはこれでフィンガリングのパターンが変わるので大変なんですけどね。

お持ちのスコアにコードネームとドラムパターンが付いているようなら、TAB譜に囚われず、自分でベースラインをアレンジしてしまうというのも手です。もちろん、バンドの人たちがどういう反応を示すかは分かりませんが、事情を説明して、この際自分たちなりにアレンジしてみよう! というのもアリです。これ、かなり良い勉強になりますよ。

Qベースはピックで弾くのと指で弾くのはどっちがいいんでしょうか?

ベースはピックで弾くのと指で弾くのはどっちがいいんでしょうか?

自分はピックの方がしっくりくるのですが。

Aベストアンサー

ピックベース専門30年のヲッサンアマです。

どっちが良いか…自体は、すでに似た話も出ている所ですが、自分の出したい音、やりたいスタイル次第で、どっちでもいいです。

ただ、ピックベースは、最近は世間からめちゃくちゃ誤解されてる奏法で、他の話にも出ているが如く、多くの人が「堅いビンビンした音しか出ない」「技巧的に簡単=ベースの能力を出し切れない奴がやる奏法」と、知りもせんくせに吹聴する輩が非常に(ピック経験の浅いベーシストですら)多く、そういう知ったか野郎のせいで、みすみすイヤな思いする事が多いですから、『俺は指でも弾ける』というスタンスを取っておく方が処世術的には有利な事が多いです。

あくまでも、「指弾きでないと絶対に出ない音はある」、同じく「ピックでないと絶対出せない音がある」ということは大前提としてですが、

○ピックでも、ちゃんと修練積めば、指弾きばりに丸いアタックの音は自由自在に出せます。

日頃ピックベースをバカにしている奴が居てるセッションで、ワザと「弾き手」が相手に見えないようにしつつ、指弾き並のアタックでピック弾きして、ここで(普通は指で)キメ!というところで、わざとそういう奴にピックで弾いてる手を見せて唖然とさせるのはおもろいです。
少なくとも、弦を弾いてから実際にアタック最大音が出るまでの「音の立ち上がりのスピード感」は、指よりピックの方がコントロール幅が広いのでね。

○修練を積んだピックの方が、単音勝負なら(弦やフレットをどれほど跨っても)指弾きより遙かに速いパッセージが弾けます。

これは、少なくとも「早弾き自慢」のほとんどのエレキギタリストがピックを使ってる事からも明らか。むしろ、「複数指でもピック並に早く弾く事ができるだろうか?」というクイズが成立するくらいに明確な事実ですな。
クラシックギターと同じ土俵ならなんとも言えないが、ピックなら早弾きエレキギタリスト並みの弾き方が「少なくとも可能なのは間違いない」という点だけでも、別にベースのピック弾きが指弾きに絶対的に劣っている要素は全くありません。

でも、とにかく「ピックでベース弾く奴は下手に決まってる」というレッテルを貼ろうとする奴は、最近メチャクチャ多いですね。
「やってから同じセリフ言えるもんなら言ってみろ」と思いますけど、そういう奴には言っても仕方がないからね。他人にそういうレッテル貼るのが好きな奴は、絶対それだけの修練は積まないで、自分のショボイ経験範囲でしかモノが言えない奴だからね。

ピックベース専門30年のヲッサンアマです。

どっちが良いか…自体は、すでに似た話も出ている所ですが、自分の出したい音、やりたいスタイル次第で、どっちでもいいです。

ただ、ピックベースは、最近は世間からめちゃくちゃ誤解されてる奏法で、他の話にも出ているが如く、多くの人が「堅いビンビンした音しか出ない」「技巧的に簡単=ベースの能力を出し切れない奴がやる奏法」と、知りもせんくせに吹聴する輩が非常に(ピック経験の浅いベーシストですら)多く、そういう知ったか野郎のせいで、みすみすイヤ...続きを読む

Q五弦、六弦ベースについて

 私はベース始めて六年くらいになるのですが、四弦ベースではどうしても音域が狭く限界が来てしまうので、今度五弦か六弦のベースを購入しようとおもっています。

ですが今まで四弦しか弾いたことがないので、多弦ベースがどのようなものかわかりません。

多弦ベース初心者は、最初はやはり五弦ベースから弾いていった方がいいのでしょうか?
それとも、いきなり六弦ベースに手を出してもいいのでしょうか?
また、四弦ベースよりどれくらい難しくなるのでしょうか?

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

はじめまして。 ベース暦:41年、54歳の男性です。
私の経歴(プロフィール)にも書きましたが、5弦は4本、6弦は2本を経験し、現在も
5弦2本、6弦1本を所有しています。 私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<多弦ベースの必要性について>

 私は「Low D」の音が欲しくて多弦ベースに手を出しました。まだ5弦ベースがほとんど
世に出回っていなかた時代です。(今から30年位前です)
 D、あるいはDmの曲で、演奏の最後に「レ」の音で終わる時、3弦5フレットのDですと、
どうも迫力が無くて、モヤモヤしていたのです。
 当時はヒップショットもなく、どうしたものかと考えいたのを思い出します。
 ですから、5弦モデル(Low B仕様)が出た時は、すぐに飛びつきました。
 実際に弾いてみると、Low Dだけではなく、楽曲によりますがLow C や Low Bも使えます。

 その後、5弦でもHigh C仕様が欲しくなり、Low B仕様のナットを交換して、High Cの弦を
張った5弦ベースで弾いていた頃もありました。
 High C仕様の5弦ベースは、高音域が出せるようになるわけですが、どちらかと言うと
リードベース、コード弾き的な演奏になろうかと思います。
 ですから、バンドの形態や、演奏する楽曲によってはHigh C仕様の5弦ベースが合わない
場合もありました。

 そして、自然発生的に6弦ベースが欲しくなったワケです。
 6弦ベースは、Low Bの5弦ベースと、High Cの5弦ベースの合体を意味しますので、とても
嬉しいかったですね。
 6弦はLowもでるしHighもでるし、音域が広いので色々な楽曲にマッチさせることができます。


<演奏性について>

 5弦ベースは、すぐ慣れると思います。
 ネックを握った感覚から言いますと、1~2カ月もあればすぐ慣れると思います。
ただ、見た目の問題があって、5弦ベースの5弦(一番太いLow B)が、最初の頃はどうしても
4弦ベースの4弦「E」に見えてしまって、弦を一本間違えて弾いてしまうのです。
でも、これもすぐ慣れると思います。

 6弦ベースの方は、弾いてみるとわかりますが、ネックがまな板のようです。
僕も、バンドのメンバーから「魚がさばけるなー」と言われていました。(苦笑)
 つまり、それだけ幅が広くなるわけで、左手の運指は少し辛くなると思います。
 その対策としては、ベースをかつぐ時、上の方(胸に近い方)でかつぐようにする
ワケですが、これは2フィンガー奏法の場合は良いんですが、ピック弾きの場合は
弾きにくくなると思います。
ですから、ピック弾きの方で6弦ベースを弾いている方はほとんどいないと思います。

 多弦ベースの利点は、フレット間の移動が少なくて済むことですが、前述の演奏性と
比較して、どちらを取るかはプレーヤーの判断になるでしょう。


<ベース個体とアンプ等>

 私が使った アトリエZのJB 6弦は良いベースでした。セミオーダーでしたので、
パッシブ回路とアクティブ回路の切り替えスイッチを付け、アッシュ材でボディーを
重くしたので、Low Bの音も締まった音で良く鳴っていました。
 ただ、6kg程あって超重かったのと、Fender USA の Custom Shop JB が欲しくて
売ってしまいました。

 YAMAHAのTRB-6櫻井哲夫モデルはとても高額でした(定価60万円!)が、造りと
しては最高ですね。もう20年程経ちますが、弦を緩めなくても6弦のテンションに
負けることなく、ネックのソリは全くありません。今でも、最高の演奏性です。

 5弦ベースはLow B仕様にするかHigh C仕様にするか、良く考えた方が良いでしょう。
途中で交換もできますが、ナットを交換しないとならない、ブリッジにできた溝に上手く
弦が乗るかどうかという問題もでてきます。

 ベースアンプは、良く考えて選ばないと多弦ベースの広い音域を殺してしまうことに
なりかねませんので、再生能力を良く吟味することをお薦めします。
 できれば、ウーハー2発のみ等のタイプではなく、ツイーター(スコーカー)とセット
にしているタイプが良いかと思います。


<4弦からも持ち替えについて>

4弦からいきなり6弦にいっても大丈夫だと思います。
要は「慣れ」の問題なので、何回も何回も弾いていれば、そのうち慣れてきます。
 それよりも、バンドの演奏する楽曲のジャンルやタイプにどう合わせるかだと思います。
 

<「音」に」ついて>

 多弦ベースはアッシュ材が多いようです。
 私の経験では、Low D C Bの「ド~ン」という低音は、アッシュ材の方が音に輪郭があって
良く鳴るように思います。
 アルダー材の5弦(Low B仕様)のPBも弾いていましたが、アルダー材は中音域が豊かな
反面、低音域は今一つ輪郭のある響きが無いように思います。
 最終的には好みの問題ですが、色々と情報を集めてみると良いと思います。


以上です。お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。
楽しいBass Lifeを!

はじめまして。 ベース暦:41年、54歳の男性です。
私の経歴(プロフィール)にも書きましたが、5弦は4本、6弦は2本を経験し、現在も
5弦2本、6弦1本を所有しています。 私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<多弦ベースの必要性について>

 私は「Low D」の音が欲しくて多弦ベースに手を出しました。まだ5弦ベースがほとんど
世に出回っていなかた時代です。(今から30年位前です)
 D、あるいはDmの曲で、演奏の最後に「レ」の音で終わる時、3弦5フレットのDですと、
どうも迫力...続きを読む

Qwarwick thum bassはどうですか?

高校生の娘がベースを始めたいと言ってます。
音楽的には「uverworld」、「凛として時雨」みたいな音楽(私にはよくわかりません)をやりたいらしいのです。
本人はギターは多少弾けるのですがベースはど素人です。
warwick thumb bass(ワーウィック サム ベース)の中古(8万円程度)を買いたいと言ってるのですがどんなものでしょうか?
私は40代ですのでジャズベとかミュージックマンしか知らず、恥ずかしながらwarwickなどというメーカーも知りませんでした。
漠然とした質問で申し訳ありませんが音楽との適性、弾きやすさなどご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

 御質問者様とは同世代(と言っても50に近い『アラフィフ』ですが)のおっさんです。
 ガールズバンドなら、今は3トーンサンバーストに霜降りピックガードのジャズベがブームの様ですが、ファイーストチョイスでワーウィックとは。

>私は40代ですのでジャズベとかミュージックマンしか知らず、恥ずかしながらwarwickなどというメーカーも知りませんでした。

 もしかしてスティングレイ・ベース?いやそりゃ、いくら40代でも古過ぎですな。もっとも、ワタシはエレクトリックベースというとEB-0とかEB-3を最初に思い出しますが、何れにしろオヤジ趣味ですねぇ、お互い。
 さてワーウィックですが・・・ベースはギターよりずっと早く大きな進化を遂げました。アレムビック登場以来(40代なら、アレムビックは御存知ですよね?)、それまで楽器にあまり使われなかったエキゾチックウッド(ブビンガとかオバンコールとか)の複合ボディとスルーネックという、まさに『イマ風』ベースのハイエンド機種です。

>音楽との適性、弾きやすさなど・・・

※音楽の適正ということですが。
 確か「uverworld」のベースはワーウィックの5弦(Streamer Stageというモデルだと思います)ではなかったか?と。なるほどそれでワーウィックか・・・
 ワーウィックの具体的な音は、勿論「uverworld」でよいのですが、ワタシらの世代でワーウィックと言うとまずT.M.スティーブンスの『T.M.’S Weapon』を思い出します。T.M.こそ世界最高の『ワーウィック使い』ではないか?と。ワーウィックは彼の超ワイドな音楽ジャンルに適した、守備範囲の広いベースと言えるでしょう。

※弾き易さ、に関して。
 ネックは比較的スリムですが、弦ピッチがフェンダ系よりやや狭く、フェンダ系に慣れていると特殊な感じがします。手が小さい、というか指が細いとか指が短いヒトは、右手は弾き易いと感じるかもしれませんが・・・イモ虫の様な指のワタシには、正直なところ演奏性はイマイチに感じます。(指弾きを常に考慮しなければならないベースで、何故こんなに弦ピッチが狭いんだろ?と不思議に思うほどの違いがあります。)
 スケールは・・・サムベースだと34インチですね。いわゆるフェンダ系のレギュラースケールで、ジャズベやプレベと同じです。
 エレクトリックベースとしてはフレットの間隔が広い方で、手が小さいヒトにはちょっとキツいかも知れませんが、ただベースの場合、スケールはトーンに対してギター以上に寄与度が高いので、弾き易さだけでスケールを選ばない方がよろしいかと。(つまりは『どんなトーンを望んでいるか?』で決めるべき、という話です。)

※ネックが弱い、という話はあちこちで耳にしますが、ワタシが今までに弾いた事があるThumb bass3本は、どれもネックの狂いはありませんでした。
 ネックが弱いというより、ネックの狂いのバラつきが大きいということなのかもしれません。

※さて問題はその価格。
 サムベースで¥8万は安過ぎです。何かあるのは明らかな値段と言えそうです。
 例えば・・・サムベースはスルーネックで、ネックにクラックや折損が発生してもネック交換は出来ず、折損部を接着するしかありません。ちゃんとしたリペアマンがキッチリ修理していれば、トーン上も機能上も折れる前と遜色なく使用出来ますが、そういう事故品は当然価格が下がります。そういうモノなら¥8万も十分有り得ます。
 っというワケで、現物をよく観察してみてください。価格相応の部分が納得出来ればそれまでですが、どうしても納得出来なければ購入されない方がよろしいかと。後々イヤになり、段々ベースに触らなくなってしまいます。

 御質問者様とは同世代(と言っても50に近い『アラフィフ』ですが)のおっさんです。
 ガールズバンドなら、今は3トーンサンバーストに霜降りピックガードのジャズベがブームの様ですが、ファイーストチョイスでワーウィックとは。

>私は40代ですのでジャズベとかミュージックマンしか知らず、恥ずかしながらwarwickなどというメーカーも知りませんでした。

 もしかしてスティングレイ・ベース?いやそりゃ、いくら40代でも古過ぎですな。もっとも、ワタシはエレクトリックベースというとEB-0とかEB-3...続きを読む

Q5弦ベースがあるのに・・

なぜ変則チューニングしてまで4弦ベースで対応しようとするベーシストがいるのでしょうか?
5弦を使ったほうが明らかに利点が多いと思うのですが・・

Aベストアンサー

私も4弦専門で、5弦は使わない趣味ですが、理由もNo.1の方とほとんど同じで
・(たまたま?)Lo-Dより下の音が必要な曲はやらない(ジャンルとして趣味じゃない)
・(上の延長で)Lo-B弦を積極的に使う曲でないかぎり、5弦は無用の長物
・左手運指のテクニックが変わるので、今さらなじまない(これは完全に個人的な理由)
という点で、自分の音楽志向の中では5弦ベースの必要が全くない…ということになります。

Lo-Dが欲しい曲はたまにありますので、Dチューニングは使いますし、ライブで1~2曲だけLo-Dが必要な時などは、ノーマルとDチューニングのベース2台持っていって持ち替えたりします。
ここで、「そのやり方ならベース2本持って行くの? 5弦なら1本で良いのに」と言われる事はあるんですが、今まで4弦の愛機(?)で長年培ってきた『自分のサウンドキャラクター』をそのまま再現できる5弦ベースは入手できない(実は買おうと思った事もあるんですが、納得のいく音の5弦ベースは貧乏アマチュアでは手が出ない価格でした)ので、4弦で通していますし、もういい歳なので今さら5弦のテクニックを身に付けるのもしんどいな…という消極的な面もあることはあります。

ただ、プロやプロ級の人で4弦にこだわる人の場合、サウンドキャラクターの問題で5弦をあえて弾かない人は結構多いんじゃないかなと思いますね。同一メーカー同一形式の4弦モデルと5弦モデルを比べても、微妙に同じキャラクターだとは言い難いケースは(特に、アマチュアが十分手が出る価格十万円台までなら)多いですね。特に安い5弦モデルでは、上4弦も音の輪郭が違うケースが経験上は多いです。で、「うーん、これなら今の4弦ベースのチューニング変える方がいいか…」って感じですね。

つまり、少なくともベースの場合は、単純に「弦が増えたら音域も増えて表現の幅も広くなる(はず)」というメリットより、「欲しいサウンドの出ないベースでは、そもそも表現もへったくれもない」というデメリットの方が遙かに重要なケースも結構多い…ということは、言えると思いますね。

私も4弦専門で、5弦は使わない趣味ですが、理由もNo.1の方とほとんど同じで
・(たまたま?)Lo-Dより下の音が必要な曲はやらない(ジャンルとして趣味じゃない)
・(上の延長で)Lo-B弦を積極的に使う曲でないかぎり、5弦は無用の長物
・左手運指のテクニックが変わるので、今さらなじまない(これは完全に個人的な理由)
という点で、自分の音楽志向の中では5弦ベースの必要が全くない…ということになります。

Lo-Dが欲しい曲はたまにありますので、Dチューニングは使いますし、ライブで1~2曲...続きを読む

Qベースの指弾きにアドバイス下さい。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じとか、指は伸ばしたままでとかも教えてもらえると嬉しいです。


2.指弾きで曲を弾いた場合、早い曲になると最初の方はいいのですが、途中から筋トレした時の感覚と一緒で乳酸が溜まるのか、重くだるい感覚になり指弾きの早さも下がってきます。
こういうのは弾き続けて解消するしかないのでしょうか?


3.また体験程度でレッスンに通った事があるのですが、そこの先生は「おもいっきり弦を指で弾け!じゃないとベース本来の音が出無い!」と言ってました。
がそんな力ずくじゃ指弾きの音もリズムも安定しないです。本当に思いきりの方がいいと思いますか?


3はちょっと気になったので一緒に質問してみたのですが、普段から指だけで弾いてる方や、こういう意識を練習中にしたら早くなったという人が居たら是非教えてください。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、あるいは
右手の感覚としては第二間接から先を動かすように意識すると早く動かすことができます。

また、右手自体は軽く小指側に手首を折って弾きます。
これは、中指と人差指の長さの差を手首を折ることで吸収してやるのです。
右手の中指と人差指が弦に対して直角になるように構えると中指は曲げながら
弾き、人差指は伸ばして弾くことになります。
これですと、いわゆる「ツブ」が揃わないし、中指と人差指の力の入れ方が
異なるため、同じような力・感覚(タッチ)で弾けないためです。


<質問2> 早い曲は途中から重くだるい感覚になる

これは、おそらく右手・右腕(前腕部)に力を入れて弾いているため、
疲れてくるためです。

ベースの右手の極意は「力を入れずに力強く弾く」ことです。
矛盾していることを言っているようですが、兎にも角にも「力を入れない(抜く)」
ことができるかどうかが肝心です。

右手(腕)に力を入れずに力強く弾くためには、まず、右腕(前腕部)を
鍛えなければなりません。
私はこの年になっても、寝る前に両手でグーパーを100回やって寝ます。
前腕部が疲れてだるくなる感覚ですが、これを毎晩やります。
すると少しずつ、前腕部の力がついてくるので、自分では力を入れて弾いて
いるつもりがなくても、実際は力強く弦を弾いているのです。
私も自宅で土・日は3~4時間くらい練習しますが、右手はまったく疲れません。

弦は一定以上の振動がないと良い音がしません。
良い音が必要な力が「5」だとすると、「3」の力でしか弾けない人は、
いつも多くの力を入れながら弾かなければなりません。
逆に、「7」とか「8」の力がある人は、力を抜いて「5」で弾くことが
できるので、疲れ知らずで良い音で弾けるのです。

それから、ベースを構える位置も関係しているかもしれません。
右手の位置が高すぎるか、低すぎると余計な力が必要になるため、早い曲だと
ついて行けなくなるのかもしれません。

右手の構え方・力の入れ方、弾き方、そして、ベースの構え方で一番綺麗で
すばらしいのは、やはり、故・ジャコ パストリアスですね。
YOUTUBEでたくさん見ることができますので、参考にしてください。

<質問3> 思いっきり弦を弾け!

これは、体験教室での話しですので、まったくのベース初心者への指導だと
思った方がよろしいと思います。

私も多くの方にベースを教えてきましたが、まったく初めてベースを
弾く方は、右手(指)で上へ弱々しく引っ掻くように弦をはじきます。
ものすごく弱く、音にもならない程度のものです。

私が先生だったとしたら、やはり「もっと力を入れて、思いっきり弾いて」と
言うでしょう。

質問2でも申し上げた通り、右手(腕)は鍛えて一定の力を出せるように
する必要があると思います。
鍛えると言っても、筋肉隆々の必要はなく、ベースギターで良い音が
出せるレベルの鍛え方で十分です。


何事もそうですが、上級者ほど、経験者ほど、余計な力を入れずに
すごいことをやりますよね。
何回も何回も何回も練習すると、どこで力を入れて、どこで力を抜くかが
少しずつ分かってきます。

大丈夫です。 これからも頑張ってください。

お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。
楽しいBass Lifeを!

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、...続きを読む

Qベースは独学では無理ですか?

ベースは独学では無理ですか?
最近ベースがとても気になっていて、どうしても弾きたい曲がありまして、ベースをやってみたいのですが、触ったこともありません。

そこで独学でやってみようと思うのですが、ベースを独学で学んでいくのは無理がありますか?やはり習うのが通常でしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重ねての回答になりますがお許しください。

様々なテクニックや指使いの習得が独学で可能かどうか?についてですが、結論から言えば十分可能です。

テクニックというか奏法ですが、ピック弾き、指弾き、スラップ(チョッパーとも)が大まかな奏法です。
僕自身、どの奏法も誰かから直接手ほどきを受けたわけではなく、好きなアーティストのライブビデオやDVD、教則本や教則ビデオ、ベースマガジン等の雑誌を読んで、見よう見まねで練習していった記憶があります。

実際に弾きたい曲や出したい音はCD等で聞けるので、後はその音に近い音にするために、手や指の角度を変えてみたりピッキング(アタック)のニュアンスや力加減を調整してみたり...ですね。

おのずと知識はついてきますので、必要であればエフェクターを購入したり各ベースの特性を把握して好みのベースを探したりしていくのが自然だと思います。

バンドでのアンサンブル等は一人では確認しづらいですし、ベースという楽器の役割を考えればバンドで音を出すことも重要ですが、指先の技術に関しては、最近は教則本にDVDが付属しているのも多く出版されているので、実際に耳と目で確認しながら習得することも可能です。

上達したいという気持ちさえあれば、探究心も芽生えてきますので独学でも可能ですよ。

僕は専門学校では実技の他に音楽理論も教えていましたが、理論に関しては独学よりも習う方がわかりやすいと思います。音楽記号や譜面の読み書き等もそうですね。
ただ、実技に関しては生徒の腕や指にはなれないので、結局は僕の弾き方を見て覚えてもらうという作業だった印象があります。

必要に応じて奏法や指使いのアドバイスはしますが、生徒によっては自宅で練習していつの間にか習得しているような人もいましたので、やる気と練習方法次第だと思いますよ。

頑張ってください。

重ねての回答になりますがお許しください。

様々なテクニックや指使いの習得が独学で可能かどうか?についてですが、結論から言えば十分可能です。

テクニックというか奏法ですが、ピック弾き、指弾き、スラップ(チョッパーとも)が大まかな奏法です。
僕自身、どの奏法も誰かから直接手ほどきを受けたわけではなく、好きなアーティストのライブビデオやDVD、教則本や教則ビデオ、ベースマガジン等の雑誌を読んで、見よう見まねで練習していった記憶があります。

実際に弾きたい曲や出したい音はCD等で...続きを読む

Qベース初心者です。左手の痛みについてご教授下さい(助けて下さい)

ベースを始めて間もない者です。
練習は毎日続けているのですが、まだまだ指が開かず上手く押弦出来ない状況です。
そこで、各指の間に拳を挟んで広げるといった半ば強引なストレッチを日々行っていました。

しかしながら、最近指を曲げると、左手の甲から指先に掛けて小指、薬指、中指に痛みが生じるようになってしまいました。特に各々第2関節が痛みます。
まだ十分に慣れていないタイミングで無理矢理ストレッチを行ったのが原因なのでしょうか。。。あるいは、慣れないフォームで同じフレーズばかり練習していたのも一つの原因でしょうか。

暫く練習を休んでいるため(ベースが弾けなくなる事を想像すると無理は禁物だと悟りました)、腕が痛むことはありません。今のところ腱鞘炎の気はなさそうです。

ですが、相変わらず指を曲げると指先に痛みが生じます。
(単なる筋肉痛で済んで欲しいです。)

楽器の経験は今まで全くなく、ベースが初めて触った楽器になります。
長く続けて行きたい趣味と考えていただけに、いきなり出鼻を挫かれた感じです。


私と同じような経験をされた方はいますでしょうか。
また、この質問を見て下さった方々は、痛みとどう向き合って楽器に取り組まれたのでしょうか。

長文失礼致しました。
宜しければ皆様のお力をお貸し願えないでしょうか。

ベースを始めて間もない者です。
練習は毎日続けているのですが、まだまだ指が開かず上手く押弦出来ない状況です。
そこで、各指の間に拳を挟んで広げるといった半ば強引なストレッチを日々行っていました。

しかしながら、最近指を曲げると、左手の甲から指先に掛けて小指、薬指、中指に痛みが生じるようになってしまいました。特に各々第2関節が痛みます。
まだ十分に慣れていないタイミングで無理矢理ストレッチを行ったのが原因なのでしょうか。。。あるいは、慣れないフォームで同じフレーズばかり練...続きを読む

Aベストアンサー

No.8でkenta58e2さんが適確な意見を述べてますので、あまり補足する必要はないので、ちょっとだけ。

「4弦など、低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に、手首を直角に近い角度まで曲げる」って、マジかよ?って感じですね。手首を直角に近い角度まで曲げたら、普通の人は指が自由に動かせないんじゃないでしょうか。その教則本の著者はよほど手首が柔軟な人なんでしょうね。私の場合は今みてみたら45度位ですよ。手首を曲げる角度は指が自由に動く範囲で十分だとと思います。

「低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に」の部分も???です。私は手が大きい方ではありませんが、親指の第一関節よりやや上(指先方向)でネックの中心に置いて5弦ベースの5弦が届くので、何故「親指をネックの中心よりやや下に」となっているのか理解できません。やってみればわかると思いますが、「親指をネックの中心よりやや下に」すると安定感に欠け弾きに難くなります。

教則本もいろいろありますので、まずは楽器店でいくつかのものを見て参考にしてみるのがいいと思います。少なくとも、私であれば質問者様の使っている教則本は他人には薦められないですね。

私は、教則本に出ているように4つの指をフレットごとに正しくおいて弾くことはできません。通常の演奏において大切なことは、バンドのグルーブ感が出せるかどうかなので、一番いい音(グルーブ感の出しやすい音)が出る運指であればその方がいいので、常にグルーブ感の出しやすいポジションに移動させできるだけ最良の音の出せる指を使用するようにしています。ただし、ベースソロの速い不レースなどでは、4つの指をフレットに乗せて均等に弾くことが必要なので、スケール練習はおろそかにしては行けません。

とにかく痛くならない範囲で練習して、痛みがでたらベースはお休みでリズムトレーニングをしてください。グルーブ感を出すには、まずリズムがしっかりしている必要がありますから。

No.8でkenta58e2さんが適確な意見を述べてますので、あまり補足する必要はないので、ちょっとだけ。

「4弦など、低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に、手首を直角に近い角度まで曲げる」って、マジかよ?って感じですね。手首を直角に近い角度まで曲げたら、普通の人は指が自由に動かせないんじゃないでしょうか。その教則本の著者はよほど手首が柔軟な人なんでしょうね。私の場合は今みてみたら45度位ですよ。手首を曲げる角度は指が自由に動く範囲で十分だとと思います。

「低音弦を弾く...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング