サルスベリを買ったのですが、商品札に何も説明がなくネットで育て方を調べてからしまった、と思っています。
一日中日が当たる場所が、すでに他の木で埋まっています。
あとは、朝日と西日のあたる場所か、今の時期でも午後4時間位の所しかありません。
もっとよく考えて買えばよかったのですが
朝日と西日の場所は、エントランスで隣家との壁の境で
買ったサルスベリは矮性ではない昔ながらの高木落葉ですので
隣家に向かって伸びた木をどんどん切り落としても大丈夫でしょうか。
また、買って来てから、実母がサルスベリは玄関に植えると縁起が悪いと言うのですが、玄関脇に植わっている家も多く見ているので、そのうようなことは気にせずとも良いでしょうか。
一日中日が当たる場所に、ソヨゴ♀のまだ1,5mくらいの2ヶ月ほど前にに植えたものがあり、ソヨゴは多少日が当たらなくてもOKだったと思うので日照4時間の場所に移植して、ソヨゴを抜いた場所にサルスベリを植えようか、などとも考えています。その場合ソヨゴは弱くならないか、心配です。どなたかガーデニングに詳しい方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

常緑であっても冬期は普通の殺虫殺菌剤は散布する必要はありません。


新芽が生え出してくる春から秋の間で散布すれば良いです。
しかし気温28℃以上になる夏場は濃度を幾分薄くしたり、あるいは散布しないかして薬害には注意しましょう。

冬期における石灰硫黄合剤の希釈倍数は、落葉樹で10倍、常緑樹で20倍が基本です。ホームセンターあたりで売られているものならば、それでよいです。

金木犀やヒイラギモクセイなどの新芽が春に食害されるのは、それ以外にもハムシ類の仕業が多いです。
このハムシは黒地に赤星が2つあり、一見アカホシテントウにそっくりですが微妙に違い、幼虫成虫共に新芽を食い荒らす害虫です。
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/048.htm
幼虫は殺虫剤で退治できますが、成虫は殺虫剤に強いので捕殺するように努めます。
冬期は落ち葉の中で越冬したりもしますから、落ち葉を残さないようにしましょう。

カイガラムシの防除が難しいのは、その発生期において幼虫が次々と孵化し樹木をよじ登ってくるからです。そして足を落としてすぐ成虫になります。
幼虫は殺虫剤には弱いので定期的な薬剤散布が必要です。

サザンカあたりでしたら葉が厚めで、あまり良くないかもしれないが、私は家庭用殺虫剤(フマキラーAやキンチョールなど)で済まします。灯油が含まれているからカイガラムシにも効果があります。同時にチャドクガにも効果があります。
散布後15分ぐらい経って水シャワーして洗い流します。なによりも手軽で良いです。(笑)
しかしカイガラムシにたかられるのはサザンカが弱っていたということですね。カイガラムシは弱った樹木を狙ってきます。
サザンカといえども、ある程度の日当たりや風通しの良さ、適切な施肥や水遣りは必要です。

しかしまたサルスベリを植え替えられましたか。大丈夫ですかね、適期でもないのに。
日当たりが良くなったのは結構なことですが、根が落ち着くまでは直射日光には当たらない方が良いでしょう。曇天や雨天でしたら構いませんが、晴天時は少し遮光(20~30%ぐらいか)してやった方が良いでしょう。期間としては20日ぐらいですかね。

この回答への補足

数回にわたって大変わかりやすく、ありがとうございます。
サザンカも、家を建てたときに入った植木屋さん(前述の方とは違う)が植えてくださったのですが^^;やや、朝日と西日が数時間当たる程度のところです。私の管理がわるいのかもしれません。
サルスベリ、すのこか、園芸用日よけマットが余っているのでしておくことにします。どうもありがとうございました。

補足日時:2009/06/18 12:21
    • good
    • 0

あまりよくわかっていませんな。


>オルトラン、カルホス、ダコニール、ベンレート
これらは葉の付いている内だけ散布しなさい。落葉期に散布しても無意味です。その植木屋も素人ですか?。
またこれらを散布する時は、ダイン等展着剤も1Lにつき2、3滴加えなさい。
ちなみにオルトラン、カルホス、(スミチオン)は殺虫剤でダコニール、ベンレート、(サプロール)は殺菌剤です。
またこれら殺虫剤と殺菌剤は混合使用できるので説明書等やサイトをよく読みましょう。
例えば水1Lを用意して、スミチオン1mLとダコニール1mLを加え、ダイン2、3滴加えてかき混ぜれば、1Lの1000倍混合希釈液ができます。nL作る場合は、それぞれをn倍しましょう。
ちなみにカルホスは毒性が「劇物」なので、あまりお勧めではありません。
できるだけスミチオンやマラソン等、毒性が「普通物」を使うようにしましょう。

落葉期(冬期)は濃度の高い石灰硫黄合剤やマシン油乳剤の撒き時です。希釈率は前述した通りです。落葉期はこれら以外には散布しません。
>冬季の石灰イオウ2回は、大丈夫なのでしょうか?。
そう散布して害のあるものならば、私はそんな事を書きはしません。
しかしこれはウドンコ病が蔓延して、普通の殺菌剤ではとても防除できない場合です。そう酷くない場合は1回でもよろしい。
マシン油乳剤はカイガラムシ専用です。殺菌効果はありません。
ウドンコ病やカイガラムシの被害が酷くなってくるならば、前述したような散布方法が良いだろうという事です。
ちなみにウドンコ病が酷くなると光合成が阻害され、花付きが悪くなります。カイガラムシの被害が酷くなると樹が弱りますし、スス病なども併発します。
植え付け条件があまり良くなさそうなので、放っておけばいずれそうなるだろうと推測した次第です。

この回答への補足

あと補足もう一点です。
カルホスですが、これは、去年まで元気でした金木犀が新芽が出たら全てハマキムシや他いろいろにやられ、根元にカルホスをまいただけです。他はスミチオン+ダインだけです。
金木犀は去年とても立派だったので見逃してしまっていました。
植木はあまり接触しないように植えていますが、北側の一本独立のサザンカは予防や退治し枝をすいても、新たにカイガラをつけてくれるので、難しいなあと、自分の素人さに呆れております。

補足日時:2009/06/17 22:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、私の補足不足でした。(ダインは使っていますと書いていますが)、植木屋さんは、農大で薬物の一番難しい資格持ってるということですが、あくまで、常緑樹のことに関しての散布方法を教えてくれたと言うことを書き忘れました、すみません。
葉裏によく圧縮式噴霧器でまいています。
冬の常緑樹・落葉樹に関しては石灰イオウだけです。
マシン油のほうがカイガラには効果がありそうなのでと思ったのですが、うどん粉病とカイガラ両方に効果があるのは石灰イオウなので、2回くらいまいてみます。
ちなみに、今日、玄関脇の一日日の当たる広いスペースが自転車置き場になっていたのを、もったいないことに今更気づき、自転車数台は移動し、広いところへ植え替えました。土は入れ替えをしました。目の前は広いエントランスなので道路にもはみださないで剪定しながら育ててみようと思います。

お礼日時:2009/06/17 21:58

>新芽を5月に剪定Okと前の方やサイトにあるようにでは


まずいのでしょうか…

春に剪定するとすれば、あまりにも新芽が出過ぎて風通しが悪くなるようであれば、剪定というよりも新芽の間引きです。
No.2氏のやりかたは私には無意味なように思われます。特に夏の終わりごろ花が咲くというのは噴飯ものではありますね、花ももう終盤にさしかかっています。
暖地あたりではもうぼちぼち花が咲く時期であります、9月までは花盛りです。
途中剪定するとしたら、No.3氏が言うように花が散った枝を半分ぐらい切り戻してやれば、そこから新芽が伸びて新たに花を付けます。
本格的な剪定はご存知のように冬期ですね、ほぼ丸坊主にすることによって、強い樹勢の新芽が吹きます。

サルスベリはアブラムシ、カイガラムシ、ウドンコ病はつきものと思いましょう。あまり被害をひどいものにしないように、風通しの良い処や日当たりの良い処を植え場所に選びます。土も水はけの良い処が望ましいです。

ウドンコ病が酷いときは、冬期(12月~2月)において、石灰硫黄合剤の10倍希釈液を当日と翌日に降雨や降雪にならない時を選んで散布します。できれば2週間ぐらい経ってもう1回散布すると良いでしょう。
カイガラムシの被害が酷い時は、石灰硫黄合剤でも多少の効果はありますが、同じく冬期においてマシン油乳剤(20倍希釈)の散布の方がより効果的です。
この両者は混合使用してはいけません。先に石灰硫黄合剤の散布が終了したあと、10日ぐらい経ってマシン油乳剤の散布をします。マシン油乳剤は油膜をつくるので、後から散布した石灰硫黄合剤は効果がなくなります。

アブラムシ、カイガラムシ(幼虫)などの予防にはオルトランやスミチオンなどを定期的に散布します。
ボルンは濃度が薄く、補助的なものとしてとらえましょう。
ちなみにサルスベリに付くカイガラムシの成虫は、白い袋を持った「サルスベリフクロカイガラムシ」といって、つぶすとピンクのゼリーのような液体を出します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iro12.htm
ウドンコ病は春と秋に発生しやすいです。平均気温17℃~25℃の間で活発になります。
被害がなくともダコニール1000(1000倍希釈)、ベンレート(2000倍)、サプロール(1000倍)などの殺菌剤でローテーションを入れ、予防散布するようにします。
それ以上の気温の時は薬害が出やすく、散布は中止した方がよいでしょう。他の薬剤は薬液で葉が汚れやすいものが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。間引き、と考えた方がよいのですね、やってみます。
石灰イオウは、一回しかしていませんでしたので、参考になります。マシン油は、石灰イオウがあったのでやったことがありませんでしたが、ボルンも窒息死させると知っていたので、ボルンを使っていました。たしかボルンは季節をあまり気にせず使えたと思うので…、混合にならずいいかと…ただ、濃度が薄いのですね、何度かにわたってまいていましたが、マシン油のほうが簡単そうですね。

今は、オルトラン、カルホス、ダコニール、ベンレート、など、物によってはダインを追加して、ローテーションしています。
真夏はさけ、五月新芽時、梅雨中休み、残暑の頃の秋雨のまえ(お盆過ぎ)、台風のあと、冬の休眠期、と植木屋さんに教わったので、そのとおりにしていますが、年間5~6回以内と教えられたのですが、冬季の石灰イオウ2回は、大丈夫なのでしょうか、マシン油一回のほうが安全そうなので、変えてみようと思います。
とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/17 12:50

サルスベリは玄関に植えると縁起が悪い>エッホントですか!



我が家はシンボルツリーとして玄関わきに植えていますが・・・・

ちょうど家の北側角に植わっていますから真冬は日が当たりません
四月ごろから朝日が少しと西日が当たってきて今頃は結構日照時間が
長くなっています

それでも道行く人が足を止めるほど見事な花が付きます

ここに移す前は南側の植え込みの中に植えていましたが
うどんこ病がひどくて煤病にかかり枯れかけるほどでした

サルスベリに一番大事なのは風通しと水はけのよい土の様です
その環境を整えてやれば、一日数時間日が当たる所なら
十分花は咲きます

ただ隣家との境には植えないほうがいいです
我が家は御隣の駐車スペースに花が散るので花の時期は
人が出てこない早朝と夕方毎日花弁一つも残さないように
掃除していますが雨や台風の後は本当に大変です

枝は春に勢いよく伸びてその枝に花をつけます
花が散り始めたら枝の長さを半分ぐらいに切り詰めると
其処から又枝が伸びて二番花を八月ごろ咲かせます

本格的な剪定は二月に行いますのでその時に思いっきり
剪定したとしても限界がありますから、なるべく
広く空間が取れるところに植えたほうがいいです

サルスベリは水さえ切らさなければ根付きは良い木なので
今植え込んでも付くとは思いますが「そよご」は今動かすと
ダメージが大きすぎて多分枯れてしまいます

以上の事を考えて、今しばらくは鉢植えにして楽しんでは
いかがですか
大きくなってからでも庭に移せますし時間をかけて植え場所を
選んだほうがいいのではないでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
隣家との境ではなく、通路ひとつ置いて植えました。
ただ、大きくなった時にライラックと被るかなあと…
大きくなれば花が風で飛べば、隣家にも散る距離かもしれません…
なんとか矮性仕立てに出来ないものかと
植えてはみましたが
早めにどなたかに譲ったほうがよさそうな…
または木にはかわいそうですが強剪定して
花はそんなにつかないかもですが…
ソヨゴは、そうですね、動かさないことにします。

お礼日時:2009/06/16 19:48

「しまった。

」と思う必要はないと思います。
確かにサルスベリはそのままだと大きくなりますが、剪定方法によって小さく育てられます。
今日撮影した我が家のサルスベリの写真をUPします。
樹齢は100年近いかと思います。
このようにある程度のところで枝をバッサリ切ってしまうと、そこから新芽が出てきますが、毎年同じところを剪定していると写真のように枝が握りこぶしのように丸く大きく固まってきます。
これで木が大きくなるのを防げますし、形を整えられます。
我が家のサルスベリは春先に新芽が出て写真と同じぐらいに伸びたのを、5月下旬にすべて手でむしり取ってしまっています。
そしてまた芽が出てきて、今日現在この写真のようにまた芽が出てきています。
このままにしておいても夏場に花が咲きますが、木が大きくなりすぎるので、私は7月初め頃にすべての枝を長さ5センチぐらいにまた切り取ってしまいます。
そうするとまた新芽が出てきて夏の終わりごろに花が咲きます。
ですから2回剪定した後に出てきた枝に花を咲かせていることになります。
そして、12月ごろ葉が全部落ちてからすべての枝を団子の付け根の部分で剪定してしまいます。このときは枝が硬くなっているので剪定ばさみを使わなくてはなりません。そこに次の春にはまた新芽が出てきます。
これを毎年繰り返していますが、こうすると枝の先端の団子の部分がだんだん大きくなってきます。
春に出てきた枝を剪定しないとどんどん伸びてしまうので私は枝を剪定して短くしています。
枝(新芽)をどこで切るかと、いつ切るか(タイミング)が大切でしょう。
木が小さい時にどのあたりで切って、団子を作るかは買った木の樹形もわからないし、まわりの木とのバランスもあるので、ネット上で説明するのは不可能です。
我が家のサルすべりは冬場はまったくと言っていいほど日が当たりませんし、根元には霜柱が立ちますが大丈夫です。
今の季節は朝から午後一時ぐらいまで日に当たる感じです。

>あとは、朝日と西日のあたる場所か、今の時期でも午後4時間位の所しかありません。

午後4時間位の所でも日当たりは十分でしょう。この場所が良くありませんか。
ソヨゴと植え替える必要はないと思います。

エントランスに朝日と西日がどの程度の時間当たるのかわかりませんが、前述しましたように剪定の仕方でけっこう小さく育てられますのでエントランスでも悪くはないと思いますが。
枝がここまで伸びても大丈夫というところの30~50センチぐらい手前で枝をブッツリ切ってしまい団子を作るとよいでしょう。

>縁起が悪いと言うのですが
これは迷信ですので、気にするか、しないかどうかの問題でしょう。
地方によってはビワの木を庭に植えるのはよくないというところもあるようですが、私はこのようなことを気にしません。
もちろん木が元気に育つかどうか、という事とはまったく関係がないと思います。

ご参考までに他の方のホームページをUPしておきます。

http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brick/1128/ …
http://blog.goo.ne.jp/toshi-kiyo/e/b61c22e999371 …
「サルスベリの日照時間」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お写真、お手数かけてとってくださりありがとうございます。
こうみると、そんなに高い木ではないように見えますね。
ただ、かなり慣れた剪定の成果なのでしょうね、素晴らしいですね。
コブのようにする、ということを頭に入れて剪定してみます。
他のサイトで左に重心を置いた剪定が載っていましたが
我が家も奥庭への通路として右下は枝をつけたくないので
大変参考になりました、ありがとうございます。
剪定は、どの木も主人に任せず私がやっているのですが
ここまで太くなると主人にお願いするかもしれませんね。
チェーンソーがあるのですが、それでは切り口が荒すぎるでしょうか。
sbsb3636様の説明では伸ばしたくないところから30~50CM伐るのでもOK,それと、枝も幹から近いところでかなり短く伐ってもOKだとわかり、安心いたしました、ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/16 19:57

結論から言えば、辛口になるけれども、貴方の家に高木のサルスベリは向きません。


植え場所は指摘されているように始終日当たりの良い処が望ましいが、同時に風通しの良い処でなくてはいけません。
他の樹が密集している処に植えても風通しが悪く、アブラムシやカイガラムシが蔓延して手に負えなくなります。植え場所の広さは余裕が必要です。
また植え付け時期は落葉期が適切で、今の時期が適切とも思われません。

>隣家に向かって伸びた木(枝)をどんどん切り落としても大丈夫でしょうか。
花芽を切り落とす事になりますからダメです。
また花殻が沢山落ちるので、隣家との境では迷惑になるでしょう。花殻は風に飛ばされて広範囲に及びます。日照時間も最低6時間以上は欲しいところです。
なお縁起が悪いという事はないでしょう、玄関先に植えている例も和風洋風共に多く見ます。

ソヨゴの移植は春先が望ましいです。暖地や温暖地では2月下旬から3月上旬、寒冷地ではもう1ヶ月先あたりです。休眠から目覚めて根が動き始めた時期ですね。それ以外の時期に移植すると、枯れ上がる可能性があります。
以上、辛口回答でしたがご容赦のほど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
新芽を5月に剪定Okと前の方やサイトにあるようにでは
まずいのでしょうか…
どんどん切り落とす、と書きましたが
もちろん、剪定していい時期にだけ、と言う意味なのですが…
アブラムシ、カイガラムシ予防は年に5~6回、庭木に施しています(枝をすく、オルトランやボルン、休眠期の石灰イオウ合成剤で予防・退治など)それで他の木にはほぼ病害虫なく花が咲いていますので
それで大丈夫でしょうか?

お礼日時:2009/06/16 20:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサイネリアの育て方

こんにちは。サイネリアを育てるのですが、サイネリアの育て方がわかりません。育て方や育てるコツを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

サイネリア(シネラリア)の育て方については下記サイトに詳しく載っていますのでご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/shi_00011g.htm

Qクレマチスを植えたいのですが。植える場所が

場所が狭く、10センチ平方メートルくらいです。
根は張るのでしょうか?できたら、常緑タイプと冬咲きと二種類植えて、絶えず花があるようにしたいです。
初めて挑戦します。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

地植えですか?
周りがコンクリとかなのかと思いましたが、No.1さんへのコメントによると、10c㎡以外にも土の部分があるようですね。
それなら大丈夫ですよ。
ただ、クレマチスは生育が旺盛な品種が多いですから、新しい枝がどんどん増えますので、その枝の全体の太さだけでも、10c㎡を超えるのは早ければ1年です。
クレマチスの株元の葉が落ちると結構見苦しくなりますから、一年草などを鉢植えにして隠しちゃうのもアリですね。

ウチは、日暮前の西日しか当たらないところに、クレマチスの「グラビティビューティー」を狭い場所に植えていますが、毎年ちゃんと花を咲かせますよ。
増殖が激しくて手に負えなければ、枝の本数を減らすこともあります。
狭い分、高さは出しています。
鉢の底をカットして、軽く耕した地面にちょっとだけ埋めるように置いてから土を入れれば、根っこは地面に伸びていきますし、その株の株元にも日が当たりますからね。
(鉢をカットしなくても、安価で土が流れないような花壇用の柵もホームセンターにありますよ。鉢の場合は、割れないように注意が必要です)

ほかのクレマチスも、朝の2~3時間くらいしか日が当たらなくても満開です。

地植えですか?
周りがコンクリとかなのかと思いましたが、No.1さんへのコメントによると、10c㎡以外にも土の部分があるようですね。
それなら大丈夫ですよ。
ただ、クレマチスは生育が旺盛な品種が多いですから、新しい枝がどんどん増えますので、その枝の全体の太さだけでも、10c㎡を超えるのは早ければ1年です。
クレマチスの株元の葉が落ちると結構見苦しくなりますから、一年草などを鉢植えにして隠しちゃうのもアリですね。

ウチは、日暮前の西日しか当たらないところに、クレマチスの「グラビティビ...続きを読む

Qトリカブトの育て方

山登りに行った時に、トリカブトを見ました。
とても美しく綺麗だったので、育ててみたくなり
トリカブトの種子を購入しました。

購入したのはいいのですが、肝心な育て方がわかりません。
ネットで検索したり、お花に詳しいお友達に聞いたりしても
種子からの育て方がわからないのです。

トリカブト自体を育てるのは始めてなので
詳しい育て方が知りたいと思っています。

トリカブトの育て方に詳しい方がおりましたら
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

育てたことはありませんが手元にある「山野草の育て方&楽しみ方事典」によれば、
・種まきは2月から3月初旬、半日陰で
・用土は赤玉土4に軽石4、腐葉土2を混ぜる
・鉢は中鉢の4-6号
・水やりは芽出しの頃は多めに
・水を好むので夏は腰水で育てる
・置き場所は芽出しから休眠までは木漏れ陽が当たる半日陰
・増殖は活発で3月中旬から4月中旬に塊根を分けて殖やす
・肥料は3月中旬から4月中旬に有機性の固形肥料を与える
・根は猛毒なので手袋をはめ、作業後すぐに手を洗う
・1-2年ごとに植え替える
・露地栽培するなら半日陰で、身近への植栽は避ける
・12月下旬から2月までは休眠する
・休眠期にも土が乾いていたら水は忘れずに与える

育て方はやさしいそうです。

Q1週間前に植えたつるバラの大苗を地植えに植え替えても大丈夫でしょうか。

約1周間前につるバラの大苗を10号鉢植えにしました。品種はアンジェラです。
これを地植えにしようと考えています。
それは,日当たりや,水やり,今後の成長を考えてのことです。
まだ,2月中なので,根は活動していないので,植え替えは大丈夫だと考えているのですが,どうでしょうか。
それとも,鉢植えで1年間育ててから,地植えにするほうがいいのでしょうか。
また,このアンジェラの大苗の他にも つるミミエデンという品種のバラも1週間前に鉢植えにしていますが,この品種は,あまり病気に強くないようなので,地植えよりも鉢植えで育てるほうがいいのでしょうか。
アドバイスよくろしお願いします。

Aベストアンサー

バラの植え付けは今が時期(休眠期)なので最適です。従いこの時期に苗木が多く売られています。
出来れば早いほうが良いと思います。
ミミエデンはどちらでも問題ないのですが、病気 特にうどんこ病が発生しやすいので
その対策(風通し、日当たり)に注意が必要です。鉢の方が管理がしやすいかもしれません。
庭植えなら 苗木ですので、雨の時の泥除けが必要かと思います。
鉢植えなら(雨除け、)日当たり、風通しと場合によっては早めの薬剤散布(春)で大丈夫でしょう。
時々ジョウロ等でシャワーも必要かと思います。(風通しは大事です。)

結構どちらも 日々の点検と早めの対策が好ましいと思います。
バラは比較的病虫害が多いので、放置は危険です。

Qプレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始め

プレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始めています。この植物の育て方と名前をご存知の方、助言ください。

Aベストアンサー

サンスベリアの仲間だと思います。結論から言うと枯れる心配はないと思います。

枯れ落ちた葉は葉っぱの新陳代謝で落ちただけで、言うならば葉の寿命を全うしただけです。観葉植物は大きく成長するために古い葉を落として新しい葉を生やします。最近暖かくなってきたので、新しい葉を生やすために古い葉を落とし始めたのだと思いますよ。
写真に写ってる他の葉は元気に見えますので、木の本体はまだまだ元気だと思われます。

育て方ですが、原産地が乾燥地帯なので乾燥に強い種です。寒い時期は水を全くやらなくても良いくらいです。これからの時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、土が乾くまでは何日も放置でOKです。枯らしてしまう最も多いパターンは水のやり過ぎによる根腐れですので、毎日水をやる必要は全然ありません。窓際に置かれてるようですので日当たりは十分だと思います。

サンスベリアの育て方:
http://sodatekata.net/flowers/page/150.html

Q植えたときは膝下まででしたが、今は玄関のひさしを破らんばかりに大きくなりました。途中から切断してもい

植えたときは膝下まででしたが、今は玄関のひさしを破らんばかりに大きくなりました。途中から切断してもいいのでしょうか?
なまえもわかりません、手入れのしかたと名前
お分かりのかた教えてください。

Aベストアンサー

切って良いかどうか以前に躊躇無く伐採しましょう、

その内に、家屋自体に影響が出ます、

切った後に植物がどうなるかなどの心配は二の次・三の次です、

名前などは知識のある方が教えてくれると思いますが。

Q皇帝ダリアの育て方

家で育てている皇帝ダリアが弱ってきました。
育て方、株の増やしかたを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

私も育てており、冬越しの準備は既に終了しました。私がここで説明するよりも、多くの方がネットで開示されていますので、「皇帝ダリア」「育て方」で検索してみてください。霜にあてるとダメージが大きいので、早い処置が必要ですよ

Q玄関先に植える花について

玄関先に置く植木鉢に花を植えるとしたらどんな種類のものがおススメですか?

Aベストアンサー

ヒューケラはどうでしょうか?
耐暑性が少し悪いですが、各色あり葉を楽しむものです。
https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-223/target_tab-2
http://www.ogis.co.jp/subcolorleaf.htm
http://www.jsjardin.co.jp/products/leaf/heuchera.html

ゼラニウム
以前は単調な色彩でしたが、最近は中間色やパステル調のものも多く出ています。
品種が多いのでしっかり品種名を確認して買ってください。
https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-90/target_tab-2

Qハーブの育て方教えてください(兼業農家です)

母に「ハーブの育て方聞いてよ」と言われ、過去の質問を検索したところ、七件ヒットしましたが、どうもこちらが知りたい情報ではない為、質問しています。

googleで検索して見つかったページを母に見せたところ、
「これは素人の仕事だ」
と間違いを散々指摘し、却下されました。我が家は兼業農家です。
しかし、ハーブなど作ったことがありませんので結構悩んでいるようです。

ハーブの育て方に絶大なる自信をお持ちの方、是非母が納得するようなハーブの育て方を教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

そもそもハーブとは何でしょう?

しそ科の一部の香草だけがハーブだと考えられがちですが、そうではないですよね?
日本にもショウガやミョウガなどなど・・・さまざまなハーブが有ります。
極端な例にとられるかもしれませんが、ハーブの形というものは実にさまざまです。

ですから、「これ一つ」を教えればすべてに共通するといったものはありません。
本などを読んで勉強をするのが一番ではないでしょうか。
インターネットという手段も実にすばらしく有効です。調べたい種類があったら検索してみると、お探しの情報が見つかるでしょう。

Qサルスベリの植え付けについて

 昨年サルスベリの根巻きを買い,直径50センチほどの大きな鉢に植えかけ1夏育てました。高さは2メートル近くになりましたので,剪定しました。
 鉢植えのままですと水やりが大変ですし,また,地植えに比べて大きく育たないと考え,この冬に地植えにしようとおもいます。
 しかし,あまり植えるための日当たりのいい広い場所がありません。
 1.8メートルのコンクリートの塀があり,そのすぐ東側に縦横80センチメートル程度の地面があります。水はけはいいです。
 この地面の南側も塀なので,南側からの日差しはありません。
 ここに植えた場合には,地上から1.8メートルは日陰になります。このような場所に植えた場合には,夏に花をつけるのでしょうか。もし,花をつけることがあれば,塀から花が出てきて,道路からの見た目がきれいなのですが。
 また,第二候補として,住宅の西側の窓の更に西側の地面があります。
 この地面は,窓から1.5メートル離れて,水はけもいいのですが,南側には,ガレージの屋根があり,直射日光はほとんど当たりません。また,西側には,高さ3メートル程度の樹木が植わっていますので,この樹木の影になる時間帯が多いです。まったくの日陰ではありません。
 以上,いずれの地面に植えるのがいいでしょうか。
 また,鉢植えのまま,栽培を続けるという選択肢はあるのでしょうか。
 よろしくお願いします。
 

 昨年サルスベリの根巻きを買い,直径50センチほどの大きな鉢に植えかけ1夏育てました。高さは2メートル近くになりましたので,剪定しました。
 鉢植えのままですと水やりが大変ですし,また,地植えに比べて大きく育たないと考え,この冬に地植えにしようとおもいます。
 しかし,あまり植えるための日当たりのいい広い場所がありません。
 1.8メートルのコンクリートの塀があり,そのすぐ東側に縦横80センチメートル程度の地面があります。水はけはいいです。
 この地面の南側も塀なので,南側からの日差し...続きを読む

Aベストアンサー

鉢植えの場合のメリットは地植えと比べるとコンパクトに育てられると
言う事。場所替えが容易である事です。デメリットは長くても2年毎に
植替えが必要で、それ以上も植替えをしないと根詰まりや根枯れを起こ
して樹勢が衰えて、場合によっては枯れる事もあります。当然ですが花
付きも悪くなります。樹高が1m80cmですから、鉢は最低でも直径が
50cmは必要です。

今回は地植えにされるようですが、これは最適な判断をされたと思いま
す。場所を取りますが管理も楽になりますし、サルスベリにとっても都
合が良くなります。当然花付きも良くなります。ただしそれなりの管理
は必要です。管理は剪定と施肥です。

さて植え付けですが、基本的には日当たりが良く日照時間が長い場所を
好みます。水はけを良くするのは当然ですが、ただ単に水はけが良いだ
けでは駄目です。サルスベリは水不足を嫌う性質があるので、ある程度
は水持ちを良くする必要があります。その方法は後で説明します。

まず現在は鉢植えですが、根巻きにされていた麻布は取り外して植付け
ましたよね。根張りを良くするためには麻布が巻かれたままでは都合が
良くありません。必ず麻布は取り外してから植付けます。
植付け時期は3月中旬から4月上旬で、日当たりと水はけが良く、肥沃
(土地が良く肥えている事)でやや湿潤な土を好みます。枝が横に広が
る習性があるため、ある程度の広さは確保しないと後で困ります。
また冬の北風と寒風を嫌いますから、出来るだけ避けられる場所を選ぶ
のがコツです。まだ時間がありますので、そのような場所を探して下さ
い。

場所が決まり植付け時期になったら、直径40~50cm、深さも同じ位
に堀上げます。堀上げた土の量と同じ量のバーク堆肥を混ぜます。この
バーク堆肥は土壌改良材で土の悪い点を改善してくれる重要な役割をし
ます。肥料ではなく土壌を改良するための資材となります。
バークを混ぜた土を半分程度穴に戻します。苗を穴に入れて見て高さを
見ます。地際が地面の高さより少し高くなるようにしますので、深いと
思ったら土を入れて調整します。高さが決まったら周囲に土を入れ、棒
で十分に突っついて苗が倒れないようにします。ある程度突っついたら
バケツ1杯の水を入れて水締めをします。水が引いたら再び土を入れて
棒で突っつきます。最後に周囲に土手を作ります。この土手は水やりを
した際に周囲に水が流れ出る事をするための物です。土手を作ったら水
を十分に与えます。これで植替えは完了ですが、今のままでは倒れます
から、竹等を支柱代わりにして倒れないようにします。支柱は幹に対し
て斜め30度になるように立てます。支柱の先は十分に土に入り込ませ
ます。支柱と幹はシュロ縄で縛り固定します。根張りは1年もすれば十
分に張りますから、それまでは取り除かないで下さい。
支柱は倒れ防止だけでなく、風で根が動かなくする役目があります。
根が動くと根張りが十分に行えず、樹勢が衰えてしまいます。

肥料は1~2月の間に施します。幹の中心から少し離れた位置に浅い溝
を掘り、バーク堆肥と有機質肥料を同量混ぜた物を入れ土を被せます。
この作業を寒肥と言います。施すのは寒肥のみで1年毎に与えます。
開花しないのは窒素分が多いからです。開花しなかったり開花数が極端
に少ない時は、窒素分を少なくすると良いでしょう。

地植えの場合は水やりは考えなくて構いませんが、植付け直後は水切れ
になる事があるので、夏場を過ぎるまでは雨の日以外は欠かさないよう
にしましょう。

剪定は完全に葉が落ちてから寒さが厳しくない時期を選びます。出来れ
ば12月から2月までに行うと良いでしょう。
方法は太い枝から出ている細い枝を2~3本残し後は切り取ります。
残した枝は太い枝の付け根から5cm程度残して切り詰めます。
これ以外の時期は剪定をしないで下さい。特に6~7月に剪定を行うと
花は見れません。6~7月は来年の花芽を作る大切な時期だからです。

西日は良くありませんが、午前中だけでも光線が当たれば大丈夫です。

造園屋に勤務しています。分からない点があれば補足質問して下さい。

鉢植えの場合のメリットは地植えと比べるとコンパクトに育てられると
言う事。場所替えが容易である事です。デメリットは長くても2年毎に
植替えが必要で、それ以上も植替えをしないと根詰まりや根枯れを起こ
して樹勢が衰えて、場合によっては枯れる事もあります。当然ですが花
付きも悪くなります。樹高が1m80cmですから、鉢は最低でも直径が
50cmは必要です。

今回は地植えにされるようですが、これは最適な判断をされたと思いま
す。場所を取りますが管理も楽になりますし、サルスベリにとっても都
合...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報