出産前後の痔にはご注意!

中古家屋の再活用について悩んでおります。築年数50年以上、下手すると築70年~80年以上かも知れません。他界した祖父母の代に中古で買ったので、実際はいったい何年前に建てられたのか分かりません。30坪の土地に建つ、木造2階建て家屋です。建て直しも考えましたが、資金面で余裕がないので、リフォームを考えています。耐震強化、外壁の塗り直し、間取り変更、内装リフォームは最低限必要になると思います。1階部分は店舗としてお貸しするつもりなので、今回は1階部分の内装工事は必要ありません。床もコンクリートでオーケーです。2階は住居として使いたいので、キッチン、風呂、トイレ、リビング、寝室1など最低限の間取りであれば十分だと思っています。大雑把な説明で情報不足だとは思いますが、だいたいどのくらいの資金が必要なのか、どなたかお知恵を貸していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

これで最後の回答とします。



色々なことを混同されているようなので、交通整理を。

(1)今後借地権をどうするかは別の次元の問題として、父から相続したということを地主さんに挨拶するのが先ではないでしょうか。承諾も名義書換料も不要ですし、挨拶しなくてもどうってことはないですけどね。(あ)から(え)だって、相手(=地主)のある話です。地主との話のなかで、向こうから(う)をいってきたら、有利にコトが運ぶかもしれませんよ((う)なんかは、どちらが言いだしっぺかで、全然条件が変わりますよ)。知識も大事ですが、礼節も大事です。

(2)『大手不動産会社さんに買主がいないかどうか聞いてもらっている最中です』とのことですが、そもそも借地権譲渡は認められた契約なのですか?『地主さんはお寺さんなので、単独所有なはず』とか、まずは現在の当事者の状況・契約の内容をはっきりさせましょうよ。登記簿なんか1000円で取れるんですから。底地権が信託なんかに入ってたら、全然別の問題が出てきますよ。

(3)契約が6月一杯だからといって、なぜ急ぐのですか??ちょっと、このあたりあなたの借地権の知識は薄いです。更新料が支払えないと契約更新できないとか思ってませんか? 本屋で1000円くらいで借地借家の法律知識といった本が売ってますから、読んでみてください。とにかく、6月以降も地代だけは支払うのがベターです。

(4)(う)は『その後に土地を売却するときには』と書いたとおり、交換自体には税金はかかりませんが、土地の取得価格はゼロになるので、譲渡益税の計算で不利だという意味です。だから、あなたが(う)をして第三者に譲渡とかは、全くナンセンスです。第三者に譲渡する場合は、借地権を譲渡して買受人が(い)か(え)をするのが普通です。

(5)所有権になると固定資産税がかかるのは仰るとおりです。ですが東京都の場合は、小規模住宅用地の減免措置がありますよ。

(6)ハウジングメーカーのセミナーは気をつけてくださいよ。彼らは貴方の資産をうまく利用して儲けるのが仕事ですから。とくに、借地権がからむと貴方・デベロッパー・地主の三者関係になります。あなたは建物の借金があるからデベロッパーの意向を尊重しなければならない、しかし地主との関係は貴方が矢面に立たなければならない・・という状況にもなります。『30年』と軽々しくいいますが、30年後にその会社が存続するか、物価変動はどうか(30年前は缶ジュースは70円でしたね)、いろいろ考えてみれば、どういうビジネスか想像できませんかね?

キツイ書き方をしましたが、かなりの資産でしょうから、あなたにはキッチリと現状を把握したうえで、正しい知識のもと、様々な選択肢を吟味していただきたいのです。
率直に申し上げて、失礼ながら、わたしがハウジングメーカーだったり、不動産業者だったりしたら、あなたを丸め込んで、適法に有利な条件で土地を入手しボロ儲けるのは、そんなに難しくないなーと思うからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『父から相続した』、『大手不動産会社さんに買主がいないかどうか聞いてもらっている』件は、すでに地元の不動産屋さんを通して大家さんは承諾されています。また、次回借地権の更新は10年後です。このあたり、まったく説明が抜けていました。申し訳ありません。
「キツイ書き方」とおっしゃいますが、ご忠告ありがたいと思っていますよ。とくに(6)に関して、<当方・デベロッパー・地主の三者関係>のことは考えてもいなかったですから。
とにかくじっくり取り組んでいこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/23 23:57

たびたびすみません。



借地権だったのですね。
祖父母様の代からの借地権となると、地主側も代替わりしているはずですよね?
地主の経済的状況はどうなのでしょうか?

借地権の解消は、第三者譲渡だけではないですよ。
あ)借地権を地主に買い取ってもらう。
い)借地権を第三者に買い取ってもらう。(地主の承諾が要ります)
う)借地権と底地権を交換する。=>借地人6:地主4、または5:5で土地を現物分割する。
え)底地権を借地人が買う。

先立つものがなければ、え)は難しいでしょうが、う)はいかがですか?
ただし、う)の場合は、土地の取得価格はゼロとなりますから、その後に土地を売却するときにはもろに譲渡益税がかかります。

とりあえず、その土地の登記簿を調べてみてください。法務局にいって土地の全部事項証明書が1000円でとれます。そこで、地主が単独所有か共有か、担保に入っているかなど情報をとってみてください。
案外(う)がいけそうな気がします。

それから、最近は信託銀行や三井のリハウスなどで、『借地権セミナー』をやっています。そういうところで、勉強してくるのもいいと思いますよ。(むろん、彼らは商売につなげようとしている点には注意して)

この回答への補足

おっしゃるとおりです。

い)は大手不動産会社さんに買主がいないかどうか聞いてもらっている最中です。6月いっぱいまでの契約なので、また値を下げない限りは、ほとんど無理そうです。

あ)、う)、え)に関しては、来月借地権の名義変更で地元の不動産屋さん(地主さんの幼馴染)を伴い地主さんと会う予定なので、その時にそういう話がでるかもしれませんね。

しかし う)だと<譲渡益税>がかかるんですか。それも怖いですね。

それとは別に所有権になると、固定資産税などがかかりますよね。当該物件は東京でも一等地といわれているところなので、それはそれで考えただけで恐ろしいです。でも所有権のほうが売りやすいということなので、その時は売却しかないですね。

名義変更云々で今回登記簿等用意してあったかと思うので調べようと思いますが、地主さんはお寺さんなので、単独所有なはずです。

補足日時:2009/06/23 16:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも的確なアドバイスありがとうございます。
さっそく「借地権セミナー」に参加してみようと思います。

ところで、旭化成の「30年一括借り上げシステム」というのがあるそうですね。ローン、調査、施工、賃貸管理などすべて一括して旭化成が行ってくれる商品です。さっそく担当者と電話ですが相談してみました。賃貸物件プラス居住スペース付きで3,4階建のへーベルハウスが建つらしいのですが、あまりにも資本金が高く、いくら家賃が30年保証されるとはいえ、気持ちいいものではないですね。うちとしては地震でくずれない程度の最低限の質素な建物でいいんです。
あちらのペースに乗せられないように要注意ですね!

お礼日時:2009/06/23 17:26

No2です。



結論から申し上げますと、建替えがいいと思います。

築50年で1階がコンクリということは、一度はリフォームされていると思いますが、木造の築50年の家で耐震強度1.0を出すのは大変です。

正直、はじめに質問を読んで、なぜそこまでリフォームに拘るのだろうと思いました。

現在分譲マンションにお住まいとのこと。気密性にすぐれたコンクリの建物と比較すると、築50年の家は隙間風も多く(逆にそれがいい場合もありますけど)、おそらくサッシも古いでしょうから、日常の手間やその後のメンテナンスが大変ですよ。

IHは対してお金かかりませんよ。ただ、キッチンは凝り始めると大変です。キッチンだけで500万とかかけることも可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安全性、快適性重視を考えると、全くもって建替えしかありませんね。

実はリフォームにこだわっていたのは裏事情がありまして、この祖父母が持っていた家は旧借地権付きで、現在空家。
父名義でしたが、その父もつい先日他界し、この機会に第3者に借地権ごと売ることにしました。

しかし、この時期なかなか買手が見つからないんです。

このままほっておいても(土地にかかる)家賃と更新料が黙って出ていくだけですし、夫に今のマンションを売って、新しく建直した家に移ろうと言っても、
やはり借地権というのがどうも気になるんでしょうね、なかなか首を縦に振らないんです。
借地権付きの住宅は大家さんとの関係がすべてで、色々な制約を考えるとやはり所有権に越したことはないのはもっともなことです。

この<宙ぶらりん>をなんとか活用できないものか、かといって先立つものがない。
そこで苦肉の策として浮上したのが、あの老朽化したお化け屋敷をリフォームし店舗として貸し、少しでも家賃収入を得られないものか、ということでした。

すみません、だらだらと我が家の歴史、内部事情までさらけ出してしまいまして。う~ん、悩むところです。

ところでキッチンにこだわりは禁物ですよね。キリがありませんから。
キッチンにお金をかけた分だけおいしい料理を作れるというならいくらかけても惜しくはありませんが。。

Jumeirahさん、いろいろありがとうございました。感謝いたします。

お礼日時:2009/06/20 08:25

情報不足(建物の面積、現在の耐震強度、外壁の素材、間取り変更の具体例、2階に水道の配管があるか、風呂はユニットバスか、水回りについて最低限のモデルでよいか、電気・ガスどちらを使うか)なので、十分には答えられませんが、自分の経験した耐震リフォーム工事(120平米くらいで、水回りを入れずに、700万かかりました。

)を例に回答します。


・木造ですので、シロアリ駆除が必要となるかと思います。=約30万
・シロアリ被害が見つかった場合は、さらに工事が必要になります。
・耐震強化の診断・耐震工事の起案が必要=約20万
・築年数50年以上ですと、耐震工事をしても強度0.6くらいにするのがせいぜいかもしれません。それでも、300万くらいはかかります。
・外壁のペンキ塗りですが、おそらく足場を組むことになりますので、200万くらい。
・外壁で屋根に問題がみつかれば、さらにお金がかかります。
・間取り変更は部屋を何部屋作るかによります。部屋を作れば建具を入れる必要があります。壁を作ってドアを作るのに、1箇所15万くらいはかかるでしょう。
・また建具を入れるのに、築50年ですから、建物が傾いていたりして、建具調整(天井から引き戸の枠を引っ張り上げる)が必要になる場合があります。これもケースバイケースですが、10万くらいかかります。
・建具をいれると、そのまわりをペンキで塗ったりする場合があり、ペンキやのコストもかかります。
・内装リフォームは、クロスを張るのに1平方メートルあたり1200~1500円はかかります。
・キッチンはピンからキリです。安い流し台は20万くらいから。これを水道屋が施工して取り付けるコストがかかります。
・風呂もピンキリ。一番安いユニットバス(トイレ独立型)で施工費含め50万くらい。
・洗濯機置場も必要になるだろうから、3万くらい。
・トイレもピンキリ。手洗い場・棚をつくったり、ケースバイケースですが、30万くらい。
・何よりも、2階に水回りがない場合は、水道工事が大変でしょうね。
・リビング・寝室もクロスを貼ったり床を張るでしょうから、m22000円くらい必要。
・部屋を新しく作ったら電気工事も必要ですね。
・電気工事をするとなると、築50年では、分電盤も古いでしょうから、交換することになるでしょう。1階を賃貸するなら、1階・2階の分電盤を分ける必要もあるかもしれません。

トータルすると、800万くらいは必要になるのでは?

材料費も高いですが、一番高いのは、人件費・廃材費です。工事ははじめるとキリがありません。せっかくペンキ屋さんがいるので・・と考えはじめると、古い家のいろんなところが気になり、全部塗りたくなります。
あと、1階部分は店舗・・ということですが、2階部分へは別の玄関を作るのですか?

それから、余談ですが、1階を店舗として貸すと、土地の固定資産税で受けている住宅地用の軽減措置の適用が受けられなくなる可能性もありますよ。
なお、リフォームに関しては、1階部分については、不動産所得の申告で減価償却して費用計上できる場合もありますね。



この回答への補足

補足させていただきます。
建物の面積⇒130m2
現在の耐震強度⇒申し訳ありません、よくわかりませんが次回大地震では死人がでるぐらいの強度です。もちろん変更後は安心して暮らせるぐらいの強度にしたいです。(具体的な数値は分かりませんが)
外壁の素材⇒モルタル?変更後はテナントさんのこともあるので、清潔感があり、メンテのしやすい材質を希望します。
間取り変更の具体例⇒(現在)1F半分はコンクリート叩きっぱなし、もう半分は10センチぐらい上がった板の間。簡単なシンク、トイレ、階段2か所。
(変更後)階段は1か所でいいと思います。階段、LDK中心にトイレ、お風呂(ユニット)、洗濯室、水回りについては最低限のモデルでいいです。ただ、IHだけはこだわって付けたいと(現在使っていて大変重宝してますので)思います。部屋はできれば3部屋欲しいです。
電気工事はもちろん、1,2F要ります。

補足日時:2009/06/19 19:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
stoatsさんに背中を押されて、Jumeirahさんに具体例をあげていただき、ますます全面リフォーム⇒建て替えという気持ちが強くなりました。
本当に、色々かかるんですね~。蛇足ですが、現在の住まいは分譲マンションだったので、パッケージツアーのような感覚で買ったようなものですね。今回は一からプランを立てていかないといけないので、出来上がった時は、家に対する愛着もひとしおだと想像がつきます。今後は資金繰りの面で家族間でバトルがありそうですが、がんばります!!
貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/19 19:24

確かに情報不足で正確な判断は出来ませんが...


おそらく、それでも建て直しの方が安くなるだろうと感じます。
50年以上前となると、おそらく1F床下は湿気や白蟻被害でボロボロだと思われますので、耐震強化を考えた時点で1階はほとんど作り直しになる可能性が高いです。
また、それだけ古い家だと、おそらく水回りは1Fに集中していると思いますが、それを2Fにあげるとなると、1Fの補強工事や2Fまでの長い配管工事等が必要になります。
内装とて、さすがに断熱材等は入れたいでしょうから、壁紙貼っておしまいとはいかないと思いますし。
あと、これは推測になりますが、昔の家なので2Fはかなり間取り的には狭いのではないでしょうか?
だとすると、色々2Fに持っていく分増築しなければならないと思いますので、やはり、1Fをほおっておくわけにはいかないと思います。
むしろ、2Fをとっぱらって、1Fを生かすようなリフォームのほうが良いのではないでしょうか?

この回答への補足

回答に沿って内容補足させていただきます。
ここ1年ほど1Fのテナントも退去し、空家状態です。確かに1F床下は恐ろしいことになっているはずです。シロアリもそうですし、ネズミと猫まで棲みついていたこともありました。
耐震に関しては、大地震がいつくるかとビクビクして暮らしていましたので、今考えても恐ろしいです。

補足日時:2009/06/19 17:45
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。やはり全面リフォーム⇒建て替え、という方向がどう考えても良さそうですね。最初から全面リフォームには無理があるだろうとは思いつつ、資金繰りの面で難しそうでしたので、迷いが生じてました。なんか背中をちょいと押していただけたような、そんな気がします。また家族のメンバーと相談してみます。アドバイスありがとうございました(*^。^*)

お礼日時:2009/06/19 18:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q築50年ですが

初めて質問しますので読みにくいと思いますが、、、
現在中古住宅を探していますが、1年ほどしてようやく希望に近い物件にめぐり会えました。
100坪程築50年ほどで1300万です。
築年数だけに建物の資産価値はゼロでしょうが、大規模リフォーム後入居となっています。(外基礎、外壁、配管、水廻り、床、瓦、などほとんど)
年収にも合っていますので購入を考えていますが、築50年でリフォームしても築15~20年などに比べてやっぱり家の傷みはかなり早いのでしょうか??
メンテナンスにお金が掛かるようなら考え直すつもりです。
お願いします。

Aベストアンサー

今住んでいる家が、ちょうど質問者さんと同じような感じですので、お役に立てればと思い投稿しました。建築士ではないので、素人的感覚のコメントになりますが、基本的には古い家をどんなにリフォームしても、全面立て直しでは無いので、仰るように築浅の物件に比べると、古い部分はそのまま痛みが進みます。
不動産物件を買う場合は「物件に惚れるな」と言われます。物件に惚れてしまうと欠点が見えなくなります。年収に合っている等の条件で、「それなり」ということでお買いになられるなら、「それなり」と思って買うことが今後のトラブル(が発生したとしても)にも冷静に対処出来ます。質問者さんが建築関係にお詳しくなく、ご不安ということでしたら、耐震性やリフォーム工事の管理監督を請け負ってくれる専門業者に委託してみるのも手でしょう。リフォームにどのくらいの費用をかけるのかよくわかりませんが、解体、産業廃棄物の処理、そして建築という手順をとりますので、ゼロから作るのと比べると、費用はそれ以上、かかります。ですので、どこかで手を抜き利益を確保するというのがこの業界の常識です。
自分の場合、最後は自分で一級建築士を探してきて、或いは不動産に詳しい弁護士も自分で探してきて、不動産会社との交渉をしました。自分ですべてをやる覚悟でやらないと、最後は自分が損をしますからね。
自分なら、見栄えや間取りは勿論重要ですが、折角、大規模リフォームをするのでしたら耐震性能証明がとれることを重要事項説明に書いてもらうことから交渉します。この証明がとれると新築と同じ耐震性能を有し安心であることは勿論ですが、住宅取得税や税金控除も新築物件と同じ条件で受けることができます。不動産会社は大規模リフォームということで良いことばかり言いますが、一般的には、基礎は全くいじらず、床下の点検口なんて全く考えていません。物件が相当古いのでたぶん、耐久性や耐震性は全く無いと思った方が良いでしょう。
質問者さんが交渉されている不動産会社さんが良心的な会社であれば良いのですが、相当な費用をかけて購入する訳ですので失敗は許されません。お知り合いに不動産に詳しい方(上記のような私のコメントが理解出来る方)がいらっしゃれば良いのですが、そうでないなら、あと数年は勉強もかねていろいろな物件を見て回る方が良いかもしれませんね。
ネットでいろいろ学ぶことが出来る時代になりましたので、経験を知識で補い、相手と交渉されることをお勧めします。このコメントがお役に立てれば幸いです。

今住んでいる家が、ちょうど質問者さんと同じような感じですので、お役に立てればと思い投稿しました。建築士ではないので、素人的感覚のコメントになりますが、基本的には古い家をどんなにリフォームしても、全面立て直しでは無いので、仰るように築浅の物件に比べると、古い部分はそのまま痛みが進みます。
不動産物件を買う場合は「物件に惚れるな」と言われます。物件に惚れてしまうと欠点が見えなくなります。年収に合っている等の条件で、「それなり」ということでお買いになられるなら、「それなり」と思...続きを読む

Q築40年木造住宅、リフォームか新築か迷っています

祖父の住宅を譲りうけました。
築40年 木造2階建て住宅です。二階と奥の一部屋は30年前に増築しています。
壁、天井(15年ほど前)、屋根(10年ほど前)にリフォームするなどかなりのお金をかけてくれています。
素人なのでまったくわかりませんが  床とかはベコベコしていそうなところはなくつくりもしかっりしていると母はいいます。
ただ トイレ以外の水周りなどは一度もといっていいくらいいじってなく、タイルのお風呂などはまったくつかっていなかったためとても入れるような感じではありません。
しばらくは祖母と同居するため 新築にはできないのですが 台所とお風呂くらいはいじれます。
 
今回、その家に入るにあたり  
(1)10年20年住むのを前提で台所とお風呂を500万円くらいかけてリフォームしようか。
(2)最低限のリフォームで我慢して 後に新築にする 
(3)最低限のリフォームで我慢して 後に新築くらいお金をかけておおはばにリフォームする。
かで迷っています。

祖父が大切にしてきた家なので 私は新築にするのは申し訳けないともおもっています。
 旦那は リフォームしてのちのち また不便なところがでるくらいなら しばらく我慢して新築にしたほうがいいのではという考えです。家も増築しているので 大きめで 私と旦那、子供で住むには広すぎる感もあります。

市の無料耐震診断をしてもらおうかともおもっていますが、 そこでそういった相談といもできるのでしょうか。
それ以外にどういったところで相談にのってくれるのでしょうか。
リフォーム会社に相談すればリフォームで大丈夫といわれそうだし、住宅メーカーに相談すれば建て替えをすすめられそうですよね。


結論がでなくて困っています。
皆さんのお考えをお聞かせいただければ幸いです。


 

祖父の住宅を譲りうけました。
築40年 木造2階建て住宅です。二階と奥の一部屋は30年前に増築しています。
壁、天井(15年ほど前)、屋根(10年ほど前)にリフォームするなどかなりのお金をかけてくれています。
素人なのでまったくわかりませんが  床とかはベコベコしていそうなところはなくつくりもしかっりしていると母はいいます。
ただ トイレ以外の水周りなどは一度もといっていいくらいいじってなく、タイルのお風呂などはまったくつかっていなかったためとても入れるような感じではありません。
しば...続きを読む

Aベストアンサー

まず今の住宅の間取りで不便なところがないか、一度検討してみたらいかがでしょうか。
今まで水周りに手をかけてないということであれば、水周りはリフオ-ムする必要があると思いますので、その部分は無視します。構造的にどうかということは、市も無料耐震診断をうけます。そうするとどこが弱いか資料をだしてきます。私の実家でも
市の無料診断をうけました。これらは市の中の登録された住宅建設会社さんが依頼されておこなっているようです。
依頼された会社には当然構造ソフトがありますので、それほど時間がかからず報告されるようです。
それによって構造補強が必要になる場合もあります。そうするとある程度の改修する場合の概要がつかめます。おじいさんはこまめにリフオ-ムされているようなのでたぶんあとはクロスとかの意匠面が残ってくると思います。これを考慮したリフオ-ム計画をたてられらいかがではないかと思います。お風呂はバリヤフリ-タイプにされた方がおばあさんのため将来てきには自分達のためになると思います。最小減にリフオ-ムしてくらしてみてから考えられたらというような気もしますが。
質問者さんはおじいさんといい関係でかわいがってもらったのでしょうね。文書からかんじられます。
叉構造体を残してやる方法というのもありますが、これは建築確認申請手続をしないで(大規模改修扱い)
現行法規を該当させないために利用するのではと思います。
したがって現在規制される法が適用除外になり法の網にかからないことが最大のメリットと考えるから適用するのだと思いますが。ただ今回思ったことは地震被害は地盤の影響が大きいということです。地盤を確認することも必要だと思います。
私の住んでいる地域では、3.11 に震度6強、その後4月の地震で震度6弱がありました。現在地震当時はあまりみられなかったのですが一部の商店や住宅の取り壊しも行われています。地盤がいかに重要か思いしらされました。
それとおのような巨大地震のあとの余震震度4とか3とかひっきりなしにくるとボクシングのボデイ攻撃のようにジョジョにきいてきます。

まず今の住宅の間取りで不便なところがないか、一度検討してみたらいかがでしょうか。
今まで水周りに手をかけてないということであれば、水周りはリフオ-ムする必要があると思いますので、その部分は無視します。構造的にどうかということは、市も無料耐震診断をうけます。そうするとどこが弱いか資料をだしてきます。私の実家でも
市の無料診断をうけました。これらは市の中の登録された住宅建設会社さんが依頼されておこなっているようです。
依頼された会社には当然構造ソフトがありますので、それほど時間が...続きを読む

Q築50数年の平屋、耐震強度が心配です。

建坪18坪、築50数年の平屋をリフォームしました。耐震強度が心配です。
全壊だけは間逃れたいと思ってます。

建物の現状ですが屋根は以前、瓦からトタン屋根へ葺き替えてあります。
壁はもともと土壁でしたが、そのまま軽量鉄骨を組み石膏ボードを全部屋に施工しました。
この程度のことで、耐震強度は上がっているでしょうか?
天井は竿縁天井だったのを解体し木で下地を組み石膏ボードを施工してあります。
解体の際、天井裏を覗き火打ちが入っていないところへは金属製の火打ちを取り付けました。
施工時は耐震強度など考えてなく筋交いなどは入れてません。
心配なのですが、強度は如何なものでしょうか?
筋交いなど検討したほうが良いでしょうか?

Aベストアンサー

屋根を変えたことは耐震性はあがります。
壁は鉄骨下地に取り付けたのでは耐震性はあがりません。
天井も上がりません。
火打ちは適正についてないと上がりません。

基礎の件ももちろんありますが、まずは、軸組みがつぶれない対策をすることは命を守る大差うにはなります。
柱の太さは15センチ以上ありますか?その場合は、筋交いでなく軸組みの部分だけでも強度を取れている可能性もあります。
耐震診断をしましょう。


人気Q&Aランキング