今更ですが…
<株式会社・有限会社>の 仕組み、特徴、メリット・デメリット

また、法人にもいろいろとありますが…
<法人>の分類、仕組み、特徴、メリット・デメリット

詳細ご存じの方、回答を宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

法人には、株式会社・有限会社・合資会社・合名会社の営利法人(法人税法では、普通法人と云う)、宗教法人、学校法人をはじめ、特定の目的で拠出された財産を運営する財団法人、複数人の集まった組織である社団法人などの公益法人、住宅金融公庫、都市公団などの公共法人の3種類があります。


このうち、営利法人は利益を獲得することを目的として組織された法人であり、法人税は課せられますが、公益法人が、その本来の活動をして収入を得ても、その収入に対しては非課税となります。ただし、副業として収益事業を営んだ場合は、軽減される制度はあるものの、原則として課税されます。公益法人は一切課税されません。

営利法人の特徴は、
合名会社
すべての社員が会社の債務に対して無限責任を負う。
合資会社
無限責任社員と有限責任社員があって、無限社員と有限社員を決めておきます。
株式会社
株主は、株式の引受価額(払込み額)の範囲で責任を負います。 最低資本金1000万円
有限会社
社員は、出資の額の範囲で責任を負います。
最低資本金300万円

通常は会社というと、株式会社・有限会社が主ですが、この違いの詳細は下記のページをご覧下さい。
この違いがメリットとデメリットになります。

参考URL:http://jprank.heiwa-gr.co.jp/dokuritsu/dk03.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ