人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

 私は、現在60代の茶道の先生に付いて指導していただいている40代の弟子です。 稽古の時に、明らかに先生の指導点前が間違っている時、他の弟子もいる目前で質問しても良いのかわからなくて投稿しました。間違えが分かることも勉強だと思っています。しかし、あまり間違えがあると先生に対する不信感が募ってしまいます。先生である以上弟子にその日教える点前について事前に復習などしておくものではないかと思います。あらためて指摘質問しないのも先生に対する配慮と思いやりなのでしょうか?自分の中で正しい点前がわかっていれば良いのですか?他の先生に変えるつもりはないのでどうやって気持ちを切り替えていったら良いか教えていただきたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

いろんな世界に お師匠さんと お弟子さんと がいますね。


そのしきたり というものは 様々ですよね。

ただ、それは どこのお師匠さん、お弟子さんの世界にも よくあるお話みたいですね。

ある歌の音楽業界では、公開レッスンの時に、お師匠さんの先生がたくさんの生徒さんを指導するため、お弟子さんの1人にピアノの伴奏をさせていました。
そこで、ではここの小節頭から発声して~ と、自らア~、、、と歌いだし、ピアノの音を入れる様にジェスチャー。
その時、ピアノの音を入れると、ぴったり合わず、半音くらい微妙に違和感が、、、
ピアノ伴奏の担当さんが、咄嗟に、キーを変えて、先生の発声の音に合わせました。
恥をかかせちゃ いけない という配慮はどこの世界にもあるのではないでしょうか?

有名な方ならば特に、、、
その表に出ている先生だけで出来上がっているネームバリューではなく、それでたくさんのスタッフさんたちが食べてる、などの世界もあるでしょうし、先生にたてついたり、超えたりしたら、そのお弟子さんの将来も潰されてしまう、とか、いろんな世界があるみたいですよね。
    • good
    • 0

私も40代です。

先生は、75歳。私なら、自分が間違っているのではと言う様に何度も聞く。でも他の方々はどうされているのですか?何度も聞いていますか?他の方が帰ってからなんて言ってたら、聞けそうに無いし、聞きたい事が幾つもになると、頭の中が混乱しそう。失礼でも聞いておかないと、復習も出来ないので聞きます。
「すみませんが、教科本ではこのように書いてありますが」とか、「私の頭になかなか入らなくて」と言って聞いていると、他の弟子の方々から教えてくれそうに思うのですが。
 間違った教え方とは、先生が世間話に夢中なのですか?もしそうならば世間話を遮ってでも聞きますし、私の先生は話をしながらでも、途中で「あっ、其処は違う、こうしなさい」で、世間話に戻ります(これも勉強と慣れました)。先生が、京都の家元で業躰の方に教えて頂いている時の話を時々してくれます。その中で「ある先生の弟子の方が業躰さんより、柄杓の持ち方や茶杓の拭き方と沢山指摘されていた。あれでは、先生が恥ずかしいと思う」と。
 私の考えですが、毎月バカにならない金額のお月謝を出して、中途半端なものでは、ご自分も心身共に上達しないと思います。先生を変えるのは大変な事だと聞きますので、、他の弟子の方に(熟練者)先生の失礼にならないように(当たり障りの無いような)聞けたら善いのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
 他の先輩弟子には、稽古後電話などで点前の事など聞いていますが、上級になってくると教本には載っていない点前になるので先生との信頼関係がないと師匠としてついていく事が出来るか心配です。
 これからは、稽古のときに分かった間違えは質問していくようにしたいと思います。
 

お礼日時:2009/06/24 09:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教室を代わりたいと悩んでいます

茶道教室に通って10年になります。
もうすぐ、名前も頂けそうな時期になりましたが
先生との性格が合わずに、段々とお稽古に行くのが楽しくなくなり
やめたいと思うようになってきました。
本音と建て前が分からず、いやな思いが続いています。
茶道の方は好きで続けたいのですが・・
ここまで続けて流派を変えるのも、もったいないと思います
先生が嫌だという理由で先生は変えられないと聞いたことがあります。
辞める理由も思いつきません。
何かよい対策があれば教えてください

Aベストアンサー

はじめまして、○十年茶道を続けている40代女性です
その間に先生は、3人ほど変わっております。
前半は卒業が、後半は先生のご逝去がきっかけでした。
引っ越しや卒業・進学・結婚でお稽古をやめられる方は多いです。
また、仕事が忙しいのでお休みさせて下さいと言われる方もいます。

でも、多分お悩みはお稽古当初には気づかれなかった裏側の気苦労がわかってきたということだと思います。
習い始めは先生も裏のことはおっしゃいませんし、ご本人も覚えることに必死でそれが楽しくて気づかないと思います。

数年くらい経つと一通りのお手前ができます。
そうなると先生は裏の手伝いや、気遣いのこともできて欲しい。
またわかって当然だろうということになってしまいます。
例えば、当然着物できてほしい会なのに、わざと「何でも良いのよ。」
と言って、現場に行ったら自分だけが洋服だったとか。
本音と建て前。これは経験値と人付き合いとでカバーできます。
教室を変えることは、今まで当然だったことが当然でなくなることもあります。
私の経験上からもそれはいえます。いくら手前ができても新人になるのです。
先生を変えることは可能ですが、それは今の環境も変えると言うことです。

はじめまして、○十年茶道を続けている40代女性です
その間に先生は、3人ほど変わっております。
前半は卒業が、後半は先生のご逝去がきっかけでした。
引っ越しや卒業・進学・結婚でお稽古をやめられる方は多いです。
また、仕事が忙しいのでお休みさせて下さいと言われる方もいます。

でも、多分お悩みはお稽古当初には気づかれなかった裏側の気苦労がわかってきたということだと思います。
習い始めは先生も裏のことはおっしゃいませんし、ご本人も覚えることに必死でそれが楽しくて気づかないと思い...続きを読む

Q茶道 もし先生から辞めるように言われたら

先生の方から「やめるように」と言われた場合も、後日、今までのお礼としてお菓子を持って挨拶に伺った方がいいのでしょうか?そのような場合は、後日行きづらいというのが本音ですし、伺うにしてもアポを取る時点で「来なくてもいいのに」というようなことを婉曲的にも言われてしまいそう。お手紙を添えて郵送という形では失礼になってしまうのでしょうか?こんな不安を抱えながらお稽古するなら自分からやめた方がいいのかなとも迷っています。こんな落ちこぼれな質問で申し訳ございませんが、茶道のしきたりとしてどうしたらいいのか教えてください。

Aベストアンサー

先生と気が合わなく ストレスを感じる様でしたら 
お稽古では ありません。
先生に尊敬の念を 感じなければ 縁が無かったと諦め 先生から言われる前に kachouさんから お辞めになったらいかがでしょう?
私でしたら 自分からはっきり言って辞めるか 自然消滅の形で辞めます。
でもね どんな 動機で 茶道を 始めたか わかりませんが 
せっかく 茶道を始めたのですから 先生を変えて お稽古してくださいな。
先生は 自分と相性が 合わなければ うまくいきません。
一生出来る趣味です。 
どうか 茶道を 諦めないで 「やっておいて良かった」と思う時がきっと 来ると思います。
頑張ってくださいね。

Q袱紗の洗い方

私は茶道初心者です。

袱紗がお抹茶で汚れてしまった場合、どうやって綺麗にするのでしょうか?
ポンポンと払いのけるだけでは綺麗にならないのですが・・。
袱紗って洗えるものなのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ないのですが、
どなたか教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

袱紗を洗いたい気持ちは良く判ります。
せっかく綺麗な袱紗だったのに綺麗にしたいですよね。
でも袱紗を洗うのは大変難しくて、汚れが落ちても縮んだりよれたり、元の状態になりません。
なんだか汚れたままで「洗ってはいけない」と言われると理不尽の様ですが・・・
昔利休が「侘び茶の道具を選んでくれ」と頼まれた時、サラシを送って「茶巾なども常に新しく、清げに」する事が極意といった話しも聞きます。
「多少型崩れしても洗って綺麗なら良い」と言うより、「見苦しければ新しくする」心意気を大切にして下さい。

Q茶道教室を辞めたいのですが。

裏千家です。月二回、小人数で花月と茶会のお稽古をさせて頂いております。二年前、先生の茶道の旧友が新しく参加されたのですが、稽古中、ずっと大声でお喋りなさるのです。内容は、家庭と社会の愚痴です。最初は、お話相手がいないのだろうと聞いて差し上げておりましたが、私は、緊張と静寂を求めてお教室に伺っておりましたので、日に日に足が重くなってしまいました。堪忍が足りなくてお恥かしいのですが、十年を機に辞める決心を致しました。何か特別のご挨拶等あるのでしょうか。

Aベストアンサー

他の皆様もおっしゃっていますが、もったいないです。できれば続けていただきたいと思います…。

もう辞めようとまで覚悟がおありならば、他の弟子仲間に御相談されたらいかがでしょうか。他の方への回答を拝見したら、周りのお弟子さんはかなりの御経験者で、まだこのことに関してはお話合いになっていないんですよね。先生への御挨拶など取り仕切っていらっしゃる一番弟子のような方はいらっしゃらないのでしょうか。うちの社中であればそのようなお稽古でのモメごとは、直先生ではなく、先輩弟子→一番弟子→先生 へと伝わると思います。もちろん先生までいかずに処理できてしまうことも多々あります。

せめて辞めてしまう前に一度、御相談されてみたらいかがでしょうか。何かの解決策がみつかるかもしれません。

Q茶巾のお手入れ

 茶道部に入ったばかりの者です。
合宿で、先輩に茶巾を洗って新学期に返すように言われたのですが、洗い方は手洗いにすべきなのか、干した後はそのままでよいのか、それともアイロンがけすべきなのか、といったことがわからないのです。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。茶巾はできれば台所用せっけん、なければ台所用洗剤で手洗いして、しわをのばし、形を整えて干せば、アイロンがけの必要はないと思います。
それよりも、合宿から何日たってますか?お茶で汚れたままだと、汚れが落ちにくくなっているかもしれません。その場合は台所用の漂白剤で漂白してみてください。必ず落ちるとは限りませんが・・・

でも普通、茶巾って使ったらその場で洗うものでは・・・
まさか「ふくさ」ではないですよね^ ^;

Q茶道により精神性を磨くことができるということは本当でしょうか?

茶道を習い始めて2年半になります。まだ始めたばかりで何も解らない状態なのですが、1つ気になることがあります。茶道を始めるにあたって、茶道は精神性を高めたり和の気持ちをもつというとても素晴らしいものと聞きました。もちろん、お点前そのものや身のこなしなど綺麗にしていくことも大切ですが、それ以上に精神性を鍛えたり、和の心をもつということが、最も大切なものなのだと思っています。でも、周囲を見ていて、お茶会のときに草履を隠したり、1人の人にわざと全部洗い物をさせたり、気に入らない人については「やっつけて」と言っている人がいたり、疑問に思うことがあります。また気に入らない人がお点前をしていると、聞こえるように「変なお点前。もううまくならないんじゃないの。」と言って笑っていたり、お茶会の時の他の人の着物について聞こえるように「だっさい」と言ったり驚くようなことが多いのです。でも、有名な先生でお弟子さんも多く、先輩によると他の教室よりはずっと良いみたいよということでした。会社や一般社会よりいじめのようなものが多いとさえ思ってしまうこともあります。お手前など覚えていき、身のこなしなどきれいにしていくことなどやりがいはあるのですが、上記のことが気になります。私は始めてとても期間が短いのでわからないのですが、このあたりのことを長くやっている方、始めたばかりの方問わずどのように思われているのかお聞きしたいと思います。このような質問をすると茶道をやっている方にとても失礼かと思いますが、もちろん良い方もいらっしゃるので、みんながということではぜんぜんありません。どうぞよろしくお願いします。

茶道を習い始めて2年半になります。まだ始めたばかりで何も解らない状態なのですが、1つ気になることがあります。茶道を始めるにあたって、茶道は精神性を高めたり和の気持ちをもつというとても素晴らしいものと聞きました。もちろん、お点前そのものや身のこなしなど綺麗にしていくことも大切ですが、それ以上に精神性を鍛えたり、和の心をもつということが、最も大切なものなのだと思っています。でも、周囲を見ていて、お茶会のときに草履を隠したり、1人の人にわざと全部洗い物をさせたり、気に入らない人に...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
すみません、私自身は茶道を3ヶ月しか習わなかった
素人同然ですが、周りに茶道を長く習っていた人が
結構いたのでそのあたりの人の意見を書きます。

私自身は森下典子さんの『日日是好日』という本を
読んで、茶道に憧れたので、茶道の精神修業とはこういう
ものなのか?と思っていましたが(まだ未読でしたら
ぜひお読みください)、周りの人の言うことには
「嫌な人の姿を見ること、つきあうことも修業」という
話です。お茶の世界にはいろんな考え・動機で習って
いる人々がいて、嫌な姿佳い姿(これはもちろんお点前・所作も含めて)を見て、自分はどのような人間になるべきか を考えて
成長していくことができるから 茶道は素晴らしい のだ
そうです。お茶の世界といえども、社会の縮図 ということで
しょうか。
茶道の世界に、ほんとにそのような考えがあるかどうかは
わからず、その人達が経験から得た主観的教訓??なのかも
しれませんが・・

どうしても我慢できない時には、流派ごと教室を替えてみるのも
良いかもしれません(同じ流派内で教室を替わるのは、タブー
だそうですので)。その際、周囲の茶道をやっておられる方の
先生や教室に関する評判はよく聞いておいた方がいいそうです。
この世界、口コミの評判が結構正確だったりするそうなので。

せっかくの愉しいお茶の世界、reiaさんがより愉しく
お勉強できるようにお祈りします。

こんにちは
すみません、私自身は茶道を3ヶ月しか習わなかった
素人同然ですが、周りに茶道を長く習っていた人が
結構いたのでそのあたりの人の意見を書きます。

私自身は森下典子さんの『日日是好日』という本を
読んで、茶道に憧れたので、茶道の精神修業とはこういう
ものなのか?と思っていましたが(まだ未読でしたら
ぜひお読みください)、周りの人の言うことには
「嫌な人の姿を見ること、つきあうことも修業」という
話です。お茶の世界にはいろんな考え・動機で習って
いる人々がいて、嫌...続きを読む

Q表千家 先生をかわりたいのですが

表の茶道人口がすごく少ない田舎で習っています。先生は、現在習っている方とそのお弟子さんの先生しかいません。他の地区の先生は、あまりにも遠く習いに行くことができません。
自分の先生は、人間的に尊敬できず、長い間いやでしたが、茶道が好きと言う気持ちだけで10年間習ってきました。ですが、最近その先生のお稽古に行くだけで毎回いやな気持ちになり、ストレスがたまる一方です。表千家の茶道は続けたいし、支部等の催しに参加したいのですが、その先生に習うことは、そろそろ我慢の限界だと思っています。
支部の会にでることは、先生に会うことであり、やめると参加させてもらえないと思います。このまま我慢して続けるべきでしょうか?それともきっぱりとやめるべきでしょうか?自分自身が決め無ければいけないのは、十分わかっていますが、どなたかに相談したくてこちらに書かせていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問者様

基本のけいこ[表千家流]の本に
先生を途中で変更することができますか?
という質問で
正井風玄様ができますと答えています。
先生になじまないということがあり、
いずれも
「都合ができまして」
とひっそり去っていくことになります。
事故みたいなものです。ほかを探すしかありません。
と書いてあります。

ですので思いつめずひっそり去っていいのではないでしょうか。
私も前の先生になじめず悩んでいましたが、現在は
尊敬できる先生に出会うことができ、また仲間も皆楽しい人たちです。
なので毎回お稽古が楽しくて仕方がありません。

ただ、何かの会で以前の先生にお目にかかるかもしれませんが
その時は会釈しひっそりその場を離れようと思っています。

ご質問者様はそれでも難しいようでしたら、
流派を変えるのもありだと思います。

せっかく続けてこられたのですから、これからも頑張ってください。

Q薄茶で二服目を点てる手前について質問です。

茶道の薄茶点前では正客から「おしまい下さい」と言われたら道具をしまいますが、それは大抵一服目で言われることがほとんどで、私自身、「もう一服お願いいたします」とは言われたことがありません。

おかわりをお願いされた場合、二服目はどのように点てればいいのでしょうか?
返ってきた茶碗をお湯ですすいだ後は、茶巾で茶碗を拭いたり、また茶筅通しをしたりするのでしょうか?

ちなみに私は裏ですが、違う流派の方も是非教えてください。
茶道初心者でわからないことばかりです、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

薄茶の場合、
正客から「おしまいください。」と言われない限り
立て続けると思います。
お稽古だから、お客様が一人しかいないことが多いので
一人分で終わるということでしょう。

二客目以降は
1 茶碗が返る。
2 茶碗をお湯ですすぐ。
3 茶巾で清める。
4 お茶を掃く。
5 お湯を汲んでお茶を点てる。

でしょうか。
茶筅通しはしません。

もし、二碗以降も点てるのなら
お稽古でも替茶碗で持ってきおいて
お茶を点てることもあります。
主茶碗が戻ってくるころをみはからって
二碗めをたてるのです。

あまりありませんが
四碗以上点てるときは途中で
茶巾の「絞り替え」(茶巾を一度ほどいて水を絞り
整えること)をするときもあります。

今度機会があれば、大寄せの茶会に参加されると
いいかもしれません。その時は亭主の点前をよく
ごらんになってみてください。

Q茶道で入会を断られました

こんにちわ。教えてください。

私は表千家で20年近く、個人宅の先生にご指導いただいていました。
ただ、歴は長いのですが、仕事が遅くてお稽古に当てる時間も限られていたのと、
先生もご高齢であまり難しい(?)なお稽古をなさらなかったこともあり、
私自身はせいぜいお薄、お濃茶を通り一遍させていただいていたくらいです。
(お炭は1回だけ)

去年、先生がご高齢で亡くなり、
跡を継がれる方がお教室の再開を予定はしていますが
何年後かわからないということもあり、
他のお教室をさがそうかと思ったのですが。。。
まったくの初心者の友人も茶道を始めたいということだったので
ネットに載っていた教室に問い合わせをしたところ、断られてしまいました。

私としては、跡をつがれるお孫さんの教室に通うかはわからないし、
かといってまったく遠ざかっては忘れてしまってもったいないですし、
歴は長いけれど私自身は基礎もなっていないと思うので、
初心者の方とご一緒でいいので、
基礎のお薄、お濃茶のお稽古からお願いしたいとお伝えしたのですが。。。

芸事ですから、師事する先生が変わる場合は
たとえば表千家なら同門会などを通して紹介頂くのが確かに筋かもしれないのですが、
問い合わせをした教室の先生は電話口で
取り付く島もないという感じでして。
「お免状を持ってる方は扱いが違うから」
「長年他でやってきた方はちょっと難しいと思う」
「前の教室が再開されたらそちらへ戻るってことでしょう?」
と。
再開したところへ戻るかはわからないと説明したのですが、
とにかく「難しい」の一点張りで、それ以上の説明をしていただけず、
途中で一方的に電話を切られてしまいました。
なんだか、先生側に私のような立場の人間を嫌う理由があったみたいです。
ネットのお稽古ページに掲載されていたので、
文化センターのような気軽な扱いかと思ったのですが。。。

なぜそんなにも嫌がられたのでしょうか?
中途の人間はそこまで避けられるものでしょうか。
電話口の対応があまりにひどくて、さすがにショックでした。
どなたかご教授いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちわ。教えてください。

私は表千家で20年近く、個人宅の先生にご指導いただいていました。
ただ、歴は長いのですが、仕事が遅くてお稽古に当てる時間も限られていたのと、
先生もご高齢であまり難しい(?)なお稽古をなさらなかったこともあり、
私自身はせいぜいお薄、お濃茶を通り一遍させていただいていたくらいです。
(お炭は1回だけ)

去年、先生がご高齢で亡くなり、
跡を継がれる方がお教室の再開を予定はしていますが
何年後かわからないということもあり、
他のお教室をさがそうかと思った...続きを読む

Aベストアンサー

不快な思いをされましたね。お気の毒に思います。

過去に『私が習ったのと違う』等と仰る生徒さんに
苦い思いをさせられた先生なのかもしれませんが…

とりあえずその先生に『もてなしの心』が無いのは確実。
そんなお教室から学ぶことはなさそうです。

より良い先生に巡り合うまでのステップだと思って、
あまりお気にされませんよう。


人気Q&Aランキング