【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

 副作用として眠気を催すことのある薬で、使用説明書に「自動車等の運転をしないこと」と記載されているもの(例えば抗ヒスタミン薬入りのカゼ薬)を服用して、運転中に事故を起こした場合、どのような刑事責任が問われるのでしょうか。

 また、その薬が医師に処方されたもので、受け取り時に口頭もしくは文書で「運転禁止」と知らされていない場合、薬を手渡した薬剤師や、処方した医師の責任はどうなるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 基本的に、どのような薬を患者に処方するかは、全て医師側の責任です。



 薬を処方する際にも、患者の、薬に対するアレルギーの有無や、他の病気で他の薬を飲んでいるかどうかという点、現在の患者の職業などを考慮なさり、患者の方と相談された上で処方する薬を決めておられるものと思います。
 ですから、アレルギーのある方に対してはもちろんですが、主婦の方や学生さんなどで、一日中場合によっては寝ていてもかまわないという方に対する処方箋と、路線バスの運転手の方のように、仮に居眠りでもしようものなら、その方のみならず多数の方の命に関わるという方に対する処方箋とは、それぞれ異なっているのではないでしょうか?

 風邪程度ではあまりないでしょうが、他の病気で、どうしても『運転禁止』の薬を処方しなければならないような場合には、「この薬を飲むと運転は出来ませんよ。そのおつもりでいて下さい。」ということをはっきりと告げないと、患者側に損害が発生した場合、刑事責任が生ずるかどうかは別として、民事上の責任が発生し、その損害の賠償を請求される可能性は高いと思います。

 これに対して、薬剤師の方の場合、あくまで責任を負う範囲は、医師の作成した処方箋の範囲内のみに限られるものと思います。
 例えば、処方された内容から判断して、人体に対する悪影響が明らかに認められるにもかかわらず、患者にも告げず、医師にも確認せず、単に事務的に処方箋通りの薬を処方して手渡した場合には、何らかの民事上の責任が生ずる可能性はあると思われますが、そういうことでもない限り、処方箋通りの薬を処方して手渡した薬剤師の側の責任を問うことは難しいでしょう。あくまで基本的には、その患者の症状に合わせ、どの薬をどのように処方するかの決定権は、医師側にあるわけですから。

 そして、医師から眠くなる旨告げられ、それに同意して処方されていたにもかかわらず、その薬を飲んで事故を起こしたという場合には、これは患者側の自己責任になるわけです。
 しかし、患者さんによっては、自分の責任を棚に上げて、「そんな薬を処方した医師や薬剤師の責任だ。オレは眠くなるなどとは聞いていない。」等と言い出す人がいます。
 ですから、眠くなる薬を処方する際には、のちのち言った言わないのトラブルが発生するのを回避するためにも、あらかじめ何らかの書面で患者側に渡し、その記録を残しておかれた方が間違いがないわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 「運転禁止」をはっきり伝えておかないと民事上の賠償責任が発生しうる、ということですね。
 今後この種の処方をするときは、患者へのきちっとした説明と、「くすりのしおり」(効能や副作用を記載した患者向けの文書)の手渡しを徹底するようにします。

 改めて、わかりやすいご回答ありがとうございました。


 

お礼日時:2001/03/16 22:30

 患者が車を運転することがわかっていて、薬を飲むことによって眠くならせて事故を起こさせ怪我を負わせようと考え、医師が、飲むと眠くなるような薬をわざと処方し、それによって、事故が起きたというような場合には、『傷害罪』や『殺人罪』も成立する可能性はあると思います。


 また、わざとではないにしろ、不注意から眠くなる薬を処方したような場合でも、『業務上過失致死傷』などの罪が成立する可能性があると思います。

 薬剤師の方の場合には、医師からの処方箋どおりに処方して渡したのであるならば責任はないと考えます。しかし、のちのち無用な争いを避けるためには、患者に対して薬を処方する時と渡す時に、薬に関する説明を口頭か文書でしておいた方が宜しいでしょうね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございました。
 眠気を催す薬を処方する場合、その旨をはっきり患者に伝えておく必要があるということを再確認しました。
 このような薬の中で、眠気などが比較的弱いものでは、使用上の注意に「運転などの際は十分注意させること」と書かれています。そういった薬でも患者には情報提供しておく必要があると考えていいのでしょうかね。
 次に薬剤師の件ですが、医薬分業が進んで、薬剤についての説明や服薬指導の業務が薬剤師の仕事として独立するような時代の流れの中でも、責任がないというのは少し意外に思えました。薬についての情報をきっちり説明できない薬剤師が、ごく一部まだ存在するという事実を考えると、院外処方も場合によっては考えモノだと思いました(医師は処方の際に保険調剤薬局を指定できない)。

お礼日時:2001/03/15 02:55

お酒のように、道路交通法で禁止を明示している物と違い,


基本的には運転者の自主判断に任されているはずです.

つまり、寝不足での居眠り運転と風邪薬による居眠り運転は
にたようなもので、
飲酒による居眠り運転とは区別されるという事です.

本来、体調が悪い時には運転してはいけないのですから、
運転する人が判断すべき問題でしょう。
医師や薬剤師が道路交通の安全のために
患者の運転を禁止する事は基本的にはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございました。
 カゼ薬による居眠り運転は、するもしないも運転者の自由で、ただ事故を起こせば違反点数が上乗せされるだけと考えていいのですね。
 運転を禁止することは基本的にできないというのはわかります。
 では薬の使用説明書の「運転させないこと」という記述は、「運転するもしないも患者の自由ですが、運転したら事故を起こす可能性がある旨を患者に伝えなさい、そうすればあとは患者が全責任をとります」という、責任の所在を確かめるための記載にすぎないと考えていいわけでしょうかね。
 事故を起こす可能性のある薬を処方する側の立場として、事故を未然に防ぐという観点からは多少の疑問が残りますが、責任はのがれられるという意味では多少気が楽になりました。

お礼日時:2001/03/15 02:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安定剤服用中の自動車の運転

安定剤などを飲んで、車を運転するんですが、時々
ヒヤッとします。

安定剤服用中の運転は酔払い運転に似てると思いませんか?

私の意見としては、通院などのどうしても運転が必要なときに
のみ、運転すべきと思いますが、
皆さんどう思いますか?
また、実際に事故になったことがありますか?

Aベストアンサー

安定剤服用中の運転は「酒酔い運転」と同様に扱われます。ですから,保険関係も支払われませんし,医師も自動車の運転は厳禁するように指示されているはずですよ。運転は自殺行為です。

Q鬱など精神疾患があると自動車保険は出ない?

鬱と強迫性障害の潔癖症を患っており障害厚生年金3級を受給しておりますが、
幸い基本的に車の運転する際に支障をきたす事は無く普通に運転しております。

ですが話によると事故を起こした時に精神疾患だと発覚すると一切の保険がおりないと聞きました。
これは事実なのでしょうか?どの自動車保険会社でも同じで精神疾患には保険はおりないのでしょうか?

地方在住の為車は必須であり、今後バイトなり仕事なりをするにも手放せません。
ですが万が一のことを考えると保険がきかないのは凄く不安になります…
どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>話によると事故を起こした時に精神疾患だと発覚すると一切の保険がおりないと聞きました。これは事実なのでしょうか?

ウソです。保険約款にはそのような文言、規定はありません。
精神疾患による正常な運転ができないなら、基本的に免許交付すること自体に問題があります。
少なくとも対人・対物賠償については心配されることはありません。なにしろ無免許でも賠償補償はしますからね。

Q運転免許証更新時の飲み薬

運転免許証更新時に飲んでいると更新できない精神疾患(抗うつ薬・睡眠薬など)の飲み薬を教えて下さい

Aベストアンサー

道路交通法の改正により、精神疾患を有する患者の一部で該当する方は、免許更新時の届け出が義務化されるようになりました。
http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/doukouhou/h250614-sekou/doukouho-kaisei.html
虚偽報告などをした場合、罰則規定があります。
また、これとは別の法律で

第三条  アルコール又は薬物の影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で、自動車を運転し、よって、そのアルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を負傷させた者は十二年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は十五年以下の懲役に処する。

2  自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気として政令で定めるものの影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で、自動車を運転し、よって、その病気の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を死傷させた者も、前項と同様とする。
(危険運転致死傷)
…とあり、もし、運転が出来る状態ではないのに、その「自覚があったにも関わらず」運転を強行し、事故によって死亡障害を引き起こした場合、飲酒運転と同様な処罰があるのです。

前者は今年6月に施行され、後者は既に施行済みです。

ゆえに、あなたの質問は、あなたの状態によるのですが、場合によっては「法律違反」になってしまうのです。
なので、更新時にはちゃんと申し入れを行い、医師に診断書を書いてもらい、提出されるべきです。
隠し立てをして、もしも事故を起こしてしまったとするなら、通常の事故処理が適用されなくなってしまうわけですから。
バカを見るのは、あなた自身になってしまう。
それを考えるのであれば、抜け道など探さず、真っ当に行くのが正解だと思います。

道路交通法の改正により、精神疾患を有する患者の一部で該当する方は、免許更新時の届け出が義務化されるようになりました。
http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/doukouhou/h250614-sekou/doukouho-kaisei.html
虚偽報告などをした場合、罰則規定があります。
また、これとは別の法律で

第三条  アルコール又は薬物の影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で、自動車を運転し、よって、そのアルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を負...続きを読む

Q向精神薬と自動車運転

タクシー運転手です。
双極性障害(躁うつ病)を患っていて治療中です。
主治医には、タクシーを運転するから薬を調整してほしいということで
調整してもらいました。
万が一事故を起こした場合に、向精神薬を常用していると自動車保険は降りないのでしょうか?
また、薬物運転になってしまうのでしょうか?
精神科主治医は、運転は禁止していません。
それとも、薬を飲まないほうが良いのでしょうか。

Aベストアンサー

大きく勘違いしている人が多いのですが、自動車保険は薬物使用だろうが、飲酒運転だろうが、無免許だろうが、対人・対物は機能します。
被害者保護のためです。
保険が適用にならないのは、自分の怪我に対するものや、自分の車に対するものが適用にならないということです。
タクシーであれば、自分の怪我の補償は入ってないでしょうし、車両保険もないでしょう。
つまり、自動車保険的には特に問題は発生しません。

Q精神安定剤を服用しながら、自動車の運転は、できますか?

どうなのでしょうか?
 抗不安薬を服用中、自動車を運転するのは『無謀』でしょうか?

 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

薬によります。
効き目のおだやかなものなら運転できます。

Q危険運転致死傷罪は精神安定剤、向精神薬でふらふらしてても適用?

鬱病の薬でデパスやいろいろ精神安定剤をたくさん飲むとふらーっとなるらしいですが、もちろん正常な運転は困難です、法に定めた薬物に該当しますか?
実際に検挙できますか?血液反応が出ますか?このグレーな部分、どうジャッジするんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

飲酒運転でも危険運転致死傷罪が適用されにくいのですから、薬物でも同じだと思います。
「正常な運転が困難である」だけが適用要件ではないので、危険運転致死傷罪の適用の判断には薬物があたえる影響を専門的な見解が必要ですし、薬物を使用していた被疑者が実際にどのような状態であったのかを現場で検証するので、そのときの判断で適用が可能かどうか判断されることになると思います。

Q精神障害者が自動車事故を起こすと保険がおりないのでしょうか

私は、統合失調症およびアスペルガー症候群を患い、障害者手帳の2級を取得しています。また、障害年金の2級も受給されています。
発病前に取得した普通自動車免許があるので、自動車の運転をしていますが、精神障害者が自動車事故を起こすと、自動車保険がおりないと耳にしたのですが本当でしょうか。
生活上、自動車の運転は必要ですので心配なのですが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

私は統合失調症・障害2級ですが、車乗ってますよ。
主治医も保健所の保健師さんも、車で通院してるの知ってます。
一度事故しましたが、保険おりましたよ。

Q車の運転を止められている友人が事故を起こした場合について

うつ病で過呼吸もあり、3ヶ月ぐらい前に医者から車の運転をしないように言われている友人がいます。しかし、その友人は今は、「なんか発生するときは、過呼吸で頓服薬はいつも持ってる。やばくなるときは、分かるけん運転は大丈夫」といって、最近は、以前のように、海に行っているようです。それで医者に確認したん?と聞くと、聞いていないとのことです。友人の 以前のように海に行って、なごみたい 気持ちはわかるのですが、万一事故とかを起こしたときが心配です。そこで、教えて頂きたいのですが、
1.万一、友人が事故を起こしたとき、自賠責保険とか任意保険とかは、おりるのでしょうか?
2.友人が悪くない事故でも、友人が車を運転していること自体が責任問題(責任をとられること)になるのでしょうか?
3.万一、友人が事故を起こした場合、犯罪行為(刑罰)にもなるのでしょうか?

Aベストアンサー

1.万一、友人が事故を起こしたとき、自賠責保険とか任意保険とかは、おりるのでしょうか?>
自賠責保険や任意保険においては、故意免責と言って意図的に事故を発生されたものは「免責」となって保険金の支払いはできなくなります。
では、「故意犯」と「過失犯」の境目はどこかというと、「未必の故意(危険性を認識しながら結果が発生してもやむを得ないと考えて行動を開始する)」と、「認識のある過失(危険性を認識しながらも結果が発生しないだろうと安易に考えて行動した)」が境目になります。
そういう意味では、「なんか発生するときは、過呼吸で頓服薬はいつも持ってる。やばくなるときは、分かるけん運転は大丈夫。」という認識は、あくまでも「故意に事故を起こそうとしている」または「事故を起こしてもやむを得ないと思っている」には該当せず、過失犯の範疇に入いると考えるべきでしょう。
したがって、掲載されている条件の下であれば、原則的に自賠責保険も対人賠償保険や対物賠償保険も支払い対象になります。
ただし、人身傷害保険や車両保険のような自分自身が受領する保険金は、「薬物等の影響により正常な運転ができない状況にあった」として免責となります。

2.友人が悪くない事故でも、友人が車を運転していること自体が責任問題(責任をとられること)になるのでしょうか?>
事故が発生した場合に、薬物を服用していたことが運転行為に影響を与えていた場合は、重過失として過失責任割合が修正される可能性はあります。
服用していた薬物の影響がなかった場合は、そもそも薬物を服用して運転していたことが表面化することはないでしょうね。

3.万一、友人が事故を起こした場合、犯罪行為(刑罰)にもなるのでしょうか?>
物損事故を起こした場合、基本的には「道路交通法違反がないか?」という点を調べられます。
しかし、物損事故であれば明確かつ悪質な違反行為がなければ、処罰対象となることはありません。
しかしながら、うつ病や過呼吸が事故原因となったり、または精神疾患に処方される薬剤は「向精神薬」と言って、脳に直接影響を与える性質があるため、これが事故原因となって事故が発生した場合は、
道路交通法第66条(過労運転等の禁止)
「何人も、前条第一項に規定する場合のほか、過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」
と言う規定に抵触することになります。
これが判明した場合は、物損事故であっても道路交通法違反として処罰対象になります。
つまり向精神薬を服用せずに正常な運転ができない状態で事故を起こした場合も、服用していた薬物の影響で正常な運転ができない状態となった場合も違反行為となります。
また、人身事故が発生すれば、通常の刑法犯として処罰対象となることは当然なのですが、これに加えて飲酒運転や無免許運転等があった場合は、過失運転致死傷罪(自動車運転過失致死傷罪)や危険運転致死傷罪に、道路交通法違反が加わることになります。
これと同じように過労や病気・薬物等の影響で正常な運転ができない状態で運転した場合は、「過労運転の禁止違反」が加えられる可能性があるのです。
ただし、飲酒・無免許運転とは異なり、薬物等が運転に影響していたということは、「てんかん発作」等でない限り、なかなか外部には判明しにくいもので、実際の検挙例は極めて少ないと思われます。
行政処分としての「免許の取消しや効力の停止等の処分」については、医師から運転免許試験場等の免許を管理している部署へ通告することはできますが、完全に義務化されているとまではいえないと思います。
そうした場合でも、医師からの通告を受けただけで何の連絡もなく直ちに免許の停止・取り消しになることはありません。
警察は、医師からの通告に基づいて本人に連絡し、文書等の照会が行われた結果により、本人に対して取り消し・停止の行政処分が行われます。
こうした手続きが行われない状態で、いきなり無免許状態にはなりません。
ただし、法律的にはそうなのですが、極めて危険な行為ですので、常識的に車の運転は慎むべきでしょう。

1.万一、友人が事故を起こしたとき、自賠責保険とか任意保険とかは、おりるのでしょうか?>
自賠責保険や任意保険においては、故意免責と言って意図的に事故を発生されたものは「免責」となって保険金の支払いはできなくなります。
では、「故意犯」と「過失犯」の境目はどこかというと、「未必の故意(危険性を認識しながら結果が発生してもやむを得ないと考えて行動を開始する)」と、「認識のある過失(危険性を認識しながらも結果が発生しないだろうと安易に考えて行動した)」が境目になります。
そういう...続きを読む

Q■精神障害者(うつ病)と運転免許の欠格について■

★どなたかご存知の方へ、助けて下さい!!★

まず、最初に、表題と下記の情報に基づき、
1)何とかこの危機をクリヤーする方法
2)どの様な適性検査が実施されるか?
3)注意する点、言ってはいけない発言、してはならぬ行動(言動)
4)その他、なんでもアドバイスを頂ければ幸いです
以上、何らかの情報・知識・経験をお持ちの方がいらっしゃったら、何でも結構ですので、
出来るだけ多くの情報を頂きたく存じます。

実は当方、1998年に「うつ病」と診断されて、その後落着き何の変化もなく暮らして来ました。
しかし、2003年にリバウンドして、現在専門病院に通院しています。
そして、大学を卒業してから、現在に至るまで、ほほ今も毎日車も運転しています。

さて、半年前ごく些細な交通事故を起こしてしまい、その際に2~3人居た警官の一人に、実は当方が「うつ病」である事を、何の躊躇・思慮もなく軽く言ってしまいました。

そこから、この問題で大変な「危機」に陥りました。
その警官が、執拗に私にコンタクトしてきて、一度出頭してくれとか、病院名とか聞かれ、その後担当医の「診断書」を要求され、その定型フォーマットが郵送されて来ました。

これを、担当医に見せたところ、「とてもこんな診断書は書けないよ」と言われました。
それもそのはず、内容を一言で言うと、医師に対して、
1)今後、うつ病が悪化しないか?
2)今後、この病気による交通事故は起こさないか?
等、10問近くの質問に対して、医師の判断を記入する様な物でした。
全部OKと答えなければ、そのままこれで終了と行かない様な内容でした。

医師の言う事も、当然と思います。こんな事は、誰も保証できないし、下手をすると医師自身の免許剥奪されるとの事。「警官に言ってしまったのが、貴方の大失敗!口は災いの元!誰もそんな大事な個人情報を簡単に警察に言わないよ!」とも言われました。

当方も、ネットで調べた所、うつ病をはじめ、多くの精神疾患者の方は、平然と運転を続け、更新されています(一応、更新時には自己申告する様にとの文言は有る様です)。
加えて、これは国としての厚生省などとの取り決めによる法律ではなく、警察独自のルールである事も分かりました。

そして、警察に担当医からは、頂いた診断書は出せないとの事と言う旨を電話で通知すると、今度は今週の金曜日(4月6日)に時間と病院を指定して来て、「適性検査」を受ける様に指示されました。
結果により、免許停止、剥奪になるとも言われました。

勿論、警察も交通事故を減らしたいと言う意図は理解できますが、この現行運用は警官個人の裁量・判断による物、現在何百万人居ると言われる所謂「精神疾患者」にとって、厚生省、病院、医師、薬局等は全く無関係です。

事実、去年の免許更新時にも駐禁等による違反点数による、適性検査が有りましたが、自分で言うのも何ですが、優秀な成績で一回でパスしました。

以上の事を踏まえ、先週土曜日に病院へ行き、担当医に相談しましたが、ほとんどノー・コメントに近い状態でした。
ただ頂いた助言は、
1)定期的に「抗うつ薬」を飲んでいるとなると、まずそこでアウトになると思う
2)可能性は分からないが、指定病院から投薬している薬剤情報の提供を求められたら、
  拒否できないのが、暗黙のルールとなっている(病院間の信頼性の問題)
3)適性判断の質問書式は決まっていて、医師にしか聞けない様な、かなり細かい事まで
 聞かれる可能性が有る
と言う事で、「後は貴方の受け答え次第によります」と言われてしまいました...。

もし、免許の取消しや効力の停止等の処分を受けると、当方の住環境では、車が無いと、
仕事は勿論、買い物にも不便する様な環境です。

何とか、この危機を回避できる様な、最初に記した質問にご投稿頂きたく存じます。

最後に余談ですが、「忘れました」とか、「覚えていません」、「破棄しました」等と言うのは、
事実で有れば、法的には、何ら問題は無いとも思っています。
何か、糸口が有りそうな気がします。
また、多くの同じような問題を抱えていらっしゃる方にも、参考になると思います。

以上、繰り返しますが、何でも結構です。
出来るだけ多くの情報・投稿を頂きたく存じます。
以上、なにとぞよろしくお願いいたします。

★どなたかご存知の方へ、助けて下さい!!★

まず、最初に、表題と下記の情報に基づき、
1)何とかこの危機をクリヤーする方法
2)どの様な適性検査が実施されるか?
3)注意する点、言ってはいけない発言、してはならぬ行動(言動)
4)その他、なんでもアドバイスを頂ければ幸いです
以上、何らかの情報・知識・経験をお持ちの方がいらっしゃったら、何でも結構ですので、
出来るだけ多くの情報を頂きたく存じます。

実は当方、1998年に「うつ病」と診断されて、その後落着き何の変化もなく暮らして来まし...続きを読む

Aベストアンサー

#4
補足を読ませていただきました。

私も運転免許証は持っていますし、自動車も3年間ほど乗っていました。
現在は、原付バイクに乗っています。

ただ、質問者さんのような経験をしたことがありません。
ですから、適切なアドバイスがありません(わかりません)。
何かの本で読んだ記憶があるのですが、うつ病になる方というのは、性格的に「真面目である」「馬鹿正直なところがある」ようなことが書かれていました。

聞かれたことには、正直に答えても良いかとおもいます。
ただ、自分に不利益になるかどうか、多少考えながら答える必要があるでしょう。
また、聞かれてもいないことまで答えないようにする。
今回の発端も、聞かれていないのに自分に不利益なことを警察官に言ってしまった。

自慢ではないのですが、今までに違反をして切符を切られた経験がありません。
違反をしたかもしれませんが、検挙された経験がない。
まあ、職務質問や検問くらいなら経験はありますが。
経験がないので「こうすればいいよ」という、アドバイスを持ち合わせていません。

Q精神薬を自分で辞めて離脱症状を我慢して離脱症状がなくなった人いますか

精神薬を自分で辞めて離脱症状を我慢して離脱症状がなくなった人いますか


どれくらいの期間でなくなりましたか

Aベストアンサー

人により薬の種類や症状、仕事等の周囲環境も違いますので一般的には言えないと思います。
他の人も言われていますが、急に断薬して離脱症状を我慢したりすると反って前よりも悪化してしまう事が多く、危険だと思われます。

医者と相談して少しずつ減薬したり、弱い薬に変えたりして様子を見ながら数か月から1年(或いは場合によってはそれ以上)程度は掛けながら断薬まで持っていくのが普通ではないでしょうか。

次も参照してください。
http://okwave.jp/qa/q6191055.html #5


人気Q&Aランキング