プロが教えるわが家の防犯対策術!

最近借家を借りたのですが。
玄関が木製引違戸で直径18mmの穴に入る側と出る側両方から円筒状の鍵をはめこんで外からは鍵、中からはつまみを10回くらい回して外側と内側の引き戸を締め付けて鍵をするタイプの鍵がついています。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/kurashi-h/0007 …

こんな感じのやつです。

これがとても不便なので、半回転もしくは1回転で中からも外から(中からはサムターン式というんでしょうか?)も開け閉めが出来る鍵に代えたいのですが。

3カ所ほどホームセンターを回っても置いて無く、1カ所鍵に詳しい店員さんがこのタイプは最近はほとんど使われてないのでネジ式のしか置いてない、昔はあったから、探せばあるかも。
それか、大家さんに交渉してアルミサッシなどの引き戸によく使われているもう少し取り付け部分が長いタイプの鍵を切れ込み(?)を入れて取り付ければとのアドバイスを頂いたのですが。自分でやると木製の枠が歪む可能性が高いらしく、プロの鍵屋さんに頼んでもやはり数年で歪む可能性が高いそうです。あと、単純な鍵の交換じゃないので費用も2~3万はみといたほうがいわれました。

大家さんにそのことを正直にいうと、ねじ穴くらいは許せるけど、歪むのは駄目だと言われ。
2~3万も出せないですし。困っています

通販で安価な物を探しているのですが見つかりません。どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、私の知る限り、適応できそうなものはありません。

堀商店と言うメーカーの1693Sと言うものであれば、室内外両方、押し回し半回転ぐらいでいけますが、設置穴(円の直径)が大きいので、穴開け直しは必要になります。

ただ、その店員の言うことは、でたらめです。
まあ、その程度の錠がついてると言うことで、建具(扉)の姿は想像できますが、そこにいわゆる召し合わせ錠を、穴開け直して付けたからと言って、建具が歪むなんてことは、そうそうあるものではありません。それ以前に、そういうドアは下の戸車がへたってるか、レール(おそらく甲丸レールの類ではと思いますが)が減っていて、2枚のドアの位置関係がずれてることが多い。どちらにしても、まずそこを修正しないと、現状鍵をかけるのが面倒(コツがあるとか)と言う場合には、その辺の問題です。

で、素人がやると・・・というのは、あなたが木工の知識がなければ、無理でしょう。ロック自体はアルミサッシ専用でもないものも多いので、大工さん木建具屋さん、鍵屋さん(これはちょっと高いかも)に頼めば、やってくれると思いますよ。歪む以前の問題です。長方形の正確な穴が開けれますか・・・と言うことですので。

で、築何年か知りませんが、賃貸は現状貸しと言うのは基本ですが、それをよくなる方向で手を入れるのは、常識の範疇では構わないでしょう。で、そもそも多少ゆがんだって、すでに数十年経年してるなら、減価償却してますので、あまり影響もないのかと。つけたものを残置として置いて退去するなら、向こうもむげに禁止はしないと思います。

どうしてもなら、室内外の縁を切って、外出時にはキーで施錠するが、その場合室内からは開けれない、その逆もそうでいいと言うなら、ねじだけで設置できる省材はあります。勝手口があるなら、それでも構わないかなとは思います。
ただ、二万も出せないなら、不便を我慢するしかないような気もします。適当な対処療法でいいならともかく、さっき言ったような戸車調整(交換)などもあり、下手な開き戸よりはお金がかかるものですので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
1693Sは自分で調べたときホームページでみつけたのですが、設置穴の直径が30mm以上必要なのと、値段が鍵本体だけで2万もするので諦めてました。

改造に関しては契約時厳しく禁止されており、直径3mm以上、深さ2cm以上の穴を開ける場合は、大家と管理会社に書類での承諾が必要で、不可能との返答をもらってるので、多少穴を広げる、ねじ穴をあける以外は無理です。

1693Sは構造的には私の求めているものなのですが・・・
他に何かないでしょうか。

お礼日時:2009/06/22 14:21

投稿して思いつきましたが、面付け戸先鎌錠(美和ロックならNDS、ゴールならMS、堀なら1755など)であれば、シリンダー(鍵穴用)の直径20mm程度の穴を開ければ、あとはビスのみでも設置はできる可能性はあります。

ただし、設置位置は戸の先端になりますし、普段開かないもう一方の建具は、釘などで開かないように固定する必要が出てきますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q玄関の鍵交換について。(引き違い戸)中折れネジ

今住んでる自宅玄関の鍵が不便なので、交換を考えています。
下記について詳しい方、よろしく御願いします。

【現状】
●1軒家で、玄関が引き違い戸(片側固定)で真ん中に昔ながらの「中折れネジ締まり錠」が付いています。
この「中折れネジ締まり錠」と言うのは、家の中と外の鍵が別でして、
家の中から鍵をかける場合は、ネジのようなものを差込んでクルクルまわして閉めます。
また、外出時に外から鍵をかける場合は、通常の鍵のように鍵をさして回して閉めます。

この為、仕事柄深夜に主人が仕事から帰ってくるときは家の中から鍵をかけることが出来ず、
怖いと思いながら、鍵を開けたまま就寝しなければなりません。

またあるときは、主人が仕事に行く際に誤って鍵を外から閉めて出勤してしまい
そうすると、私は家の中に閉じ込められてしまう。。という事があり(1度だけですが)
このような状況から、大変不便に感じており、鍵の交換の話が出ました。

●引き違い戸は、木枠の扉です。
●鍵設置の為のあいてる穴は、おそらく1センチ?位の丸い穴だと思います。


【質問のまとめ】

■内側と外側の鍵が一緒のタイプを望んでいます。
(中からはワンタッチで開閉でき、外からは鍵でそれを開けることが出来る普通の鍵)

1、この場合、穴が大きい四角い穴の場合が多いようですが、業者さんに来ていただいたとき
扉の穴をあけたり、加工・交換する作業になると思いますが当日、その場で出来るものでしょうか?

2、仮に、穴あけ加工がその場で出来るとしたら、現在ある鍵を残したまま
新たに、鍵を増設してもらうことは可能でしょうか?

3、ディンプルキーで、安全性・防犯性の高い鍵を探していますがおすすめの鍵はありますか?

4、鍵の種類にもよると思いますが、おおよそ上記の工事でいくらくらい相場で金額がかかるものでしょうか?


長くなってしまいましたが、詳しい方いらっしゃいましたら
宜しくご教授お願い致します。

今住んでる自宅玄関の鍵が不便なので、交換を考えています。
下記について詳しい方、よろしく御願いします。

【現状】
●1軒家で、玄関が引き違い戸(片側固定)で真ん中に昔ながらの「中折れネジ締まり錠」が付いています。
この「中折れネジ締まり錠」と言うのは、家の中と外の鍵が別でして、
家の中から鍵をかける場合は、ネジのようなものを差込んでクルクルまわして閉めます。
また、外出時に外から鍵をかける場合は、通常の鍵のように鍵をさして回して閉めます。

この為、仕事柄深夜に主人が仕事から帰って...続きを読む

Aベストアンサー

我家も引き戸タイプの扉ですが、貴女の家と違うのは我家は木製では
なくサッシ扉だと言う事です。木製扉の場合は取り付けられる種類が
限られていますので、場合によっては扉だけでなく扉の枠ごと取り替
える必要があるかも知れません。
ホームセンターで売られている交換鍵はサッシ用ですから、木製扉の
場合はメーカーより取り寄せになるかも知れません。

我家で以前に鍵の交換をしようとしましたが、ホームセンターで適応
する鍵が見当たりませんでしたから、仕方なくメーカーに問い合わせ
ました。我家の場合だと約1万円が本体代と言われました。
鍵の注文から設置までを全て依頼すると、鍵本体の価格の2~2.5
倍が相場のようです。
ただこれはアルミサッシの引き戸の場合なので、木製扉の場合はそれ
以上の経費は必要になるかも知れません。

貴女の家の場合でしたら、2枚の扉を中央で施錠出来るタイプになる
でしょうね。まず業者が自宅に来て扉の形式を見て、どのタイプなら
取り付けが可能かを判断するはずです。それによりメーカーに発注を
して、再び自宅に来て取り付ける事になるでしょうね。
取り付けられる鍵さえ入手が出来れば、作業的には半日もあれば完了
します。

我家も引き戸タイプの扉ですが、貴女の家と違うのは我家は木製では
なくサッシ扉だと言う事です。木製扉の場合は取り付けられる種類が
限られていますので、場合によっては扉だけでなく扉の枠ごと取り替
える必要があるかも知れません。
ホームセンターで売られている交換鍵はサッシ用ですから、木製扉の
場合はメーカーより取り寄せになるかも知れません。

我家で以前に鍵の交換をしようとしましたが、ホームセンターで適応
する鍵が見当たりませんでしたから、仕方なくメーカーに問い合わせ
ました。我家の場合...続きを読む

Q25年前の我が家の謎…中からしか閉められない鍵、誰もいないのに外からは開かない…謎

25年前の思い出せない我が家の記憶なんですが、今思えば「謎」で…
考えれば考えるほど夜も眠れません。

そのころ我が家は仮住まいの家に住んでいました。
一つしかない出入り口である玄関は、まるで昔の縁側の窓のように
ガラスがはめ込まれ、木枠のガラガラ~って障子みたいにあける扉でした。
その「鍵」は、二枚の扉が合わさっている木枠の部分に、長い「ネジの
頭の部分が握りやすくなったもの」が付いていて、施錠の際には
それをクルクルねじ込みます。
もちろん このネジは内側にしか付いておりません。

と言うことは、外からの施錠ができないため、鍵をかけずに
家を空けるということになります。
しかし たしかな記憶では昔とはいえ鍵をかけずに家を空けることは
無かったこと。
仮住まいということもあり、外から南京錠やわざわざ取り付けた鍵は
無かったこと。
それなのに 家族で出かけるときは、その方法はわかりませんが
鍵をかけていたこと。
実際、家に帰ってきて鍵が開かずに家族の帰りを待った記憶が
何度も有ります
その後どのようにして鍵を開け 中に入っていたかという記憶がさっぱり
無いんです。

姉に聞いても見ましたが、同じように確かな記憶に関しては同じですが
どうやって外から鍵を外していたかの記憶がありません。

「不可能」な状況とも思えますが 「推理」としてでも構いません
どんな方法が考えられますか?
ちなみに施錠を管理??していたのは「母」です

25年前の思い出せない我が家の記憶なんですが、今思えば「謎」で…
考えれば考えるほど夜も眠れません。

そのころ我が家は仮住まいの家に住んでいました。
一つしかない出入り口である玄関は、まるで昔の縁側の窓のように
ガラスがはめ込まれ、木枠のガラガラ~って障子みたいにあける扉でした。
その「鍵」は、二枚の扉が合わさっている木枠の部分に、長い「ネジの
頭の部分が握りやすくなったもの」が付いていて、施錠の際には
それをクルクルねじ込みます。
もちろん このネジは内側にしか付いてお...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
家内の実家はまだこのタイプの玄関ですよ(ちょっと田舎にあります)。

この手の鍵ですが、普通に外から鍵を掛けられるんですよ。
一般的に使う『鍵』を使って。
ちゃんと内側のネジがくるくる回るように出来ているんです。
本物をお見せできれば早いのですが(笑)

Q昔の家に付いている簡易な鍵

金具をグルグル回して閉めたり、左に回して開けたり(開けたらその金具はブラーンとなる)する鍵は何て名前でしょうか?

ホームセンターで売っていますか?

Aベストアンサー

某ネットショップでは「丸球捻締り」と言っているようですね。
http://item.rakuten.co.jp/kurashi-h/c/0000000691/

私の近所にあるホームセンターで普通に売っていますけど、そんな名前だったかどうか・・・。
とにかくちょっと大きめのホームセンターで、鍵・錠前コーナーを探せばあると思いますよ。

Q木製引き戸の鍵

木製の引き戸に鍵を付けたいと思っています。
引き分け戸(2枚の戸が真ん中から左右に開く)です。
室外からは操作しませんので、室内から操作できればいいです。
昔ながらの先がネジのようになったクルクル回す物しか思いつきません。
何か良い物はないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっしゃっている「中折れ(ねじ締り)金物」以外の方法は、
使用頻度が低い方の扉の室内側に「丸棒落し」や「フランス落し」をつけて固定できるようにします。
そのあともう一方の扉に「鎌錠」をつければ鍵はしまります。
ただ、鎌錠はちょっとした道具がないと取付はできないです。商品詳細はネットで検索してみてください。色々なタイプがあります。

Q昔よくあった鍵の名前とそれを売っている場所

今度馳駆30年以上の古い家屋に引っ越すのですが,
風呂の窓の鍵が1箇所壊れているのです.

そのことは大家さんも認識しており,修理を試みたそうですが
お手上げの模様です.鍵のタイプがあまりにも古く,
鍵屋に入手できないといわれたそうなのです.

一昔前に,誰でも一度は見かけたタイプですが,
何という名前のタイプの鍵なのかわからず,
ネットで探すこともできません.

どういうものなのか,イメージを絵にしてみると以下のようなタイプです.
http://www.geocities.jp/entity_test1/key.gif

オス・メスに分かれており,メス側のネジ山がイカれてしまった
ので施錠できないという症状です.

最悪,オスを引き抜いて何か鉄の棒でも突っ込めばその役目を
果たすものでありますが,できれば自分で交換したいと思います.
そこで,
(1) こういう鍵は何というのでしょうか?
(2) 都内でどこか手に入るところはありませんでしょうか?

以上,お心当たりがあればアドバイスお願いします.

#なお,この鍵にこだわって修理を試みるものであり,
その他の防犯鍵などのご紹介をお願いしているわけでは
ありませんので,よろしくお願いします。

今度馳駆30年以上の古い家屋に引っ越すのですが,
風呂の窓の鍵が1箇所壊れているのです.

そのことは大家さんも認識しており,修理を試みたそうですが
お手上げの模様です.鍵のタイプがあまりにも古く,
鍵屋に入手できないといわれたそうなのです.

一昔前に,誰でも一度は見かけたタイプですが,
何という名前のタイプの鍵なのかわからず,
ネットで探すこともできません.

どういうものなのか,イメージを絵にしてみると以下のようなタイプです.
http://www.geocities.jp/entity_test1/ke...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
>(1) こういう鍵は何というのでしょうか?
「中折捻締り」
中折がないものは「捻締り・捻子締り」(ねじしまり)と言います。

>(2) 都内でどこか手に入るところはありませんでしょうか?
金物店とか、ホームセンターで今でも売られています。
「捻子締り」、「捻締り」、「螺子締り」で検索してみてください。
検索した一例です。
http://www.rakuten.co.jp/kurashi-h/726372/731449/#633889

Q引き戸のカギ・・・もうひとつ取り付けたいのですが

玄関が引き戸でカギが付いているのですが、戸の締りが悪くガチャン!と閉めて錠を下へ下ろさないと開いてしまいます。(一度直してもらったのですが・・・)
一人暮らしの祖母なので心配でなりません。
サッシ用などを見ましたが、換気を兼ねている物だと戸が全部開かなくなるし、ネジでまわすようなものだと力がいるでしょうし、背中も曲がっていて力もない祖母には無理だと思います。

簡単に取り付けられて、使い方も簡単なカギをもう一つ付けたいのですが、
アドバイス頂けないでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

うちではこれを使っています
http://www.e-classy.jp/security/se0005.html

ワンタッチ・シマリ
これなら指一本ですよ

外から見えない部分につけています
そして、室内で何かあったときには表に出ないといけませんから(地震とか火事とか)
こ難しくないものをと思って選びました

玄関のみならずサッシの窓にも取り付けています

これは大きいほうなんですけど
http://www.rakuten.co.jp/nonaka/436123/467225/
これは小さいほうです

ご参考までに

Q江戸時代までの家 : 留守にする時の鍵は?

江戸時代までの家の玄関なのですが、昼間など全く留守にする時、鍵はどうしていたのでしょうか?

夜、寝る時には 「つっかい棒」 で戸を固定して開かないようにしていたと思うのですが、昼間で家人がいない時は?

但し、貧乏長屋などで盗まれる物が全然ない家は除外するとします。  そもそも泥棒が入るわけはないですからね。

もう少し上の階層というか、そこそこの財産はあるが、大店のように昼間でもいつも人が多くいる事はない、家族しか住んでいない、といって多少の金目の物はある、映画で言えばそうですね、銭型平次などのように 「小金」 程度はある家の場合です。

昼間に家を空ける時があると思うのですが、そんな場合、玄関の鍵はどうしていたのでしょうか?

もしかして当時から既に今のように玄関の戸に鍵をかけていた?  でも時代劇なんかでそんなシーン、見た事がないんですよね。

あるいは鍵なんかかけなくても泥棒の心配がない時代だった?

それと、もっと昔の時代ならどうしていたか、あわせて教えて下さい。

Aベストアンサー

 江戸期のやや大きな邸宅の場合、たしかにまったく誰も居ないといった状況は少なかったものですが、それでも戸締りは大切なことでしたから、やはりいろいろな仕掛けや錠前が作り出され使われていました。もう皆さんからご回答が寄せられていますので、ここでは当時、戸締りとして使われていた防犯器具について書いてみましょう。

1.「落し」
 これは引き戸の下の方に取り付けて上下に上げ下げ出来る木片で、戸を閉じたあと「落し」を敷居に嵌まり込ませて戸を固定するものです。別名を「さる」とか「こっとり」などとも呼び、外からはLの字の形をした鉄製の「鉤」を戸の穴から中にさしいれて「落し」を引き上げて開錠できるものも作られました。

2.「かんぬき」
 おもに開き戸に使われたもので、戸のほぼ中央部に水平に取り付けられ、左右にスライドする堅牢な木製の角棒で、これをコの字型の受金にさし入れて戸を固定するもので、お寺の山門などに今でも見られますが、あの「忠臣蔵」で大石蔵之助率いる赤穂四十七士が吉良上野之介の屋敷に討ち入る際にゲンノウでこれを打ち壊すシーンはことに有名です。

3.「しんばり棒」
 引き戸を閉じたあと、戸が開かぬようにつっかえとして使う棒のことで、「つっかえ棒」とも呼ばれ、一般庶民からお屋敷まで広く使われていました。

4.「栓錠」
 1.の「落し」を鉄を素材に替えて作り上げたもので、中には美しい装飾を施したものもあるなど、ここまで来ると本格的な錠前の一種と言えるものです。施錠や開錠の原理はほぼ「落し」と同じです。

5.「蝦錠(えびじょう)」
 江戸期に入って、わが国独自の本格的な錠前が作られるようになり、同時に急速に普及し始めました。
 そのルーツは奈良朝の頃(7~8世紀頃)に唐から伝来した海老錠とされ、錠本体にコの字型になったカンヌキをさし込むと、本体の中でバネがパチンと広がって引っかかり、カンヌキが抜けなくなるという構造をしていました。
 これを開錠するには本体の反対側から棒のような姿の鍵をさし込んで、本体の中で広がったバネを縮めてカンヌキを抜き取るという仕組みになっています。
 使い方としては今の南京錠とまったく同じですが、後に、今日のように錠本体の正面から鍵をさし込んでグルリと回すと中のバネが縮められるという構造の物も作られています。

 これらの「蝦錠」は江戸錠、阿波錠、土佐錠、などと全国で大小沢山作られ、大は蔵の戸から小は仏壇の逗子の扉などへと大変普及したものでした。ちなみに唐から伝わった「海老錠」は今も正倉院の御物として保存されています。

 ついでに言いますと、このような錠前、テレビドラマではカンザシなどでいとも簡単に開けてしまいますが、あれはウソ。本物はドッコイそんなに簡単に開くものではありません。今でもコレクターの手で沢山収集されて実際に見ることが出来ますが、大変精密でしかもほとんど錆びることすらなく、当時の錠前師の腕と材料の良さは世界一だと言っても過言ではありません。

6.「からくり錠」
 このように優れた錠前製造技術を持っていた当時の錠前師ですが、なかでも国産の錠として世界に誇れるのが「からくり錠」です。見えている鍵穴は実はニセモノで、本当の鍵穴は装飾の中に隠されていたり、動かせる部分を正しく順に動かさないと鍵穴が露出しないとか、下手にいじると空砲が鳴るとか、アイデア一杯のものが見られます。

 そのほか、盗難防止の方法として「隠す」という手段もありました。床の間の掛け軸を外すと、その裏に秘密の隠し場所があるなんてよくドラマにも出て来ますよね。

 それではそれ以前の時代はどうかと言えば、農耕や狩猟、漁業などによって財産というものが出来だしたと同時にセキュリティの感覚が当然生まれたであろうし、もちろんそのための仕掛けもあったと考えられます。
 ひとつの例として封印とかヒモで縛るとか、また立ち入り禁止をアピールするしめ縄なども挙げられますが、落しやカンヌキ、しんばり棒などはかなり古代から使われて来たとされています。
 ただ、当時とて大きな屋敷などでは屈強な門番や見回り人、用心棒などといった人を置くことはもちろん、塀には尖った金物を埋め込むこと、こうしたことは当然行われていたようです。

 こうした締り装置や金具、錠前について書かれた書籍は大変少なく、日本のものではせいぜい3冊ぐらいしかありませんが、中でも錠前全般にいて書かれた書籍として「錠と鍵の世界(赤松征夫著・彰国社発行)」をお読みになると、世界の、そして日本の、錠前の歴史をはじめ、種類や構造などがよくわかりますので、良い参考資料としてお勧めします。

 江戸期のやや大きな邸宅の場合、たしかにまったく誰も居ないといった状況は少なかったものですが、それでも戸締りは大切なことでしたから、やはりいろいろな仕掛けや錠前が作り出され使われていました。もう皆さんからご回答が寄せられていますので、ここでは当時、戸締りとして使われていた防犯器具について書いてみましょう。

1.「落し」
 これは引き戸の下の方に取り付けて上下に上げ下げ出来る木片で、戸を閉じたあと「落し」を敷居に嵌まり込ませて戸を固定するものです。別名を「さる」とか「こっ...続きを読む

Q土壁と柱の隙間を埋めたいのですが。

築40年の土壁の家に引越したのですが、柱と土壁の間そこらじゅうに隙間があり、

暖房・冷房を上手く働かせるためにその隙間を埋めたいのですが、
シーリング剤以外の物がいいのですが
どんな方法がありますか?


市販の漆喰の粉みたいな物でも大丈夫でしょうか?
土壁は表面がざらざらでところどころキラキラしてます。

Aベストアンサー

恐らくその壁材は繊維壁で水で溶かして簡単に塗れる品物(建材屋で販売しているノリが入ってる市販の物)で京壁では無いと思われます、柱と壁・鴨居と壁の隙間は木材が乾燥し伸縮した為で年代からして、もうそれ以上隙間は空かないの思いますが!但しどうしても土壁は重いので地震の揺れや自然に下に下がります!此れは如何しても止める事は出来ません、隙間をパテでしょちゅう塗りこむと見栄えは悪くカッコ悪いです!今後の事ですが予算が出来たら租の壁に5.5mmのベイヤ板を張り租の上に和風模様のクロスを貼り付けたら如何でしょうか。

Q玄関引き戸の修理

和風玄関の引き戸ですが、引き戸の滑車が壊れてしまいました。交換可能でしたら交換したいのですが、複雑でどのようにしたら良いか分かりません。修理のサイトがあれば教えてくださいませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 この場合の引き戸の下車などサッシメーカーの製品の部品の場合は一般の金物店やホームセンターなどでは純正の交換部品を手に入れることはできません。

 一番いい方法は、まずその引き戸の全体をよく見てください。たぶん右上あたりにメーカーの名前と引き戸のシリーズ名(漢字を使った日本語が多い)が印刷されたシールが貼ってあるはずです。

 メーカーが分かりましたら、そのメーカー名を入力して検索してください。サービス部門の紹介があるメーカーもあり、単に電話番号が分かるだけのメーカーもありますが、とにかくそのメーカーに連絡して、シリーズ名を告げ、下車の破損の状況と、代品の購入の希望、そして交換の手順などを聞いて下さい。

 おおかたのサッシメーカーの場合では、交換部品は取り寄せることができますし、説明された方法で補修もできます。交換作業そのものはドライバー程度の工具があればそれほど難しいものではありません。

 また、ホームセンターなどには純正ではないがその引き戸の下車にサイズや形状を合わせた下車を売っていることもあります。ただ、この場合は現在破損している下車の形状や寸法を調べておくか、とにかく取外して店に持参する必要はありますが。。。

 この場合の引き戸の下車などサッシメーカーの製品の部品の場合は一般の金物店やホームセンターなどでは純正の交換部品を手に入れることはできません。

 一番いい方法は、まずその引き戸の全体をよく見てください。たぶん右上あたりにメーカーの名前と引き戸のシリーズ名(漢字を使った日本語が多い)が印刷されたシールが貼ってあるはずです。

 メーカーが分かりましたら、そのメーカー名を入力して検索してください。サービス部門の紹介があるメーカーもあり、単に電話番号が分かるだけのメーカーもあ...続きを読む

Q玄関引き戸の鍵

和風の玄関引き戸(三協アルミ)で、枠の内側の縦中央(両サイドと中心の3ヶ所)に
つまみを上下するタイプの鍵がついていますが、それが固くなり、困っています。
指では力が入らないので、ドライバーの柄で上げ下げしています。
どうすれば直るでしょうか?

(シリンダー錠が難しかった時は、鍵のギザギザに鉛筆の削りカスをつけて廻して直しました。)

Aベストアンサー

再。

なるほど、だったらもうひとつ、錠のセッティング位置ずれの可能性もありますね。プロ的にいう「せった」状態。
錠を止めてるビス(特に取っ手に室内側からついてるやつ。まん中の召し合わせ錠ならば、内外の接合面)を緩めてみて、同様に動作を確認してみる。で、軽く動くなら、その位置を見極めて締め直す。

今まできついのを無理やりやってたようなら、内部のパーツが変形摩耗してる可能性もあります。なんなら完全に錠をはずして、その状態で動作確認&注油してみてもいいでしょう。完全ではないにしろ、とりあえずは少しましになるかと。で、早いうちに交換ですね。代替パーツは、召し合わせは汎用品でもいいですが、両サイドの戸先鎌は三協アルミ取扱店から引くしかありません。


人気Q&Aランキング