わたしは、英語であればある程度読めはしますが、スペイン語は
全くと言っていいほどわかりません。その私がスペイン語の文章を
読まなければならなくなったとしてお考え下さい。

現在各種の翻訳ソフトが販売されていますが、この中にスペイン語を
日本語に訳してくれる物もあるのですが、その精度はいかがなもの
でしょうか?

また、スペイン語から英語への翻訳ソフトも海外では多数見受けられ
ますが、こちらはどうなのでしょう?

素人考えなのですが、翻訳精度をあまり期待できないスペイン語→日本語
のソフトよりも、海外製の精度の高いであろうスペイン語→英語で翻訳して、
その英語を直接読んだ方がより正しく文章を読解できると思うのですが
いかがでしょう。

そう類推した根拠
1.スペイン語→日本語の翻訳ソフトは販売数量からいっても、そんなに
  開発されつくしているとも思えない
2.スペイン語→英語の翻訳ソフトは基本的な言語系統の似ているので、
  日本語への変換よりは精度が高いと思われる

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は2月に発売された「LogoVista X マルチリンガル」を購入しました。

これはスペイン語を含め,8ヶ国語の翻訳が行える多言語翻訳ソフトですが,心臓部分は英語です。つまり日本語からスペイン語あるいはその逆方向翻訳が簡単に出来ますが,裏では各言語を一旦英語化してからもう一方の言語へ翻訳をするしかけです。もちろん自動化せず,一旦英語に翻訳した段階での結果を抽出する事も出来ます。

kaz_nikiさんが類推された根拠通り,各言語を英訳するソフトは世界中で一番発達していて精度が高いですから,それらを組み合わせた方が,必然的に多言語間翻訳も精度が高くなるでしょうから,このソフトの方式は正解だと思われます。

しかし所詮は機械翻訳なので,翻訳結果そのままでは使い物にはなりませんが,一時翻訳用としては有効手段ですし,特にこのソフトは一時翻訳後,単語単位で他の意味の候補に置き換える修正システムが使いやすいです。

価格は80,000円で市販価格でも6万円程度もしますが,ベーシック版であれば1万円でお釣りが来る,PCソフトとしては標準的な価格で販売されています。ベーシック版は日英以外の1言語のみインストールでき,多彩な翻訳アプリケーションが最低限のものに絞られていますので,普通はこちらで良いと思います。ベーシック版で削除された言語・機能も,追加オプションとして安価に買い足しも出来ますから。

参考URL:http://www.logovista.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。参考にさせていただきます。
英日と西日さえ、あれば良いので、ベーシック版でも十分であろうと
思われます。

ご指導、ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/13 18:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精度と確率誤差

10ml容ホールピペットの器差を求める実験を行なったんですが、この実験の精度を測ることができません。
各計算結果は以下のように出ました。

ホールピペットの20℃における内容積を調べたところ、9.974、9.973、9.980という結果が出た。
この平均値は9.976、標準偏差は14.11、確率誤差は9.517であった。

この中で上の確率誤差に着目して精度を測りたいんですが、イマイチ確率誤差の定義が分かりません。

確率誤差と精度はどのように関連していますか?
この実験における確率誤差からは精度に関してどのようなことが言えますか?

有識者の方ご指南お願いします。

Aベストアンサー

確率誤差は、その誤差よりも(絶対値の)大きい誤差が発生する場合と、小さい誤差が発生するのが等しい値のはずです。正規分布の場合、確率密度関数を-ρから+ρまで積分して1/2になるρを指します。所謂σの0.6745倍のはずです。しかしもとのデータから出している平均値はよろしいですが、標準偏差と確率誤差は異常ですね。不偏分散の平方根(標準偏差の推定値)は3.78x10^-3になると思うのですが。確率誤差はそれに0.6745をかければよいのではないでしょうか?

Q日本語→スペイン語に翻訳できるURLないですか?(または英語→スペイン語でも)

簡単な翻訳のできるサイトないでしょうか?
URL教えてもらえたらお願いします。
有料ソフトでもあったら買いたいと思います。

Aベストアンサー

「英語→スペイン語」翻訳をする事をお薦めします。No2さんのURLから探すとよいでしょう。

マイナーな言語や言語構造の違う言語の間で直接翻訳をするソフトは(有料無料問わず)ほとんど存在しません。
日本語はそれほどマイナーではないのですがやはり欧米と大きく異なる言語構造が災いして、まともな翻訳機が存在するのは、超メジャーな「英語」、言語構造のほとんど同じ「韓国語」、単語に交流のある「中国語」の3つしか存在しません。
スペイン語などそれ以外の言語はほとんどの場合、間に英語を挟んだ2段翻訳で擬似的に対応しているに過ぎません。
本当に翻訳しているかを一発で見分け方はありませんが、いくつか文章を日→スペ、スペ→日と再翻訳していると自然に気づくと思います。
例えば「光陰矢のごとし」を翻訳して「ハエ」が出てきたらTime flies like an allowの誤訳だと気づくわけです。

Q携帯電話とPHSのGPS機能の誤差精度

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/4410.html
http://www.kyocera.co.jp/frame/product/telecom/phs/ap-k301t/nav/
ウィルコムのPHSのぴぴっとフォンを子供に持たせ「ここだよナビ」を使っています。「ぴぴっとフォンが送信する基地局情報は、最寄りの基地局の分布状況によって誤差があるため、現在位置は場所により正しく表示されない可能性があります」とありますが、100M以上誤差があり使い物になりません。自分の車のカーナビの誤差は10Mくらいですがこれくらいの精度がほしいです。
 ちょっと位置情報提供機能には疎いのですが
1)カーナビや携帯にGPS機能とぴぴっとフォンの機能とはしくみが別ですか。
2)ドコモのイマドコサーチやauのナビウォークの誤差精度はどうですか。携帯でもこれくらいの精度なら買い換えたいです。

Aベストアンサー

auを使用しています。
GPSの精度はかなりの精度と考えて良いですよ♪
自分は旅行とかでよく使用しますが見晴らしのよい場所でドンピシャに近いです。
感度レベルは1~3まであります。室内では1なので数十メートルの誤差はやっぱり出ますが、室内なんかで使わないですよね?

多数ある人工衛星を三つ補測することで数十センチから数メートル位でしょうか?
友人も沖縄に旅行したときにナビウォークと助手席ナビには満足したみたいです。

ドコモのSA700iSが発売されたときに精度を問い合わせた事があるのですが、30メートルからの誤差だそうです。

ボーダフォンは海外でも使えるようですが、国内で満足できないので問い合わせまではしませんでした。

2007年以降、3G携帯は原則GPS機能搭載へ
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0405/18/news034.html

今後GPSは標準装備になると思いますが、現状では間違いなくauだと思いますよ?

参考例として千葉県の富津岬の一番先端のテトラポットでGPSを使ったら先端に表示しました。

参考URL:http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/review/25585.html

auを使用しています。
GPSの精度はかなりの精度と考えて良いですよ♪
自分は旅行とかでよく使用しますが見晴らしのよい場所でドンピシャに近いです。
感度レベルは1~3まであります。室内では1なので数十メートルの誤差はやっぱり出ますが、室内なんかで使わないですよね?

多数ある人工衛星を三つ補測することで数十センチから数メートル位でしょうか?
友人も沖縄に旅行したときにナビウォークと助手席ナビには満足したみたいです。

ドコモのSA700iSが発売されたときに精度を問い合わせた事があるの...続きを読む

Q翻訳ソフト 英語-スペイン語

英語からスペイン語 またはその逆で、何か良いメーカーの
翻訳ソフトご存知でしたら教えてください。

また、下記のような紋切り型の文例を多く読めるサイト等ご存知でしたら
そちらもお知らせください。
Por antes que nada le quisiera agradecer ****
Sin otro particular, Me despido y se extiende la presente ***

Aベストアンサー

翻訳ソフトを使いこなせる人用です。

http://homepage2.nifty.com/m_kamada/l_translation.htm

http://www.google.co.jp/language_tools?hl=ja

http://www.elmundo.es/traductor/index.html

商用文の慣用句については参考書を一冊手元においておくべきでしょう。
スペイン語手紙の書き方、 スペイン語商業文、 Correspondencia espanola, Carta comercialなどのキーワードでamazon com, googleなどで
検索するか大手の書店なら置いているはずです。

Q計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)

計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)と値の安定性(Sta)がありますが、その違いをもう少しわかりやすく教えていただけませんか? また一般的に測定時に出た値に対して使うのはどちらでしょうか?

また、例えば精度がプラスマイナス10μmの計測器の分解能が1μmという計測器の場合、分解能が1μm単位でも、精度が10μmでプラスマイナス動くのであれば意味がないように感じますが。。。

業界の方にとってはくだらない質問かもしれませんが、ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

KEN_2 です。
>測定レンジは230μm~2.54mmです。また精度はF.S±0.5%と聞いています。
測定レンジは230μm~2.54mmの間にレンジ切替えがある筈です。???
仮に、2.54mmFS±0.5%のみであれば、約±12.5μmの測定誤差で零点調整が出来ないタイプですので全測定範囲で±12.5μmの測定誤差を測定器メーカはうたいます。

>この場合は、2.54mmを測定した時は、2.54mmの±0.5%=約12.5μmの測定誤差が出ますが、
>仮に500μmを測定した時は、約3μm程度の測定誤差になるということでよろしいですか?
「測定レンジは230μm~」がありますので、測定器メーカは±12.5μmの測定誤差を全測定範囲でとうたい、測定実力は中心測定値付近の1275μm付近が精度が良く、上下限付近で急激に誤差が発生するタイプです。
実力と誤差保証は違いますので、『仮に500μmを測定した時は、約3μm程度の測定誤差・・・』は参考値として捉えてください。
測定器メーカの保証するのは、精度はF.S±0.5%であれば全範囲±12.5μmの測定誤差となります。
あと、隙間ゲージですので、周囲温度の影響が顕著に加わります。
周囲温度管理も重要な要素になります。

>実際に500μmのギャップを測定した時は、498μm~500μmの値を示します。
>よって、Accの範囲内にStaが含まれるような形でしょうか。。。?
再現性の数値から推定して、Staは無視出来る範囲であるので規定していないと判断されます。
 

KEN_2 です。
>測定レンジは230μm~2.54mmです。また精度はF.S±0.5%と聞いています。
測定レンジは230μm~2.54mmの間にレンジ切替えがある筈です。???
仮に、2.54mmFS±0.5%のみであれば、約±12.5μmの測定誤差で零点調整が出来ないタイプですので全測定範囲で±12.5μmの測定誤差を測定器メーカはうたいます。

>この場合は、2.54mmを測定した時は、2.54mmの±0.5%=約12.5μmの測定誤差が出ますが、
>仮に500μmを測定した時は、約3μm程度の測定誤差になるということでよろしいですか?
「測定レンジは230μm~」...続きを読む

Q日本語→スペイン語の翻訳サイト

教えてください。お願いします

Aベストアンサー

下記サイトはいかがですか。

http://www.worldlingo.com/products_services/worldlingo_translator.html

〓ご参考になれば幸いです〓

参考URL:http://www.worldlingo.com/products_services/worldlingo_translator.html

Qスピードメーターの誤差GPSスピードメーターの精度

CT51S ワゴンR スピードメーターの誤差とGPSスピードメーターの精度について
スマートフォンのアプリでGPSのスピードメーターがあることを知り使ってみましたが、CT51S ワゴンRのスピードメーターとの誤差がかなりあります。色々速度で統計を取ってみました。
40km/hで2km/h位GPSの方がが遅く表示され、60km/hで3km/h位GPSの方がが遅く表示され、100km/hで5~6km/h位GPSの方がが遅く表示され、120km/hでは8~10km/h位GPSの方がが遅く表示されいました。
こんなものなのでしょうか?
実際のスピードメーターは実際の速度より遅く出るとは聞いてはいましたが、こんなこんなに出るものなのでしょうか?
そもそもGPSのスピードメーターの精度と車のスピードメーターの精度はどちらが精度が高いのでしょうか?(実際の速度に近いか)

ちなみに買ったときからインチアップしてあり13インチから14インチになっていました。
155 65 R13が純正サイズですが155 55 R14を履いています。
計算すると6mmほど直径が小さいタイヤなのですがこの位でメーター速度は変わるのでしょうか?

CT51S ワゴンR スピードメーターの誤差とGPSスピードメーターの精度について
スマートフォンのアプリでGPSのスピードメーターがあることを知り使ってみましたが、CT51S ワゴンRのスピードメーターとの誤差がかなりあります。色々速度で統計を取ってみました。
40km/hで2km/h位GPSの方がが遅く表示され、60km/hで3km/h位GPSの方がが遅く表示され、100km/hで5~6km/h位GPSの方がが遅く表示され、120km/hでは8~10km/h位GPSの方がが遅く表示されいました。
こんなものなのでしょうか?
実際のスピードメーターは実際...続きを読む

Aベストアンサー

もう質問者さん自身も解ってきたと思いますが。
自動車メーターはある意味
「絶対に実速度を下回る数値を示してはいけない」のです。
これは保安基準で定められています。

じゃあ。
逆に速度計がぴったりかどうかは
プロの方のご意見もあるように
1割前後は多く示されているのが普通なのです。

タイヤ誤差はすでに回答したように
これに比べれば微々たる者です。
10パーセントにもなる差は有りません。

全く自動車の速度計は正確ではありません。
オドメーターもね。

GPSの4m誤差に対して言えば、
現在の衛生誤差ですね。
最大でも
1km走った後に、前後で8m以内の誤差です。

自動車速度計の距離誤差は
1割前後ですから、
10m走ったら1m狂っているのです。
1kmはしったら?たいへんですよ・・・
100mも誤差があるのです。

当然GPSの方が遙かに正確です。

国産車の多くは、
たいてい1割多く表示されているようになっているのは
メーカー基準の話ですね。
ドイツ車もアメリカ車もそしてもちろん日本車もそういうチューンが施されているのが
普通です。

知らない人は知りませんね。
自分でユーザー車検やる人や多数の車検を通す認証工場のプロはみんな知っていますが
単なるユーザーには教えてくれません
=調子に乗って速度違反するから。

もう質問者さん自身も解ってきたと思いますが。
自動車メーターはある意味
「絶対に実速度を下回る数値を示してはいけない」のです。
これは保安基準で定められています。

じゃあ。
逆に速度計がぴったりかどうかは
プロの方のご意見もあるように
1割前後は多く示されているのが普通なのです。

タイヤ誤差はすでに回答したように
これに比べれば微々たる者です。
10パーセントにもなる差は有りません。

全く自動車の速度計は正確ではありません。
オドメーターもね。

GPSの4m誤差に対して言えば、
現在の...続きを読む

Qスペインのスペイン語と中南米のスペイン語

スペイン語を習おうと思っています。
グループではなく個人でのレッスンを探しているのですが、
中南米の先生を選ぶかスペインの先生を選ぶか迷っています。
中南米と言うと広いですが、メキシコかペルーになりそうです。

中南米のほうが活用が少ないからラクなのかなとも思うし、
スペイン人はcとzを英語のthで発音するけれど、
中南米ではc, z, s を同じ音で発音するから聞き取りにくいとも聞きます。

vosotrosを使うスペインのスペイン語で覚えたほうが
両方わかるようになるのかなとも思うのですが、
音の響きはメキシコあたりのほうが好きで、友達も南米人です。
でも、旅行なら南米よりもスペインの方が行く可能性が高いです。

どちらの方がもう一方で通じやすいというのはあるのでしょうか。
どちらでも通じないことはないという意見も目にしますが、
中南米のスペイン語を習ってしまって、スペイン人がvosで話したときに
何のことかわからなくなってしまうなんていうことはありますか?

Aベストアンサー

スペイン語学習者です。

私も初心者の頃はどうすべきか迷いました。
結論としては好きな方を選べば良いです。

スペインのスペイン語も中南米のスペイン語も聞き取りの難易度は同程度です。
cとzの発音にしてもスペインと中南米では違うということだけ頭に入れておけば
問題ありません。
スペイン語は綴りと発音が一致しているので違いだけ知っておけば何と発音しているかわかります。

実際に中南米出身者に尋ねたことがありますが「スペイン語はスペイン語だ」と
いうように自分たちは使わない発音・単語であっても通じないことはほぼないようです。
例えばスペインではel ordenadorというものが中南米ではel computadorや
la computadoraになったりしますが、ネィティブにはそれが何のことかわかります。
経験上、中南米の方が米語をそのまま単語として取り入れることが多いように思います。
動物や植物の名前は多少地域で違いがありますが我々が外国語として学ぶには
その都度違いを覚えれば良いので大きな問題ではありません。

vosotrosの活用ですが使うかどうかに関わらず覚えた方が良いです。
他の回答者さんからもでていますが大した労力ではありません。
パターンをうまく利用して覚えてしまったほうが良いと思います。

教材に関してはどうしてもスペインのスペイン語のものが多いですね。
私は中南米のスペイン語の方が好きで中南米のスペイン語で教材を探しましたが
結局スペインのものを使う機会が多いので、発音は中南米風、単語は両者ごちゃまぜと
なりました。(でも問題ないです)
また、スペイン語の映画はスペイン制作のものの方が手に入りやすく、ニュースも
スペインからの放送(例えばBSで視聴できるスペイン国営放送)のものが多いです。

もしレッスンのトライアルがあるなら両者のレッスンを比べてみても良いかも知れません。
それができなければより惹かれる方でかまわないと思います。

スペイン語学習者です。

私も初心者の頃はどうすべきか迷いました。
結論としては好きな方を選べば良いです。

スペインのスペイン語も中南米のスペイン語も聞き取りの難易度は同程度です。
cとzの発音にしてもスペインと中南米では違うということだけ頭に入れておけば
問題ありません。
スペイン語は綴りと発音が一致しているので違いだけ知っておけば何と発音しているかわかります。

実際に中南米出身者に尋ねたことがありますが「スペイン語はスペイン語だ」と
いうように自分たちは使わない発音・単語であっ...続きを読む

Q電波時計の制度についてですが、電話の時刻と比べると10秒誤差があり。ネ

電波時計の制度についてですが、電話の時刻と比べると10秒誤差があり。ネット時刻では3秒程の誤差があります。
電波時計の精度はかなり高いと思いますが、この誤差の精度はどんなもんなんでしょうか

Aベストアンサー

『電波時計』
各送信局から送られてくる信号を、電波時計に内蔵された受信機が一定時間ごとに読み取り(読取間隔は機種ごとにそれぞれ異なる)、自動的に時刻を合わせている。


私が買ったアナログ壁掛け電波時計は、安物でしたが、読取間隔が1日2回、要するに12時間おきでした。確か秒針長針とも頂点の時、0時・12時だったかな…?

あいだの12時間中に1秒でも進んでると、修正するのに前進しかしないので、12時間分グルグル毎日回ってました。修正が完了するのに2分位かかってましたから、最終的に秒まで合ったのかどうかは疑問でしたね。

電波は光速度ですから、「読み取り時」には1秒もずれないはずですよ。

Qスペインのスペイン語か中南米のスペイン語?

スペイン語検定を受けるとしたらスペインのスペイン語を勉強した方が良いのでしょうか? 私は中南米のスペイン語を勉強したいのですが、検定があるのかわからないので迷っています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は南米でスペイン語を勉強し、日本に帰ってからスペイン語の検定を受けました。
南米で学んだスペイン語だから検定のときに困ったということは、ありませんでした。

ある程度使えるようになった後に、スペインではこういう言い方をするけれど、南米のこの国ではこの言い方をするのかと思うことはありますが、先の回答の方がおっしゃっている通り、始める段階で考える必要はないかと思います。中南米でも国や同じ国でも地方によって、物の呼び方や言い回しが違うことはよくある事ですが、それで話が通じないというわけでもないです。

私も南米のスペイン語が好きです。勉強がんばってください!!


人気Q&Aランキング