空気清浄器や浄水機などで
永久電荷のフィルターを使ってあると
うたっているものがありますが

 それは永久磁石の静電気版のようなものですか?
圧電素子のような物ですかそれともプラスチックのようなものでも
誘電率が高ければ永久電荷になりますか

 コンデンサー(キャパシタ)やCMOS型のトランジスタ・フラッシュメモリーなどに
応用することはできますか?
 微細な動きを物理的にコントロールするために
周囲の電界を操作されることで小さな動きを生み出すことはできますか

Webページがあったら教えてください。

A 回答 (2件)

「エレクトリック」ではなくて「エレクトレット(electret)」ですね.


磁石の magnet にならって作られた言葉です.

あんまり詳しくありませんが,物理屋としての常識の範囲で回答します.

ある種の誘電体を高温で熔融して電場をかけ,冷やした後に電場を取り去ると,
電気双極子モーメントが残って長期間保存されることがあります.
これをエレクトレットと言っています.
発見者は日本人の江口元太郎です.
江口が発見したのはカルナウバワックスと松脂の混合物だそうですが,
現在ではポリフッ化ビニリデンが有名です.

> プラスチックのようなものでも誘電率が高ければ永久電荷になりますか.

単に誘電率が高いだけではダメだと思います.
分極を固定する機構がないと外部電場を取り去った時点で分極もゼロに
なってしまいます.
分子自体が双極子モーメントを持っているようなものだと,
熔融して電場をかけて分子を配向させ,そのまま冷やして固定すれば
エレクトレットになる,というのが原理です.
他に配向固定の方法として,光照射や,γ線や電子線照射などあるようです.

ポリフッ化ビニリデンは圧電性がありますので(圧電係数は水晶より少し大きいらしい),
そちらでの応用範囲は広そうです.
マイクロホンに応用されているのは有名です.
歪みセンサーにも使えますし,逆に電場を制御して微細な動きを生じさせることも
できます.
焦電効果もありますから,赤外線センサーにも利用されているようです.

エレクトレットで検索すると,HPはかなりヒットします.
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「新・交互吸着法を用いたガラス繊維と有機材料の複合化による高機能フィルタの構築」
更に、
http://www.toyobo.co.jp/seihin/ac/elitolon/genri …
(エリトロン)

ご参考まで。

参考URL:http://www.nsg.co.jp/zaidan/nsgf053.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q圧電素子の実験

ライターやチャッカマンについている圧電素子で、
雷を起こす実験をしたいと思っているのですが、
やり方がわかりません
教えてください

Aベストアンサー

 アルミホイル  ■電極
----------

 (ここに鉄粉をまく)

  /\  /\
_||__||__
 アルミホイル  ■電極

紙に上のような形にアルミホイルを張り、鉄粉をまきます。
圧電素子の電極を■部につくようにして「カチ」とやると、雷ができます。
アルミや鉄粉は、スプレーのりを使うといいですよ。

Q誘電率(ε)と誘電正接(Tanδ)について教えてください。

私は今現在、化学関係の会社に携わっているものですが、表題の誘電率(ε)と誘電正接(Tanδ)について、いまいち理解が出来ません。というか、ほとんどわかりません。この両方の値が、小さいほど良いと聞きますがこの根拠は、どこから出てくるのでしょうか?
また、その理論はどこからどうやって出されているのでしょうか?
もしよろしければその理論を、高校生でもわかる説明でお願いしたいのですが・・・。ご無理を言ってすみませんが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

電気屋の見解では誘電率というのは「コンデンサとしての材料の好ましさ」
誘電正接とは「コンデンサにした場合の実質抵抗分比率」と認識しています。

εが大きいほど静電容量が大きいし、Tanδが小さいほど理想的な
コンデンサに近いということです。
よくコンデンサが突然パンクするのは、このTanδが大きくて
熱をもって内部の気体が外に破裂するためです。

伝送系の材料として見るなら、できるだけ容量成分は少ないほうがいい
(εが少ない=伝送時間遅れが少ない)し、Tanδが小さいほうがいい
はずです。

QMOSキャパシタの容量

MOSキャパシタの容量Cを大きくするのには、半導体の抵抗率を、大きくしたほうが良いのでしょうか、小さくしたら良いのでしょうか?
教えてください。なるべく理由のほうもお願いします。

Aベストアンサー

高周波特性の反転層側という意味でしたら、基板の不純物濃度が大きい(すなわち抵抗率が小さい)ほうが大きいです(というよりは、小さくならない)。

実際のデバイスではソース/ドレインを基板側電極にすると思いますが、この時は低周波特性のように反転層側でも絶縁膜で決まる容量になると思います。

参考URL:http://www.acsu.buffalo.edu/~inmookna/semiconductor/moscapacitor/MOSCapacitor.html

Q樹脂射出成形の微細形状と保圧

微細形状部まで溶融樹脂を充填させて転写率を上げるには、樹脂温、型温、射速を上げるのは、流動性を上げるという意味で理解出来るのですが、保圧を上げると転写率が上がるのがイマイチ理解出来ません。

イメージとしては、押し込む力(保圧)が大きくなる為、微細部まで樹脂が押し込まれ、充填率が上がるという考えでよいでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

充填率が上がるため転写率が上がると言う結論は正しいのですが、
その過程はより詳細に考えてみる必要が有ります。

<樹脂温、型温、射速を上げるのは、流動性を上げ>細部に樹脂が流れ込むのを
助けるために、転写率が上がります。

しかし、溶融樹脂は樹脂温と型温が高いと固化時の成形収縮が大きく、正確な
転写にマイナスの影響も及ぼします。
結晶性樹脂の場合、この影響による転写性の低下は顕著です。
これは型表面に接触した部分が固化しても、キャビティー内部の芯の部分は溶融状態で、
遅れて固化しようとします。つまり、体積減少が起こり、表面部分を内側に引っ張ろうと
します。これは表面のヒケとなり、表面パターンの歪み、つまり転写性の低下となります。
これを避けるために、まだ芯が固化(ゲートがシール)する前に、保圧を効かして
芯部の体積収縮を補う分の溶融樹脂を補充し充填します。
その結果、ヒケの無い、表面パターンが歪まず保持された成形品表面となります。

射速を上げるのは流動性を上げると言うよりは、溶融樹脂が低い温度の金型に触れ
固化する前に充填を完了しようと言う意味が強いと思います。

充填率が上がるため転写率が上がると言う結論は正しいのですが、
その過程はより詳細に考えてみる必要が有ります。

<樹脂温、型温、射速を上げるのは、流動性を上げ>細部に樹脂が流れ込むのを
助けるために、転写率が上がります。

しかし、溶融樹脂は樹脂温と型温が高いと固化時の成形収縮が大きく、正確な
転写にマイナスの影響も及ぼします。
結晶性樹脂の場合、この影響による転写性の低下は顕著です。
これは型表面に接触した部分が固化しても、キャビティー内部の芯の部分は溶融状態で、
遅れて固化しよ...続きを読む

Q圧電素子の変位測定時の入力電圧

圧電素子(ピエゾ素子)に電圧を掛け、変位センサを用いて振動する圧電素子の変位を取ろうと考えています。ここで書籍などで圧電素子に掛ける入力電圧はsin波またはステップ入力と書かれているんですがなぜ、sin波としなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

sin波が歪を持たない一番基本的な波だからだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報