先日ここで竹の子のことを書いていて思い出したことがあります。

 朝早く、竹の子の生えて来そうな場所の上で焚き火をして、これから生えてくる竹の子を地中で蒸し焼きにすると言うのです。
 
 当然地中の地下茎にも熱が伝わりダメージは大きいと思うのですが、野火などを考えれば地下茎や根は案外痛んでない気もします。

 それにしても、ここまでやるかと言う感じの過激な料理法を、以前TVで見た記憶はあるのですが、どの地方の料理でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

追加。


 西山のタケノコは「藪」でなくて「畑」なのだそうです。先日、K水亭の近くにいったのですが、タケノコ泥棒がいるらしく、警告の看板がいたるところにありました。そろそろシーズンですね。
 「美味しんぼ」をめくりなおせないので、どこの山なのかわからないのですが、いっぺんやるとしばらく使い物にならないので、「畑」ではやれない(出荷の計画ができなくなる)そうです。
 醍醐方面でも竹林の手入れをしているようですが、このへんは全国ブランドでないので、地主がやる気になれば出来そうです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうでした・・・確かに手入れの届いた畑です。

つまり竹の間隔・本数もゆったりとしていなければ、焚き火すら出来ないのであって矢張り西山界隈でないと無理でしょうね!

・・・道楽としては行き過ぎの感、無きにしも非ず・・・と言うところでしょうか!

お礼日時:2001/03/25 11:46

やはり、筍といえば、京都です。


「美味しんぼ」で見ましたが、京都でしたね。
ブランドものの西山では、ダメージ回復に時間がかかるのでやらないようです。野火は火の元が移動するのですが、この場合は蒸し焼きにするのが目的ですので、地下茎へのダメージは相当あるようです。
    • good
    • 0

shootaといいます


10年以上前に元祖アウトドア雑誌にその食べ方を
紹介していました。
その雑誌にはどこの地方とは書かれてはいませんでしたので、アウトドア好きの誰かが考えたのかなと。

この料理法というか食べ方では根が死んでしまうので、もうそこからは竹の子は生えないので、抜いた後すぐに他の場所でやって下さいとありました

この回答への補足

 もう少し思い出した事を書き加えると、地上に伸びている竹の本数は少なく、焚き火をしやすいよく手入れされた竹薮なのです。
 ~で、私が知っている竹の子の産地は関東では「大多喜」と「飯能」方面ですが、確か京都西山か、大分の竹林だったと思うのですが
・・・まさかいくらなんでも「K水亭」ではないと思うのです。
・・・このようなTV番組の画面から言えば国営放送的だった気もするのですが、、、?

補足日時:2001/03/20 15:20
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q竹の子の煮かた

たけのこを買ってきて、調理しようと思ったのですが、
料理の本を見ると「水煮のもの」となっていました。
煮た状態にするには、やはりお米のとぎ汁で
箸が通るくらいに煮れば大丈夫ですか。
それとも一晩つけておいたりするんですか。初心者ですので、
所要時間や注意点など、教えてください。困っています。

Aベストアンサー

米のとぎ汁でも良いですが、米ぬかを使うことも有ります。

普通は柔らかくなるまで(30分くらい)ゆでた上で、一晩水につけておきます。
竹の子は根の部分が非常に固いので元の部分1/3ほどを切り取って別にゆでると良いと思います。

Q竹の子の、あく抜き。

竹の子を主人が貰ってきました。あく抜きしながら、茹でるのは、[お米の研ぎ汁]で、ゆがいたらいいんですよね?
そしてそのまま冷めるまで放置・・・で、正解でしょうか?

でも、この方法でいつもしてるのですが、なんか[くせ]が残って・・・。よかったら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

我が家では 毎年 たけのこが取れますので そのときのゆで方を 書いておきます。(こちらは 既にシーズンオフです)
たけのこが しっかりつかるお鍋を用意してください。丸のまま茹でる必要はありません 縦割りにしても大丈夫です。 皮は 先に剥いても茹でた後でもいいですが 仕上がりがきれいに見えるのは 後から剥いたほうです
出来れば 米ぬかが 一番かと思いますが 泣ければ お米のとぎ汁を用意してください。 我が家では 直径40cmくらいのお鍋に 米ぬかを 2~3つかみいれます。 たけのこが つかるくらい水を加えて 上から 落し蓋をして 火にかけます。沸騰してきたら(沸騰するとすぐに吹き零れそうになるので ご注意ください)火をとろ火にして ふたをします(このとき吹き零れないように お箸を 鍋の端に渡して ふたが少し浮くようにします このまま 約20分 火を止めたら 必ず そのまま 一晩 放置して自然に冷却してください
我が家では この後 こめぬかを洗い流して 水気を切り 冷蔵庫に入れて保管します。
水につけるという方もいらっしゃいますが 我が家では 水臭いと不評です
茹でると傷みやすくなりますので すぐに使い切れない場合は こまめに 洗ってください。 
こんなんで 参考になりますでしょうか 

我が家では 毎年 たけのこが取れますので そのときのゆで方を 書いておきます。(こちらは 既にシーズンオフです)
たけのこが しっかりつかるお鍋を用意してください。丸のまま茹でる必要はありません 縦割りにしても大丈夫です。 皮は 先に剥いても茹でた後でもいいですが 仕上がりがきれいに見えるのは 後から剥いたほうです
出来れば 米ぬかが 一番かと思いますが 泣ければ お米のとぎ汁を用意してください。 我が家では 直径40cmくらいのお鍋に 米ぬかを 2~3つかみいれます。 たけの...続きを読む

Q竹の子の「えぐみ」を取るのに、エナジックの還元水を使用するのはどうでし

竹の子の「えぐみ」を取るのに、エナジックの還元水を使用するのはどうでしょうか。野菜のアクが取れると書いて有りますが、ヌカなど入れなくても良いでしょうか、何方かやったこと有る方教えて下さい。
ちなみに私は、いま還元水にヌカを入れて茹でている最中です。還元水だけだとちょっと不安なので!!

Aベストアンサー

還元水というもののシステムがよくわからないのですが...

タケノコのアクはアルカロイドが酸化されてできたものです。
例えば、コーヒーなどのカフェインもアルカロイドですが、
放置しておくと変色し、エグみが増します。

さて、還元水というものに本当に還元作用があるのならば
これ単独で茹でた方がいいでしょう。
ヌカには不飽和脂肪酸が多く、還元作用があるのですが、新鮮な
ぬかというのはほとんど存在せず、かなりの部分が空気によって
酸化されています。従って、還元水はこの部分を還元しようとする
はずです。

還元水に還元力があるかどうかは以下の事件を行ってください。
(1)還元水と水道水を別々のコップに入れる。
(2)イソジン(褐色)を数滴たらす。
 水道水はうすい褐色になるはずですが、還元水に還元力があれば
 色が消えます。

水商売はほとんどは非科学的なものなので、実証しなければ信用が
できないのです。

Qブロッコリーの茎はどこまで食べられる?

いつもブロッコリーの茎を捨てていたのですが
今回購入したブロッコリーは花?の部分よりも
立派な茎で、捨てるに忍びない。
中華料理屋さんでは炒め物に茎の部分が入って
いたのですが、この茎、どこまで食べられるの
でしょう?もしかして全部食べられちゃう?
おいしい調理法とあわせて教えてください。

Aベストアンサー

我が家の定番は、ブロッコッリー全部ゆでて、細かく刻ざみます。
そして、ゆで卵を用意して、同様に細かく刻みます。

それらに少々塩コショウをして、マヨネーズであえて食べてます。
ブロッコリーと卵の割合はお好きなように!
ブロッコリーは全部食べてしまいます。

Q竹の子の「えぐみ」をしっかりとるには

とれたての竹の子を米ぬかをたっぷり入れてゆでたのですが、「えぐみ」が完全に抜けずに後味が悪いのです。 どうすれば「えぐみ」をしっかりとれるでしょうか。

QNo.511368では、「えぐみ」はシュウ酸によるということですが、シュウ酸が特に多い部分というのはあるのでしょうか。
NHKのサイトでは、とれてから時間がたつと「えぐみ」が増えるようなことを言っていましたが、これは空気に触れてシュウ酸が増えるのでしょうか。 そうだとしたら、ゆでる前に皮をできるだけたくさんむいて捨てれば良さそうな感じですが、皮をむかないでゆでた方が良いとも聞きますので、よくわかりません。

それとも、ゆでる時間や火加減、あるいは火を止めてから取り出すまでの時間などの関係でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もいつも米ぬかでやっていたのですが、
先日はなまるで米のとぎ汁がいいとやっていました。
HP見たので、参考にしてみてください。

【家庭でオススメのアク抜き方法】
家庭でのタケノコのアク抜きといえば、「米ぬか」で2~3時間茹でるのが一般的です。
しかし、ふきこぼれやすいので弱火にして約2時間茹でるため、おいしい旨味も抜けてしまいます。

そこで「米のとぎ汁」を使います。
ふきこぼれがあまりないため、できるだけ強火にできるからです。
<アク抜き方法>
1)穂先を切り落とし、縦に少し切れ目を入れておく
2)タケノコが隠れるくらいのとぎ汁でゆでていく
3)アクを丁寧に取る
4)約1時間ほどで出来上がり

◆「米のとぎ汁」は「米ぬか」と同じ役割?

米のとぎ汁自身、米ぬかを水に溶いた状態と同じ物です。水の中に、米のぬか成分であるコロイドが漂っている状態になります。そのコロイドの表面にえぐみ成分が吸い寄せられてくっつき、えぐみが除かれる仕組です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報