こんにちは。

自分の今まで生きてきた人生の中でベスト3と思われる映画を教えてください。

ちなみに私は
(順不同)
・ベストキッド  
  初めて自分の足で映画館に行って見た映画で今でも記憶に新しいくらい深く感  動しました。
・クレイマークレイマー
  もうビデオでは100回は見たかも。。。
・ストレイト・ストーリー
   いやぁ~本当にいい!!

てな感じです。
3つに絞るのは難しいかもしれませんが、みなさんのご回答楽しみにしております。m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

「 キャリ- 」 70年代の映画なのに、今観ても色あせない作品です。


シシ- スペイセク魅力全開☆ 青春映画が一転ホラ-映画になる構成。卒業プロムにのぞむキャリ-の純粋な気持ちがとても切ないです。 スティ-ブン・キングの原作をあわせて読むと尚、面白いですよ。

「エバ-・アフタ-」 この作品でのドリュ-がとっても好きです☆
今までのシンデレラ ストリ-を覆すほどの活き活きとした個性と存在感で、ロマンティックな夢とエネルギッシュな人生観を与えてくれます☆


この2つの作品、劇場予告編も結構いいです!

3番目は「ファミリ-ゲ-ム」です。 「罠にかかったパパとママ」をリメイクした作品で、原作は名作「二人のロッテ」です。 キャスティングの妙というんでしょうか。。 とにかくこの作品、可愛らしくて心温まる作品ですね☆
    • good
    • 0

[グラン・ブルー]海が本当にきれいで、観るたびに心あらわれるカンジがします。


[昨日・今日・明日]マストロヤンニが本当に素敵。イタリア語のテンポが楽しいです。
[ロード・オブ・ザ・リング]映画館で観るほうがテレビで観るより全然楽しいと思いますが・・・3位が思いつかなかったので・・・。他の日に考えたら3位は変わるかも!
    • good
    • 0

1位 ライフ イズ ビューティフル  2位 モンスターズ・インク  3位 顔のない天使



 最近ではこれです。戦場のピアニストやリロ アンド スティッチをまだ見てないので、それが入ってくるかもしれないと思います。
    • good
    • 1

私のベスト3は、



No1 A.I
No2 ライフ・イズ・ビューティフル
No3 モンスターズ・インク

です。これ見て考えてみると
3つとも小さな子供が出てくるという共通点が・・(笑
    • good
    • 0

ほんとに難しい!!


ですけど、いい映画はいっぱいありますね。
その中で選ぶとしたら、私は・・・
1 「ショーシャンクの空に」 ですね、やっぱり。
   これは見るととても勇気をもらった気がします。

2 「父の祈りを」 ダニエル・デイ・ルイス主演の感動ドラマ?ですかね?親子の愛がとっても良いです。

3 「GO NOW」 ロバート・カーライル主演。 これは確かイギリスので、
またトレスポのようなのかな?と思っていたらとっても感動しました!
 ・・・と全部感動ものが好きな私でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
おぉ!ここでもショーシャンクが・・・
私も基本的に感動ものが大好きです。
ほんと映画ってすばらしいですよねぇ~

お礼日時:2003/03/27 16:12

No.1 「パーフェクト・ワールド」何回観てもラスト号泣です。



No.2 「ショーシャンクの空に」キングとは思えない感動作です。

No.3 「フェイス・オフ」ただの娯楽?映画なのかもしれないけど、
    トラボルタとケイジの使い分け、素晴らしすぎます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やっぱり、ショーシャンク・・・は大人気ですね。
今回の回答の中で一番多いみたい!(^o^)丿

お礼日時:2003/03/27 16:10

ええ~なんだろう・・



・魔女の宅急便
小さい時から何度も見てるので、映画の範囲を超えてるって感じ。

・ジュマンジ
当時すでに高校生でしたが思いっきり純粋に楽しめたので、とにかく面白かった記憶しかない(笑)

・ボビー・フィッシャーを探して
チェス映画です。ちょっと違うけど、ヒカルの碁って漫画のチェス版て感じ。熾烈な戦いと、プレッシャーに押しつぶされそうになる天才少年の苦しみが伝わってきていい映画だと思った。

こんな感じかな・・ほんとはもっと書きたいけどだめなんですよね?(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
3つに絞るってやっぱ大変ですよね。。。
でもあえて3つだけ・・・だと皆さんどんな映画を答えてくれるかとても楽しみだったもんで。。。

お礼日時:2003/03/26 15:59

モノクロでせめてみました。

深く考えずにって趣旨が異なりますが。

『大いなる幻影』 ジャン・ルノワールの傑作でしょう。これが元ネタの映画も多いですよね。

『ガス灯』 バーグマン美しい。ほんときれい。

『イブの総て』 ベティ・デイヴィスがハマってました。マリリン・スワンソンとは違った迫力が。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
かなり、しぶ~い回答ですね(^o^)丿
深く考えずにってのも大歓迎です!

お礼日時:2003/03/26 15:57

■「フレンチコネクション」


ジーン・ハックマンがいい。セミドキュメンタリーがいい。カーアクションがいい。尾行がいい。悪者が賢くていい。アクションなのにアカデミー賞とっていい。音楽がジャズでいい。麻薬の隠し場所がいい。アンハッピーエンドがいい。説教くさくなくていい。盗聴がいい。サンタになって張り込みがいい。コンビがいい。何度も見た。何度見ても面白い。
■「ブレードランナー」
「レイダース」の後のハリソン・フォード、「エイリアン」の後のR・スコット、と旬の役者に旬の監督。ルトガー・ハウアーは一世一代の大仕事をし、「スプラッシュ」のダリル・ハンナが脇という贅沢さ。見たことないシド・ミードのデザイン、SFXの巨匠ダグラス・トランブル。孤高の天才作家P・K・ディック。ほろ酔いのハイ・パイク、蛇と登場ジョアンナ・キャシディ、IQ低いブライオン・ジェームス、神出鬼没のE・J・オルモス。声の高いM・エメット・ウォルシュ、痛風気味のジョー・ターケル、、、、こんなキャラの立った脇のそろった映画はあるか!。通行人まで目が離せない!。そしてテーマは大きく「君は人間か?」である。君は生きている。でもそれで果たして人間といえるか?である。何度も見た。見るたびに新しい発見があった。
■「エル・トポ」
「なんだこれは!」と思うが、実は一般的な人生の記号化かもしれない。ほんとうにこれはすごいぞ!2度しか見てない。見るのに覚悟がいる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
そして詳しいご解説まで!ブレードランナーは見た事ないのですが、これを読ませせて頂きとっても見たくなりました!!!

お礼日時:2003/03/26 15:54

(1) 冒険者たち(フランス。

アラン・ドロン他)

(2) アンタッチャブル(アメリカ。ケビン・コスナー他)

(3) アラバマ物語(アメリカ。グレゴリー・ペック他)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
どれも名作ぞろいですね!

お礼日時:2003/03/26 15:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Q映画「ベスト・キッド」(2010)のパンフレット

映画上映時にはパンフレットを購入しなかったのですが、
今になって欲しくなってしまいました。
できれば新品がいいので、通販サイトがあれば教えてください。
また、新品購入ができなかった場合には、古本も考えていますので
中古入手先等もご紹介下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ヤフーオークションで、
「ベスト・キッド パンフレット」で検索したら、中古ですが何冊か出品されてました。
新品はないかもしれませんが、コンディションのよいものも探せば見つかると思います。

Q映画祭が主催して映画を作ることはあるの?

世界各国、さまざまな映画祭がありますが、映画祭がお金を出して映画を作ることってあるんですか?
カンヌ映画祭やベルリン映画祭が映画を作ったなんて話は聞いたことがありませんが、他の映画祭ではこんなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「それぞれのシネマ」という映画がそうです。
カンヌ映画祭60周年に合わせカンヌ主催で作った映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330555

調べないとわかりませんが、他の映画祭でも節目節目で作った作品があると思います。

Qベスト・キッドについて

ベスト・キッドでジャッキーチェンがウィルスミスの息子にカンフーを教えているときに、
"Focus""Attitude"ともう一つ何か言葉を伝えていたと思うのですが、思い出せません。
どなたかわかる方いたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
"NO FACE"(「変な顔するな」(?)みたいな意味で)とジャッキーチェンが何度か言っていますがそのことでしょうか?
私は残念ながらこの映画を見ていないので自信がありません。間違っていたらごめんなさい。

Q「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?

「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?
できれば、背景にエキストラのような感じで出てくるのではなく、ちゃんと「映画館」が物語に関わってくるものがいいです。

たとえばアニメなのですが、クレヨンしんちゃんの「カスカベボーイズ」という映画では、
映画館にやってきたしんちゃん達が、映画のスクリーンの中の西部劇の世界に吸い込まれる、というストーリーです。

このように、その映画のタイトルと、その映画にどのように映画館が出てくる(絡んでくる)のかを教えてください。
洋画カテゴリーですが、邦画でもアニメでも、なんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

↓に一覧がありましたので、ご参考にどうぞ。
http://sapporo.cool.ne.jp/jojo129/gallery/theater/theater.htm

Qベストキッド2について

ベストキッド2についてお聞きします。
この映画の中ででんでん太鼓が出てきますが、
どういう意味があるのでしょうか?
またミヤギさんは主人公に何を伝えようと
したのでしょうか?

Aベストアンサー

空手やボクシングなどで、腕全体に力が入っているとスムーズにパンチを打つことができないので、イメージとしてロープ(腕)の先に鉄球(拳)が付いていることを想像して、余分な力を抜きしならせるようにして相手にヒットする瞬間だけ拳を強く握るように、というものはありますが、はたしてこの作品がそれを描いているのかどうか。1作目の「鶴の構え」にしても、あんなにフラフラした不安定な構え・型など空手にはないし、「2」の沖縄(実際の撮影はハワイだそうですが)の描写もヘンです。
それに東北地方発祥の玩具である「でんでん太鼓」が沖縄に普通にあるのかどうかも怪しいし、おそらく、他の映画によくみられるように欧米人特有の感覚“日本人(orアジア人)=神秘的”ということを描きたいがために、見た目がいかにも民芸的な物だとして選んだだけではないでしょうか。最近の「パール・ハーバー」でさえも、軍(しかも海軍!)の幹部が山の中で作戦会議を開いている、なんてヘンな描写がでてくるので、20年前の作品である「2」なら尚更だと思います。
「でんでん太鼓」は山形・宮城発祥の玩具とも言われているので「宮城=ミヤギ」つながりだとしたら大したものですが、ミヤギ先生は沖縄が故郷と言っているのでおそらくそんなことはないでしょう(笑)。

空手やボクシングなどで、腕全体に力が入っているとスムーズにパンチを打つことができないので、イメージとしてロープ(腕)の先に鉄球(拳)が付いていることを想像して、余分な力を抜きしならせるようにして相手にヒットする瞬間だけ拳を強く握るように、というものはありますが、はたしてこの作品がそれを描いているのかどうか。1作目の「鶴の構え」にしても、あんなにフラフラした不安定な構え・型など空手にはないし、「2」の沖縄(実際の撮影はハワイだそうですが)の描写もヘンです。
それに東北地方発祥の玩...続きを読む

Q「死霊の盆踊り」という映画がサイテー映画とは

「死霊の盆踊り」という映画の批評で、
「サイテー映画と呼ぶに恥じない映画」とか書いてありましたが、
「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。
またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

Aベストアンサー

厚いファン層の支持を得ているヨタ・カルト映画『資料の盆踊り』ですね。

私は何年も前に全編を通して見ましたが、かなり見応えのあるサイテー映画です。「呼ぶに恥じない」とは、よくぞ言いました。世の中には1円で売られている有名スター主演の映画ビデオがあるにもかかわらず、中古でもサイテー1980円からしかないのが賛辞の証拠です。

前置きが長くなりました。

>「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。

この場合は主に、芸術性、すじがき、カメラワーク、演技、照明や音声など各種技術のレベルがゼロという意味です。色彩と女優さんたちの容姿はそれなりに美しいです。

>またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

死霊が盆踊りをするだけの映画だからです。以下の解説も言い得て妙だと思いますよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11171

Q「ベスト・キッド」の2010の音楽

「ベスト・キッド」の2010の音楽

ベスト・キッド見てきました!
この映画で使われている音楽がどれも素敵だったので、
曲名・歌手名を教えてください。(←歌詞がある音楽のみ)

Aベストアンサー

場面  -   曲名   -    歌手名
* Opening song ? Do You Remember ? Kamaljit Jhooti
* Taking plane to China - Say ? John Mayer
* Watching TV in Beijing apartment - SpongeBob SquarePants Theme - Patrick Pinney, Devin Johnson, Sara Paxton and Camryn Walling
* Playing basketball - The Tribute (DJ Zeph Remix) ? Colossus
* Ping Pong - Here I Come ? The Roots
* Girl’s headphones - Minerva Quartets - Camilla Kjoll, Lina Marie Arnes, Lisa Sorenson and Tiril Dorum Bengtsson
* Song playing on his headphones - Baby I’m Back ? Baby Bash
* Nocturne For Piano No. 20 In C Sharp Minor ? Alyssa Park
* Hahn will teach him kung fu and skateboarding - Dirty Harry (Schtung Chinese New Year Remix) ? Gorillaz
* (unknown scene) - Steppin’ Up ? K T Wilder
* Going to have fun/ day with the girl - Bang Bang ? K’Naan
* He plays the dance game - Low ? Flo Rida
* She plays the dance game - Poker Face ? Lady GaGa
* Boy’s audition - Flight Of The Bumblebee ? Balazs Szokolay
* Jackie Chan sings in the car - Xin Ying ? Xuan Qu
* Kicks the bell and start of the tournament - Back In Black ? AC/DC
* Wins first match and montage of the next matches - Higher Ground ? Red Hot Chili Peppers
* End credits - Never Say Never ? Justin Bieber

場面  -   曲名   -    歌手名
* Opening song ? Do You Remember ? Kamaljit Jhooti
* Taking plane to China - Say ? John Mayer
* Watching TV in Beijing apartment - SpongeBob SquarePants Theme - Patrick Pinney, Devin Johnson, Sara Paxton and Camryn Walling
* Playing basketball - The Tribute (DJ Zeph Remix) ? Colossus
* Ping Pong - Here I Come ? The Roots
* Girl’s headphones - Minerva Quartets - Camilla Kjoll, Lina Marie Arnes, Lisa Sorenson a...続きを読む

Q映画の思い出、映画館の思い出・・

好きな映画、子供の頃に観た映画、タイトルが思い出せない映画、
観たかったけど観られなかった映画、はじめてデートで観た映画、
レンタルで観た映画、映画館であったこと・・。
映画にまつわるお話はありますか?
出来れば楽しいお話で。
良かったら教えてください。

(文章が下手なので、短く拙いお礼しか出来ませんが思いますが、
「それでもいいよ~と」思われたら、回答お願いします。)

Aベストアンサー

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビクビクもので父親に連れられて行ったんです。父は盛んに「怪獣なんて飛び出して来ないから」と言うんですが、私はもうドキドキ。で、映画館に着きました。ところがですね、ここでまた問題が起きたんです。後から考えたら問題だったんですが。普通、映画を観に行く時って上映開始時間に合わせて行くものですよね?ところが父はそんな事お構いなし。映画の上映途中で映画館に入ったものだから、既に映画は始まっていたんですね。だから途中から観たんです。途中で観たもんだから私はチンプンカンプン。丁度あれは、コングがタンカーで運ばれるところからでした。で、コングが撃たれて死んでしまうまで、つまりラストシーンまで観たは良いんですが、肝心の話の初めが解らない。で、もう一回最初から見直したんです。当時は切符1枚で何回も観れましたから。飛び出して来ないと解り、私はもう夢中になって観てたんですが、父は横でグゥーグゥー。そして最初に入った時に観たシーンに入ったんですが、普通は最後まで観るでしょう。せっかく1枚の切符で観放題なんですから。ところが父は「さぁ、こっからは最初の続きだから帰るか」。子供心に「あらららら・・・」。子供だから筋なんてどうでも良い。ただ怪獣が好きだったので、コングが観れれば良かったんですが、何となぁく変な気がしました。何だか今から考えると愉快な思い出です。

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビク...続きを読む

Q役者の過去・現在。映画のもう一つの楽しみ方。

私は最近ずっと、週に一本以上DVDを借りては鑑賞を楽しんでいます。主にラブロマンスものが好きで観るのですが、「存在の耐えられない軽さ」を観たあとに偶然「ショコラ」を観て、ジュリエット・ビノシュとレナ・オリンの両方の過去と現在を垣間見たときに、女優の変化・成長を同時に見られてとても興味深い思いがしました。

洋画に限ったことではないですが、それから特に俳優の若かりし頃の作品とその後の作品の変化を見るのが、映画鑑賞の新たな楽しみとなりました。

ジュリエット・ビノシュに関しては、「存在の・・」に出てたときはまだピチピチした少女の面影がとてもキュートで魅力的だったのが、「ショコラ」のときには母親を演じていて落ち着いた女性の魅力に溢れていました。どちらもそれぞれ素敵ですが、私は現在の彼女と同年代として、以前の若さが懐かしく心に残る。

あと、今日観た「アニー・ホール」のアニーが、少し前劇場で観た「恋愛適齢期」のあの素敵な女性だと知り、とても感激しました。年齢を重ねてまた別の魅力があるし、若い頃の作品と重ねると感慨もひとしおです。

同様な感じで役者の変化や成長の軌跡を、映画の一つの楽しみにしている方、どんな感想をお持ちか教えてください。

私は最近ずっと、週に一本以上DVDを借りては鑑賞を楽しんでいます。主にラブロマンスものが好きで観るのですが、「存在の耐えられない軽さ」を観たあとに偶然「ショコラ」を観て、ジュリエット・ビノシュとレナ・オリンの両方の過去と現在を垣間見たときに、女優の変化・成長を同時に見られてとても興味深い思いがしました。

洋画に限ったことではないですが、それから特に俳優の若かりし頃の作品とその後の作品の変化を見るのが、映画鑑賞の新たな楽しみとなりました。

ジュリエット・ビノシュに関しては、...続きを読む

Aベストアンサー

 はじめまして。
俳優・女優の過去の作品を観るのは、驚くほど幼稚だったり、可愛らしかったりで、楽しいものですよね。
私が好きなのはナタリー・ポートマン。
『レオン』でのあどけない少女役が最近の『スターウォーズ』シリーズでの大人っぽさといったら、と思わずオヤジな目線で見てしまいます…。
またいわゆる大物俳優が若いころに出演していた映画もいいですね。
ロバート・デ・ニーロの『タクシードライバー』『レイジング・ブル』
ダスティン・ホフマンの『卒業』『真夜中のカーボーイ』など。
今はみんないいオジサンですが、若いころはやっぱり精悍なハンサム俳優であったんだと納得してしまいます。

また余談ですが、映画監督の人生や、そのときに置かれていた環境を、映画と照らし合わせて観るのも興味深いです。
まぁ後から語られたことなのですから、多少の創作はあるのかもしれませんけどね…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報