1mMの溶液A0.1mlに水をたして2.5mlにし、さらに0.5Mの炭酸ナトリウム溶液2.5mlを加えて全部で5.0mlにした場合の溶液Aの濃度計算の方法を教えてください。単位もお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

『溶液Aの濃度計算の方法を教えてください。

』というのであれば、その濃度は『1mMの溶液A』と書いてあるわけですから、『1mM』に決まっています。計算不要です。単位も書いてあります。ちなみに溶液Aを希釈したものはもはや溶液Aとは呼びません。
あなたの質問を文字通り、科学的かつ常識的に理解すればこういった回答になります。しかし、いくら何でもそんな質問をする人はいないでしょうね。

溶液AではなくAの溶液というのであれば意味がわかりますが、そうは書かれていませんよね。Aの溶液であればそれを希釈したものもAの溶液です。しかし、『Aの溶液』と『溶液A』では全く意味が違います。
自分の書いていることを理解して質問して下さい。

もしも『溶液AではなくAの溶液』であったとすれば前の回答のとおりです。それが計算方法です。濃度は50分の1になります。1mMの50分の1の濃度がわからないというのですか。だったら教えましょう、0.02mMです。1÷50=0.02ですから。

なお、当たり前ですが、炭酸水素ナトリウムとAが反応せず、かつ炭酸水素ナトリウムが入ったことがAの濃度に影響を及ぼさないことが大前提です。

この回答への補足

溶液AとAの溶液についての考察どうもありがとう(笑)

補足日時:2009/06/24 12:11
    • good
    • 0

で、いったい何の濃度を計算しろというの?


Aに始めに溶けていたものであれば、初濃度1mMが50分の1になっている。なぜなら体積が50倍になっているなら。
炭酸ナトリウムの濃度であるなら0.5Mが2分の1になっている。なぜなら体積が2倍になったから。
これでわからない?

この回答への補足

溶液Aの濃度計算の方法を教えてください。
と書いてあります。
質問内容をよく理解してから回答お願いします。

補足日時:2009/06/23 17:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄の重量%濃度計算。

剃刀の刃の鉄の重量%濃度計算。
化学の授業で剃刀の刃の欠片を硫酸に入れ温めて酸化させ、そこに液体が赤紫色になるまで過マンガン酸カリウムを滴定する実験をしました。
刃の鉄の重量%濃度計算の仕方がわかりません。

剃刀の刃の重量は0,144g
硫酸(H2SO4)の濃度は4,0mol/l、
体積は15ml=0,015l
過マンガン酸カリウム(KMnO4)の濃度は0,020mol/l、
体積は22,7ml=0,0227mlです。

ここから剃刀の刃の鉄の重量%濃度を計算しなければいけないのですが、計算の仕方がわかりません。
教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

鉄は硫酸に溶解した段階ではFe2+の状態になっています。
過マンガン酸カリウムを入れることでFe2+が参加されてFe3+に変化しますね。
一方で過マンガン酸カリウムは還元されてMn2+に変わります。赤紫の色は過マンガン酸カリウムが反応せずに残った状態ですから計算を行う前に反応の式を考えることが必要です。

MnO4- + 8H++5e- → Mn2+ + 4H2O
Fe2+  →  Fe3+ + e-

Mn04- + 8H+ + 5Fe2+ →  Mn2+ + 4H20 + 5Fe3+

滴定に使われた過マンガン酸の量は

0.020×22.7/1000= 0.000454 mol

5倍のFe2+ が酸化されるのですから 酸化された鉄の量は 0.000454×5=0.00227 mol

鉄の原子量は55.85ですから酸化された鉄の量は 0.00227 × 55.85 =0.1268g

試験に使われた刃の重力は0.144gですから鉄の重量%濃度は

0.1268/0.144 ×100=88.1 %

Qある濃度の要素溶液の10mlが0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(Na

ある濃度の要素溶液の10mlが0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(Na2S2O3)溶液の20mlと当量であって、かつ、ある濃度の亜ヒ酸ナトリウム(NaAsO2)溶液の80mlと当量である。この亜ヒ酸ナトリウム溶液のモル濃度(mol/L)を求めよ。という問題に関して質問です。

解説には、I2(1mol)=Na2S2O3(2mol)というところはわかるのですが、
亜ヒ酸ナトリウムのモル濃度をx(mol/L)とすると、
x*80=0.1*10の意味がわかりません。
これって単位が合わないので計算がかわるのではないのですか?

これは何を意味しているのでしょう?

Aベストアンサー

No.1ですが間違えてました

ヨウ素のモル濃度が不明でチオ硫酸ナトリウムのモル濃度が0.1mol/Lですね。
なので
誤:ヨウ素のモル濃度が0.1mol/Lであり、この溶液10mLとあるモル濃度のチオ硫酸ナトリウムが~

正:ある濃度のヨウ素10mLとモル濃度0.1mol/Lのチオ硫酸ナトリウムが~

です。
申し訳ありません。

Q輸血後のヘモグロビン濃度計算の問題について

初歩的なことなのか、本やネットでは良くわからず困り果てています。どなたか知恵をお貸し頂けると幸いです。
 輸血後のヘモグロビン(Hb)の濃度計算は、予測されるHbの上昇量を輸血前の患者のHb量にプラスすることでわかるようですが、なぜ食塩などの濃度計算のように計算してはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

単純に濃度計算ということならば、質問者様が考えられた
輸血後のHb濃度=(あ×い+え×う)/(い+う)
ということになりますね。
しかしながら、実際は、輸血後のHb濃度=う×え/い+あ
という計算となります。
実際の計算式をよくみると、輸血後も循環血液量が
変わらないという条件での計算となっています。
つまり、質問者様の数式のうち、分母に存在する
「う」の数値のみ0になっているということです。
では、なぜ?
輸血は、ヘモグロビンだけを注入するのではありません。
多くの水分も同時に輸血されます。
輸血後に過剰な水分は、尿として排出されますよね。
例えば、50kgの人の循環血液量は約4L程度だと思いますが、
1Lを輸血したとして、循環血液量が5Lとなったと計算するよりも
人体の水分調節機能(過剰水分の排出)によって、
循環血液量は4Lのまま、変化しないとして、計算する方が
実際の治療としては、有効なのだからではないでしょうか。

循環血液量は、一般的に患者の身長と体重から計算します。
輸血後に身長は変化しません。
体重は1kg輸血すれば、その直後は1kg増えます。
しかし、水分による体重増加は、排尿によって減少してしまいます。
やはり、輸血後も循環血液量は増加しないとして、計算する方が
身体の仕組みにとって、実際に近い(有効な)値なのでしょう。

単純に濃度計算ということならば、質問者様が考えられた
輸血後のHb濃度=(あ×い+え×う)/(い+う)
ということになりますね。
しかしながら、実際は、輸血後のHb濃度=う×え/い+あ
という計算となります。
実際の計算式をよくみると、輸血後も循環血液量が
変わらないという条件での計算となっています。
つまり、質問者様の数式のうち、分母に存在する
「う」の数値のみ0になっているということです。
では、なぜ?
輸血は、ヘモグロビンだけを注入するのではありません。
多くの水分も同時に輸血されます。
...続きを読む

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

Q血中濃度計算について

麻酔薬フェンタニル100μg/2mlを10ml使用した場合の血中濃度(%)の計算方法を教えてください。ちなみに生理食塩水200mlで希釈します。医療系の学生なのですが、濃度計算が苦手で困っています。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

いや、この場合勘違いのもうひとつとして
というかこれをよく間違えて医療事故に繋がったりしますので、よく気をつけておくことが必要です。

まずはフェンタニル100μg/2mlの意味を理解しておくことが重要です。

この意味は「溶液2ml中に含まれるフェンタニルの含量が100μg」ということですので、フェンタニル自体は100μgです。

(実際は精製水等で薄めて用いるので、こういった表記の仕方は覚えておくことが必要です。)

8mlではその4倍量となり、『400μg/8ml』ということになります。

で、本題からすれば、薄めて200mlにするので

濃度としては400μg/200mlです

まぁ通常は計算するので、

2.0μg/mlとかでしょうか

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Q濃度計算

0.5065mol/lの溶液10mlを100mlに希釈したときのモル濃度はどうなりますか?

どのように計算したらよいのかわかりません。
計算過程を説明してもらいたいです。

10倍するから モル濃度も薄くなるとは思うのですが・・・

Aベストアンサー

希釈しても、溶けてるものの量は変わりませんから、
10倍に薄めると、濃度は10分の1になります。

ですから、
0.5065mol/l を 10分の1にしてください。

Q塩化ナトリウム5gを水に溶かし100mlとした溶液(A液)がある。これ

塩化ナトリウム5gを水に溶かし100mlとした溶液(A液)がある。これを用いて0.1%(W/V)希釈液1000mlをつくるのに必要なA液の液量はいくらか。

上記の問題の解き方と回答が分かる方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

元の溶液(A)は濃度が5g/0.1L、だから50g/L。
目的の溶液は1g/1L。
だから溶質1.0gが欲しいので、50g/Lで割ると、1/50 (L)、20mL。

Q濃度の計算方法

濃度の計算なんですが、例えば、12mg/ml濃度の水溶液が10mlあります、これを8mg/ml濃度の水溶液を作るにはどれだけの水を加えればいいのでしょうか?また、計算方法を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

まず溶け込んでいる物質の量に注目します。
12mg/mlが10mlということは120mg
これで、8mg/mlの水溶液は120/8=15ml作れます。
つまり、あと5ml足せばOK。

まぁ、濃度が2/3ばいなら、溶媒は1.5倍、
だから、5mlと考えてもいいですが。

Q3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

こどもからきかれたことなのですが、わかりませんでした。

3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

という問題です。
ご教授ねがいたいのですが…

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムはNaOHと一価の塩基で、
硫酸はH2SO4と二価の酸なので、
求める硫酸の量を@とおくと、
酸及び塩基に含まれる水素イオンと水酸化イオンの量は等しいので、
1×3.0×40÷1000=2×1.2×@÷1000

が成り立ちます。
両辺の最初の項の整数は価数を表します。
÷1000、これは単位[ml]を[l]になおすものです。

一応は高校生なんですが、最近習ったやり方によるとこんな感じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報