『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

もともと色白な男なのですが、去年海に行って2~3時間ほど日焼け止めを塗り忘れて遊んでいました。
そこそこ赤くヒリヒリになりつつも、二日もすれば落ち着いて多少黒っぽくなってきました。

キレイにしっかり黒くなりたいのでオイルとかを塗ってみようと思うのですが
SPF15~20程度の数値が低めの日焼け止めと
例えばコパトーンのゴールデンタンオイルのようなSPF2~4のオイルではどちらがオススメですか?

色白は日焼け止めを使うべきという話を聞いたような気がしますし
友人には「しっかり黒くなりたいのにサンオイルじゃないの?」と言われたりもして
下地を作って少しずつ焼く方が長持ちでいいにたいですが、一気にやきやいのでどっちがいいですか^^;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

基本的にはサンオイルも、日焼け止めもサンバーンを防ぐと言う意味でいうと同じものです。

ただ、紫外線をカットする効果の違いだけです。

よく勘違いしている人がいるのですが、サンオイルはあくまでも肌をサンバーン(やけど状態)から守るもので、日焼けを促進させるものではまったくありません。また、日焼け止めといってもPA値が低ければ、いくら塗っても日焼けします。

日焼けを引き起こす紫外線には2種類あります。肌を赤くいわゆるやけど状態にするUVBと、肌を黒くする紫外線のUVAの二つです。一般にSPF値で示されるのは前者のUVB紫外線を防ぐもの。逆に肌を黒くするUVAを防ぐ効果はSPF値のうしろについているPA値+++などであらわされます。先にあげたPA値というのがサンタンを防ぐ効果を表したものなんです。一般的にSPF値が高いものほどPA値も高い傾向があります。

なので、日焼け止めでもPA値がついていないものであれば、色が黒くなる(サンタン)に関して言えばサンオイルも変わらないということです。逆に、肌が赤くなって炎症をおこすサンバーンを防ぐ効果が高い分、日焼け止めを使って焼いたほうが、サンバーンのリスクなくきれいに焼ける可能性が高いです。ましてや一気に焼こうとしているならなおさら。


肌がすでにメラニンをしっかりこしらえて黒い状態なら、紫外線に対する抵抗力ができているのでサンオイルでもいいですが、そうでないなら、日焼け止めである程度肌を守ってやらないとサンバーンをおこします。ちなみに私は焼きたいときはいつも15SPFの日焼け止めをまめに塗ってやきます。ムラやけせずきれいにやけますよ。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 日焼け<皮膚の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    日焼けとはどんな障害か  日光によって起こる皮膚の変化で、サンタン(色素の増加)とサンバーン(日光によるやけどの状態)があります。  日焼けを起こすのは紫外線です。紫外線には長波長(UVA)、中波長(UVB)、短波長(UVC)の紫外線があり、通常は短波長のUVCは地表には届きません。  日焼けを起こすのはUVAとUVBで、とくにUVBの作用が重要です。紫外線は皮膚の細胞にはたらいて、微少な障害を与...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSPF4とは?

例えばコパトーンのタンニングウォーター SPF4のSPF4とはどの程度守ってくれるのでしょうか?
普通の日焼け止めのSPF30とかSPF50とかと比べて低いので教えてください!!

Aベストアンサー

はじめまして。参考までに…。
《SPF値とは》
Sun Protection Factor(サンケア指数)の略で、紫外線防止効果を表わす数値です。
たとえば、SPF7の日やけ止めは、何も塗らない時の7倍の紫外線量を受けてはじめて赤くなります。何も塗らないと25分で日やけする人がSPF7のものを使用すると、175分かかって赤くなるということになります。
簡単に数値をSPF4の場合に置き換えて計算したとしたら、100分かかって赤くなってくるというような感じです。
質問者様の肌の状態が焼けやすい体質なのか、そうではないかによって時間などは変わってきますが。大体の目安にしてみてはいかがでしょうか?
数値が高ければ高い程、太陽に当たった時に日に焼ける時間が遅くなって行くって事ですね(*´ェ`*)
タンニングウォーターと言う事は焼きたい?と言う事ですよね?
何もつけない状態で焼くよりは少しでもSPFの効いたものを塗って焼く事をお勧めします。肌に少しは負担がかからないですからね…。焼く事自体は肌に良くはないですけどね…。皮膚ガンになりやすいみたいなので。私も個人的には少し黒い肌の方が健康的に感じるかなぁ~?ってかぁ♪黒い肌が好きです(^_^)v
アフターケアにも気を使って下さいねσ( ^ー゜)

はじめまして。参考までに…。
《SPF値とは》
Sun Protection Factor(サンケア指数)の略で、紫外線防止効果を表わす数値です。
たとえば、SPF7の日やけ止めは、何も塗らない時の7倍の紫外線量を受けてはじめて赤くなります。何も塗らないと25分で日やけする人がSPF7のものを使用すると、175分かかって赤くなるということになります。
簡単に数値をSPF4の場合に置き換えて計算したとしたら、100分かかって赤くなってくるというような感じです。
質問者様の肌の状態が焼けやすい体質なのか、そうではないか...続きを読む

QSPF4のサンオイルでも黒く焼くことってできますか?

SPF4のサンオイルでも黒く焼くことってできますか?

SPF2のと4のとがありまして、どちらをかおうかで迷ってます。

SPF4は2より焼くのに時間がかかりますが、その分皮膚がんなどを防げるというのは聞きました。

ただ、SPF4でも時間をかければ真っ黒に焼くことも可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

ところで黒く焼ける体質の方ですか?

赤くなるだけとか白いままの人も居ますので

で、2も4も大差は無いです。

Q黒くなる日焼けオイル教えてください

今度太陽の下で日焼けします。ちゃんと黒くなるおすすめの日焼けオイルなどを知っていましたら教えてください!結構黒くしたいんです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
勘違いしてそうなのでひとこと。
日焼けオイルというのは日焼けを促進させるものではなくて、肌が真っ赤になって痛くなるのを防ぐものです。

日焼けといっても肌が赤くなって焼けど状態(サンバーン)にする紫外線と、肌のメラニンを増やす紫外線とは別物。
サンバーンを防ぐ紫外線をカットする数値はSPF○○と書かれているもの。逆に肌を黒くする紫外線をカットするのはPA+++などで表されているものです。

一般的には前者の肌が炎症を起こすのを防ぐ目的が優れているものを日焼け止めといい、黒くなるのを防ぐのはむしろ二次的意味合いが強いですね。実際、私はすごく日に焼けやすいたちで、安い日焼け止めなんかだと塗っていてもしっかり黒くなりますもん。

早い話、日焼け止めとあっても例えばSPF15でもPA+表示がないものであればしっかり黒くなります。
サンオイルとあるものであれば基本的にはメラニンを増やす紫外線をカットするものは入っていないのでどれ使っても同じです。

また、サンオイルといわれるものはSPF1~4ぐらいで、サンバーンを起こす紫外線をカットする力が弱いので、あらかじめ肌にメラニンができていて黒いひとならともかく、色の白い人だとメラニンが増えて黒くなる前に肌が焼けど状態になってしまう可能性もあります。

サンバーンを起こしながら焼き続けるとムラやけや肌の皮がむけて汚くなってしまう可能性があります。

男性にありがちなのが一気に焼こうとしてサンバーン=やけど状態になる人が多いこと。

また、肌の白い人は無理にやいてもメラニンができにくい傾向があるので、無理して焼き続けてサンバーンになりがちです。

こういうタイプは肌が真っ赤になって痛いのに、ぜんぜん黒くならない最悪タイプ。こういう人は、どんなオイル使ってもやけにくさはかわりません。むしろサンバーンを起こす紫外線をカットすることが重要になるので、サンオイルなら1時間おき、タオルや汗をかくごとに何度もまめに塗りなおす、もしくはPA値の入っていないSPF15以下の日焼け止めをしっかりぬって焼くようにしましょう。

こんにちは
勘違いしてそうなのでひとこと。
日焼けオイルというのは日焼けを促進させるものではなくて、肌が真っ赤になって痛くなるのを防ぐものです。

日焼けといっても肌が赤くなって焼けど状態(サンバーン)にする紫外線と、肌のメラニンを増やす紫外線とは別物。
サンバーンを防ぐ紫外線をカットする数値はSPF○○と書かれているもの。逆に肌を黒くする紫外線をカットするのはPA+++などで表されているものです。

一般的には前者の肌が炎症を起こすのを防ぐ目的が優れているものを日焼け止めとい...続きを読む

Q日焼けしたいのですが、日焼け止めが「SPF10/PA+」でも焼けますか

日焼けしたいのですが、日焼け止めが「SPF10/PA+」でも焼けますか??
PAがあるといけないと思うのですが、PAがないものがなくて、、
コパは肌にあいませんでした

Aベストアンサー

正直、どんなにSPFが高くても、PAの+が多くても焼けるときは焼けます。
むしろ、日焼け止めの油分で余計に焼けている気がします(サンオイル効果かなぁ)

紫外線をできるだけ浴びずに日焼けをしたいということであれば、セルフタンニング剤などを使うのが一番だと思うのですが。。。
噂では、きちんと保湿しないとゴボウのような肌になるそうなので、管理が大変だとは思いますが、日光を直接浴びて焼くよりはいいと思いますよ。


人気Q&Aランキング