【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

感冒後に検査にてγGTPが80くらまで上昇しました。
ALTもやや上昇(49)しましたが、ASTはほぼ変動はありませんでした。
市販の風邪薬を服用して1週間くらいで感冒は治りました。
感冒により上昇したのでしょうか?
もしくは市販の風邪薬により肝臓へ影響が出たのでしょうか?
ご意見をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1補足です。


感冒症状、そして肝機能障害とくれば、肝障害を起すウィルス感染症を考えますし、肝障害を来す頻度の高い薬剤を服用していれば薬剤性肝障害も考えます。そして、そのどちらかを診断するには更なる検査が必要ですし、検査してもわからないことがしばしばあります。
つまり、hey_ochaさんの回答はまさに医学的に正解です。
しかし、現実的には、目の前にいる患者さんに一般論を話して、「結局、わかりません」でおしまいにするわけにはいきません。患者さんに対して、何らかの判断をしなければなりません。緊急度や重症度そして発生頻度を考慮しつつ、患者さんのもつ印象や検査値の具体的な数値などから判断していくことになります。少ない情報でしたが、そのプロセスの結果がNo. 1の私の回答です。これは一般論ではなく、tomy_1983の病状に対する私の判断です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご意見を踏まえ、感冒治癒後、特にその他の気になる症状はまったく無いのでやはり風邪薬によるものと納得しました。
様々な可能性からの適格なご判断、誠にありがとうございました。

お礼日時:2009/06/24 11:56

結論から言うと、両方考えられるというのが正解です。



ウイルスによっては、時に肝臓に影響を及ぼすものがあります。肝炎ウイルスは当然ですが、たとえばEBウイルスも肝臓に影響を与える有名なウイルスで、症状は風邪程度にとどまることも多いです。リンゴ病のウイルスなどでも肝障害は知られています。胃腸炎などから発見されるウイルスでも肝障害の報告もあります。風邪のウイルスにはいろいろありますので、多少の肝機能変動があっても全く変ではありません。

じつは、普段は風邪くらいで採血はしないので、あまり知られていないだけで、風邪で肝機能が変動していても、気づかれないことが多いのです。時々検査をしてみるとびっくりということがあります。私も、風邪の成人の方が、白血球が1100まで落ちていてびっくりして入院させてしまいましたが、単なる風邪で終わりました。そんな人は、その気で調べればたくさんいると思います。

でも、薬でも変動しますから、結局はどちらかはわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

提示した少ない情報の中から、考えられる可能性のご提示誠にありがとうございました。風邪による臨検査値の変動はしられていないことも多いのでね。参考になりました。

お礼日時:2009/06/24 12:00

はじめまして。


まず、結論をいいますと、γGTP、ALTの上昇(肝機能障害)は市販の風邪薬の副作用と考えるのが自然です。通常の感冒(上気道や胃腸のウィルス感染)で肝機能が障害を受けることはほとんどありません。一方、薬剤の多くは、その副作用に肝機能障害がありますし、特に市販の風邪薬には多いです。この類いの肝機能障害は自覚症状はほとんどなく、検査でのみ引っかかります。疑わしい薬剤を中止すればすみやかに肝機能は正常化します。
ただ、あなたの病気が感冒でないとすれば話は別です。例えば、A型肝炎などでは感冒と似た症状(発熱、倦怠感、腹痛、下痢、嘔吐など)が出ます。この場合は、A型肝炎ウィルスによる直接の肝障害となります。
A型肝炎は例え話ですので気になさらないで下さい。まずは感冒と考えることが普通ですし、それで治っているようですので心配ありません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風邪とGOT、GPTの上昇

3週間ほど、37~38度の微熱が続いています。
1週間前に病院で血液検査したところ、白血球やCRPは
問題ないが、GOT、GPTの数値が60ぐらいあると言われ
ました。病院に行くまでに、市販の総合風邪薬を飲ん
でいたので、そのせいかもしれないと薬を1週間止めた
のですが、今日の血液検査では、他の項目に異常はないが
GOT、GPTの数値が1週間前よりも悪化していると言われ
ました(数値は教えてくれませんでした)
熱以外の症状は、はじめの1週間ぐらいは頭痛がひどく、
ここ1週間は身体全体がだるくて3日前からカラ咳が
出るようになりました。お医者さんからは、風邪ウィルス
の中に肝機能を悪くするモノがあるという説明を受け、
咳止めと抗生物質を頂き、来週また検査です。
いかんせん、熱が出ている状態が長いので体力的にも
きつく、何か悪い病気じゃないのかと不安です。
この症状で考えられる病気、今後のアドバイス等が
ありましたら、ご回答して頂きたいと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。ご心配ですね。私の場合、以前入院中に投与された抗生剤でGOT、GPTが上昇し正常範囲を超えた経験があります。入院中でもあり、血液検査を週2回実施していたので、抗生剤が原因であることがすぐにわかったため、他の抗生剤へ変更したことにより、正常範囲に戻りました。確かに風邪ウィルスで肝機能数値が上昇する物もあるようですが、抗生剤でも上昇する事があると言うことです。
ちなみに私はかかりつけの内科、歯科、整形外科全てにその抗生剤(ク○ビ○ト)があわないことを伝えました。

Qインフルエンザ後肝臓の数値が気になります。

先日、インフルエンザAになり、タミフルを服用しました。
服用後・・3日経ちました。

今日、いつもの胃腸系の薬がなくなったので、病院に行き・・。
インフルエンザが治まってからの3日間・・なにげに
「だるさ」「気持ち悪さ」などがあったので「血液検査」を頼みました。

結果が返ってきましたが・・。
今まで「肝臓」の部分の数値は上限値を超えた事がなかったのですが・・。

GOT・・上限値40→29
GPT・・上限値45→50(この部分です)
γ-GPT・・上限値85→39

・・というように、初めて「GPTの値」が上限値を越しました。
医師は・・特に心配することはない(他の値などをみても・・)ということでしたが、

この場合・・やはり「タミフル」を服用だったり・・
その他、疲れが出たり・・。
その他・・。

どういう理由が考えられるでしょうか?
また・・この数値は、大変な数値なのでしょうか?
一度も上限値を超えたことがなかったので、余計気になってしまうのですが・・。

アドバイスや考えられることを教えて頂ければとても助かります。

どうぞ宜しくお願いいたします。

先日、インフルエンザAになり、タミフルを服用しました。
服用後・・3日経ちました。

今日、いつもの胃腸系の薬がなくなったので、病院に行き・・。
インフルエンザが治まってからの3日間・・なにげに
「だるさ」「気持ち悪さ」などがあったので「血液検査」を頼みました。

結果が返ってきましたが・・。
今まで「肝臓」の部分の数値は上限値を超えた事がなかったのですが・・。

GOT・・上限値40→29
GPT・・上限値45→50(この部分です)
γ-GPT・・上限値85→39

・・というように、初めて「GPTの値...続きを読む

Aベストアンサー

内科医です。

GPT・・上限値45→50

この値から「何か大きな病気が隠れていそうだ」と判断する医者はほぼいないと思います。
数値だけで言えばごく軽微な異常です。

インフルエンザなどのウイルス感染があれば、時に軽度の肝障害は時に見られます。
また、治療のための内服薬で軽度の肝障害を呈することも時にあります。

風邪が治れば、内服薬も飲む必要がなくなり、肝障害も自然に治ることが予想されます。

特に持病もなく、現在症状も良くなっているなら、病院にかかって再検査を受ける必要も特にないと考えます。

Qγ-GTPが高くなると具体的にどうなるか。

夫のγ-GTPがここ3年ずっと200台です。
本人も初めは驚き、頑張ってお酒を減らしていましたが、

(1)頑張っても減らない
(2)今の所生活に何の害も出ていない。

と、言う二点より禁酒・運動などの努力をしなくなりました。
よく、アルコール性肝障害、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯などと聞きますが、知識もなく周囲にもいないので、主人に説明も出来ずイマイチぴんとも来ません。

このまま200台が続くと具体的にどういう症状が出て、どう生活に係わってくるのか、ご存知の方いらっしゃったら教えてください。
少し具体的に説明して、ちょっとビビる位反省し、たるんだ気持ちを考えなおし、気を引き締めなおしてもらえるようにしたいです。

また、私も妻として知っておきたいので・・

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。
ガンマGTPというのは、漏出酵素といわれる物の一つで、肝臓の細胞が壊れて血液中に流れ出てくるものです。
普通の人でもわずかづつ、細胞が死んで壊れていき、新しい細胞が作られて補充されるのですが、細胞が壊れて死ぬのが十倍位早いスピードであるって考えていただければいいでしょう。
なので、それをずっと続ければ、いずれ肝臓の細胞が足りなくなります。

大体その位の数値だと、肝臓は脂肪肝という状態になってるといわれています。
脂肪肝なら、時間がかかっても直りますが、肝硬変になってしまうと直りません。(つまり細胞全滅)

その時には、今以上に動けなくなります。
顔色は土色~灰色になり、とにかく非常に疲れやすく、出血もしやすくなり、痔静脈瘤破裂による、走り痔だとか、食道静脈瘤破裂で吐血したり・・・という事が起きてきます。

http://www.newton-doctor.com/kensa/kensa01.html

QγGTPを下げる方法ありますか?

皆さん、こんにちは。

タイトルの通りなのですが、過去ログにも「これだ!」と言うのが無かったので、質問させていただくことにしました。

33歳♀なのですが、一年前に風邪がなかなか治らず、血液検査をしたところγGTPが140近くありました。
肝炎の疑いもあるとのことで、エコーを撮ったのですが結果は“脂肪肝”でした。。。
太りやすい体質の為、もともと油物などは食べないように心がけているのですが、それまでは毎晩ビールを1リットル、焼酎をジョッキで2杯飲んでいました。

それからは、弱くなったきたこともあり、休肝日も作りました。
出かけた時は飲むこともありましたが、晩酌はノンアルコール350と缶チューハイ程度にしました。
運動不足は解消できませんでしたが。。。

一年経ち、再検査をしたところ、何と!!
γGTPが340まで上がっていました。。。
とりあえず、一ヶ月禁酒してもう一度検査だそうですが、酒量も控えていたのに倍以上まで上がってしまったのはショックです。
♀だし、まだそんなに年でもないので、このままだと肝硬変になると言われてしまいました。

今まで、なんとなく習慣で飲んでいたので、禁酒そのものは苦ではありませんが、禁酒しても下がらなかったらどうしよう・・・。
と心配です。

何か良いものありますか?
しじみとか、熊笹とか、ウコン???
良いアドバイスありましたらよろしくお願いいたします!!

皆さん、こんにちは。

タイトルの通りなのですが、過去ログにも「これだ!」と言うのが無かったので、質問させていただくことにしました。

33歳♀なのですが、一年前に風邪がなかなか治らず、血液検査をしたところγGTPが140近くありました。
肝炎の疑いもあるとのことで、エコーを撮ったのですが結果は“脂肪肝”でした。。。
太りやすい体質の為、もともと油物などは食べないように心がけているのですが、それまでは毎晩ビールを1リットル、焼酎をジョッキで2杯飲んでいました。

それからは、弱く...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!私もお酒が大好きです。
これは数年前の私の経験なのですが、健康診断でγGTPが550位ありました。
その時は体もだるく吐き気がし、家にいる時は常に横になっていました。
診断では急性肝炎といわれ、急激に数値が上がったこともありウイルス検査もしました。ウイルスは問題なし!
診断後アルコールを一ヶ月絶ち、再検査を受けたら300位まで下がっていました。原因は完全にアルコールです。
その後は一日に350ミリリットル1缶等、気を使いましたが飲んでいます。
現在は90位まで下がっています。
O2さんは数値を下げようと、健康食品または牛乳等を過剰に摂取していませんでしょうか?
私もその時は牛乳がよいと聞いたので、朝起きて・夜寝る前に一日一リットルずつ飲んでいましたが、最後は『高脂血症』になりました。
お酒を絶っているのに、数値があがるのは少し疑問に思います。
肝臓に良いと言われ、今試している物や摂取している量を再確認してみて下さい。
なにか体に合わないものが必ずあるはずです。
アドバイスまで・・・お大事に!

Q肝臓の数値の上昇した原因は何でしょうか?

以前した質問に付属してもう一つ質問させてください。

5月の末から1週間ほど39度位の熱が続き、全身が日焼けしたように真っ赤で、近所の診療所で採血を受けました。その結果大きな病院で再検査を受けるように言われ、6月5日に再度血液検査を受けました。
6月2日 GOT141、GPT225
6月5日 GOT128、GPT204、γ-GTP113、LDH407、チモール11.6、クンケル13.2、LAP82、CPK52、MCH32.1 その他基準値内
6月11日 GOT73 、GPT151、γ-GTP80 、LDH275、チモール17.7、クンケル17.2、MCH31.7、サイトメガロウイルス、EBV共に抗体あり
との結果で、自覚症状も無い事、数値も下がってきている事で、経過を観察しましょうといった結果になりました。また、当時子供がりんご病にかかった直後ということもあり、パルボウイルスB19の可能性もあるが、肝臓の数値が悪くなるのはあまり無いし、考えられるのはB型肝炎だが、半年の間に妻以外で性交渉は無いため、可能性は薄いといわれました。

GOTよりGPTが高いことから何らかのウイルスに感染した結果の肝臓の炎症と考えられるようですが、(違っていたらすみません)B型や、C型のように性感染以外のウイルスである可能性としたら何があげられるでしょうか?この一月いろんなことを考えパニック症候群と言われ、現在心療内科で薬をいただいています。原因が分からないことが不安をいっそうかきたたせます。安定剤が効いている間はこんなことも冷静に考えられます。どうか宜しくお願いいたします。

以前した質問に付属してもう一つ質問させてください。

5月の末から1週間ほど39度位の熱が続き、全身が日焼けしたように真っ赤で、近所の診療所で採血を受けました。その結果大きな病院で再検査を受けるように言われ、6月5日に再度血液検査を受けました。
6月2日 GOT141、GPT225
6月5日 GOT128、GPT204、γ-GTP113、LDH407、チモール11.6、クンケル13.2、LAP82、CPK52、MCH32.1 その他基準値内
6月11日 GOT73 、GPT151、γ-GTP80 、LDH275、チモール17.7、クンケル17.2、MCH31.7、サイトメガロウイルス、E...続きを読む

Aベストアンサー

また失礼します。
ちょっと極論になりますけど、初心者の方にも判りやすそうな説明を持ってきました。

ウィルスという生物?の生活形態を見ると判る事なのですが、ウィルスというのは必ず何らかの細胞に侵入して増殖します。
そして増殖しきったらその細胞を破壊して外に出て行きます。
その時、当然ですが、細胞は壊れますね。
これが肝臓で起きた場合、おっしゃるような事になります。

肝臓の細胞は人間でも保存栄養(グリコーゲンなど)の作成や毒物の分解など、いろんな物質が沢山ある環境なので、ウィルスにとっても美味しい食糧倉庫になりやすい細胞の一つなのです。

ウィルス自体は宿主特異性というのがあり、動物や植物の種類をよりごのみし、感染する臓器も選り好みする物が多いのですが、人間が選ばれた場合、肝臓は比較的選ばれ易い臓器なのです。
肝臓だけが特に苛められるようなウィルスは肝炎ウィルスになります。

なお、肝臓ではなくても発熱したような場合は筋肉などの細胞破壊が起こりますので、GOTなどが上昇したりするような事が起こります。

まあ、以上より、おっしゃってるような数値はごく普通にある事、と思っていただき、経過観察をされる事で問題はないと思われます。

また失礼します。
ちょっと極論になりますけど、初心者の方にも判りやすそうな説明を持ってきました。

ウィルスという生物?の生活形態を見ると判る事なのですが、ウィルスというのは必ず何らかの細胞に侵入して増殖します。
そして増殖しきったらその細胞を破壊して外に出て行きます。
その時、当然ですが、細胞は壊れますね。
これが肝臓で起きた場合、おっしゃるような事になります。

肝臓の細胞は人間でも保存栄養(グリコーゲンなど)の作成や毒物の分解など、いろんな物質が沢山ある環境なので、...続きを読む

Q肝機能検査の数値が突然異常値になりました。

毎年、健康診断を秋に受けています。その際、特に異常はありません。
この12月に献血をしました。その結果がGOT,GPTが100と125に急上昇しています。お酒も飲まないし、この2,3ヶ月間に特に大きな病気や怪我はしていません。
身体も疲れやすいこともなく、肌の色も特に変わりません。
普通に生活してます。食欲もあるし、ビリーのDVDをしても平気です。
何が原因なのでしょうか?
少し不安になってます。

Aベストアンサー

一月程度期間を開けもう一度検査してもらってください。
一時的に増減することは良くあります。
参考までに
http://www.newton-doctor.com/kensa/kensa02a.html

Q急激なALT、γGTPの上昇

はじめまして、20代女性です。

趣味で毎年2回400ml献血をしているのですが、今回の献血でALT、γGTPが急激に上昇しました。

具体的に言うと過去5回分、およそ半年毎の数値で、

ALT(IU/L)  : 25-26-17-15-154(今回)
γGTP(IU/L) : 17-22-24-27-122(今回)

今ネットで見れるのが過去5回なのですが、それより前もこんな高い数値は無かったと思います。

ALTやγGTPは脂肪肝?に関係すると言われるようですが、ここまで急に変化するものなのでしょうか?

ここ半年で、
体重変化→変化なし(BMI21程度です。)
生活環境→変化なし
喫煙→なし
飲酒→月に2回くらい飲み会で飲む程度、普段は飲まない。

それ以外の検査項目→
 白血球数、赤血球数が過去5回で一番高いが誤差程度?
 コレステロールが150mg/dLで過去5回平均180mg/dLより大幅に減少


病院に行った方が良いでしょうか?行くなら内科でしょうか?

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

特に最近、風邪薬とか健康食品とかを飲んでいなければ、体重変化が
ないことからは脂肪肝の急速な悪化はないでしょうし、ウイルス性の
慢性肝炎があれば、こそっと日赤から連絡がくるはずですし、まずは
月2回のアルコールかと思います。

先日、体調が悪いといってきた人のALTは956、γGTPは311でした。
受診の前々日に大酒を飲んだとか。
一週間後に再検査したら、ALT 141 γGTP 235でした。
(ASTは1454→32)

体調が悪くなければ、一般内科でもどこでもいいかと思います。
ただし、一週間はお酒を飲まずに受診してください。
それでも、改善傾向がなければ、肝臓内科を紹介してもらえます。

他の可能性としては、自己免疫性肝炎だの原発性胆汁性肝硬変だの
たくさん、あります。

Q胆石、胆泥の薬、ウルソ錠(100mg)の効果的な飲み方は?

先日検査した結果
(検査は、血液検査、超音波検査、CT検査をしました。)

胆嚢に胆泥があって炎症を起こしているので薬をもらいました。

・処方された薬
 *セフゾンカプセル100mg⇒抗生物質、細菌感染症の薬
 *チアトンカプセル10mg⇒腹痛薬
 *コリオパン錠10mg⇒鎮痙薬(腹痛薬)
 *ウルソ錠100mg⇒胆嚢疾患、胆石を溶かしたり流す薬

合計4錠を1日3回食後に飲むです。

この薬の中で、僕的に最重要な薬が「ウルソ錠」
なんですが、ウルソの最も効果的な飲み方があったら
教えてください。

今は、食後の30分後に水で4錠まとめて、普通に薬を飲んでいます。
この薬を6ヶ月のんで効果が無ければ手術なので・・・

手術はできるだけ避けたいので、できるだけの努力
をしたいと思い投稿しました。

PS
胆石になる前の胆泥は、飲み薬で溶かしたり、胆汁で流したりする事が可能です。
が、絶対に溶けるとか流れるという保障はありません。
とお医者さんに言われました。

Aベストアンサー

私も、もう5年以上飲んでいますが、食後の30分後に水で飲んでいます。
確かに、溶ける石と溶けない石があると云われています。

私の場合、薬を飲んでいる効果か、溶けはしませんが大きくはなっていません。

Q夫の健康診断で肝機能GPTが60だったのですが・・。

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうですね・・、昨年より2~3Kg増えたと思います。

夫に私から、病院で精密的な検査を受けるように勧めたのですが、
経過観察なのだから病院に行く必要は無いんじゃないかとか、
昨年まで良かったのだから、今回だけ、たまたま高い数値が出てしまっただけのことかもしれないだとか、
来年も高い数値が出るようなことがあれば病院に行くようにするなどと言って、
口実を並べ立てて病院に行こうとしません。

昨年より飲酒量が増えたわけではないのに、肝機能GPTが60に上がったのは、
どのような理由が考えられるでしょうか?

また経過観察とのことですが、病院に行かないとなると、何ら治療を施すわけでは無い為、
結果として放置になってしまうのですが、それでも良いものなのでしょうか?

それとも無理にでも夫を説得して病院で受診させるべきでしょうか?

また日常生活や食生活において留意する点などございましたらアドバイス下さいませ。
経過観察と言えども、少しでも改善していきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうで...続きを読む

Aベストアンサー

GPTの数値を単独で判断するにはどんな名医でも不可能です。ましてや基準値やや上程度ですと検査結果としてまさに「経過観察」としか申し上げられません。
ちなみに去年の42にしても決して低値という訳ではありませんのでもしかしたらここ数年来で徐々に上昇傾向にあるのかもしれません。そうでしたら体質もしくは食生活の改善が必要かもしれません。
ご存じのようにこの検査は肝機能の指標となっていますので肥満による脂肪肝、アルコール肝なども対象となっております。(肝炎ばかりではないということです)
検診では機械的にコメントをつけていますので基準値をはずれると何かしらのコメントが自動的につきます。一種のアラームです。
これにより、医者が瞬時に異常に反応できるのです。
また、基準値はあくまでも統計処理をしていますので20人に1人くらいは異常値がでても不思議ではありません。
安心するようなことばかり書きましたが、一応人命に関わる性急なことではないのでこの様に判断しましたが、今後、値に一定の傾向(上昇)が見られるようでしたら精密検査も必要と思われます。


人気Q&Aランキング