ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

高校生物のレベルの質問です。
ウニの発生において、一次間充織は骨片になると教科書など
に書いてありましたが、二次間充織は「中胚葉になる」くらい
しか書いていません。
ウニの場合、中胚葉ってどんな器官や組織になるのですか?

カエルだったら、腎臓・心臓とかちゃんと書いてあるんですが、、。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

一部の教科書には記載が無いかもしれませんね。



二次間充織は,筋肉や生殖腺となると記載があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
勉強になりました!

お礼日時:2009/07/01 20:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウニの一次間充織と二次間充織の違い

高2です。生物の実験レポートの問題がわからなくて困ってます。

ウニの一次間充織と二次間充織の違いって何でしょうか。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一次間充織は植物極の細胞の一部が胞胚腔にこぼれ出たもので、最初にできる中胚葉。その後骨片に分化する。二次間充織は、原腸が伸びるときにその先端からこぼれ出たもので中胚葉になるものだったと思います。

Qカエルの発生について

 カエルの発生過程において、
受精するとき、精子の侵入口の反対側に灰色三日月環が現れる。
そして、灰色三日月環の下側の原口から陥入が起き、
原口が形成される側が胚の背側になる
というのを学校で習いました。
 ところが、どの教科書の図にも
灰色三日月環は動物極や植物極のところには
形成されていません。
 もし動物極(または植物極)から精子が侵入した場合、植物極(または動物極)から陥入は起きるのでしょうか?

Aベストアンサー

カエルの未受精卵は、動物半球に色素があり褐色、植物半球には色素が少なく白色をしていて、境界線はほぼ水平です。精子が侵入すると、この褐色の色素を含む細胞質がぐぐっとシフトして境界線が傾きます。このとき、色素が移動して色が薄くなった部分が灰色三日月環(Gray crescent)と呼ばれています。ここでまず、灰色三日月環が赤道付近以外には生じ得ないことがおわかりかと思います。

さて、ご質問の件ですが、教科書の書き方が誤解を招くというか、高校などではそう教えないのか、あなたはなかなか鋭いポイントを突いていると思います。

実は、灰色三日月環になる部分、つまり原口ができる部分というのは卵の中であらかじめ決まっているのです。
精子が入りやすいのが、あらかじめ決まっている原口予定部の反対側の動物極寄りであると言うだけです。

これは、細いガラス管に精子を入れて、それ以外の場所だけに精子が到達するようにしても、精子の侵入がほとんど全く起こらないことからわかります。
また未受精卵を針で突くと、その刺激で受精反応が起こり、灰色三日月環もできますが、針で突いた反対側にできるというわけではなく、どこを突いてもあらかじめ決まっている場所にできます。いずれも、一世紀近く前の実験なんですけれどね。

カエルの未受精卵は、動物半球に色素があり褐色、植物半球には色素が少なく白色をしていて、境界線はほぼ水平です。精子が侵入すると、この褐色の色素を含む細胞質がぐぐっとシフトして境界線が傾きます。このとき、色素が移動して色が薄くなった部分が灰色三日月環(Gray crescent)と呼ばれています。ここでまず、灰色三日月環が赤道付近以外には生じ得ないことがおわかりかと思います。

さて、ご質問の件ですが、教科書の書き方が誤解を招くというか、高校などではそう教えないのか、あなたはなかなか鋭いポ...続きを読む


人気Q&Aランキング