マンガでよめる痔のこと・薬のこと

人間ドックの数値で、血清アミラーゼが5年連続30~35くらいでした。ネットで調べてみると血清アミラーゼが低いのは「慢性膵炎」の可能性あり、とありました。人間ドックの担当医からは何も指摘を受けていませんでしたが、じんましんや痛風にも見舞われたため、いろいろ原因を調べています。どなたかアドバイスください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

血清アミラーゼの値だけではそうだとも違うともいえません。

ただ、じんましんや痛風と慢性膵炎との関係はほとんどないと思われますが、飲酒量によっては尿酸値の増加をきたし痛風をきたします。
医療機関を受診するして相談するしかありません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

専門の方から貴重なアドバイスありがとうございます。飲酒量がすべてにおいて悪く影響したんだと思っています。仕事の合間を縫って医療機関に行ってきます。

お礼日時:2009/06/25 09:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血清アミラーゼが低い

女性20歳、学生です。
最近異常に疲れやすく体調不良が続いていたので病院で血液検査をした所、総コレステロール値と、血清アミラーゼの数値が基準値より下回っていました。総コレステロール値は119で、アミラーゼは27でした。
医師は「栄養不足何じゃない?」と特に問題はないという感じで言ってましたが、栄養不足になるような食事の仕方はしていませんし自分では気を使っているつもりでした。
そこで、気になって調べた所アミラーゼが低いのは慢性膵炎がかなり進行し、石灰化が進んだ状態と書かれてありました。その上、慢性膵炎の症状のいくつか(食後の吐き気、腹部膨満感、全身倦怠感、)があてはまりました。

栄養不足でもアミラーゼの変動があるのでしょうか?
若い人でもかなり進行した慢性膵炎になる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

人間ドックでアミラーゼ27程度はざらにいます。
20歳で慢性膵炎は考えられませんし、通常は慢性膵炎ではALPやγGTPなどの
胆道系酵素の上昇や血糖の異常を伴う事が多いので、それらが正常なら問題
ありません。

Q血清アミラーゼの低値

健康診断の結果項目で膵臓(血清アミラーゼ)が低値(今年48L、昨年56L)で経過観察の判定でした。
ネットでいろいろ調べてみると高い値になると膵炎の恐れがあると分かったのですが、低値の場合の説明はどこを探しても見つかりません。
それほど気にするものではない結果なのですが、どういった状態なのか気になります。
もしご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
アミラーゼという酵素は消化酵素で、そもそも血液中にはいらない物です。
必要なのは消化管の中ですね。
すい臓は、腸にこのアミラーゼ他数種類の消化酵素を作って送り出してるので、アミラーゼがあります。
他に唾液(つまりツバ)にも含まれており、これは唾液腺(有名なのは耳下腺)で作られています。
これらの臓器が炎症を起こしたりすると血液中に漏れ出して検査でひっかかるわけです。
唾液腺の炎症、耳下腺炎(おたふく風邪)などでもあがりますが、すい臓は急性すい炎が非常に怖いので血液アミラーゼ上昇をみたらまずすい臓を心配するわけです。
低いというのは、そもそもない物ですから極端な話、0でもいいわけです。
でも普通は僅かですが正常な唾液腺やすい臓からももれているので、ゼロにはなりません。
これが正常値の一番下の意味、低い場合の意味と思っていただいて構いません。
こういうのを漏出酵素といいます。

厳密には、消化管で全部分解しきれないでブドウ糖が二つ三つくっついたような糖が血液中で分解するのに必要な少量が確保されているという事もできますが。

また、僅かにもれているのが正常なので、正真正銘ゼロとなるとしたらすい臓、唾液腺その他腸などの分泌腺などが全滅するという非常に極端な場合でしょうね。

こんにちは。
アミラーゼという酵素は消化酵素で、そもそも血液中にはいらない物です。
必要なのは消化管の中ですね。
すい臓は、腸にこのアミラーゼ他数種類の消化酵素を作って送り出してるので、アミラーゼがあります。
他に唾液(つまりツバ)にも含まれており、これは唾液腺(有名なのは耳下腺)で作られています。
これらの臓器が炎症を起こしたりすると血液中に漏れ出して検査でひっかかるわけです。
唾液腺の炎症、耳下腺炎(おたふく風邪)などでもあがりますが、すい臓は急性すい炎が非常に怖いの...続きを読む

Q膵臓癌で末期・・・なのに症状なし

私の母が3月24日に膵臓癌と告げられました。
余命半年から1年とも言われました。

病院嫌いの母が病院に行き始めたのは、
大雪が続いた2月の始めに肩甲骨のあたりに痛みを覚え
それが半月ほど経っても改善されなかった為、
疲労骨折を疑っての事でした。
そして掛かり付けの個人病院へ行ってレントゲン、エコーを撮った結果
骨に異常はないのだけれど、肝臓にポリープ(後に良性と言われた)
胆嚢に小さな点があるので大きな病院でもっと詳しく調べておいで、
と言われました。

紹介された病院ではエコー、MRI、血液検査を実施し、
膵臓、肝臓に腫瘍が見つかりましたが、血液検査で異常が見られた
胃と大腸を胃カメラ、内視鏡にて急いで検査するべきだ、と言われました。
どちらも結局異常も無く、問題点はないとの結果の後に言われたのが末期の膵臓癌です。

けれども時間が経つにつれ、どうも納得行かない点がいくつかあるのです。

(1)黄疸がまったくない。
(2)食欲不振・体重の減少が見られない
(3)消化不良による下痢もない
(4)膵臓と大きな関わりのある、糖尿病の疑いもない。
(5)本人は背中しか痛くない。

これは一例ですが、私が調べた結果、膵臓癌の主な症状のどれもが全く当てはまってはいないのです。

膵臓癌でも、これらの症状が全く出なくて末期と言うこともあるのでしょうか?
膵臓癌の知識のある方、どうか教えて下さい。

私の母が3月24日に膵臓癌と告げられました。
余命半年から1年とも言われました。

病院嫌いの母が病院に行き始めたのは、
大雪が続いた2月の始めに肩甲骨のあたりに痛みを覚え
それが半月ほど経っても改善されなかった為、
疲労骨折を疑っての事でした。
そして掛かり付けの個人病院へ行ってレントゲン、エコーを撮った結果
骨に異常はないのだけれど、肝臓にポリープ(後に良性と言われた)
胆嚢に小さな点があるので大きな病院でもっと詳しく調べておいで、
と言われました。

紹介された病院ではエ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめして。
お母様の突然のご病気に、質問者様をはじめ、ご家族様のお気持ちを考えると、本当にお辛いと思います。

すい臓がんは大変症状が出にくく、「最近、なんだか食欲が無い」「背中がおもだるい、痛む」「血糖値が高いと言われた」など、様々の症状で調べてみたら、かなり進行したすい臓がんであったと言う方が多く、
また、これらの症状が全て出るわけではない方も多く、その中のどれか一症状だけの状態で発見される方も多いです。

国立がんセンター内に、すい臓がんの詳しい説明がありますので、参考にしてください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/pancreas.html

また、このHPに「家族ががんになったとき」というページがありますので、もし、よろしければ参考にしてください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/qa_links/brochure/family.html

ただ、現状の病名告知に対して、納得がいかない、不安がある場合は、やはり、不安や不満をそのままにする事は良くないと思います。
主治医に、もう一度病状の説明を希望し、納得行くまで話を聞く事をお勧めします。

また、セカンドオピニオンを他の医師や医療機関に求められても良いと思います。
この場合も、「セカンドオピニオンを希望したい」と、主治医に伝えられれば、必要な検査データーや書類などを用意してくれると思います。

大切なお母様のことです。
どうか、納得の行く、より良い方向を見つけてくださいね。

はじめして。
お母様の突然のご病気に、質問者様をはじめ、ご家族様のお気持ちを考えると、本当にお辛いと思います。

すい臓がんは大変症状が出にくく、「最近、なんだか食欲が無い」「背中がおもだるい、痛む」「血糖値が高いと言われた」など、様々の症状で調べてみたら、かなり進行したすい臓がんであったと言う方が多く、
また、これらの症状が全て出るわけではない方も多く、その中のどれか一症状だけの状態で発見される方も多いです。

国立がんセンター内に、すい臓がんの詳しい説明がありますので...続きを読む

Q血液検査ですい臓の値が悪い

10月の終わりに血液検査を受けました。
今週月曜に結果を聞きました。
アミラーゼ123
リパーゼ454
トリプシン656でした。

明日病院に行き検査してもらいますが、すい臓がんの可能性もあるのでしょうか?
すい臓がんの特集を見ていたら怖くなりました。

わかる方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

母の場合ですが、背部痛以外はだるい、疲れる、食欲がないというような、ごく一般的な症状でした。
背部痛といっても、さほど深刻でもなく念のために病院へ行き、胃カメラ、エコー検査をしましたが異常が見つかりませんでした。
それから2ヶ月たってもだるさや食欲がないということで、日赤にてCTで何かあるということで検査をし、すい臓がんが見つかったわけです。

すい臓がんで胃痛がある人もいらっしゃるかと思いますが、医師がすい臓がんを疑ってたなら、腫瘍マーカーとか、まずは検査入院をすすめると思いますので、sのようでなければ、差し迫ったことではないのかなと推察します。

私は両親とも最悪の結果でしたが、そうじゃない患者さんの方が多いと聞きます。あまり深刻に考え過ぎないようにとしか言いようがないのですが、両親とも検査入院して、わりかし早く確定診断がでました。
早く結果が出て、晴れ晴れとした気持ちになられるといいですね。

Qすい臓のアミラーゼ値

人間ドックですい臓のアミラーゼ値が上昇(検査結果はH 121)しているといわれました。
特に問題はないみたいですが気になるのであれば3ヶ月~1年の間に検査を受けてみれば、と言われました。
すい臓のアミラーゼ値が大きいとどういう障害がでるのでしょうか?

Aベストアンサー

アミラーゼはデンプンなどを分解する消化酵素です。主に膵臓と唾液腺から分泌されています。
アミラーゼ上昇を見た場合はまずどちらの分泌が亢進しているかを見なければなりません。
問題となるのは膵臓型(P-AMY=pancreas-amylaseなどと記載)の頻度が高く、質問にも「膵臓の」と記載があるので、今回は膵臓型アミラーゼが上昇しているのでしょう。
次に血液のアミラーゼと尿のアミラーゼを同時に計測し、同様に上昇しているのか、血中のみ上昇しているのかを見ます。後者の場合は尿への排泄が妨げられている場合であり、腎臓疾患の可能性やマクロアミラーゼ血症などという病気を考えます。
しかし頻度が多いのは前者の場合です。その中で更に頻度が高いのが「膵炎」を起こしている可能性。ドッグに行ったのは忘年会シーズン突入の前ですか?急性膵炎の多くは飲酒を引き金にして起こります。消化酵素を撒き散らし、自分自身(膵臓)も溶かしたりして、ひどい場合は死に至る恐ろしい病気です。多くは強烈な腹痛を伴い、病院で診断が確定すると、入院絶食で点滴に繋がれることとなります。ひどければ膵臓までカテーテルを入れて薬剤を直接注入することもあります。診断は採血再検、腹部CTにより行われます。
膵炎は急性だけでなく、慢性の場合もありますが、質問の内容からすると何度も膵炎を繰り返した方とは思えませんので詳しい説明は割愛します。慢性膵炎でもアミラーゼ値が高値のまま長期に経過する方がおられます。
次にアミラーゼの上昇を見て考えるのは、膵臓がアミラーゼを産生しているのに分泌出来ない状況。胆嚢と膵臓はすぐ近くで管で繋がっているので、良性であれば、胆石が落っこちて膵液の出口を詰めている場合が考えられます。この場合はやはり多くの場合痛みが出ます。悪性であれば、膵臓癌、胆管癌など腫瘍が詰めている場合を考えます。この場合はあまり症状が出ないことがあります。これらも採血再検と腹部CTで診断可能です。

以上。
不安になっちゃいますよね。こんなこと言われたら。
でも可能性は可能性です。医者はいつもこの「可能性」と戦っています。
正直言ってアミラーゼ121という値を聞いたら、多くの医者が「大したことない値だ」と思うでしょう。ドッグでの会話を見ると、その医師も同様の考えだと思います。300、500となってくるとどこに行っても「異常」と言われるでしょうが、病院によって基準値に多少の差がありますから、121という値は異常としている病院もあれば正常としている病院もある、という程度のところです。症状もないのであれば、恐らくは何も問題なしという可能性が最も高い、と多くの医者が思う所以です。
しかし、医者は「悪いほうの」可能性をいつも気にしている。大丈夫な可能性が高いけど、ドッグの医者の言う通り1年後に検査したら膵臓癌が見つかったとしたら、「「あと1年早ければ」なんて言われたら、あなたはどうしますか?ドッグの医者に一言言いたい気分になりませんか?
訴訟社会に入り日本もギスギスしてきました。今、日本の多くの医者が、こうして患者さんに一言言われる、つまり訴訟になることを恐れて、「大丈夫!」とポンと背中を叩いて安心を与えてあげることが出来なくなってきました。「大丈夫!」と言ってくれる先生と、私のように「死に至る膵炎の可能性も・・ひょっとしたら癌かも・・」と言う医者と、あなたはどちらにかかりたいですか?今回のように境界領域の(しかもどちらかというと正常に近い)値を見たとき我々が葛藤を感じる部分です。ドッグの先生も「大丈夫!」とあなたのことを安心させてあげたい気持ちがありながら、「気になるのであれば・・」と早めに再検しましょうと言わざるを得ない。彼のセリフにこめられた思いはここにあります。
1年後に手のつけようのない癌が判明したとしても恨みっこないのであれば放置。いろいろ悩みに思うくらいであれば、病院に行って、採血再検、腹部CT(or腹部エコー)を撮ってくれと言いましょう。患者さんはお客なのだから希望があればそれを要求するのは当然の権利です。この時代に「CTを撮るかどうかは私が決めることです」なんてことを言うような医者だったら、本当に心配で受診したのであればそこで断って帰ったっていい。自分の健康は、医者任せでなく、自分自身で守る時代です。
ちょっと最後は脱線しましたね・・。ごめんなさい。

アミラーゼはデンプンなどを分解する消化酵素です。主に膵臓と唾液腺から分泌されています。
アミラーゼ上昇を見た場合はまずどちらの分泌が亢進しているかを見なければなりません。
問題となるのは膵臓型(P-AMY=pancreas-amylaseなどと記載)の頻度が高く、質問にも「膵臓の」と記載があるので、今回は膵臓型アミラーゼが上昇しているのでしょう。
次に血液のアミラーゼと尿のアミラーゼを同時に計測し、同様に上昇しているのか、血中のみ上昇しているのかを見ます。後者の場合は尿への排泄が妨げられている場...続きを読む

Q膵臓癌の疑いで他の医師の診察をうけるべきでしょうか

52歳男です。ここ一週間ほど腹痛が続いたことと、以前から背中に痛みを感じていました。職場の同僚から、「膵臓を診てもらえ」とアドバイスを受けました。早速、自宅近くの総合病院で医師の診察を受け、CT撮影と血液検査をしていただきましたが、結果として、CT画像に膵臓の所見は見当たらず、血液検査でも異状は無いと診断されました。 
症状は
〇 腹部上部左側に一週間ほど前から、何とも言えないような軽い鈍痛のようなものを感じ始める。熱いお茶等を飲むと胃が痛むようになる。痛みは全て「何か痛いなー」と思う程度で我慢できないような激しい痛みではありません。押さえると気持ちがよい。
〇 背中は、痛みを感じる腹部の部分の真裏です。これも、「痛いなー、凝ったなー」と思う程度です    が、気になる痛みです。若い時に、かなり激しくスポーツをしていました。その影響か20代後半から  腰痛持ちになりギックリ腰を繰り返しています。
血液検査結果は次の通りです。
〇 CT
  単純撮影で造影剤撮影等ではありません。医師からは「膵臓に悪いものは何も写っていません」  と言われました。
〇 血液検査結果
  ・ 血清アミラーゼ・低値・37(基準値40~122)、P-アミラーゼ・低値・14(基準値19~53)、
    リパーゼ・低値・15(基準値17~57)
     血糖・高値・129(基準値70~109)、HbA1c(NGSP)・正常値・5.0(4.6~6.2)
  ・ 他は全て正常値でした。AST・26、ALT・23、γ-GTP・35、CRP・0.02等
 次のことが心配です。ご教示ください。
1 造影CTを受けるべきか。
2 血液検査結果で低値と出た項目全ては、膵臓機能の低下若しくは末期症状を示しているのではないか。
3 膵臓専門医の診察を受けるべきか。
私は179cm、88kg、毎晩中ビン2本と焼酎1~2杯の晩酌をします。ストレスは有ると感じています。10年ほど前から不整脈が出始め、上室性、心室性両方の期外収縮が日に合わせて300~500回程度出ます。事務職でほぼ一日中デスクワークですが、朝と晩にウオーキングを2時間程度しています。他に運動はしていません。

とりとめもない文ですいません。どうかよろしくお願いいたします。

52歳男です。ここ一週間ほど腹痛が続いたことと、以前から背中に痛みを感じていました。職場の同僚から、「膵臓を診てもらえ」とアドバイスを受けました。早速、自宅近くの総合病院で医師の診察を受け、CT撮影と血液検査をしていただきましたが、結果として、CT画像に膵臓の所見は見当たらず、血液検査でも異状は無いと診断されました。 
症状は
〇 腹部上部左側に一週間ほど前から、何とも言えないような軽い鈍痛のようなものを感じ始める。熱いお茶等を飲むと胃が痛むようになる。痛みは全て「何か痛いなー」...続きを読む

Aベストアンサー

私があなたなら、まずは、禁酒を半月はしてみます。
すべてはそれから。

一滴も飲まなかったのは、いつのことでしょうか?

50も過ぎると、すべての臓器が老化する。
ストレスを理由にして、アルコールが過ぎているのが自覚されない・・・・とは、お考えにならないようなので。

悪いと思われることをまずは、ご自身で考察されることです。
生活習慣でなく、’病’だと決め付けると、迷路にはまる。

老化も、’病’というならそうですが、コレは治らない。
それなりに順応していくしかない。

たとえ、ガンだとしても、一ケ月やそこら、遅くなったところで、
手遅れタイプなら、どうせいつでも間に合わないし、
間に合うようなガンは成長が遅いので、ゆったり構えて、いたほうがいいです。

Q自覚症状のない慢性膵炎です。

自覚症状のない慢性膵炎です。

今年1月に、会社の健康診断で血清アミラーゼの数値が高く、かかりつけの内科にて再検査しました。
自覚症状は全くありませんが、慢性膵炎と診断され、フオイパンを毎食後2錠飲んでいます。

2ヶ月に1回血液検査をしていますが、リパーゼという数値が下がるもまだまだ正常範囲ではないとのこと。(先日の検査ではリパーゼが81でした。)
消化を助けるベリチームという薬も追加されました。

自覚症状が無いのに、薬で抑えることに意味があるのでしょうか?

私は普段お酒は飲みませんし、揚げ物やフライも滅多に食べません。
お昼も自分で作ったお弁当を食べています。なので外食もほとんどしません。
思い当たるとしたら、チョコレートやおせんべいなどのお菓子はほぼ毎日口にしています。

原因があるとすれば、お菓子の食べ過ぎでしょうか?

かかりつけ医も「困ったね・・・」というくらいです。

もし何か、改善法やアドバイスを頂けるようでしたら、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

膵炎は急性のものもあれば、慢性といわれるものもあります。
急性のものは劇症で、のた打ち回るほど痛いのですが、慢性のものは無症状のときもあります。

こういったことは肝臓でもあります。
「眠れる臓器」と肝臓は言われますが、肝炎がなんらかの原因で炎症を起こしたときも、大きな自覚は無いままに進行しているときもあります。
これは癌でも同じです。

膵臓というのは「消化酵素」を産出し、それを十二指腸に流しています。
腸の働きなどが何らかの原因でオーバーロードになると、膵液自体が枷になって、膵臓を自分で痛めつけるようになってしまいます。
これはストレスからくる胃潰瘍の仕組みとも似ています。

お菓子(市販のお菓子)には、大変に残念なことに、多量の「油脂」が含まれています。
おまけに小麦粉が使われ、卵も使われています。
これらは「腸内で簡単に吸収されないものばかり」なので、腸はオーバーロードになりやすいし、胆嚢も働きづめになります。
おまけに多量の糖分を含み、血糖値をバランスさせるためのインスリンなどの分泌にかかわる膵臓自体も大忙しです。

慢性膵炎は膵臓が炎症を起こすことで、その部分が石灰化していくという「大変に恐ろしい病気」です。
石灰化してしまった部分は、もう元には戻りません。
つまり「残存部で働いている」わけです。

ここまで書けば、油断なら無い事態だというのはお分かりになるでしょう。
菓子はアルコールと同等か、もしくはそれ以上の「敵」なのです。
食べる量を控えるのはもちろんのこと、食べるものも栄養士さんなどと相談して、スナック菓子などは厳禁とし、糖分は仕方ないですから、小麦粉・卵などを使用していないような菓子に切り替えてください。
なお、おせんべいなどにも油脂はありますし、卵などが使われていることも珍しくありません。
また、潰瘍性大腸炎の原因と疑われている「リノール酸」配合の油が使われていないとは限りませんので、原材料についてはとにかく「こだわり」が大事です。

最後に膵炎の原因は、肝炎と同じく「アルコール摂取ばかりではない」ということも、ここで書いておきます。

膵炎は急性のものもあれば、慢性といわれるものもあります。
急性のものは劇症で、のた打ち回るほど痛いのですが、慢性のものは無症状のときもあります。

こういったことは肝臓でもあります。
「眠れる臓器」と肝臓は言われますが、肝炎がなんらかの原因で炎症を起こしたときも、大きな自覚は無いままに進行しているときもあります。
これは癌でも同じです。

膵臓というのは「消化酵素」を産出し、それを十二指腸に流しています。
腸の働きなどが何らかの原因でオーバーロードになると、膵液自体が枷になって、...続きを読む

Q膵臓が悪い時の食事の注意する事

80歳の義父が、膵臓の血液のデーターが悪いので、食事に気をつけるよう、病院で言われました。いろいろ調べたのですが、膵臓が悪い=糖尿病とほとんどなっており、膵臓が悪いといつかは糖尿病へと移行するのでしょうか。
義父は、もともとは腎臓が悪く、7年前から副腎質ホルモン剤を服用しており、たぶん薬剤による副作用で、心臓、肝臓も悪いです。
膵臓の悪いときの食事は、やはり糖尿病のような食事療法をすればいいのでしょうか。どのように気をつければいいのでしょうか。
また、そのようなレシピのサイトがありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

膵臓が悪い=慢性膵炎と仮定してお話しします。
慢性膵炎の場合の食事療法の基本は「禁酒」と「低脂肪食」です。
膵臓は消化酵素を作るところでもありますから、高脂肪食を食べていると
消化酵素がたくさんでてその結果膵臓自体を消化してしまい、膵炎を悪化させてしまうことがあります。
食事については下記URLが参考になると思います。

さて話は変わりますが、義理のお父さんは本当に膵臓が悪いのでしょうか?
この病院の先生がいわれたのは、膵臓が悪い=血液検査で「アミラーゼ」の数値が高いということだろうと思います。
実はアミラーゼは腎臓が悪くなるとクリアランス(要するに腎臓から体外への排出)が低下して、膵臓が悪くないのに高い数字となる場合があります。
また、アミラーゼは膵臓から作られるアミラーゼと、唾液腺から作られるアミラーゼがありますが、唾液腺アミラーゼが高いだけで膵臓は正常な場合があります。

以上より、お義父さんが本当に膵臓が悪いかどうかは腎機能の程度と、上昇しているアミラーゼの種類(膵臓または唾液腺)および画像診断や症状などを総合的に判断する必要があると考えます。一度病院の先生に聞いてみてください。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~eiyou-km/newpage11.htm

膵臓が悪い=慢性膵炎と仮定してお話しします。
慢性膵炎の場合の食事療法の基本は「禁酒」と「低脂肪食」です。
膵臓は消化酵素を作るところでもありますから、高脂肪食を食べていると
消化酵素がたくさんでてその結果膵臓自体を消化してしまい、膵炎を悪化させてしまうことがあります。
食事については下記URLが参考になると思います。

さて話は変わりますが、義理のお父さんは本当に膵臓が悪いのでしょうか?
この病院の先生がいわれたのは、膵臓が悪い=血液検査で「アミラーゼ」の数値が高いというこ...続きを読む

QCT検査でわかること

体調不良で検査の一環でCT検査を受けました。症状から推測して何か異常が出るだろう、と思っていたんですが異常なしとのことでした。CT検査をした結果なので心配はしていませんがCT検査ではどういった病状が判るのでしょうか?腫瘍やガン、炎症なども判るのでしょうか?

Aベストアンサー

CTは大まかに言って頭部、胸部、腹部、骨盤部などと部位を分けて撮影しますので、あなたが受けたCT検査でどこのCTを受けたかによってわかる範囲が異なります。また、単純CTか、造影CTなのかによっても異なります。
一般的に、頭部CTであれば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気、胸部CTであれば肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、胸水の有無、胸部大動脈瘤など、腹部CTでは、範囲が広くなりますが、肝臓病(肝硬変や慢性肝炎、肝臓ガンなど)、胆嚢胆管疾患(胆石、胆嚢癌、総胆管結石、胆管癌など)、膵臓疾患(膵炎、膵癌など)、脾臓の大きさ、腎臓疾患(腎癌、水腎症など)および副腎腫瘍、腹部大動脈瘤などがわかります。胃や小腸、大腸などの疾患は大きなものしかわかりません。また骨盤CTでは膀胱、男性なら前立腺、女性なら子宮(子宮筋腫や子宮ガン)、卵巣腫瘍などがわかります。しかし、CTにも限界があり、病変の大きさ、造影剤の使用の有無によって初期のものや小さいものは見出せない場合があります。また、CTはあくまで形態の診断で、肝機能や腎機能などの正確な機能検査は血液や尿検査を行わないとわかりません。炎症は病気によってわかるものもあります。最後に、体調不良の一環でCT検査を受けたとのことですが、一般的には放射線被爆量の多いCT検査は精密検査に入り、どこが悪いかわからないけどとりあえず行う、という検査ではありません。また、医師の説明が不十分である印象を受けます。ご参考に。

CTは大まかに言って頭部、胸部、腹部、骨盤部などと部位を分けて撮影しますので、あなたが受けたCT検査でどこのCTを受けたかによってわかる範囲が異なります。また、単純CTか、造影CTなのかによっても異なります。
一般的に、頭部CTであれば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気、胸部CTであれば肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、胸水の有無、胸部大動脈瘤など、腹部CTでは、範囲が広くなりますが、肝臓病(肝硬変や慢性肝炎、肝臓ガンなど)、胆嚢胆管疾患(胆石、胆嚢癌、総胆管結石、胆管癌など)、膵臓疾患(...続きを読む

Q胃のCTスキャンはどこまでわかるか

胃の痛みや不快感、倦怠感、体重減少などが1~2ヶ月続いたため、進行癌を心配し、胃のレントゲンと内視鏡検査を受けますが、すでに以下の検査は済んでいます。

・CTスキャンでは腫瘍を疑う所見なし
・腫瘍マーカー(CA19-19、CEA)も正常値
・触診も問題なし
・ヘモグロビンも正常範囲(ということは貧血なし?)

担当医は「レントゲンと内視鏡検査を診ないと確定診断はできないが」としながらも、今のところ腫瘍を疑う根拠は見あたらないとしています。
冒頭の症状を伴う胃癌があるかどうかは、CTや血液検査だけではわからないのでしょうか。

Aベストアンサー

「胃や腸の病変は、CTスキャンではわからない」というのは誤りです。
進行胃癌や進行大腸癌は、CTスキャンやエコーでもある程度診断がつく場合があります。また、CTスキャンでリンパ節転移や肝転移などがわかり、その所見から胃癌・大腸癌などを疑う場合もあります。もちろん、確定診断は、内視鏡検査が必要です。
しかしながら、早期癌をCTスキャンで診断することは困難かと思いますし、進行癌でもわからないことはあります(腹部エコーなら、早期胃癌を見つける事ができる場合がありますが)。
すなわち、CTスキャンでで胃癌があることを診断することは可能ですが、胃癌が無いことを診断することはできません。
血液検査の腫瘍マーカーは、各種癌の診断(スクリーニング)に有用ですが、腫瘍マーカーが高値であれば癌を疑うことはできますが、癌と確定することはできません。また、低値(正常値)であっても、癌を否定することもできません(腫瘍マーカーが上昇しない癌もあるからです)。
主治医の先生がおっしゃっているのは、CT、腫瘍マーカーからは癌を疑う所見は見あたらなくても、癌が有るか無いかは、実際に胃の中を見てみないとわからないという事です。(それじゃあ、どうせ内視鏡検査をするなら、なぜCTスキャンを撮影したのかということになりますが・・・)
ちなみに、胃のレントゲンと内視鏡検査を予定されているとのことですが、2つの検査のどちらとも受けてから、主治医に結果をお聞きになる予定ですか?
両方いっぺんに予定することは、あまり一般的ではありませんね。検診では、まず胃のレントゲン(バリウムを使った胃透視検査)をして、異常があれば内視鏡検査をするのが一般的。症状が有って病院を受診した場合、まず内視鏡検査をして、異常があった場合に必要に応じて胃透視検査をするのが一般的だと思います(医師の考え方も、それぞれかと思いますが)。

「胃や腸の病変は、CTスキャンではわからない」というのは誤りです。
進行胃癌や進行大腸癌は、CTスキャンやエコーでもある程度診断がつく場合があります。また、CTスキャンでリンパ節転移や肝転移などがわかり、その所見から胃癌・大腸癌などを疑う場合もあります。もちろん、確定診断は、内視鏡検査が必要です。
しかしながら、早期癌をCTスキャンで診断することは困難かと思いますし、進行癌でもわからないことはあります(腹部エコーなら、早期胃癌を見つける事ができる場合がありますが)。
すなわち、CT...続きを読む


人気Q&Aランキング