以前「松森正」に凝って大抵の作品を集めました。でも彼は寡作でした。今も描いているのかわかりませんが見かけません。
余り雑誌は見ない方です、というかまったく買いませんが、単行本は時にまとめ買いします。
松久由宇の画風も好きでしたが彼も原作に恵まれなければ力を発揮できない作家のように思います。
彼らのような、いわゆる劇画調でない端正な絵柄を描く美人画家を知りませんか?
(池上遼一や平野仁などはちょっと引けます。まだやまさき拓味のほうが好みです。)
古いのかもしれません。

A 回答 (1件)

山田章博さんなどいかがですか。


マンガより挿絵が主流かも知れないですが、繊細さで秀でていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>山田章博 
寡聞にして知りませんでした。ぐぐgってみると壁紙がたくさんヒットしてコミック作品は--(汗;)漫画家で壁紙が有名なひとは始めてです。でも華麗な絵ですね。女性は-----。
よさそうです(笑)。探してみまーす。

お礼日時:2009/06/26 07:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 友近さんの画像を探しています。本当にいい人で、美人で、セクシーだと思

 友近さんの画像を探しています。本当にいい人で、美人で、セクシーだと思います。着衣・水着・スカート、なんでもOKです(あまり小さいサイズじゃない方がよいです)。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらに数点ありました。
http://bsearch.goo.ne.jp/image.php?UI=web&TAB=web&STYPE=0&CC=1&SCRDEF=0&IMGST=0&IMGSZ=0&IMGC=3&IMGFT=0&IMGFT=1&IMGFT=2&IMGFT=3&MOVPT=0&MOVFT=0&MOVFT=1&MOVFT=2&MOVFT=3&AUDPT=0&NSDP=1&KWDP=1&DC=20&FR=1&SM=mc&OCR=1&SITE=&SITE2=&SITE3=&SITE4=&SITE5=&SITEH=&AUDST=0&AUDMST=0&MOVTHN=0&QGR=1&MOVSC=0&NOJSB=0&QGA=1&NOJS=0&AUDSITE=0&MT=%CD%A7%B6%E1&button=%B2%E8%C1%FC%B8%A1%BA%F7
画像を使用される場合は自己責任でお願いします。

Q武論尊&池上遼一の作品

ビッグコミックスペリオールで武論尊&池上遼一の「覇-LORD」という作品が連載されています。
(スペリオール自体、隔週発売ですが、この作品は隔号掲載です。)

この作品は三国志を題材にしていますが、個人的に全く面白過ぎて、早く結末を知りたく、一刻も早く最終回を読んでみたいです。

このコンビの現代を舞台にした作品も楽しみにしています。

この「覇-LORD」は、まだまだ続くでしょうか?

Aベストアンサー

>この「覇-LORD」は、まだまだ続くでしょうか?

未だ未だ続きそうですね。
私は、最初は、主人の買って来た「スぺリオール」で読んでいましたが、購入しなくなった為途中からツタヤのレンタルコミックで借りて読んでます。


私が、この作品に興味を持ったのは、池上遼一さんの「流月抄 」「ベステイア~流月抄完全版~ 」を読んだ事が有り、又、中学の時に読んだ「三国志」 (吉川英治) がとても面白かったからです。

残念ながら、他の作品は呼んだ事が有りません。

Q●「美人アプリ」の画像を保存したい!

●「美人アプリ」というアプリを使用しています。

●ここで表示される画像を保存したいのですが、方法がわかりません。可能かどうかも。。

●もし、方法をご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?おねがいします。

Aベストアンサー

保存したい画像を表示させて、↓の方法で画面をキャプチャすると、写真アルバムから見れます。
http://blog.livedoor.jp/sakusakupocky/archives/50263981.html

Q劇画版Qちゃん

昨日トリビアで紹介されていましたが、コミック化とかされていないのでしょうか?
短編漫画らしいので、短編集とかに掲載されていたりするのでしょうか?

読んでみたいので、ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

【『劇画・オバQ』収録単行本リスト】
●ゴールデンコミックス『藤子不二雄異色短編集(1)ミノタウロスの皿』(小学館)
●愛蔵版『藤子不二雄SF全短編(1)カンビュセスの籤』(中央公論社)
●小学館叢書『藤子・F・不二雄異色短編集(1)ミノタウロスの皿』(小学館)
●藤子不二雄ランド『異色SF短編(2)一千年後の再会』(中央公論社)
●小学館文庫『藤子・F・不二雄異色短編集(1)ミノタウロスの皿』(小学館)
●ビッグ作家究極の短編集『藤子・F・不二雄』(小学館)
に収録されています。
すでに絶版になっている本もありますが…探してみてください。

Qメガネがヌルヌル

毎回メガネを外すと 鼻に当たるところがヌルヌルしてしまいます。私の友達はヌルヌルなんてしないと言われたのですが私の鼻に当たるところはどうしてもヌルヌルしてしまいます。
ヌルヌルの原因は何ですか?
また、メガネの鼻に当たるところがヌルヌルしないようにする方法はありますか?

Aベストアンサー

それは
汗とか鼻の脂ではないでしょうか?

人によって汗や脂の出る量はそれぞれですからね。

私は鼻の脂が出る方です・・・。

汗や脂の場合だったら
メガネの鼻に当たるところがヌルヌルしないようにするには
こまめに拭くしかないと思います。

脂でしたら、脂取り紙で脂を取るなど・・・


間違っていたらごめんなさいっ。

改善すると良いですねっ^^

Q冨樫義博氏、ハンターハンターの画風変化について・・・

『ハンターハンター』の画風がコミックス途中巻から雑に変化します、全体にすっきりして、線が太くなります。
これは、作者が精神を病んだ為であるというハナシを聞いたのですが、その辺りの情報をお持ちの方がいらっしゃいましたならばどうぞ御教え下さい。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

 お邪魔します。。まともな情報ではなくあくまで私の私的な推測と見解ですが参加させていただきます。

 雑になったことが精神的な面とかかわっているのは少なくとも否定できないことだと思います。
 要は「幽遊白書」連載時と同じような忙しさに今現在もなっているのではないかと思われるので、以前のように勝手に原稿を描くのをやめて逃げちゃったりなんてことはなくても、かなりシンドイ状況なのではないでしょうかね??

 全体にすっきりして、線が太くなった、ということですが、勝手な予測ですが、普通は原稿のペン入れってGペンやゼブラペンまたはスクールペンや丸ペンで描き分けて立体感や躍動感が出ると思うのですが、富樫先生の個人の体力的な忙しさ(アシはほぼナシ)と精神的な忙しさからして、だいたいをマジックペンで描いているような気がします。
 と、これは私が見て感じたことなので情報ではないです。本当にスミマセン。。
 私は忙しさのあまり全てにおいて時間や工程を省く結果、絵がそうなってっていっているのではと思ってます。

 にしても、今回のWJ連載もビックリなラフ絵状態でしたね。字ばっかで(汗)では、個人的な意見で申し訳ないです。。では。。

 お邪魔します。。まともな情報ではなくあくまで私の私的な推測と見解ですが参加させていただきます。

 雑になったことが精神的な面とかかわっているのは少なくとも否定できないことだと思います。
 要は「幽遊白書」連載時と同じような忙しさに今現在もなっているのではないかと思われるので、以前のように勝手に原稿を描くのをやめて逃げちゃったりなんてことはなくても、かなりシンドイ状況なのではないでしょうかね??

 全体にすっきりして、線が太くなった、ということですが、勝手な予測ですが...続きを読む

Qリンスってヌルヌルするものなのでしょうか?

頭を洗ったあとで、リンスですすぎますが、このリンスというものが、どうにも気持ちわるいです。頬や肩に垂れてくると、ヌルヌルしていて、シャワーで流してもヌルヌル感が消えません。リンスって、こんなものなのでしょうか?

わたしには合わないという反応なのでしょうか? ヌルヌルしないリンスってないものですかね~?

Aベストアンサー

そのヌルヌルが髪のすべりをよくするので、たいていヌルヌルしていると思います。

リンスのような化学製品を使いたくない自然派の人がやる方法に、お湯に少し食酢を混ぜたもので、すすぐ方法がありますよ。このお酢のリンスをすると。シャンプーのままより髪が柔らかくしっとりします。お酢の匂いはしません。

しばらく真似してやってましたが、やはりもっとスルスルさせたいので、私はリンクを使ってますが。

Q探している漫画があります。戦う女主人公で劇画調。

タイトルも作者名も不明です。

読んだ時期は15年~20年前。
単行本で絵は 劇画調でした。


古代ローマ?か何かが舞台だったと思います。
具体的に憶えているシーンは女主人公が敵に捕らえられ、
拘束を解こうとほぼ裸の状態でもがいているのを、
同じ場所に拘束されていた男の捕虜が「そんなにみせつけられちゃたまらないね」
とか言う場面があったと思います。

女主人公が戦っている相手も女戦士だったと思います。
最近のマンガのような超能力やファンタジー的な強いヒロインではなく、
もっと血と汗を感じさせる生身の戦い方でした。


で、ほんとにうろ覚えなのですが、女主人公は普通の人間ではなく、伝説の何かである
とかいうスートーリー展開のような記憶もあるのですが、定かではありません。

作者はアマゾネス的に精神的、肉体的に強い女性が好きな男性の漫画家さん
だったようで、やたらに強いヒロインを主人公にした作品を
多く描いているようでした。

この作品だったかどうかは忘れたのですが、作者の方が単行本のカバー折り返しのコメントで、
昔の洋画のジャングルで戦う強いヒロイン(女ターザン?)に惹かれたのが、自分の漫画のルーツ
であるというような内容の事が書かれていたと思うのですが。

検索してもうまく該当する作品に当たりません。心当たりのある方情報お願いします。

タイトルも作者名も不明です。

読んだ時期は15年~20年前。
単行本で絵は 劇画調でした。


古代ローマ?か何かが舞台だったと思います。
具体的に憶えているシーンは女主人公が敵に捕らえられ、
拘束を解こうとほぼ裸の状態でもがいているのを、
同じ場所に拘束されていた男の捕虜が「そんなにみせつけられちゃたまらないね」
とか言う場面があったと思います。

女主人公が戦っている相手も女戦士だったと思います。
最近のマンガのような超能力やファンタジー的な強いヒロインではなく、
もっと血と汗を感じ...続きを読む

Aベストアンサー

その条件で思いつくのは、「闘奴ルーザ」(かきざき 和美)ですかね。
あるいは同じ作者の「LIZA」か。

Qヌルヌル秋山選手について質問

【1】ヌルヌル秋山選手はいつ復活しますか?

【2】どうして秋山はヌルヌルしたのですか?

【3】ヌルヌル秋山選手の復帰戦の相手は誰だと思いますか?
桜庭ですか?

【4】TBSとK-1は、もう一度、ヌルヌル秋山選手が桜庭選手に勝利する台本を書きますか?

【5】ヌルヌル秋山選手はヒーローになれますか?
それともヒール(悪役)のままですか?

Aベストアンサー

1】なんか、今度ある韓国でのHERO,Sで、復帰が検討されてるそうです。祖国での試合ですから、周囲からもそういう声が上がってるらしいです。

2】そういう粘膜物を表皮から分泌している・・・わけではなく、桜庭戦後のいいわけで、なんらかのクリームが汗でぬるぬるになった・・・みたいなことを言ってましたね。

4】桜庭はすでに大晦日のVS舟木や、VSヒクソンまで視野に入ってますからね。かませ犬になって良いなら、再選もあるでしょうが・・・(これは台本があるって言う意味ではなく、ストーリーラインとして良いのは、ってことで)

5】まあ、日本国内では、そいううキャラ付けのほうが、面白いかもしれませんね。サダハルンバはそうしたいでしょう。でも、前田SVがどう言うか・・・

Q85~89(?)年の別マ投稿ページで、画風が紡木たく先生に似ていた方

その方の作品はその月の最もいい賞をもらい、確かその年の別マの優秀新人に選ばれたと記憶しています。
入選作のタイトルは確か「夏のはじめ、夏の終わり」で、中学生の少年のある夏のひとときを描いたものでした。
繊細な画風とストーリーが印象に残っています。
この作品の作者のお名前と、その後の活動について、ご存じの方、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

「夏のはじめ、夏の終わり」は星野智世さんが1986年に描かれた作品のようです。寡作?な方の様で、発表された作品は余り多くありません。

1986 別マ12月号 『夏のはじめ、夏の終わり』16P
1987 ??? 『終わりのない夏』?P
(1987年のぱふ行方不明の為データ無しです。すみません)
1988 ザ・マ26号 『冬少年』 34P
   デラマ7月号 『海より青く』30P
1989 ザ・マ8月号 『緑のテレパシー』38P
1990 ザ・マ10月号『Raindrops』30P 

1991年以降は作品データがありませんでした。

コミックスは1点出版されていました。(絶版です)
『終わりのない夏』マーガレットレインボーコミックス MRC-218 1991.3.25発売


人気Q&Aランキング