最近では、法改正のため、
「看護婦」を「看護師」と呼ぶのが、
当たり前のようになってきていますが、

今現在出版されているような、新聞、雑誌、小説、マンガなどで、
「看護婦」という名称を使うのは、やはり好ましくないのでしょうか?

書くなら、女性看護師とでも書けばいいのでしょうが、
看護婦、のほうがシンプルで親しみがあるし、
医者と女医のように、看護婦と看護士、という
呼称でもOKなんでしょうか?

また、TVなどでタレントさんが発言するときに、
「看護婦」と言うのはどうなんでしょう?
案外、おとがめはないような印象なのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

法改正の理由が、職業上の性差別への配慮が元になっています。

看護婦の場合、女性職場に男性が進出していった結果なので、逆差別の例ともいえますが。
  保母さん → 保育士
  助産婦  → 助産師
などがその例ですね。資格系のもの以外にも、
  スチュワーデス → キャビンアテンダント
など、例は数多くあります。

性差別に敏感な人は多いですから、公共のメディアで発信される場合は、この点で作品として、世間やその一部の人たちからどのように見られるかということの意識と、「シンプルで親しみがある」ことの天秤になるかと思います。
「女医」という言葉もその分野を作品にする人たちは、作者自身が随分と気にされているようですよ。作品名にいれてしまった「エン女医あきら先生」の作者も単行本の中で書かれているようです。
看護師・看護婦のことばも、長期連載の人気作でも作中の呼び名が変わるくらいには、作者としては配慮をする内容みたいですね。

性差別以外の差別用語の例では、現在、刊行が許されるのは、白土三平の作品群やゴルゴ13クラスくらいのようで、赤塚不二夫や手塚治虫でも一部の作品では表現を変えられています。今でもテレビや週刊誌などで人気ランキングトップ10に常連に並ぶ昭和の名作で再放送や増刷されていないモノがあるのは気づかれていますか?
もし、ご質問者が表現を生活の糧にしようとしているのなら、言葉については安易に考えない方が良いです。今回質問をされたように慎重さは必要かと。
テレビでタレントさんが言う内容は、その結果はタレントさん本人に跳ね返ることになります。この手のことには、読者などはピンポイントで反応します。ある人の「逆鱗」に触れた時点で、反応が返るということです。
今回のご質問は、編集者にとっては、その作者の言葉に対しての配慮の基準の一例として捉えます。「作品内での必然がない」部分での判断の甘さは見せないにこしたことはありません。将来、単行本化などを考えているのなら、マイナス要因のひとつになるかもですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>性差別に敏感な人は多いですから、

やはり、そうですよね。
いくらその表現がシンプルで伝えやすくとも、
人を傷つけてしまう危険性がある以上は、細心の注意が必要ですよね。

いい方向にも、悪い方向にも、
言葉というのは、ときとして、異常なほど人の気持ちを揺さぶる
力を持っていますからね。気をつけたいと思います。

十分に、参考にさせていただきます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/27 22:52

 正式名称を使わなければならないケース(会社の書類、報道など)ではまずいでしょうが、そうでなければ(バラエティ番組での発言・個人の手紙など)許されるのではないでしょうか??


 似たようなものに『お巡りさん』(警察官)・『お相撲さん』(力士)・『父兄』(保護者)があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー。たしかに、ニュースを見ていて、
「お巡りさんが犯人を確保」
なんて報道されてたら、違和感バリバリですもんね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/27 22:42

微妙なんですよね、確かに。


医療現場の人間として私は意識して“看護師”と言うようにしていますが、別に“看護婦”でもいい気がします。

病院に入院している患者さんも年配の人は看護婦さんって呼びますからね。それを看護婦じゃなくて看護師と呼んでくださいというわけにもいきませんから。
実際問題、看護師はやっぱり女性が多いですから患者さんからすれば男性の看護師を呼ぶ状況は極めて少ないわけで、“看護婦”という呼称を使っても呼ぶ側にも呼ばれる側にもあまり違和感はないと言えばないわけです。

医師でも年配の人を中心に看護師とは言わず、看護婦と言う人は多いです。まあ、我々医師は看護師個人に用事がある場合には個人名で呼ぶことが多いのでそれほど“看護師”、“看護婦”という呼称の違いを意識することは少ないですね。さらに言うと看護師でも看護婦でもなく、“ナース”という呼称を使うことも現場では多いですね。医師同士の会話の中で“○○病棟のナースに●●するように指示を出した。”などの形で語られるケースがそうですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>我々医師は~

うわっ、こりゃ驚きました。
現役のお医者さんから回答をいただけるとは、なんか恐縮です(笑)。

そうですねー。
もしかすると、時代の流れとともに、
「看護婦」というワード自体が廃れているかもしれませんね。
差別がなくなるのは大賛成ですが、僕なんかは、
少しさびしいような気もしてしまいます。

ナースという単語も、おしゃれでいいですよね。
参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/27 22:38

雇用機会均等法のことでは?


病院などが募集を出すときは、資格や能力があれば、男性を排除してはいけないので、看護師と書く必要があるにすぎません。

学校の先生などが、「看護婦っていうくらいだから、男がなるのものなのか?」と生徒などの前で発言すれば、それは差別を助長したとして追及されても仕方ないとは思います。

しかし、看護婦の呼び方そのものを排除すべきかは、必ずしも厳密に考える必要がない気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ホント、性差別はいけないですよね。

雇用機会均等法。というんですか。
一度、自分なりに詳しく調べてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/27 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む


人気Q&Aランキング