TV版マジンガーZ、最終回の内容を教えてください。

A 回答 (3件)

ドクター・ヘルの機械獣よりも数段恐ろしい、ミケーネ帝国の戦闘獣が平和を脅かし始めます。


子供たちの憧れであり、無敵を誇ったマジンガーZが戦闘獣を迎え撃ちに出撃するのですが・・・・・・・・全く歯が立たないのです。

マジンガーZは2機の戦闘獣にボコボコにされてしまうんです。
超合金Zで出来た装甲は無敵のはずなのに。
ボロボロのメチャメチャのドロドロに破壊されて無惨な姿を晒すマジンガーZ。

マジンガーZが敗れ去った後で、グレートマジンガーが現れて、あっさりと2機の戦闘獣を倒してしまいます。

いやらしいくらいに、グレートマジンガーの強さが際立ちます。
マジンガーZが負けてしまう前に助けにくればいいのにね。

マジンガーZの最終回は、同時にグレートマジンガーの第1話でもあったのですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。No1さん、No2さんの回答と合わせて、画像が見えてきました。正直かなり悔しい結末でした、私にとって。

お礼日時:2009/06/27 05:03

最終回の1話前でドクター・ヘルと機械獣軍団を壊滅させますが


ヘルと組んでいたミケーネ帝国の2体の戦闘獣グラトニオスとビラニアスによって
すべての武器が使用不能になります。
とどめを刺されようとした瞬間にグレートマジンガー登場し
グレートブーメランとマジンガーブレードで戦闘獣を一蹴。
その後、兜甲児と弓さやかが渡米して終わりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。No1様からの回答も併せて察すると、続編へのつなぎみたいな最終回だったのですね。

お礼日時:2009/06/27 04:58

機械獣にボコボコに破壊されて負けます。

兜甲児は薄れる意識の中で機械獣が向かった光子力研究所の方へ飛んでいくロボットを見ます。
それがグレートマジンガーです。そして驚異的な力で機械獣を倒してしまうというのが最終回です。この後グレートマジンガー、グレンダイザーに引き継がれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あっ、そうだったんですか!
負けてしまったんですか!

お礼日時:2009/06/27 04:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「グレートマジンガーはあまり人気がなかった」って本当ですか?

TVアニメ版の「グレートマジンガー」って当初は人気があまりなかったと聞きました。(何でもマジンガーZの最終回で「ボロボロに負けてしまうZに比べ、あまりにも颯爽と格好よく初登場するグレートにZが好きだった子供達は、その続編であるグレートをあまり好きになれなかった」ととある所で聞いたんです)
リアルタイムでご覧になられていた方、本当なんでしょうか?
(ちなみに私はリアルタイム世代ではないのですが、グレート、めちゃカッコイイって思いますが(^^;

Aベストアンサー

リアルタイムでした。どっちかというと好きでしたよグレートマジンガー。

他の方の回答と重複する部分も多々ありますが、ご容赦を。
グレートマジンガーは本来もっと早く登場するはずでした。マジンガーZの人気が高く、1年予定の放映期間が1年9ヶ月と大幅に延びたため、グレートの登場もそれだけ延びました。なので、交代劇のストーリー設定など、実際の番組スタートよりかなり早くから検討されており、初登場となる劇場版「マジンガーZvs暗黒大将軍」は、まさに満を持しての登場となったわけです。
それゆえ、その登場が鮮烈にすぎ、その後のTVシリーズの評価が低くなった一因となりました。
加えて、グレートを操縦する剣鉄也の性格が、こどもにはとっつきにくかったのも事実ですね。
後から思うに、本来この剣鉄也が主人公であるはずなのに、グレートの主人公は兜剣造博士のような気もします。これも一因でしょう。

グレートはあらゆる面でZを上回るという命題を抱えていました。敵組織(ミケーネ帝国)がDr.ヘル軍団に比べて多岐にわたったため魅力が半減したのもこのためです。実は、中盤から登場するヤヌス侯爵は、このためのテコ入れだったという話もあります。

終盤、兜甲児が帰国し、マジンガーZが戦線に復帰しますが、当初はそういう案はなかったそうです。最も盛り上がり格好いい決戦の形を考えた結果、このシチュエーションにたどり着いたんだそうです。
グレートマジンガーとマジンガーZは別作品ではありますが、私は2つで1つの作品だと思ってます。だから、それぞれを比べるなんてことはしてはいけない、と個人的には思ってます。

最後に
>結局ミケーネ帝王との決着がつかなくて終わってしまった。
これについて補足。
ファンの間では有名な話ですが、当初マジンガーは3部作の予定で、その3部目でミケーネ闇の帝王との決着をつける構想だったそうで、そのためにグレートでは決着がついてないんですよね。
実際には「UFOロボグレンダイザー」が放映されることになり、3部目は幻となった訳です。
ま、一応、ミケーネ帝国は地上制覇のための全戦力を失い、闇の帝王も再び長い眠りに付いた、という解釈になってるそうですが。

リアルタイムでした。どっちかというと好きでしたよグレートマジンガー。

他の方の回答と重複する部分も多々ありますが、ご容赦を。
グレートマジンガーは本来もっと早く登場するはずでした。マジンガーZの人気が高く、1年予定の放映期間が1年9ヶ月と大幅に延びたため、グレートの登場もそれだけ延びました。なので、交代劇のストーリー設定など、実際の番組スタートよりかなり早くから検討されており、初登場となる劇場版「マジンガーZvs暗黒大将軍」は、まさに満を持しての登場となったわけです。
それゆ...続きを読む

QマジンガーZの最終回・・・他のロボットについて

先日、会社の飲み会で、マジンガー世代?の人達と、マジンガーZの最終回について話が出で、盛り上がりました。
その中で、一つ皆が思い出せない事があったのですが、マジンガーZは、敵にボロボロにやられましたよね。そのやられっぷりは、皆強烈に覚えていたのですが、その他のダイアナンAやボスボロットはどうなったのでしょうか?
もしかしたら、最終回は出てなかったですか?

マジンガーZの最終回の時、私は幼稚園位でした。もう無敵だと思っていたマジンガーZがあれだけボロボロにやられてしまったのが、ショックでトラウマになる程でした。
ですから、それ以外の設定やあらすじが思い出せません。

ダイアナンAやボスボロットがどうなったかご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

マジンガーZがボロボロにやられてしまったのは、最終回ではなくグレートマジンガーの初回です

ダイアナンAやボスボロットは瞬殺されました

マジンガーZの武器はことごとく効かず超合金Zも虚しくボロボロにされ、なぶり殺しされてトドメを刺される直前にグレートマジンガーが現われて、敵を瞬殺しました

グレートマジンガーは、けっこう前に完成されていて、剣鉄也は訓練に勤しんでいましたが、だったらマジンガーZの最終回でのドクターヘルとの死闘に加勢してあげたらよかったのに。と、憤慨したものです(笑)

蛇足ですが、グレートマジンガーの終盤にマジンガーZも加勢しました

超合金Zはニュー超合金Zに換装され光子力エンジンもパワーアップされ、グレートマジンガーに匹敵する戦闘力になった。という説があります。

Qプラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください

プラモデル初心者です。
プラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください。
2度塗りする時期がわからず困ってます。
タミヤのエナメルカラーとMrホビーのラッカー塗料を主に使っています。

Aベストアンサー

ラッカー系の場合、半時間も置いておけば、触れる程度にはなります。マスキング作業をするなら2時間程度。研ぎ出し等は数日置いた方が良いでしょうが。
エナメルカラーの場合…色の種類によって違ったりします。それこそ、永遠にベタベタな状態になることもあるので(特にメタル系)、油断できません。墨入れ程度なら数時間でOKですが。ツヤがある塗料の乾燥は遅いので注意。

ついでに。アクリル系は厳密には乾燥しません。完成品をティッシュにくるんで箱に入れて保存…なんてことをしたら、次回取り出すときには見事なミイラに。

Q恒点観測員とは?

ウルトラセブンは恒点観測員340号らしいのですが

そもそも恒点とは何ですか?

Aベストアンサー

 番組の放送開始前の初期の企画段階では、「恒星観測員」だったという話を、「ウルトラ○○百科」とか「ウルトラ□□大辞典」の類の本か何かで読んだ事があります。
 情報源が、その類の本ですので、どこまで本当なのかは判りません。
 それに、この手の「ハードSFではない、SF風味のファンタジーもの」では、いい加減な用語を作り出して並べる事で、現実離れした世界観の味付けにする事は頻繁に行われています。(ウルトラマンのスペシウムや宇宙恐竜、ゴジラのオキシジェンデストロイヤー、宇宙戦艦ヤマトの波動エンジン、等々)
 恒点観測員という言葉も、おそらくはその類の造語で、
「恒星観測員とするよりも、恒点観測員とした方が、謎めいていてかっこいい」
程度の理由で使われていて、深い意味などは無いのではないかと思います。
 只、番組の設定では、ウルトラセブンが地球に来たのは、太陽系付近の宇宙航路図を作成するのに必要なデータを集めるために太陽系を訪れた際に、地球に立ち寄ったものとされています。
 航路図の様な地図を作成する際には、地図上に描く各場所がどの様な位置関係にあるのかを決めるための基準となる点が必要になります。
 又、「恒星」の「恒」という漢字は「変動しない」、「常に(一定)」という意味を持つ文字です。
 例えば、「恒星」も元々は「天球上でその位置を変える事が無い星」という意味で名付けられたものです。
 この2つの点から考えますと、
「恒点とは、(宇宙図を作成する際の基準点となる様な)宇宙空間においても、その位置が変化する事が無い不動の点」
と考えますと、辻褄が合うのではないかと思います。
 もっとも、宇宙空間における位置関係というものは、常に相対的であり、現実には(恒点の様な)絶対的な基準になる様なものは存在してはおりません。

 番組の放送開始前の初期の企画段階では、「恒星観測員」だったという話を、「ウルトラ○○百科」とか「ウルトラ□□大辞典」の類の本か何かで読んだ事があります。
 情報源が、その類の本ですので、どこまで本当なのかは判りません。
 それに、この手の「ハードSFではない、SF風味のファンタジーもの」では、いい加減な用語を作り出して並べる事で、現実離れした世界観の味付けにする事は頻繁に行われています。(ウルトラマンのスペシウムや宇宙恐竜、ゴジラのオキシジェンデストロイヤー、宇宙戦艦ヤマトの波動...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報