今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

今日、息子と川へ魚取りに行きました。

中部地方の中流域の川です。浅瀬でハエの子供を取っていたのですが、たまたま川石(水中)をひっくり返したら、直径1cmほどの丸く薄っぺらい黄色系の変な生き物を見つけました。中流域の石なのでどの石も丸いすべすべの石で、そこにカワゲラの幼虫のようにくっついていました。

けっこう薄く、よく見るとアニメ映画『風の谷のナウシカ』に出てくるオウムをつぶした様な、ダンゴ虫をつぶしたような形状をしています。爪で石から剥がして裏を見るとカブトガニのような形状で足がいくつかありました。

30年以上、川少年として川と触れ合ってきた私ですが、この生物初めて見ました。

まあ、新種ではないと思いますが(あたりまえか^^;)今まで知らなかった事に我ながら驚いている次第です。子供に何か調べると約束したのですがネットで調べてもなかなか分かりません。

どなたか知っている方いませんか?

現在3匹捕獲して我が家の水槽にいます。

これ、なにかの昆虫の幼虫でしょうか?それともこれが大人なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おはようございます。

kottinQです。

こちらの方がわかりやすいと思います。

http://www.green-f.or.jp/heya/hayashi/hiratadoro …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
教えていただいたものでした。

一番最初に載っている大きい丸い ヒラタドロムシという奴です。

35年生きてきてはじめて見ました。自宅に図鑑にも載っていないですし、ネットでもなかなか出てこなかったので本当にありがとうございました。

息子も成虫の写真を見てびっくりしていました。

まだまだ世の中には知らない生き物がいるもんだと改めて知らされました。

お礼日時:2009/06/28 10:33

こんばんは。


出来れば画像を添付していただければ有り難いのですが…。

ご質問から考えられるのは、「ヒラタドロムシ」の仲間の幼虫のどれかではないかと言うことです。

http://www.weblio.jp/content/%E3%83%81%E3%83%93% …

一つ貼っておきますが、ここから他に移動できなければ、「ヒラタドロムシ 幼虫」で検索してみてください。

あるいは、ホタルの幼虫かとも思いましたが、これは分かりますよね。

上記で違ったら、写真お願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何の卵でしょうか?(川底の石の裏)

川遊びに行った時、ふくらはぎくらいの深さの流れが速い川の中にある
薄っぺらい石を拾って裏返すと、卵のようなものが張り付いてました。
徳島県の鮎喰川という川の中流域くらい(神山町)です。
1個が5~6ミリ程度の細長い形をしており、透明の中に黄色い部分が
あります。石を傾けると黄色い部分がゆっくりと移動してました。
あまり詳しくはないのですが、アマゴがいるような上流の渓流ではなく、
ハヤなどの魚がいるあたりではないかと思います。

ちょっとピンぼけですみませんが、写真を添付します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヨシノボリ類の卵のように思います (下記引用)。 例えば、カワヨシノボリであれば、「本州・四国・九州・五島列島の河川中・上流域の平瀬などに生息」 「産卵期は5月から8月」 (共に引用1)、卵の大きさは 「約5mm」 (引用3) とのことです。 もし ヨシノボリであれば、可愛くて、大好きです。^ ^

1) カワヨシノボリ (地方独立行政法人 大阪府立 環境農林水産総合研究所 水生生物センター)
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/fish/tenji/sakana/sakana/kawayosi.html

2) カワヨシノボリの卵 (地方独立行政法人 大阪府立 環境農林水産総合研究所 水生生物センター)
↑ 上記サイト1 の 「卵」 リンク先です。
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/fish/tenji/sakana/uoimg/kawayositamago.jpg

3) カワヨシノボリ(川葦登) (紀州の鯊(ハゼ)+)
http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/haze5-6.html

4) ヨシノボリ (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%83%8E%E3%83%9C%E3%83%AA

今回引用のサイトは、全てよそさまのサイトです。ありがとうございます。m(_ _)m

ヨシノボリ類の卵のように思います (下記引用)。 例えば、カワヨシノボリであれば、「本州・四国・九州・五島列島の河川中・上流域の平瀬などに生息」 「産卵期は5月から8月」 (共に引用1)、卵の大きさは 「約5mm」 (引用3) とのことです。 もし ヨシノボリであれば、可愛くて、大好きです。^ ^

1) カワヨシノボリ (地方独立行政法人 大阪府立 環境農林水産総合研究所 水生生物センター)
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/fish/tenji/sakana/sakana/kawayosi.html

2) カワヨシノボリの卵...続きを読む

Qヒルとプラナリアがどれか分からない。

プラナリアらしきものを、3匹つかまえてきました。
しかし、どれがプラナリアか分かりません。
いろんなHPに載っているプラナリアを見ても、
よく分かりません。
プラナリアって、だいたい、どのくらいの大きさなんでしょうか?
私がつかまえてきたのは、

【1】
のびた時は4cmくらいで、ちぢんだ時は2cmくらいになります。
伸び縮みして、しゃくとり虫のように動いています。
色は茶色く、何か、粘液のようなものが。

【2】
1cm弱で、スムーズに、なめくじのように動いています。
ベージュのような色です。
先が頭のように丸くなっております。三角っぽい形だと。

【3】
丸いです。円形に近い楕円形です。
【1】と同じように伸び縮みします。
1cm弱です。伸びると2cmくらいになります。

すべて、石の裏についていました。
川でつかまえました。
全部、プラナリアじゃないのでしょうか?

長文読ませてすみません。
プラナリアに詳しい方、教えて下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

コウガイビルは陸上の石の下にはいますが水中にはいないはずなのでおそらく違うと思います。

とりあえず全部書いてみたんで読んでください。

【1】伸び縮みして移動するような動き方はプラナリアはあまりしないのでこれはヒルだと思います。

【2】これはプラナリアだと思います。プラナリアはナメクジのように這って動きます。頭が三角形になっているのも特徴です(例外もいる)。

http://member.nifty.ne.jp/PLANARIA/pla-1.htm
↑ここにプラナリアの這っている動画があります。

【3】これは何か分かりません。丸いのならヒラタドロムシの幼虫かもしれませんが伸び縮みはしないはずなので違うかもしれませんが一応、画像がある所のアドレスを貼っておきます。

http://www.fukui-moc.go.jp/kodomo/seibutsu/lv2_hira.html

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/PLANARIA/pla-1.htm

Q海岸の石の下の黒い虫は?

 釣り餌にとゴカイやカニを拾っていたところ、石の下に黒いユムシのような虫がびっしりとついているところがあります。場所によってはあまりにも数が多くて気分が悪くなるくらいなのですが、この虫はいったい何なのでしょう。釣り餌には使えないでしょうか。また、食えるでしょうか。場所は九州南部で湾奥の波の静かなところや汽水域の砂浜や干潟、直径20センチほどの石で覆われた浜などです。

Aベストアンサー

似た物はいないですか?↓ここに聞くのはどうでしょうか?
(財)水産無脊椎動物研究所
http://www.rimi.or.jp/

http://www.sci.ehime-u.ac.jp/bio/develop/umi.html

Q四万十川にいた、三葉虫そっくりの水生昆虫?

今年の10月頃に高知県の四万十川に行ってきたのですが、そこで本当に三葉虫そっくりの生き物を見つけました。

場所は西土佐村の近く、河原から手の届く浅瀬の石の裏側に張り付いていたのですがこれは何と言う生き物なのでしょうか?

大きさは1センチあるかないか、と言ったところです。よくヒザラガイが三葉虫に似ているといわれますがもちろんそんな物ではなく(淡水ですし)、本当に三葉虫そっくりでした。(化石がそのまま動いているみたいな感じ)
どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたらお願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

ヒラタドロムシではないでしょうか?

大きさ:5~10mm
生息場所:上流から中流の瀬や波のある湖岸に生息している。
主な特徴:体は黄色または褐色で、表面は硬く、平たい円形か卵形。

という昆虫です。以下URLを見てください。

http://www.edunet.city.honjyo.akita.jp/ishizawa_jhs/sen_ri/s_musi.htm

http://www.chokai.ne.jp/simosho/suiseiseibutu.html

http://www.mogamigawa.gr.jp/kankyo/suisitu/072.html

参考URL:http://www.edunet.city.honjyo.akita.jp/ishizawa_jhs/sen_ri/s_musi.htm

Qヒル? 血を吸われると?

川へ行ったとき、足の指辺りに落ち葉でも入っているような感じでずっといたところ、血が出ていることに気づきました。見てみると小さいなまこのようなものが出てきました。これがヒルかな、と調べてみたら皆、ミミズのように長細い映像でした。自分についてたのはドングリよりももっと丸っこく、バクのように口がとんがってました。 血が妙に止まらなかったのですが、それもヒルの特徴と載っていました。やはりヒルでしょうか。丸っこい画像があると良いですが、、。あとずいぶん血を吸われたと思いますがなにか毒とかあるのでしょうか。

Aベストアンサー

ヒルにやられましたか。
それは貴重な、いやいや、気の毒な体験をなさいましたね。
どんぐりより丸くなっていたとのことですので
たっぷり血をすって膨れていたのでしょう。
URLは、ただ単に縮んで丸いだけですのでyo-shiさんが見たのは
もっと太っていたのではないでしょうか?
なかなか吸血後の写真がなくて・・・。

ヒルには毒はないので安心してください。
血が止まればほっておいて大丈夫です。

余談ですが、昨年ボルネオ島の熱帯雨林に行ったら
泊まったロッジで、ヒルに吸血された人には”献血証明書”
を出していました。
私もほしかったのですが、残念ながらチャンスに恵まれませんでした。

また、ガイドさんに「ヒルと蚊どっちがいい?」と聞いたら
「蚊は痒くなるし、マラリアになるからヒルのほうがいい」
と言っていました。
そしてヒルを伸ばして1回縛って「ほら自分でほどけるよ」
と見せてくれました。
今まであまり気持ちの良くない生き物と見ていた私の価値観を
見事に打ち砕いてくれました。 

参考URL:http://www.tele.co.jp/ui/leech/summary.htm

ヒルにやられましたか。
それは貴重な、いやいや、気の毒な体験をなさいましたね。
どんぐりより丸くなっていたとのことですので
たっぷり血をすって膨れていたのでしょう。
URLは、ただ単に縮んで丸いだけですのでyo-shiさんが見たのは
もっと太っていたのではないでしょうか?
なかなか吸血後の写真がなくて・・・。

ヒルには毒はないので安心してください。
血が止まればほっておいて大丈夫です。

余談ですが、昨年ボルネオ島の熱帯雨林に行ったら
泊まったロッジで、ヒルに吸血された人には”...続きを読む

Qアブを寄せ付けない効果的な方法

今度、通いなれた海に行きます。
毎年悩まされること・・・あのハエのでかくなったようなアブです。
どういうわけか、虫除けスプレーをしても効果なく、と言うより、スプレーをするとかえってよってくるようです。
何か効果的な寄せ付けない方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

焚き火・バーベキューなどで、煙に燻される。
すると、虫は寄ってこないです。
絶大な効果です。
あと、夏ミカンやグレープフルーツなどの柑橘類の皮。
その皮を絞り、それを肌に塗ったり、近くに置いておきます。それだけで効果があるそうですよ。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/urawaza/c-mame-6.htm

Qサ行やタ行のチ・ツの発音がうまくできません

サ行やタ行のチ・ツが出てくる単語を発するとき、途中で止まってしまうことが結構あったり、「チ」と「キ」が同じように聞こえたり、よく使う言葉でよく困るのが「しつれいしました」「しちじ(七時)」などで、苦手な言葉がたくさん使われていて特にダメです。

サ行やタ行のチ・ツの発音の仕方を教えてください。

Aベストアンサー

質問の中で「苦手な言葉がたくさん使われていて・・・」とありますが、外国の方ではないですよね?
念のためですから、気を悪くなさらないでください。

さて、日本人でも発音の仕方は個性があって、最近の流行は「舌を前に出さない」というか「舌をあまり使わない」話し方をする、女の子を多く見受けることは、別の回答者の方が指摘されているとおりです。

また、サシスセソのときに英語の「th」を発音するように、舌を軽く噛むように発音される方もいます。このような話し方をなさる方の場合、タチツテトの時に「ハッキリ舌を噛むように」する方も多いので、聞き取りにくいかもしれません。

さらに、上記の話し方をする方には、「キ」の時に舌を上あごに軽くつけて、舌先はつけたまま、舌の左右を上あごから離し口の両側から発音するような、難易度の高い「き」を話される方もいます。

この「き」と、ハッキリ舌をかんだ「ち」は、発音中の舌の両側の緩みが微妙に異なるだけで、基本は同じ発音になります。

などと書いてみましたが、あなたは当てはまりますか?

ちなみに「さ行」は、舌を下あごに収め歯茎近くまでのばしたまま、歯をかみ合わせ息を吐くところから始まります。
この形のままなら「すー」という音になるようにします。
これが出来れば、このあとに母音をつけるだけです。
つまり「あ行」のどれかに、口の形を変化させます。
始めの音が瞬間的な発音になるくらい、母音への移行がスムーズだと、きれいな「さ行」になるはずなのですが。

次に「た行」です。
舌を軽く上の歯茎につけます。
この形から母音へ口の形を移行させるときに、下あごと同じ動きでパッと舌を離すと、キレイな「た、て、と」を発音することが出来ます。
「ち」は、舌を軽く上の歯茎につけた状態から、舌先を下の歯茎へつけるように変化させて発音します。
「つ」は、舌を軽く上の歯茎につけた状態から、舌先を下の歯の付け根あたりに下げるようにします。
どちらも、母音の形に移行するのと同時にやります。

さ行もた行も、下を歯の間より前に出さなくて良いです。

質問の中で「苦手な言葉がたくさん使われていて・・・」とありますが、外国の方ではないですよね?
念のためですから、気を悪くなさらないでください。

さて、日本人でも発音の仕方は個性があって、最近の流行は「舌を前に出さない」というか「舌をあまり使わない」話し方をする、女の子を多く見受けることは、別の回答者の方が指摘されているとおりです。

また、サシスセソのときに英語の「th」を発音するように、舌を軽く噛むように発音される方もいます。このような話し方をなさる方の場合、タチツテ...続きを読む


人気Q&Aランキング