課金体系で、ハドソン、カールソン方式とありますが、
この裏づけどこかにありますでしょうか?

A 回答 (1件)

参考URLに詳しく出ていますが、ハドソン料金(ハドソン課金)は、米国のハドソン博士が提唱した計算方式。

「単位秒数」あたりで料金を設定します。
カールソン料金(カールソン課金)は、フィンランドのカールソン博士が提唱した計算方式。「単位料金」あたりで通話秒数を設定します。

参考URL:http://webclub.kcom.ne.jp/ma/oshima/c4/jmnu4_2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLが役(英語の名前付き)にたちました!

本当は英語のURLでさがしていましたが、きっかけが
できました。

ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/12 17:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ