【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

かれこれ3年ほど心療内科に通院しています。
どうも薬に頼りすぎてしまったと、今さらながらに後悔しております。

よく、「長期服用でやめにくくなるが、徐々に減らしていけば大丈夫」などとお薬の説明には書いてありますが、本当でしょうか?

私はこの3年の間、ちょっとよくなったかな?と思い先生と相談の上減らしてみたりするのですが、結局ソワソワ感が増してきて悪くなり、元の量に戻るor薬が代わる・・・
の繰り返しでした。

この頃は、薬効が切れてソワソワする(胸が塞がるような、なんともいえない気持ち悪さです)から薬を飲んでいる、というような状態です。
ちょっとのソワソワくらい耐えて、何とか少ない量に慣れなければ、と思うのですが、耐えようとしてみても、おそろしいほどの焦燥感・胸の閉塞感・息の詰まるような苦しみ・嘔吐・恐怖感に襲われるのです。
これって、典型的な薬物依存ですよね?

こんな事で、完全に薬を断ち切って生きていくことはできるのでしょうか?というか、そんな人いるのでしょうか?いらっしゃいましたら、どのように薬から脱却出来たかを聞かせてください。

ちなみに私が服用している薬は、毎食後にトレドミンとソラナックスを1錠づつで、頓服としてレンドルミンorレキソタンといった程度で、あまり多い処方でもないし、ひどく依存度の強い薬というわけでもないらしいのですが・・・

一生薬を飲んで生きていかなくてはならない、ともう諦めてしまうべきでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



私は、脱却しましたよ。

急性期はパキシル40mgに
レンドルミン(グッドミン)も飲んでました。

抗鬱剤には、依存性というより、強い離脱症状があります。
強さはパキシル>ルボックス=トレドミンといった感じです。
あなたが感じた症状も、まさしく離脱症状で、
2ちゃんねるなどでは「シャンビリ」(頭の中がシャンシャンビリビリ)と呼ばれていますね。検索すると沢山体験談が見られます。

私の場合、パキシルを20mgに減らすところまでは大丈夫だったのですが、10mgではダメでした。
そこで私が取ったのは、パキシルからルボックスへの転薬でした。
パキシル20mgの代わりに、離脱症状の比較的少ないルボックス50mgを服用し、1週間、ひたすら離脱症状に耐えました。
この間は、起きていると辛いので、ご飯、風呂、トイレ以外はひたすら寝っぱなしでした(寝てると辛くないので)。
その後、ルボックスを3ヶ月程度服用し、抗鬱剤での治療は終了(うつも寛解)しました。ルボックスに変えてからは、飲んでも飲まなくても変化は少なく、スムーズに断薬できましたね。私の方法は、主治医の判断ではなく、独断です。主治医には事後報告でした。

本来は、量を少しずつ減らしていくのがセオリーです。5mgずつとか減らしていけるとベターなんでしょうが、そんなに少量の錠剤はでてませんよね。粉末にして水に溶かして分量調節したり、錠剤を半分に割ったりと、みな苦労しています。ただ、薬を割ったりすると、成分が変質するかもと、主治医は言っていました(という事情で、パキシルの5mgが承認待ちなんだとか)。

一方、レンドルミンの方は明らかに依存性があり、ないと眠れません。
私の場合は、休職して、ストレスから開放された上、いつでも寝られる、起きなくてよいという状況にしてから、断眠療法(眠くなるまで眠らない)をしました。2日と起きていられませんが・・・
一度薬なしで眠れる自信がつけば、結構眠れるようになります。
あとは、規則正しい生活リズム(明るくなったら起き、暗くなったら眠る=人間の本来あるべき姿)を心がけることが大切です。病気の間、夜は遅くとも10時までには寝たほうがよいです。

以上参考になりましたでしょうか?
あきらめちゃダメです。人生楽しく生きないと損です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

脱却された方なんですね!おめでとうございます!

依存症と離脱症状は違うのですか、なるほど。

独断とはいえ、転薬という方法も有用のようですね。puu1-2-3さんは、よくお薬についての知識を調べられたんですね。私は薬をもらうときに書かれてある情報のみ目を通すくらいで・・・
相当な努力をされたようで頭が下がります。断薬できてよかったですね。具体的なお話を聞かせて頂き、私も希望を持てました。

薬も、合う・合わないが人によって随分違うようなので転薬といってもこれもまた厄介そうです。ちょっと話がそれますが、なぜだか私は薬がワイパックスに代わったとき、急激に欝が悪化して首を吊ってしまい、その後少しの記憶が無いのですが、気がついたら肩を脱臼していた・・・ということがありました。
抗欝・抗不安薬といっても、ああいうこともあるものだなと今でも不思議に思っています。なので、薬が代わるのはちょっと怖いです。が、服薬して実験するよりないのでしょうね。


睡眠リズムは大事ですよね。これは本当にそう思います。偶々、朝起きて夜に寝て・・・という当たり前の生活が続くと、なんとなくですが、気持ちも落ち着くようです。

>あきらめちゃダメです。人生楽しく生きないと損です。
そうですよね。まだなんかうじうじしていますが、いずれは私もそのように考えられる生き方をしたいです。
「人生楽しく生きないと損」
なにも知らない人に限って、慰めだか叱咤激励だかのつもりで安直に言ってくるのです。元来根明な人にそういわれると、本当に悔しくてなりません。素直に受け止めることの出来ない自分が偏屈だと落ち込みもします。
けれど、欝を克服された方から言われると、同じ言葉でも本当に励まされます。ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/30 15:46

抗うつ薬の仕組みを知ってますか?


依存症というものはありませんし、頼ることが悪いというものでもありません。
うつ病は非常に手強い病気ですから、使える物は何でも使って手段を選ばず治療しないと大変な病気です。

まず始めに抗うつ薬についてです。
メジャーな抗うつ薬の作用では、脳内で不足しがちになる楽しさを感じるホルモン物質を、消費しきって減らないようにし、再利用することが目的です。つまり、一度分泌されたホルモン物質を消費分解しないようにブロックしているだけです。あなたが服用しているトレドミンもこの仕組みです。
抗うつ薬は基本的にどれもうつ病を根本的に治しているわけではありません。

ですから下記の場合はこの種の抗うつ薬は全く効果がありません。
1.そもそも楽しさを感じるホルモンを作れるだけの栄養を取っていない
2.楽しさを感じる機会が少なすぎてホルモンそのものが分泌されない

なんとなく仕組みがわかったら、あなたの疑問も解決するんじゃないでしょうか?
焦燥感はうつ病の代表的な症状ですから、抗うつ薬が効いているときに感じなかった焦燥感が抗うつ薬が切れたために感じ始めたことが可能性として考えられます。抗うつ薬の依存症と言うより、うつ病の症状が治まっていないうちに減薬してしまったからうつ病の症状に悩まされて再び投薬して楽にしているのではないでしょうか?このあたりは医師に相談してみて下さい。

さて、薬を断ち切った人についてですが、それなりの人数はいらっしゃいます。
薬の効果で述べた1と2を自分で制御できるようになった人達です。
1については規則正しい食生活を実践します。うつ病の苦痛で食事を作るのもままならなくなったり、おっくうでついつい偏った食事をしてしまったり、ストレスを抱えすぎて暴飲暴食、あるいは食欲が失せて全く摂取しないことがあります。うつ病治療では、これらを自分でコントロールでき、脳内で必要な栄養(特にブドウ糖の元になるタンパク質)をバランス良く摂取できるようになることが必要です。
また、2については、ネガティブになりがちな思考を改善し、何事もポジティブに感じるよう自分の価値観を見直すことで、脳内の楽しさを感じるホルモン物質を積極的に出せるようになります。
よくうつ病の治療には自分を見つめ直して価値観を変えることが必要だと言われていますが、目的はこの楽しさを感じるホルモン物質を効率的に絶やさず出せるような体質に改革することなんです。

この2つを自分でコントロールできるようになると薬は不要になります。
一生薬と付き合う必要はありません。

ただし、どんなにうつ病の治療をしても後遺症として残ってしまうものがあります。
それはストレス耐性の低下と知的能力の低下です。
人間あるていどは嫌なことを感じても跳ね返すことが出来るのですが、運悪くストレスへの耐久力をこえたストレスを抱え込んでしまうと、ストレスに非常に脆弱な体質に変わってしまいます。
これは何年もかけて少しずつ少しずつ回復するようですが、スピードは非常に遅い上に、途中で少しでも強いストレスを感じてしまうとリバウンドしたりもっと悪化します。
ストレスを感じずに生活することは非常に難しいので事実上不治と言えるかもしれません。
知的能力の低下については、具体的には記憶力や判断力、思考スピードの低下、そして感情の起伏の現象です。まだ因果関係は証明されていませんが、ストレスを溜めすぎると脳の神経伝達が悪化したり細胞が死んだりして諸部に異常が出るようです。一度大きなダメージを受けると、時間をかけてある程度は回復しますが、完全に健康だった頃まで回復するのは難しいようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とてもわかりやすい説明をありがとうございました。
幸い、良い先生&カウンセラーさんにお世話になってはいるのですが、こういった詳細まで語ってくださることがなかったので(私自身、知る努力を怠った感も否めませんが)、自分の病気を「そういうことなのか!」と初めて知ったような気持ちです。恥ずかしながら・・・。

抗うつ薬は基本的にどれもうつ病を根本的に治しているわけではありません。

>ですから下記の場合はこの種の抗うつ薬は全く効果がありません。
1.そもそも楽しさを感じるホルモンを作れるだけの栄養を取っていない
2.楽しさを感じる機会が少なすぎてホルモンそのものが分泌されない

この箇所が多いにヒントとなりました。先生が毎度毎度「ご飯をおいしく食べてる?」「なんでも良いから自分の好きなことをやってごらん」という意味はこれに繋がるのですね。
食欲がどういうものか思い出せない?ような感じ・趣味よりもやるべきこと(家事・就職活動)をこなさなければという焦りの直中にある私にとって、有益な情報です。

今はまだ、脳が「楽しい!」と思えるような日常というのがさっぱり思い浮かびませんが・・・・カウンセラーさんにもお世話になりつつ、自己啓発の本でも探してみます。

>ただし、どんなにうつ病の治療をしても後遺症として残ってしまうものがあります。
それはストレス耐性の低下と知的能力の低下です。

そうですか・・・けっこうショックですが、仕方が無いですね。
そもそも、幼少の頃からあまり良い環境で育ったわけでもなく、家系的に欝傾向の人が多いので遺伝もあるかもしれません。
知的能力の低下というのは・・・過度のストレスにより脳(前頭葉)が萎縮するというのをきいたことがあります。

ポジティブな性格になりたいものです・・・。

お礼日時:2009/06/30 14:50

お辛いですね。

 お察しいたします。
私は約6年間は抗うつ剤、精神安定剤を服用しています。 
そして1年間は再発防止のためにこれらを服用しています。

服用している薬は、ご質問者様と同じです。
現在は徐々に(半年~1年かけて)少しづつ減らしてきています。
うつ病は再発しやすい脳の病気です。
ですから、症状の軽症化を良く見極めつつ服用量を減らしていくのが
鉄則です。

抗うつ剤には依存性はありませんので、過剰なご心配は不要です。
精神安定剤は、種類によってはいくらか依存性(?)はあります。
しかし、徐々に服用量を減らしていけば、次第に服用しなくても
済むようになります。

現実的ではないマイナス思考パターン、生活環境などを見直し、
単にうつ病単独ではなく、総合的にうつ病に罹りにくい体質、
システム(個人-対人関係)を確立すればいずれは薬の服用から
脱却できます。

あきらめないで治療をお続けくださいね。 お大事に。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

6年間ですか。私などよりもよほど心配や不安が多い事でしょうね。気にかけてくださりありがとうございます。

症状の軽症化を見極めるのが難しい現状です。(数日間調子が良いと思ったら、再びどん底気分になる・・・の繰り返しなので)ということは、まだまだその段階にも辿り着いていないということでしょうね。

薬は補助的なものとして、飽く迄も「私」が主体となって病気に取り組まなくては・・・と思います。けれど、どうにも薬に振り回されているような日常です。
カウンセリングを受けていますが、意味があるのだろうか、と疑問を抱くばかりです。

もう通院も薬もやめて死んでしまいたい気分でしたが、yoshiki-miさんのように根気良く治療に望まれている方もいるのだから、私ももう少し自分を信じて治療に取り組んでみようと思います。

お礼日時:2009/06/30 14:02

失礼ですが、どういった事で通院を始められたのですか?


確かに服用されている薬は強くないものですね。
薬効が切れてソワソワするのは、まだ症状が完治していないからで、まだ依存症とは言えないと思います。

私も3年ちょっと心療内科に通っていますが、どうも薬が効きにくい体質のようで、結構強めの処方をされていますよ。
医者の説明では、症状が落ち着いてからも1年は同じ薬を飲み続けなければいけないそうで、それから減薬して行くようです。

薬は同じ効果の薬でも、人に因って合う、合わないがあるそうなので飲んでみないと医者も分からない事の方が多いようです。

私も一時期「一生薬漬けになるのはいやだ!」と悩みましたが、「治ってくれば、いつか薬の要らなくなる時が来る」と思う事にして、気長に治療をする事にしました。

気休めにでもなればと思い、投稿させて頂きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>失礼ですが、どういった事で通院を始められたのですか?
どうしようもないやる気の無さと、対人恐怖(日常の買い物のレジすら怖くなりまして;)がきっかけです。

>薬効が切れてソワソワするのは、まだ症状が完治していないからで、まだ依存症とは言えないと思います。

主治医も似たような事を仰ってました。私は内心疑っていましたが・・・完治したら薬効が切れてもあの気持ち悪さは襲ってこなくなるのでしょうか。そうなら良いのですが・・・

izayoi814さんも3年くらい通っていらっしゃるのですね。
こういう病気は気長に治療しよう、と構える気持ちも大事ですね。私はもう妊娠・出産も諦めがついたところなので・・・まあ長期戦でもいずれ自分の精神が安定するならば・・・頑張っていこうと思います。

>気休めにでもなればと思い、投稿させて頂きました。

お気遣いをありがとうございました。

お礼日時:2009/06/30 13:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神薬を自分で辞めて離脱症状を我慢して離脱症状がなくなった人いますか

精神薬を自分で辞めて離脱症状を我慢して離脱症状がなくなった人いますか


どれくらいの期間でなくなりましたか

Aベストアンサー

人により薬の種類や症状、仕事等の周囲環境も違いますので一般的には言えないと思います。
他の人も言われていますが、急に断薬して離脱症状を我慢したりすると反って前よりも悪化してしまう事が多く、危険だと思われます。

医者と相談して少しずつ減薬したり、弱い薬に変えたりして様子を見ながら数か月から1年(或いは場合によってはそれ以上)程度は掛けながら断薬まで持っていくのが普通ではないでしょうか。

次も参照してください。
http://okwave.jp/qa/q6191055.html #5

Qうつ病が治るきっかけってありましたか?経験者の方のお話聞きたいです!

友達にうつ病の人がいるのですが、もう1年半くらいになるのですが、なかなか治りません。。。少し元気になったかと思っても、またすぐに落ち込んでしまったり。。。何かきっかけがあれば治ると、うつ病経験者の知り合いが言っていました。何かきっかけがあって、パッてよくなるものなのか、それともジワジワ治っていくのかとか、私には全くわかりません。経験者の方の、これがきっかけでうつ病に勝った等のお話を聞かせてくださいm(_ _)mよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、とにかく休息しました。
ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は
散歩をしました。
そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって
いくのを感じました。正直、抗うつ剤などは全く効いて
いませんでした。

夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても
半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に
悶え苦しんでいました。睡眠剤は半年で効かなくなり、
あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、
睡眠障害には特に苦しみました。

いろいろ試しましたが、光療法が少し睡眠を楽にしてくれました。
下記のサイトにいろいろと情報が出ております。うつ病のかたが
実際に光療法をやられた結果がでているので参考になります。
効果はいろいろみたいですが。

http://sleep.lighttherapy.jp/
http://sleep.lighttherapy.jp/2007/01/post_29.html

でも、私の場合、浮き沈みの激しいうつ病の回復時期に、
散歩と併せて光療法行うことによって、徐々に生活リズムを
整えることができたと実感しています。調子が良い時に
使用するとさらに調子が良くなる感じでした。

少しでも参考になれば。

参考URL:http://sleep.lighttherapy.jp/,http://sleep.lighttherapy.jp/2007/01/post_29.html

私は、とにかく休息しました。
ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は
散歩をしました。
そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって
いくのを感じました。正直、抗うつ剤などは全く効いて
いませんでした。

夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても
半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に
悶え苦しんでいました。睡眠剤は半年で効かなくなり、
あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、
睡眠障害には特に苦しみました。

いろいろ試し...続きを読む

Q精神安定剤を飲んでいる有名人

以前、新聞で桂ざこばさんが
「精神安定剤を服用している」と発言されてました。
文脈からおそらくベンゾジアゼピン系の
抗不安薬かと思われましたが、
同様の薬を飲んでいる私は強く勇気付けられました。

このように、有名人で精神安定剤を飲まれている方の
お話を聞きたいです。

Aベストアンサー

薬を飲んでるかどうか知りませんが、ビートたけしが、チックという神経症だと、精神科医に聞いたことがあります。首をやたらチョコ、チョコと、振ります。その状態が多いときは、神経が過敏になってると言ってました。最近は減ったように思います。治ったかもしれません。でもその医師いわく、彼は、偉い、自分の神経症をも、笑いのねたにしている。とのことです。芸能活動の人は、かなり多いと思います。その医師も(精神科医)ですが、少し、吃音です。僕も、神経症です。
医師は、もう、子供のころのように、吃音を気にしなくなった、堂々としゃべって、医師として、頑張っていくといって、いい先生です。
何かに、人生で、つまずいたりしたとき、それをカテに、自分を成長させてるようで、尊敬してます。話がそれて、すみません。

Q薬を飲んでから効果が切れた時の状態がしんどいです

神経症で通院中です。
メンタルよりも身体症状がちょっとしんどいです。

症状は不眠、頭痛、浅い過呼吸、手の震え(たまに)等があります。
その中で特に困っているのは頭痛です。

嫌な事があったりしてストレスがかかった時には必ず頭痛がする事に気付くようになりました。
あとは、ストレスを感じない時でも薬の効果が切れた時には頭痛がするようになったと感じているのです。

主にカウンセリングメインでの治療を行っている為、薬の量は少ないです。
朝にレキソタン2mg、寝る前にデパス0.5の処方です。これを毎日服用しています。

以前心身共に具合が良くなった事で薬を飲み忘れるようになり、気付いてもま~いいかでやりすごしていた時がありました。そうしたら体調がすぐれなくなり何だろう?と思ったところ、薬をまたきちんと飲む事により体調が良くなった事で離脱症状だと気付きました。

それからは毎日きちんと薬を服用しておりますが、それでも最近は薬の効果が切れた頃に体調が悪くなるという状態が続いています。主に頭痛なのですが。

現在精神的に安定している事から医師には減薬してもいいと言われています。
でも、薬を飲まないと頭痛でしんどいんです。
精神薬の副作用や離脱症状は人それぞれですが、私は頭痛がもろに出るようで後頭部の頭痛から首の後ろ、背中全体までがズーンと重くなります。

薬を飲まないでいるとそのようになり、薬を飲むと治まります。
なので薬によるものだと思っているのですが・・・

これは減薬する人が通らなければならない離脱症状の道のりなのでしょうか?
薬を減らしたらしんどいのは脱精神薬には避けて通れないものですか?
離脱症状がなくなるまでにはそれなりの時間がかかる(2~3ヵ月?)とどこかで見たような気がします。しんどいけどそういうものなのでしょうか。

薬と一生お付き合いするつもりはないので、そういうものなら2~3ヵ月耐えないとなぁと思っています。
減薬や薬断ちした経験がないので経験された方がいらっしゃいましたら教えて頂けますでしょうか。

神経症で通院中です。
メンタルよりも身体症状がちょっとしんどいです。

症状は不眠、頭痛、浅い過呼吸、手の震え(たまに)等があります。
その中で特に困っているのは頭痛です。

嫌な事があったりしてストレスがかかった時には必ず頭痛がする事に気付くようになりました。
あとは、ストレスを感じない時でも薬の効果が切れた時には頭痛がするようになったと感じているのです。

主にカウンセリングメインでの治療を行っている為、薬の量は少ないです。
朝にレキソタン2mg、寝る前にデパス0.5の処方です。...続きを読む

Aベストアンサー

ANO.2です。

確かに薬って難しいところがありますよね。
頭痛一つとっても、抗不安薬の副作用でも頭痛は起きますし、頭痛を和らげるために抗不安薬を投与することもあります。
私の場合、高血圧を抑えるために抗不安薬を飲んでみてはと言われた事があります。

まず頭痛ですが、心因性以外の可能性は無いんですよね。
普通は血液検査や心電図、CT、血圧などを検査して、問題がなければメンタルの問題となります。

(1) 抗不安薬が合っていない。
確かに3か月間問題がなければ不一致とは言いきれませんが、神経症、PTSDでしたよね。
抗不安薬は神経症に効果があります。ですが、
うつ病の代表的な症状に
睡眠障害、頭痛、疲れやすさ・気力の減退などがあります。
朝体調が悪く、夕方改善するのもうつ病の典型的な症状です。
こう考えれば、神経症だけかどうかも考えた方が良いのかもしれません。

(2) 薬の量が少なく、症状が悪化している。
メンタルと薬は難しいもので、薬を口に含んだだけで症状が治まる人がいると主治医から効いた事があります。
一般的に投薬は少ない量から始まって、1週間単位で量を増やしてゆき、適量を探っていきますよね。
1ヶ月くらい改善がなければ、別の薬を初めからやり直します。

でも先生によっては初めから数種類の薬を一度に投与して、そこからいらない薬を省いていく先生もいます。
これは先生が悪いのではなく、方法はいろいろあると考えた方が良いのではないかと個人的には思います。

そんな意味で、時間に余裕があれば、セカンドも視野に入れては如何でしょうか。

一日も早く改善することを祈ってます。

ANO.2です。

確かに薬って難しいところがありますよね。
頭痛一つとっても、抗不安薬の副作用でも頭痛は起きますし、頭痛を和らげるために抗不安薬を投与することもあります。
私の場合、高血圧を抑えるために抗不安薬を飲んでみてはと言われた事があります。

まず頭痛ですが、心因性以外の可能性は無いんですよね。
普通は血液検査や心電図、CT、血圧などを検査して、問題がなければメンタルの問題となります。

(1) 抗不安薬が合っていない。
確かに3か月間問題がなければ不一致とは言いきれませんが、...続きを読む

Qデパス0.5mgを1日1~2錠で、だいぶ精神的に楽になるということは…

デパス0.5mgを1日1~2錠で、だいぶ精神的に楽になるということは…

たいした精神的不安ではないということですよね?

辛い人は1~2錠では効かないんですよね?

Aベストアンサー

>辛い人は1~2錠では効かないんですよね?
デパスの1日最大処方は3mgです。

デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので
結構、効く実感を感じる方が多いようです。

坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。
坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。

健康な人で薬の半減時間が6時間ですから
効いている時間は4~5時位です。

短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。
短時間作用薬は薬の切れるのが早い
だから、ずっと効果を維持していく為には
薬を飲む回数がどうしても増える。
そうなると飲む量も多くなる。
長期連用すると依存の副作用が現れる可能性も高くなります。

私はデパスのジェネリック薬を頓服で使っています。
あまりにも精神的不安が強い時だけに使います。
デパスは薬の切れ際がハッキリ判るので
切れた際、不快感や不穏が出てくることが有ります。

精神的不安が長く続く時は、同じ高力価で中時間作用のワイパックスを使います。
作用時間が12~14時間位です。
等価換算表ではデパス1.5g=ワイパックス1mgで同力価(量が少ない方が強い)ですが
眠気や筋弛緩作用の副作用が強くありません。
デパスに比べると効きがマイルドな感じで
効いてるのか切れてるのか、あまり感じませんので重宝しています。

余談ですが、デパスは日本で創薬された坑不安薬(旧吉富製薬)で
確かアメリカ・カナダでは販売未承認のはずです。
海外ではサプリ並みという事はないと思います。

>辛い人は1~2錠では効かないんですよね?
デパスの1日最大処方は3mgです。

デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので
結構、効く実感を感じる方が多いようです。

坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。
坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。

健康な人で薬の半減時間が6時間ですから
効いている時間は4~5時位です。

短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。
短時間作用薬は薬の切れるのが早い
だから、ずっと効果を維持していく為には
薬を飲む回数がどうして...続きを読む

Qベンゾジアゼピン抗不安薬の断薬失敗後の対処法

こんにちは。

自分は先日ベンゾジアゼピンの断薬に失敗しました。
薬品名はセパゾンです。

断薬には2ヶ月半くらいかけました。
断薬から1週間以上経ってから酷い離脱症状が出始め、2週間で再服薬です。
実は以前にも減薬→断薬に失敗していて、その時は約3ヶ月かけました。
こうやって書いていると同じ失敗を繰り返しているなと思います・・・。
減薬期間が短すぎますよね?
よければアドバイスください。


4日前まで寝たきりで自殺ばかり考えていたけど、今は何とか寝たきり状態は回避できています。
しかし、まだまだ状態は悪くて、不安感や焦燥感、憂鬱感が酷く外出することができません。苦しいです・・・。
さすがにこのような状態のまま生きていくことはできませんので、何か対処法をしっかりとらなければと思っています。

やはり今の状態を改善するためには、坑うつ薬を新たに飲むなり、ベンゾジアゼピンを増量するしかないのでしょうか?
本当はもうこれ以上精神薬は飲みたくないのですが、外出さえできない生活には精神的にも肉体的にも耐え切れそうにないので、我慢して飲むしかないと思っています。
それと、離脱症状を緩和するのに受診するとよい科をご存知でしたら教えてください(心療内科、精神科は除く)
また精神薬の減薬・断薬指導、離脱症状に詳しい病院も教えていただきたいです。


質問が沢山で申し訳ありませんが、御回答宜しくお願いいたしますm(__)m

こんにちは。

自分は先日ベンゾジアゼピンの断薬に失敗しました。
薬品名はセパゾンです。

断薬には2ヶ月半くらいかけました。
断薬から1週間以上経ってから酷い離脱症状が出始め、2週間で再服薬です。
実は以前にも減薬→断薬に失敗していて、その時は約3ヶ月かけました。
こうやって書いていると同じ失敗を繰り返しているなと思います・・・。
減薬期間が短すぎますよね?
よければアドバイスください。


4日前まで寝たきりで自殺ばかり考えていたけど、今は何とか寝たきり状態は回避できています。
しか...続きを読む

Aベストアンサー

ミスしてました。すみません。5%ずつを提案されて10%にしてもらいました。

減薬中は2週間おきに病院に行っていたんですが、この間が辛かったです。減薬中はとにかく光が痛く何日も眠れな中で病院に行くだけでへとへとでした。

予約していても一時間位は待つので、先生に話して病院に減薬中に行った時はすぐにベッドで休ませてもらって、そこで順番が来るまで横になって待ってました。

そのおかげで通院も挫折しませんでした。

それから主治医はジェネリックでもそうじゃなくても同じ製薬会社の物を使いたがり、その為薬局はいつも同じ所に行きました。

同じ薬のジェネリック品でもメーカーによって製造過程が違うから脳に作用する薬なので統一した方がいいと言っていました。


断薬を決意してからはアシュトンマニュアルは一切考えないようにしました。あれは私には逆効果でした。神経質になりそうだったので減薬中、断薬直後はネットもしないし何も考えませんでした。

断薬直後ってかなりネガティブになりますよね?私はお笑いのDVDばかり見てました。音が怖かったので音は小さくして見てました。

服薬中って脳がどんよりしてぼーっとして凄く嫌で。同世代と比べてあきらかに頭の回転が鈍かったから悲しかったです。

でも今は離脱症状も全くなくなり頭がすっきりしました。学生時代の数学の文章代を解いたら頭の中がキビキビして解けて嬉しかったです。

ミスしてました。すみません。5%ずつを提案されて10%にしてもらいました。

減薬中は2週間おきに病院に行っていたんですが、この間が辛かったです。減薬中はとにかく光が痛く何日も眠れな中で病院に行くだけでへとへとでした。

予約していても一時間位は待つので、先生に話して病院に減薬中に行った時はすぐにベッドで休ませてもらって、そこで順番が来るまで横になって待ってました。

そのおかげで通院も挫折しませんでした。

それから主治医はジェネリックでもそうじゃなくても同じ製薬会社の物を使いたが...続きを読む

Qメイラックス1mgの断薬について不安があります。

当方、不安障害・身体表現性障害・パニック障害・強迫性障害のため
2011年12月からデパス0.5mg頓服と、メイラックス1mgを1日1回(夜)飲んでいました。
デパスの頻度は週1~週3で一日1錠までと主治医と相談してこのように服用しています。
デパスの使う理由は歯医者の前・大規模な飲み会・少しの遠出・美容院の前です。今はほぼ歯医者の前に飲んでいます。

本日、メイラックスの残りが少なくなったので心療内科に診察に行ったところパニック障害以外は大分落ち着いているので(不安障害も若干気になるが毎日不安があるわけでもないので大分良くなった方と言われました。)、メイラックスを今日から断薬してくださいといきなり言われました。

正直びっくりしています。減薬ならまだしも1mgからいきなり断薬なんて…

主治医・薬剤師に離脱症状のことを尋ねると、服用期間が約1年なのと量も1mgなのでいきなり断薬でも大丈夫と言われました。

いろいろ調べるとメイラックスは比較的離脱は出ないという意見と高い確率できつい離脱症状がでるという意見の真っ二つに分かれているので困惑しています。

またよく減薬や断薬の際に長期連用の人には…と続く文章がありますが、長期連用の基準が分かりません。私の1年は長期連用にあたるのでしょうか?

デパスは継続で頓服出されました。

親が6年メイラックス飲んでいきなり断薬していましたが離脱症状は出ていませんでした。

4月から社会人として、新しい環境になります。自分も確かにメイラックスは辞めたいなと思っていましたが前質問の抜歯や卒業論文、就職先で絶対必要な資格試験などすこし大きなイベントがたくさんあってタイミングを見逃していました…。

正直現在の主治医の態度にすごく不信感です。(すいません。長くなりますのでここは割愛させてください。明後日違う心療内科に行こうと思っています。)

長文・乱文申し訳ありませんが

・メイラックス1mgからいきなりの断薬をしても大丈夫なのか
・離脱症状は高い確率で起こり、きついのか
・それとも離脱症状は少ないのか
・長期連用はどのくらいの期間からそう示されるのか。
・減薬の方がいいのであればどのように減薬していくのが一番安全か(隔日か量を減らすかとかありますが…)
・経験談

よろしくお願いいたします。いきなり言われてパニックになっている部分があり申し訳ありません。

当方、不安障害・身体表現性障害・パニック障害・強迫性障害のため
2011年12月からデパス0.5mg頓服と、メイラックス1mgを1日1回(夜)飲んでいました。
デパスの頻度は週1~週3で一日1錠までと主治医と相談してこのように服用しています。
デパスの使う理由は歯医者の前・大規模な飲み会・少しの遠出・美容院の前です。今はほぼ歯医者の前に飲んでいます。

本日、メイラックスの残りが少なくなったので心療内科に診察に行ったところパニック障害以外は大分落ち着いているので(不安障害も若干気になるが毎日不安が...続きを読む

Aベストアンサー

いきなりの断薬は不安ですよね。

私は以前、抗鬱薬、安定薬、睡眠薬を服用していて、薬の飲み過ぎで頭が重いので減らしたいと先生に相談しても、薬があわないだけだから違う薬をと言われました。
やはり先生に不信感があり、自分で断薬についての本やサイトで知識をつけ、自己判断で抗鬱薬を減薬、断薬しました。
減薬は、一日3錠を2錠に、そして一錠になったら、一日置きにと、何ヶ月かかけてゆっくりすぎるくらいのペースで行いましたが、
やはり多少離脱症状がでました。ちなみに服用は一年くらいでした。
離脱症状は個人差がありますが、断薬はゆっくり行えば我慢できない程の事態はないと思います。

ちなみに、睡眠薬、抗鬱薬、安定薬いずれも配合が違うだけで成分は似ていて、離脱症状の原因となるのはベンゾジアゼピンという物質だそうです。
日本は患者数が多いのに、欧米に比べ、知識、研究が遅れているそうです。
薬に頼り過ぎ、カウンセラーやセラピストが少ないのも問題視されています。
研究が進んでいるイギリスの大学教授の本ですと、2週間以上の服用で依存がみられ、長期といえるとしています。
この教授は、断薬マニュアルを発表していて、ネットでも閲覧可能ですから、ぜひ読んで見て下さい。
アシュトンマニュアルといいます。

断薬するのは質問者様ですから、自分の体と相談しながら自分のペースで断薬するのも選択だと思います。
まだ服用されて一年とのことで、長年服用するともっと離脱が難しくなります。

頑張って下さい。
長文、失礼しました。

いきなりの断薬は不安ですよね。

私は以前、抗鬱薬、安定薬、睡眠薬を服用していて、薬の飲み過ぎで頭が重いので減らしたいと先生に相談しても、薬があわないだけだから違う薬をと言われました。
やはり先生に不信感があり、自分で断薬についての本やサイトで知識をつけ、自己判断で抗鬱薬を減薬、断薬しました。
減薬は、一日3錠を2錠に、そして一錠になったら、一日置きにと、何ヶ月かかけてゆっくりすぎるくらいのペースで行いましたが、
やはり多少離脱症状がでました。ちなみに服用は一年くらいでした。
離...続きを読む

Q異常のない人が抗うつ剤を飲むと・・・?

どうなりますか?
何か弊害はありますか?

心療内科を受診し、抗うつ剤を貰いました。
症状を医者にお話しすると「それは疾病じゃないから薬を飲んでも聞かないよ」といいつつも抗うつ剤を出されました。
飲むべきか飲まないべきか悩んでいます。

Aベストアンサー

心療内科を受診されたということは、少なからず何か心の問題で体の不調を感じたからでしょう。もし、先生を信用できないと感じていればセカンド・オピニオンとして異なるお医者さんにみてもらうことも考えてみたらいかがでしょう。

抗うつ薬ですが、健常者が服用した場合のほうが副作用がでやすくなります。うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下しているので、それを活性化させる作用が抗うつ薬にはあります。ただし、ノルアドレナリンが過剰に活性化すると動悸や発汗などが、セロトニンが過剰となると吐き気や性機能障害がでやすくなります。うつ病だと、セロトニンやノルアドレナリンの機能が低下しているため抗うつ薬を飲んでも過活動になりにくいため副作用がでにくい(それでも出る人はでます)のに対して、普通の人が服薬すると過活動になるため副作用がでやすくなります。

また、パキシルという抗うつ薬は、副作用は少ないのですが服薬をやめたあとにめまい、吐き気、発熱、いらいらなどの退薬症状がでるので、うつ病でない人は絶対に飲んではだめです。

参考URL:http://atoyofpsd.net/brain/brain_03.html

心療内科を受診されたということは、少なからず何か心の問題で体の不調を感じたからでしょう。もし、先生を信用できないと感じていればセカンド・オピニオンとして異なるお医者さんにみてもらうことも考えてみたらいかがでしょう。

抗うつ薬ですが、健常者が服用した場合のほうが副作用がでやすくなります。うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下しているので、それを活性化させる作用が抗うつ薬にはあります。ただし、ノルアドレナリンが過剰に活性化すると動悸や発汗などが、セロトニンが過剰...続きを読む

Q抗うつ薬が効いているか効いてないか

抗うつ薬は、いろいろ種類があり、人によっても、どの薬が効くとか効かないとかがあると思います。

仮に、自分に本当に合っている抗うつ薬を飲んだ場合、気分はどのように変化するのでしょうか?

飲んでいるときと飲んでいない時で明らかに違いが自分でもわかるくらいなのでしょうか?

飲んでる間は、憂鬱な気分が晴れるのでしょうか?

Aベストアンサー

精神科医です。ここの掲示板のルールですから医療行為は行えません。あくまでも参考意見として主治医の指示を仰いでください。

さて、お話の件ですがあなたがご存知のように抗うつ剤の種類は多数あります。抗うつ剤が効いているかどうかは、専門医からみた臨床的な判断と当事者ご本人の主観的な感情、気分変化の二種類に分かれます。

書き込みから推定すると、あなたはご自身の自覚症状として抗うつ剤が効いているかどうかをお知りになりたいということからお話をいたします。

まず、本人の意識というのは非常に難しく医師でもどのように感じているかは正確に判断できません。うつ病になる前の状態とうつ病になったときの状態を比較して、気分変化が具体的にあるかどうかを鑑別します。これでは、あなたの回答には程遠いので少し噛み砕いてご説明いたします。

抗うつ剤を処方してから、効果の発現は早い場合には1週間から二週間で出ます。この効果とは、憂鬱と自覚する時間帯がどのように変化したかを観察してみるとわかりやすいと思います。
ひとつには、憂鬱という気分が“何となく”でもなくなってきた、そして一日中憂鬱な気分が続いていたのがいつの間にか、頻度が少なくなっているというような自意識(病職)が明確になったかどうかです。
そして、病職がもてるようになったということは、うつ状態から改善の方向に向かっている尺度になります。

すなわち、抗うつ剤の効果は劇的におこるものではなくて、徐々に気分が楽になる、億劫や面倒だということがなくなってくる、行動意欲が湧いてくる、不安感がなくなる、将来に希望がでる・・といった自覚症状を認識できれば効果が出ているということになるでしょう。

あくまでも、これは単極性のうつ病の場合で躁うつ病(双極性障害)の場合とは考え方が異なりますので注意をしておいてください。

抗うつ剤は、ご存知の通り血中濃度がある程度一定の濃度を満たしていなければ効果が期待できません。単剤で、十分量の適した(患者さんにあった)処方であれば、先に記述したことは顕著に認識できるようになります。

さらに、感情や気分変化と同時に行動特性を観察するとわかりやすいです。うつ状態にあるときは、一日中寝ていてばかりということもありますが、抗うつ剤の効果によって、規則的な日常生活が行えるようになってきたかどうかということです。
大うつ状態に陥っているときは、重篤でこのようなネットの書き込みさえできないことがあります。

その意味では、あなたは理路整然と文章を書いていることから、文面からだけみれば、うつ症状は改善の方向にあるのではないかと予想しています。ただ、患者さんには例外のケースもありまして、仕事などはうつで行けないけども、自分の趣味だけは平然とできる、といったタイプのうつ症状も最近診てきています。ですから、あくまでも推測だと判断してください。

そして、抗うつ剤を飲んでいるときと飲んでいないときの差ですが先に記載しましたが、補足すると経験上では画期的な(劇的な)効果を感じることはないと思います。自然に、普通の状態になっていくという経路をたどっていきます。例外として、双極性障害の患者さんに、抗うつ剤が作用して躁転させてしまうことがあります。
うつ病だと思っていて、抗うつ剤を処方したがゆえに躁転してあっというまにハイテンションになるケースがあるのです。
これは、医師の問題でもあり、双極性障害のうつ症状は治療が異なりますので注意が必要です。

単極性のうつ病の患者さんであれば抗うつ剤がぴたりとあえば、気分や感情が自然に昂揚していき行動的になります。
そして、病職をもつことができ、自制心(病気をコントロールする力)が芽生えてきます。
医師との診断でも、顕著に症状が改善されたことがわかり、寛解、完治へと向かいます。医師もこの時点で、病気が改善されていることを確認して治療方針、戦略を考えていきます。

想像ではありますが、あなたの場合、「抗うつ剤がご自分に合っているかどうか」ご心配されているのではないかと思います。
これは、どの方々でも同じ疑問であり悩みであって、専門医でも難しい課題です。色々な抗うつ剤を各種試したけど効果がでない、と主訴してくる方は多いのです。

医師の技量にもよりますが、多剤処方をしてしまい治療方針が混乱する結果となることがあります。どの薬剤が効果を成していて副作用を出しているのか全く判別できなくなるのです。

どの抗うつ剤があうかは、実際に診察してみなければ分からないし同時に、服用して見なければわかりません。
当たり前のことですが、効果の発現に時間を要するために治療が長引くのは現在のうつ病治療の壁でもあります。
蛇足的になりますが、SNRIやSSRIだから良いとか3環形だから副作用が強くてダメということもありません。

しかし、うつは辛い症状です。患者さんとしては早くこの辛さから脱出したいと思っておられます。そのため、補強として抗精神病薬や気分安定剤、抗不安薬を併用処方していくこともあります。
同じ患者さんでも医師によってまるで処方が違ってしまうのも事実です。

このような現実は、まだまだうつ病治療の課題だといえます。

まとめますと、抗うつ剤は劇的に効果をなす、すなわち劇的に気分が晴れるとか気分爽快になるという作用の仕方はありません。
マイルドに、効果を成していき憂鬱な気分は晴れていきます。ただし、健常者でも憂鬱な気分はあるように、抗うつ剤を飲んでいるからといって全く憂鬱な状態(抑うつ状態)が消えるわけではありません。それは、むしろ自然な現象です。

2、3週間以上経過しても連続して憂鬱な状態が継続し続けるようであればそれは病的な憂鬱です。抗うつ剤を投与していても変化なしならば、やはり抗うつ剤が合わないという結果になります。

簡単な回答ですが、文面から推定してお答えさせていただきました。
あくまでも、いち専門家の意見としてお答えさせていただきます。

詳しいことは、必ず最初に書きましたが専門医の実際の診察を受けて治療を受けてください。

精神科医です。ここの掲示板のルールですから医療行為は行えません。あくまでも参考意見として主治医の指示を仰いでください。

さて、お話の件ですがあなたがご存知のように抗うつ剤の種類は多数あります。抗うつ剤が効いているかどうかは、専門医からみた臨床的な判断と当事者ご本人の主観的な感情、気分変化の二種類に分かれます。

書き込みから推定すると、あなたはご自身の自覚症状として抗うつ剤が効いているかどうかをお知りになりたいということからお話をいたします。

まず、本人の意識というの...続きを読む

Qうつ病の薬で頭の回転と気分がスッキリし、やる気が出るものはないのでしょうか?

仕事が最近変わり、仕事場の人間関係で精神的ストレスが酷く軽度のうつ病になりました。
一番の悩みが信じられない単純ミスを連発してしまい(以前の職場では人よりミスをしない方でした)その事でさらに人間関係がギクシャクしてしまってます。
先生に相談したところワイパックス錠0.5を処方されましたが、それを飲んで仕事に行くとボーっとしてしまって、テキパキ動けません。
もっと頭の回転と気分がスッキリして、やる気が出てヨッシ!と気合が入るようなお薬はないものでしょうか?
先生に相談したところ、「うつ病の薬は全般ボーっとしてだるくなります」と言われました。きっと心を落ち着かせる為だと思うのですが、だるくて家から出たくなくなります。これでは逆効果です。。。
何か他に良いお薬があれば教えて下さい。
先生に相談して処方してもうかと思っています。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは

>先生に相談したところワイパックス錠0.5を処方されましたが
服用されてる薬はこれだけですか?
ワイパックスは向精神薬の坑不安剤と言うカテゴリーの薬で
緊張や不安の症状を改善する向精神薬です。

私の服用歴はトリプタノール・アモキサン(三環系)
→パキシル(SSRI)→トレドミン(SNRI)→中枢神経賦活剤
→パキシル(SSRI)→レメロン錠(NaSSA)です。

坑不安剤は飲み始めの頃、眠気やボォーとなる症状がでます。
ある一定の期間服用していると慣れ(耐性?)を生じて
そのような症状はなくなります。
それと同時に薬が効かなくなることもあります。

うつ病に伴う不安やイライラの改善に坑うつ剤と併用で
処方されるケースが多く見られます。
作用は強、作動時間は中時間のタイプの坑不安剤です。
私はワイパックスは効果が有りませんでした。
同じ作用は強 作動時間は短時間のデパスは効きが感じられました。

>もっと頭の回転と気分がスッキリして、やる気が出てヨッシ!と気合が入るようなお薬はないものでしょうか?
坑うつ剤は気分を晴れやかにして、抑うつを改善する目的の薬です。
現在は気分を晴れやかにするセロトニンだけでなく
興奮や緊張等に関連するノルアドレナリンのどちらにも
作用するタイプの坑うつ剤も発売されていますが(トレドミン、レメロン錠)
質問者さんの希望するような状態にはならないと思います。

そのような高揚感や意欲が感じられるのは、中枢神経賦活剤と呼ばれる
興奮剤位でしょう。
以前、難治・遷延性うつ病に商品名リタリンで上記のタイプの
薬がありましたが、対症療法に過ぎず、効果は一時的なものでした。
その反面、依存性と耐性の副作用があり、社会的問題にうつ病の
適用除外となりました。
確かに飲みだした頃は、やる気・意欲と言うか
高揚感バリバリでしたが、飲み続けるうちに
効果がうすれ、感じなくなりました。
耐性が出たんでしょうね。

現在、これよりは効能が弱いですが、同じ働きをするペリモン錠
(商品名ベタナミン)はまだ、うつ病の適用処方が認められています。
肝機能障害の副作用が見られ、海外では死亡例も確認されています。
まともなメンヘルの医師は、患者が処方を希望しても処方してくれないと思います。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179023.html

せいぜい、気軽に入手しやすいのはカフェインです。
効力は上記の薬と比べると非常に弱いですが、中枢神経賦活剤です。
コンビニ辺りでカフェイン200mg・180mg配合のドリンクが売られています。
坑うつ剤よりシャキり感がでるかもしれません。
ワイパックス等の坑不安剤とは効能が全く逆ですので
両方飲んでは意味がなくなります。

あとは坑うつ剤と第三世代の非定型精神病薬ドパミン・システムスタビライザーの併用です。
ドーパミンはやる気・意欲に関連すると言われています。
坑うつ効果が強化されます。
用いている精神科医が多いと聞きます。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179045.html

ドラックフリークが使って、頭がシャープになると言っている
脳循環代謝改善薬の坑うつ剤との併用はどうでしょう。
うつ病になるとセロトニンの減少の他に、
前頭部の血流低下も起こります。
脳循環代謝改善薬は脳内の血流改善やエネルギー代謝を助けますから
頭の回転がよくなるかもしれません。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2190021.html

最後に、主治医から意味のない「やる気・意欲」は出ない。
目的、目標、挑戦等の動機付けが、「やる気・意欲」を引き起こすと聞かされました。

こんばんは

>先生に相談したところワイパックス錠0.5を処方されましたが
服用されてる薬はこれだけですか?
ワイパックスは向精神薬の坑不安剤と言うカテゴリーの薬で
緊張や不安の症状を改善する向精神薬です。

私の服用歴はトリプタノール・アモキサン(三環系)
→パキシル(SSRI)→トレドミン(SNRI)→中枢神経賦活剤
→パキシル(SSRI)→レメロン錠(NaSSA)です。

坑不安剤は飲み始めの頃、眠気やボォーとなる症状がでます。
ある一定の期間服用していると慣れ(耐性?)を生じて
そのような症状...続きを読む


人気Q&Aランキング