【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

いま年俸制ですが、来年から月給制となる見通しです。
年収は変わりません。

この場合、健康保険料や、住民税、所得税の
毎月引かれる金額は変わるのでしょうか。

年俸制で毎月12分割した給与をもらっているので、
月給制となると毎月の額面給与が下がってしまうため、
現在と同じ金額を引かれると毎月の手取りが
極端に少なくなってしまうのではないかと不安です。

どなたか、ご存知でしたら教えてください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

健康保険料は、標準報酬月額に応じて料率をかけ天引きされます。


なので、毎月の天引きは安くなるでしょう。
ただし、ボーナスでは大きく天引きされます。

所得税は、毎月の給料から社会保険料を控除した金額を源泉徴収税額表にあてはめ、その税額が天引きされます。
なので、毎月の天引きは安くなるでしょう。
ただし、ボーナスでは大きく天引きされます。

住民税は、もともと12等分されて天引きされており、年収(所得)が変わらなければ同じです。
なお、住民税は前年の所得に対して課税なので昨年と今年の所得が同じくらいなら来年も同じ額です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
とてもわかりやすくご説明頂き、
不安が解消しました。

お礼日時:2009/07/01 12:58

毎月の天引き税額についての質問ですよね。

年額で計算というのは、間違いだと思います。一般の会社では、年額の税金が年末に溜まる様に天引きしますが、それは一律では無く。毎月の支払額に合わせて計算されます。これは年俸制でも同じです。
特殊なケースとして、例えば通常月には年収が1000万円以下の予測だったのに、年収で超えてしまった。又はその逆だと、税率が変わるので年末調整で大きく差がでる場合があります。しかし、通常は、沢山残業したときには、多くの税金を溜めて、残業が少ないときは税金も少ない、という具合で溜めていき、年末に大体合うようにします。
いずれにしても、その計算方法は、会社の担当部署が計算しますので、担当部署に聞くことです。ここでは、一般論しか答えれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
毎月の支払額にあわせて天引きされるということが
わかって安心しました。
とりあえず担当部署にも確認してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/29 21:09

税金は最終的に年収に対してかかります。

毎月の所得税も支給額が低くなれば、少なくなります。住民税は、前年の年収に対する住民税を今年払います。
健康保険料は、定時改定は4.5.6月の月給の平均額にかかるようになり、来年9月の改定になります。そこに至までに現在の標準報酬と大きく変動すれば、随時改定で保険料を安くすることになります。
税も健保も個人が手続することではなくて、会社が手続するものです。

年収変わらず、月額が減るというのは賞与があるからだと思うのですが、健保や厚生年金は年収ベースでかかりますので、年トータルでは負担額の変動は少ないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/29 21:11

所得税は1月から12月までの予測収入を基に計算します


最終的な増減を年末に調整します

住民税は年末調整で確定した所得税を基に計算されるので前年の所得で決まります

保険は報酬月額で計算されるのでその月の収入で変わります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
保険は月額で計算されるということで安心しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/29 21:12

所得税、住民税、保険等の天引きは年収をベースに


計算されますので、月給制でも年俸制でも計算結果が
変わる事はないですよ。

ただ、給料の額面がさがれば、当然天引きされる
税金や保険料も安くなります(恐らく年末調整で
返金されるはずです)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
額面がさがらないことを祈るばかりですが、
年末調整のことなども含めて、
担当部署と相談します。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/29 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年棒制の税金・保険について教えて下さい。

年棒制の給料形態なのですが、12ヶ月で割るのより14ヶ月とかで割って賞与扱いにして、月々の基本給を抑えたほうが年間的には節税になると聞いたのですが本当でしょうか?
どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年俸が720万を超える方に限って言えば そして節税という意味でだけで回答すれば、その通りです。
現在は、月給とボーナスに同じ率の社会保険料が掛りますが 月給は60.5万円で頭打ち計算となりますが ボーナスは一月当たり150万円が頭打ちの金額です。
年俸840万円として月給のみ70万で支払いを受けると保険料は月で約5.2万円(年62.4万円)です。
これを月給61万とし、年収との差額をボーナスとして54万づつ受け取るとします。月の社会保険料は限度を超えているから変わりませんが ボーナス分については一回につき4.4万強2回で9万円弱の支払いで 合計71.4万円となります。
社会保険を余計掛けるということは 後で支給される年金額も増えますし、控除される社会保険料も多くなり 節税となります。
ただし、手取りでいえば 増える社会保険料の90%(所得税率10%の場合)の8.1万円が減ります。
ちなみに、健保の掛け金の限度額は 月給で120万 ボーナスで年間540万です。ややこしいので計算は省きます。

年金に限って言えば、最終的な損得は 会社負担分も有りますので 余計払えるボーナス制のほうがベターでしょうか。といっても、最初に書いたように年俸720万超の場合に限ります。

年俸が720万を超える方に限って言えば そして節税という意味でだけで回答すれば、その通りです。
現在は、月給とボーナスに同じ率の社会保険料が掛りますが 月給は60.5万円で頭打ち計算となりますが ボーナスは一月当たり150万円が頭打ちの金額です。
年俸840万円として月給のみ70万で支払いを受けると保険料は月で約5.2万円(年62.4万円)です。
これを月給61万とし、年収との差額をボーナスとして54万づつ受け取るとします。月の社会保険料は限度を超えているから変わりませんが ...続きを読む

Q年俸制について

年俸制の会社がありますけど、具体的なことがわかりません。
例えば、年俸360万円の会社があるとします。
360万円を12ヶ月で割った金額を月収として貰えると考えて良いのですか?社会保険や税金などはどうなるのでしょうか?
●例えば、360万円÷12ヶ月=30万円
この30万円からさらに、社会保険、税金などを引かれて、手取りで例えば25万円くらいになり、その25万円が貰える。となるのでしょうか?

それとも、年俸360万円というのは、あらかじめ社会保険や税金などを引いて、手取りで360万円という意味なのでしょうか?
●例えば、元々は400万円の年俸なのですが、そこから社会保険や税金などを12か月分あらかじめ引いておいて、その引いて残った額が手取りの合計(12か月分)360万円なのでしょうか?もし、そうだとすれば、単純に月に貰える額は
360万円÷12ヶ月=30万円と考えればよいですよね。

また、今、年俸制の会社が増えてきているそうですが、
実際のところ年俸制は良いと言えるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的には「年俸」とは、1年間の総支給額です。
これを、12回(又は、賞与分も考慮して14回)に分けて支給し、そこから法定の社会保険料・雇用保険料・所得税などを控除した額が実際に支給される額です。

なお、給与から控除されるものは、法定のものでは下記のものですが、平均して給与総額の16%程度が控除されます。

所得税(源泉税)が約3.5%
社会保険料(健康保険・厚生年金)が約12%
雇用保険料が0.8%
所得税は扶養家族の人数によって増減しますから、あくまでも目安です。

平均的には、総額から16%ほど控除されますから、支給総額の84%程度の手取りになります。
なお、翌年からは住民税も控除されます。

年俸制については、下記のページをご覧ください。
http://www.matsui-sr.com/tingin/nenposei.html

http://www.campus.ne.jp/~labor/parttin/nenpou01.html

Q年俸制から月給制への変更を迫られて困っています(減収確実!)

年俸制から月給制への強制的な変更を会社が通告してきました。
社内に年俸制と月給制の2パターンの制度があるのを、月給制に一本化したいというのがその理由とされています。
現状の収入を確保できさえすれば月給制でも問題ないのですが、どうしても納得できないのは、以下のポイントです。

・賞与は3か月分と仮定し、昨年の年俸額を15で割った金額をまず算出
・年俸制にはみなしで30時間分の残業代が含まれているものとし、上記から、30時間分の残業代を差しひいた額を月給として提示されているが、
(1)私の昨年の平均残業時間は17時間である。(ちなみに周囲と比べて、業務が少ないということはありません)
(2)昨年4月に提示された年俸額ではなく、去年(2006年)1年間の支払額を基準に算出されている
(3)賞与は業績に左右されるため、3ヶ月分支給の保障はない
(4)入社時、年俸制と月給制の選択権が与えられたにも関わらず、今回一方的に、会社の決めた条件での改定を迫られた
(5)給与改定に伴う人事考課でも、悪い評価は受けていないにもかかわらず、会社提示の条件では、昨年と同じ残業時間ならば、収入が下がってしまう(あと13時間/月働くことが同給与維持の最低条件となる)
(6)人事考課の結論が今回の給与にどのように反映されているのか、説明を求めたが、返事は「会社が決めたことだから従ってもらう」の繰り返し
(7)会社提示の条件だと、あまり残業しない場合、入社時(3年前)の年俸額を下回る。(ちなみに今までは順調に昇給してきました)
(8)昨年4月の年俸改定時には、2006年度(2006年4月~2007年3月)の年俸額が提示されたが、今回の給与改訂の計算ベースとなっているのは、それより少ない2006年(2006年1月~2006年12月)の給与総額である

少なくとも、今の年俸額を下回らない収入を確保できる条件で、月給制に移行する方法はないものでしょうか。
この年俸を基準に生活を組み立てていたこともあり、大打撃です。
ご意見とお知恵をお寄せいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

年俸制から月給制への強制的な変更を会社が通告してきました。
社内に年俸制と月給制の2パターンの制度があるのを、月給制に一本化したいというのがその理由とされています。
現状の収入を確保できさえすれば月給制でも問題ないのですが、どうしても納得できないのは、以下のポイントです。

・賞与は3か月分と仮定し、昨年の年俸額を15で割った金額をまず算出
・年俸制にはみなしで30時間分の残業代が含まれているものとし、上記から、30時間分の残業代を差しひいた額を月給として提示されているが、
(1)...続きを読む

Aベストアンサー

法律に詳しくないのですが、

今回の変更は、以下の
------------------------------------------------------------------------------
就業規則の記載事項(労働基準法第89条)
絶対的必要記載事項(必ず記載しなければならないもの)
 ・始業および終業の時刻。休憩時間、休日、休暇に関する事項。労働者を2組以上に分けて交代就業させる場合における就業時転換に関する事項。
 ・賃金(臨時の賃金等を除く)の決定・計算および支払の方法、賃金の締切りおよび支払時期に関する事項。昇給に関する事項。
 ・退職に関する事項(解雇の事由を含む)。
------------------------------------------------------------------------------
に該当するものと思われます。ですので、「労働者代表の意見聴取(就業規則の作成・変更時)」が必要なようです。ただし、「意見聴取」とは「同意」を得ることではないそうです。条件が向上するならいいのですが、不利益な方向への改定だと、結局は「一般常識とか周囲の同業者と比較してどうか?」を争う裁判沙汰になってしまうようです。

たぶん、会社側は、質問者さんを「今よりももっと安く(これが一番の理由)、もっと多く働かせたい」という意思を持っているように思えます。(もっと搾り取りたい、って感じでしょうか?)
(参考)http://kisoku.biz/blog/archives/2000/12/post_5.html

ところで、アメリカは、少し前に話題になった「ホワイトカラー・エグゼンプション」が実施されていますが、「過労死」という話は聞かないようです。これは、労働条件が悪化したら、「こんなところでは働けません」と労働者が転職するからだそうです。「この会社しか無い」と思っていたら、条件がどんどん悪化しても、たぶん受け入れざるを得ないように思えます。「転職」という選択枝も考慮の必要があるように思えます。

結局、会社がそういう行動を起こすということは、会社の質問者に対する評価かもしれません。あるいは、賃下げをしないと会社の利益の向上が見込めないダメ会社ってことかもしれませんね。

「条件変更なら退社」という強い意志で交渉に臨むしかないかもしれません。もちろん、会社側が「ああ、そうですか。今までご苦労さまでした。」と言う可能性もありますけどね。

ちなみに、私は、会社側に対して優位なポジションに立ちたいと思って「いつ退社してもいいんだよ」って意識をちょっと持って働いています。

法律に詳しくないのですが、

今回の変更は、以下の
------------------------------------------------------------------------------
就業規則の記載事項(労働基準法第89条)
絶対的必要記載事項(必ず記載しなければならないもの)
 ・始業および終業の時刻。休憩時間、休日、休暇に関する事項。労働者を2組以上に分けて交代就業させる場合における就業時転換に関する事項。
 ・賃金(臨時の賃金等を除く)の決定・計算および支払の方法、賃金の締切りおよび支払時期に関する事項。昇給に関する事...続きを読む

Q年俸制と月給制での社会保険料は???

タイトルのとおりなのですが、
転職するに当たり、疑問に思ったのですが、
年俸制と月給制では、年間トータルで支払う社会保険料は、
どっちが高くなるのでしょうか?

わかりやすくするために、
仮に年俸350万として
年俸制で払う額は?
月給制で月22万+賞与86万の時で払う額は?


現在、転職活動中で求人いろいろ見てる状態です。
今後の転職活動の参考にさせていただきたいと思いますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

健康保険料のみを対象に政府管掌健康保険(社会保険事務所の健康保険)の例で計算してみましょう。

まず、年俸制で、350万円を12ヶ月で支払った場合。
350万円÷12ヶ月=291,666
ということで
標準報酬月額300千円

1か月分の保険料は12,300円
年間支払額147,600円


次に月収22万円賞与86万円の場合。

標準報酬月額が22万円で1ヶ月の保険料が9,020円

標準賞与額が86万円で、賞与分の保険料が35,260円

年間の保険料支払額は
9,020円×12ヶ月+35,260円=143,500円

となります。

ご質問の例だと賞与があるほうが安くなりますね。

ただし、給料や賞与の額により誤差が生じますので、今回のご質問だとこういった回答になりますが、別のパターンだとまた異なった回答となります。

Q年俸制から月給制へ

今まで年俸制で月々手取りで25万円ほど貰っていました
それが今月の10日頃、突然次回25日支払いの給料より月給制にしますと通達がありました。
今まで年俸だった金額を17で割り月々支払うとの事
残りの5ヶ月分は6月と12月に2.5ヶ月分づつ払うと言われました
ただし賞与は、業績や査定により1回につき0.9ヶ月~4.1ヶ月の間で支払いますと言われました
今日給料明細を貰った所、手取りで17万円ほどになっていました
この様な事は法律的にはどうなんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>監督所で確認した場合、会社に在籍してるか確認されるのでしょうか?
出来れば会社にバレたくないのですが・・
残業も酷いんです
定時で終わった後、残業していても最初の一時間は休憩として残業代が貰えないんです
実際に休憩出来る訳ないのに。

就業規則を閲覧するには、身元が分からないと情報の保護の為見せてくれないようです。(私の時は、免許証と印鑑と理由を監督署の様式に記入して見せてもらいました。)コピーは取れないので、必要な箇所は手書きでメモします。時間がかかる様なら早めに行ったほうが良いです。(就業時間17:00になったら打ち切られますので。)

閲覧などは会社に知られることは無いですし、指導する場合も知られないように配慮はしてくれます。相談するときに自分が特定されないようにして欲しい旨を伝えると良いです。

残業も酷いようですが、残業について会社と戦う気があるのでしたら、2年前までさかのぼって請求はできます。労働局や連合に相談してみると計算してくれますし、労使トラブル専門の弁護士を紹介してくれることもあります。慰謝料なども請求できるケースもあり、実際の労働に対する賃金の2倍程度で請求できるようです。(法的に根拠があるらしいですが、忘れてしまいましたので弁護士さんに聞いてください。)相談している間にも時効になるものが出てきますので、今すぐ相談されて内容証明郵便を送付するなどで時間を止めることはできます。

何か、別の理由で休みを取って相談されてはいかがですか?
心配事だらけでは仕事にも身が入りません・・
ご検討をお祈りします。

>監督所で確認した場合、会社に在籍してるか確認されるのでしょうか?
出来れば会社にバレたくないのですが・・
残業も酷いんです
定時で終わった後、残業していても最初の一時間は休憩として残業代が貰えないんです
実際に休憩出来る訳ないのに。

就業規則を閲覧するには、身元が分からないと情報の保護の為見せてくれないようです。(私の時は、免許証と印鑑と理由を監督署の様式に記入して見せてもらいました。)コピーは取れないので、必要な箇所は手書きでメモします。時間がかかる様なら早めに行った...続きを読む

Q年俸制で1年以内で退職した場合は契約違反?

こんばんは。

いくつかのサイトで調べたのですが、分からなかったので、ご存知の方、
ご教授ください。

今の職は年俸制です。
1年ごとに金額は見直すと言われました。
また、書面にもそれは明記されています。
雇用形態は、正社員で、無期です。

昨年の9月からお世話になっておりますが、1年経たずに来月、6月一杯で
自主退職しようかと思っております。(転職をしようと思います。)

会社の就業規則には年俸制と言うことについて詳細は
うたっていません、おそらく想定せずに作成された就業規則
なのでしょう。

そこで質問ですが、
年俸契約にもかかわらず、自主的に1年未満で退職する事は契約違反で、
変な話、会社側から賠償請求のようなものが来たりする事はあるの
でしょうか?(既に、3ヶ月間の試用期間も終了しております。)

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

サラリーマンの「年俸」は、プロスポーツ選手や取締役などの年俸とは根本的に違います。
プロスポーツ選手は請負契約、取締役は委任契約です。
いずれも年度途中での退職の場合の報酬は、契約に従うこととなります。

これに対して、雇用契約を結んでいるサラリーマンの場合の年俸制は、単に「給与の額を一年ごとに見直す」ということを指しているだけです。通常は昇給が年一回の会社であっても、ボーナスなどは半期の業績ごとに一から査定されるものですが、それをしない代わりに年額で決めてしまいましょうというだけです。
(中にはそれにも当たらない、半期ごとの給与改定と年二回のボーナス査定をしながら「年俸制」を謳う会社もありますが)
要は通常の月給制と全く変わりませんから、残業代なども支払う必要があります(この辺、ごまかして不支給にしている会社が多いと思いますが、年俸制であってもみなし残業規定等の適用がない限りは残業代の支払いは義務です)

従って、通常の正社員と同じでいつでも退職可能ですし、ボーナスは支給要件に合致するならもらって退職して何ら問題ありません。
賠償請求されることもありません(これは仮に期間の定めある雇用であっても、まず認められないようですので、心配いりませんけど

サラリーマンの「年俸」は、プロスポーツ選手や取締役などの年俸とは根本的に違います。
プロスポーツ選手は請負契約、取締役は委任契約です。
いずれも年度途中での退職の場合の報酬は、契約に従うこととなります。

これに対して、雇用契約を結んでいるサラリーマンの場合の年俸制は、単に「給与の額を一年ごとに見直す」ということを指しているだけです。通常は昇給が年一回の会社であっても、ボーナスなどは半期の業績ごとに一から査定されるものですが、それをしない代わりに年額で決めてしまいましょう...続きを読む

Q執行役員給料

夫が執行役員への打診を受けています。

中小企業で、現在は700万の年収です。
従業員として、執行役員になるのではと考えています。

企業によって報酬が違うのは承知していますが、
現在執行役員として、実際にもらっている報酬を教えていただきたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

執行役員の報酬は会社の規模により様々ですが まあそれ以前(部長クラス)の給料の2割増しくらいでしょうか
もちろん会社によっては 肩書き(責任が重くなる)だけで報酬はほとんど変わらないことも有りますし、30%くらい上がることも有ります。
ご質問の場合は、せいぜい750~800万だと思います・・
大きな会社なら 執行役員でも2000万くらいの人はザラにいますが 昇進前の給料も1700~1800万でしょう。他社と比べても 何の意味もありません。

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。


人気Q&Aランキング