渓流餌釣り歴4年、テンカラもやってました。
フライは1ヶ月弱ですが、疑似餌にしては釣果があります。今のところ大小かかわらず一匹は必ずかかります。
よく日本の狭い渓流ではテンカラの方が有利とされていますが、フライのほうが明らかに有利だと思いました。
10メートル先も狙えれば、2メートルくらいのポイントもチョウチンでヒットします。
フライフィッシングは万能だと思いませんか?
餌釣りからジョブチェンジしようかと悩んでます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

フライ大好きオヤジです。


えさ釣り、テンカラ、ルアーやってきましたが
フライがやはりいくつもハードルがあって面白いです。
フライの魅力には4つあり
(1)フィッシング(つり味、やりとりを楽しむ行為)
(2)タイイング(毛ばりを作る行為)
(3)フィールディング(フィールドの水生昆虫観察)
(4)キャスティング
(1)はどの釣りでもありますが、(2)は伝統の毛ばりや、釣れるための色や形、大きさを考え、タイイングという彫刻を作る楽しさは正にこの釣りならではの大きな楽しさです。自宅で用意してるときから釣りが始まっています。たくさん釣りたければ餌で良いんでしょう。しかし自分で考え作ったフライをプレゼンテーションしヒットした感激はひとしおです!(テンカラでもあるかと思いますが。)(3)は季節や水生昆虫の状態、流下やハッチの状態を観察することで更に釣果が戦略的に向上します。観察することで川を知り、また一期一会の瞬間としてココロに刻まれていきます。(4)はとにかくフライ唯一違いがある部分です。2mmくらい手前をたたくような釣りから、20mm向こうへのプレゼンテーションまで。水に立ちこみ自分から360度探れる円の面積はテンカラの5倍以上になるでしょう。またカーブキャストやシャドウキャスト、タワーキャスト、ループキャストなど数々のキャスティングテクニックを習得する楽しさや必要性があります。私もいろんな人に合いましたが、釣りに行かずキャスティングしかしない人、タイイングしかしない人、水生昆虫採集しかしない人たちが数多くいます。4つのテーマそれぞれが独立した素晴らしい奥行きがあり、単独で趣味として成り立つほどの楽しさがあります。私は海にもフライロッドを持って行き、手作りフライでクロダイ(イガイフライ)やメバル、カサゴ、アジなんかも釣ってます。
シーラやカツオも釣れます。ご想像のとおり、たくさん釣りたければ、餌、更に広範囲を狙うならルだと思います。フライロッド一本で渓流も、湖も、海も、海の船からも遠回りを楽しみながら、克服しながら戦略的に釣ることにフライフィッシングの楽しさはあるとおもいます。魚が水の中で幼虫を捕食するシーンを見てそれを、疑似餌で試したいというお気持ちあれば、フライフィッシングの大きな楽しさは全て味わっていけると思います。
    • good
    • 0

(反論意見を言います。


フライは、主に小物が対象でしょう? それに、外道が多いとおもいます。ルアーなら7cmミノーなんかでけっこう大物(40cmくらい)が来ます。ルアーなら海でもダム湖でも川でもどこでも万能な道具を選べます。トラウト・バス・セイゴ・フッコ・メッキ・カマス・根魚など全部共用可たとえば、海用のライトタックルならマス系の淡水魚でも使えます。
実際、淡水用のルアーロッドは短くて細くて、大きいのが釣れた時の取り込みで弱さを感じますので私は海用を使っています。
魚がいるところに行けは、必ず釣れます。また、足元まで追ってくるので面白いです。

この回答への補足

貴重な意見ありがとうございます。
ルアーは、手軽に自作できないことや、藪沢では出来ないと思います。
やはり自分に合ったスタイルで釣りをするのが一番楽しいと思います。

補足日時:2009/07/09 06:18
    • good
    • 0

どうも、釣りバカです。



質問者様と全く同じような事をフライの世界では有名人の岩井渓一郎っつー人が言ってましたわ。

なるほどフライは毛バリと言う武器が強烈で、飛んでいる羽虫やピンチョロオニチョロ的な物を模す事もルアーのような100%リアクション狙いな物も作れちゃいます。
フライはリールに糸を巻いているだけにテンカラや手釣りと比べると圧倒的に攻める範囲が広い。
エサ釣りやルアーにできないような、羽虫が水面を漂う様を完全再現できるのもフライフィッシングの強みっすね。

でもフライはラインの比重だけでキャストする、キャストは他の釣りとはまるで違うフォルス・キャスト。
このキャストはバックヤードがないと成立しないという宿命もありますわ。
このキャストはある程度の助走が必要で、手返しの良さはルアーや手釣りのほうがはるかに上っす。
それにテレスコピック(振り出し)の竿が慣例的にないというのも、山岳渓流のような藪こぎや岩へずりの際便利な機能がないからメンドクセエ。一部マニアックなメーカーがテレスコピックのロッドを出していますが、全然使えないし普及しませんわ。
またテンカラのチョンチョン釣りをするにはラインが固定しない分やり辛い、等の細かい所であれれ?っつー事もあるんだよね。


っつー事で、実は万能と言うには欠点が多いんっすわ。


でもそれぞれの釣りにはそれぞれの醍醐味っつーのがあって、どれが優れている劣っているという次元で話すべき事じゃないんっすよね。

少なくとも質問者様はフライフィッシングの醍醐味に気付いてしまったわけですから、一度ワンシーズン通してフライをやってみたらいかがでしょう。醍醐味が一つでも多く楽しめるんであれば、そっちのほうが絶対楽しいですからね。


ジョブチェンジは、それから考えても遅くないっすよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだ釣り歴は浅いですが、(解禁すれば毎週釣りです)私の場合餌から始めたもので、それも藪が多いポイントばかり、けっこう釣れた方だと思います。
ある日、餌が(ブドウムシ)が水面下を流れましたが、イワナが食いついてきました、この時もしかしたら本物の餌じゃなくても釣れるのではと思いました。そこでテンカラに目をつけました。その後、広範囲に攻めれそうなフライフィッシングを始めたということです。まだ初めて二ヶ月と経ちませんが、今までの経験をいかして何とか釣れるようになりました、最初は全然釣れませんでした。今の時期は活性が高くて釣れてるのかもしれませんが、解禁当初のように水温が低いときはフライを沈ませて見ようかと思います。
これからも色々と試して鍛練していきたいと思います。

お礼日時:2009/07/01 18:27

40オヤジ、Fly歴25年くらいです。



>フライフィッシングは万能だと思いませんか?

かなり同感です。
近距離から遠距離にポイントまで狙えると言うところではかなり融通の効く釣りだと思います。
薮沢から本流までOkといった感じでしょうか。
ただ、低水温時や大増水時などは、餌釣りの方に分があると思います。
また水深のある淵などでは、ルアーの方に分があるかと思います。
同様に、大型狙いでもルアーなどに分があるのでは・・・

ただ、Flyはキャスティングからしてハードルが高く、やってて面白いですね。
餌釣りも奥を究めれば深いのでしょうが、Flyの場合は越えなければならないハードルが多く、よりチャレンジしがいはあるのでは?と個人的には思っています。
ジョブチェンしてみては如何ですか?

では、良いFlyFisheingを!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

疑似餌というのがミソでして、それをうまくポイントへキャストするスリリングな釣りは病みつきになりますね。
これからも腕を磨いていきたいと思います。

お礼日時:2009/07/01 18:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q模型の完成品を買うことについて

私はプラモデルが好きで、賞とかも取ったことあります。
それで最近思ったのですが、私はプラモデルを作ってるときが好きではなく、プラモデルを飾って見てるのが好きなのです。正直私は組み立ててるときは楽しくありません。それで今後プラモデルを作るのではなく完成品を買って飾っていこうと思ってるのです。自分で作ると完成品よりはいいものができるのですが、そのぶん完成品よりもお金がかかりますし材料費などもかかります。
モデラーの方は完成品を買うということはイメージはよろしくないと思ってる方が多いと思います。
この状況の私では、完成品を買うということはよくないことですか?

Aベストアンサー

モデラー歴40年あまりの中年モデラーです。

正直言って、私は完成品には興味はありません。店頭で、完成品を販売しているのを見ても、これなら自分の方がうまく出来ると言う自負もあるし、なんで完成品ってこんなに高価なの?と思ってしまいます。

質問者さんの年齢は不明ですが、私がプラモを作り始めた小学校時代は製作環境も悪く、塗料にしろ道具にしろ、殆ど何もない時代でした。それを考えると、今の製作環境は恵まれています。塗料もその物ズバリの塗料があるし、種類も豊富です。道具などもエアブラシやコンプレッサーまでお金さえ払えば買える時代です。

プラモはやはり作っている時間が楽しくもあり苦しくもあります。その苦労を乗り越えて完成した時の喜びは、やはり完成品では味わえません。(失敗も勿論あります。)苦労して完成させたキットほど、完成後の思い入れも一入(ひとしお)です。

質問者さんにとってプラモの価値観と言うのは何でしょうか? 単に完成品を飾って楽しむ方が良いとお感じなら、完成品を購入して、眺めているのも良いと思います。それで満足出来るのならば…!

ですので、別に完成品を否定しているわけではありません。人それぞれ価値観と言うのは異なります。完成品に手を加える事も可能ですので、気に入らなければ自分なりに工夫することも出来ます。でも、完成品に手を加えるのでしたら、最初から自分で製作した方が、満足感が得られるのではないでしょうか?

私の場合、飛行機やAFVキットばかり作っていますが、どんなに頑張っても年にせいぜい3・4機しか完成しません。ですが、自分で完成させたキットを眺めていると、その時の苦労などが思い浮かんで来たりもします。

まとまりのない文章になってしまいましたが、完成品をコレクションするのも一つの楽しみだと思いますので、それはそれで良いと思います。あくまでも趣味の世界ですので、誰かにとやかく言われるものではないでしょう。

モデラー歴40年あまりの中年モデラーです。

正直言って、私は完成品には興味はありません。店頭で、完成品を販売しているのを見ても、これなら自分の方がうまく出来ると言う自負もあるし、なんで完成品ってこんなに高価なの?と思ってしまいます。

質問者さんの年齢は不明ですが、私がプラモを作り始めた小学校時代は製作環境も悪く、塗料にしろ道具にしろ、殆ど何もない時代でした。それを考えると、今の製作環境は恵まれています。塗料もその物ズバリの塗料があるし、種類も豊富です。道具などもエアブラ...続きを読む

Qテンカラの提灯釣りを、禁止している管理釣り場がありますが、その理由は釣りすぎすからでしょうか?

テンカラの提灯釣りを、禁止している管理釣り場がありますが、その理由は釣りすぎすからでしょうか?

Aベストアンサー

提灯釣りはやったことがないので調べてみましたが、
「一長一短あり、釣れすぎる、ということは考えにくい」
というのが、私の印象です。

なので、禁止されている理由を推測すると、
1:管釣りは、エサ釣り、ルアー、フライで明確に分別されている印象があります。
 なので、エサ釣り又はルアーのエリアでの提灯釣り(毛針使用)が禁止されている?
2:提灯釣りでエサ釣りをする場合(提灯釣りと言えるかは置くとして)は、1とは逆の意味で禁止されている。
3:ウキ釣り専用エリア?
 あるかどうか不明ですが、当然エサ釣りになると思うので、毛針は禁止でしょう。
4:貸し竿以外使用できない管釣り
 当然自前の竿の持ち込み禁止
といったことが考えられます。

以上は推測でしかないので、回答になっていないかもしれませんが、
少しでも参考になれば幸いです。

Qシマノ 105 完成品自転車??

件名の通り完成品自転車
105の完成品自転車を探しております。
シマノ105で検索してもパーツしかでてこず
それが搭載された自転車はどこで買えるのでしょうか?
もちろん安いサイトがあればご紹介いただきたいのですが
人に頼まれて掲載しているのでトンチンカンかもしれませんが
シマノ105 完成品自転車を探しています
ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください

Aベストアンサー

自転車に10万も出せば十分な性能と品質を持ってますが、105でフルカーボンは無理です。こののくらいの価格帯だとアルミフレームにSORA(105より2ランク下のパーツ群)といった組み合わせが普通かと。
ちょっと調べてみたら
MERIDA SCULTURA 400 139900円(8%税込)
http://www.biciclettadimattino.com/blog/?p=16309
あたりが一番安い105搭載の完成車かと。アルミフレームですが。
「一番安いカーボンバイク」だと、
KOUTA KORSA TIAGRA(156,190円(税抜))
http://www.intermax.co.jp/products/kuota/korsa.html
FELT F7 SORA(158,000円(税抜))
http://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2015/9451612.html
あたりですかね。。15万~というくらいの価格帯になります。

カーボンフレームかどうかの見分け方は、雰囲気で大体わかるかと。
注目ポイントとしては
・フレームの形
カーボンフレームは金属フレームより複雑な形状をしていることが多いです。逆に金属フレームの場合、パイプを組み合わせた形に近い形が多いかと。最近はハイドロフォーミングで複雑な形状を金属パイプでも作れるようになったので、金属フレームでも複雑なフレームな場合もありますけど。
・フレームの接合部
金属、特にアルミフレームの場合ほとんど接合部に溶接痕が残り盛り上がっています。一方カーボンの場合はなめらかに一体成型されていることがほとんどです。
・塗装・模様
カーボンの場合塗装してない場所にカーボンの格子模様などがありますからたいてい見分けがつきます。

自転車に10万も出せば十分な性能と品質を持ってますが、105でフルカーボンは無理です。こののくらいの価格帯だとアルミフレームにSORA(105より2ランク下のパーツ群)といった組み合わせが普通かと。
ちょっと調べてみたら
MERIDA SCULTURA 400 139900円(8%税込)
http://www.biciclettadimattino.com/blog/?p=16309
あたりが一番安い105搭載の完成車かと。アルミフレームですが。
「一番安いカーボンバイク」だと、
KOUTA KORSA TIAGRA(156,190円(税抜))
http://www.intermax.co.jp/products/kuota/korsa.htm...続きを読む

Q管理釣り場以外での渓流釣りに行こうかと思っていますが、クルマは渋滞など疲れるので、電車で行こうと思っ

管理釣り場以外での渓流釣りに行こうかと思っていますが、クルマは渋滞など疲れるので、電車で行こうと思っています。電車で行かれる方は、フェルトの靴は、家から履いていかれるのでしょうか?荷物に入れるとかさばりますよね?それと、釣れた魚は、リリースしてあげたいのですが、ハリを飲み込んで死にそうになってしまった魚は持ち帰って食べるのがマナーかなとおもいますが、魚を持ち帰る方は、川で生きしめしてさばいてるのでしょうか?

Aベストアンサー

>クルマは渋滞など疲れるので、電車で行こうと思っています。
中流域か 里川の 駅周辺でしょうか?
渓流釣りって 山の奥というか 人里離れた川の方が生活排水が流れ込まず
清流で 景色景観が良く 
ポイント移動が 徒歩では、限りがるのであまり釣れないと思いますよ。

まず ウエーダー履いて電車乗る人など居ませんよ 
・歩き難い
・フエルトソールの摩耗が早まる
・ゴアテックスでも蒸れる
ザックに入れて 現地で履き替えです。

リリース前提なら 針の返しの無い バスレフフックをまず使用するのが絶対です。
飲み込んだだけなら死にそうでは有りません 飲み込んだ針を取ろうとすると
喉奥を引張り死にそうにはなりますが ニジマス以外なら 結構泳いで逃げますよ取れそうにない針掛かりの場合 針を外さず 糸だけ切ってリリース。
自分は、餌釣りですが、針外し用には、フライフィッシング用の フォーセップを使用しています。

魚を持ち帰る場合 必ず 内臓と血抜き 鰓を切り落とします。
捌かず持ち帰ると 腐敗が早まるのと 〆て値抜きしないと味が落ちます。 

神奈川から奥多摩エリアへ渓流釣りしてますが、
日の出までに現地到着して 日の出(5時)から釣り開始し9時頃納竿 で奥多摩を下って帰ってくる場合 混雑は、さほどではありません楽に帰れます。
後は、 帰路途中に 日帰り温泉や健康ランドが有れば そこで寝て 夜に帰る
工程で行けば 身体楽で 渋滞後の道で帰れます。

車で行くことで ポイントや川や支流の移動が自由ですし 荷物も色々持って行けます。 雨降ったら 車に避難できますし着替えも可能。
電車で 行っても 行動範囲が制約され 楽しく釣れる釣りも難しいかと思います。

>クルマは渋滞など疲れるので、電車で行こうと思っています。
中流域か 里川の 駅周辺でしょうか?
渓流釣りって 山の奥というか 人里離れた川の方が生活排水が流れ込まず
清流で 景色景観が良く 
ポイント移動が 徒歩では、限りがるのであまり釣れないと思いますよ。

まず ウエーダー履いて電車乗る人など居ませんよ 
・歩き難い
・フエルトソールの摩耗が早まる
・ゴアテックスでも蒸れる
ザックに入れて 現地で履き替えです。

リリース前提なら 針の返しの無い バスレフフックをまず使用するの...続きを読む

Q「サンライズ」アニメの「SPTレイズナー」の完成品模型やフィギュアを知りませんか

「サンライズ」アニメの「SPTレイズナー」の完成品模型やフィギュアを知りませんか?いろいろ調べてみたのですが、未塗装のプラモデルが存在していることしかわかりませんでした。完全塗装済みの完成品が欲しいのですか、存在しないのでしょうか?どなたか知りませんか?

Aベストアンサー

私もレイズナー大好きなものです
完成品模型やフィギュアですが、完成品ということではものすごく少ないジャンルになると思います。
 私の記憶ではお菓子メーカー(カバヤ)からお菓子のおまけでSPTのフィギュア付いていたと思います。
 またバンダイ ガシャポンEX サンライズ列伝シリーズでレイズナーが出てます。以前クレーンゲームで見かけたキーホルダーのレイズナー(フィギュア?)もありました。

しかし今となっては入手しにくい物です、手に入れたいのならオークションで手に入れるしか方法が無い様に思います。

 模型てはプラモデル・ガレージキットで結構出てますが作る技術&時間が無いのであれば、作れる人に頼んでみるか、やはりオークションで模型の完成品を落札するのがいいと思います。

Q(海釣り)兵庫県で撒き餌は禁止とありますが、撒き餌の線引きはどこですか?

他のサイトでも探しましたがわからずで,困ってます。

和歌山県の礒でフカセ釣りに同行させてもらい楽しく釣りが出来ました。
コマセの投入が下手だったのでフカセ釣りの練習をしようと近くの海にいこうと思い友人に相談したら、兵庫県は撒き餌禁止だから捕まるよ、と助言をもらいました。

近所(兵庫県内)の釣エサ屋や大手釣具屋には沢山の撒き餌に関係する商品が沢山ありますし、シラサエビのエビ撒き釣りを兵庫県下で推奨?してるような釣具店の記事もあります。

「フカセ釣りはオキアミだけの使用なら可能」とか、「認定商品のみ可能」
とかあるのでしょうか?
そもそも「エビ撒き」も撒き餌のような気がしますが、、、
「サビキ釣り」なども含めて、どなたか詳しく教えてください。


一応、水産庁のHPでも確認してみましたが
「都道府県漁業調整規則で定められている遊漁で使用できる漁具・漁法(海面のみ)」
http://www.jfa.maff.go.jp/j/yugyo/y_kisei/kisoku …

上記HPにあるリストで、兵庫県は「○ ※注22」とあり。
「○使用可能 ●集魚灯、火光、照明器具の使用禁止 △船舶の使用禁止 ※まき餌釣禁止 ▲船舶を使用してのまき餌釣禁止」
なので、釣り竿での釣りでは撒き餌はダメだということみたいです。

他のサイトでも探しましたがわからずで,困ってます。

和歌山県の礒でフカセ釣りに同行させてもらい楽しく釣りが出来ました。
コマセの投入が下手だったのでフカセ釣りの練習をしようと近くの海にいこうと思い友人に相談したら、兵庫県は撒き餌禁止だから捕まるよ、と助言をもらいました。

近所(兵庫県内)の釣エサ屋や大手釣具屋には沢山の撒き餌に関係する商品が沢山ありますし、シラサエビのエビ撒き釣りを兵庫県下で推奨?してるような釣具店の記事もあります。

「フカセ釣りはオキアミだけの使用...続きを読む

Aベストアンサー

生餌(エビ、沖アミなど)ならいいのは、
海を汚さないからです。
配合餌、団子、だと粉が海を汚すからだめなんです。

Qこの問題においてなぜ仕損は両者負担ではなく、完成品のみ負担なのでしょうか?

おはようございます。

月初仕掛品1,500個(0.6)
当月投入4,500個
合計6,000個
月末仕掛品1,500個(0.5)
正常仕損品500(0.8)
完成品4,000個

直接材料はすべて工程の始点で投入している。
生産データの()内の数値は加工費進捗度または正常減損の発生点の進捗度を示す。
正常仕損費は仕損の発生点を通過した良品に対して負担させる。
仕損品に処分価格はない。
また、原価配分の方法は平均法を採用している。

ーーーーーー以上が問題文ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

月末仕掛品が0.5
正常仕損費が0.8
ということは単純に月末仕掛品を通過して仕損が発生したわけではないのでしょうか?
答えを見る限り、「完成品のみ負担」となっています。

もしかして「減損」ではなく「仕損」はすべて完成品のみ負担なのでしょうか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

おはようございます。

仕損減損ってややこしいですよね(^^;
もしかして少し勘違いをされているのかもしれません。

仕損は進捗度0.8の時点で発生しています。対して月末仕掛品は0.5の時点までしか進んでいません。
線分図を書くと分かりやすいと思いますが、月末仕掛品は仕損の発生点を通過していません。
よって、月末仕掛品には仕損はなく、仕損費を負担する必要はありません。

これが例えば0.3の時点で仕損が発生するなら、月末仕掛品は仕損の発生点を通過しているので、仕損費は月末仕掛品と完成品とで負担します。

Q餌釣りとルアー釣り

基本的に、同じ時、同じ場所で、ルアーで釣れているなら餌釣りでも釣れると考えていいものでしょうか。

Aベストアンサー

ルアーで釣れる魚は大きいと考えると、餌もマッチしていれば釣れるかも。
でも大型は釣れないかもしれないなぁ。
船とかでもえさとルアー混合だと、餌はあたりが多い分小さい餌取りがかかったりして
ルアーは大物かかりますし。

餌取りがいるかどうかも関係するかもしれませんね。

Q半導体メーカーから完成品メーカーに転職したい

入社一年ですが、仕事がつまらないので転職したいです。

新卒のときに留年していたので、なげやりに就活をして
かなり妥協をして学校推薦で今の半導体設計会社に入りましたが、
一年たっても、一度も仕事が面白いと思ったことがありません。

エンジニアになったのに、お金のためだけに仕事を続けていくのは
耐えられません。絶対に無理なので転職したいと思ってます。

今の会社の不満点を箇条書きにすると下のようになります。

・うちはASICという種類の半導体を作っているのですが、
 そのビジネスモデル上お客さんの要求する回路をつくるだけの仕事で
 自分の作りたいものを作る仕事ではない。
・大手の子会社である
・入社後半年以上、仕事を与えられず放置され、キャリアに大きな傷を付けられた。
・社風になじめない。
・尊敬できる先輩が同じ部署にいない。
・長時間残業が常態化している。
・半導体は所詮部品である

以上のような理由から転職を考えているのですが、
転職先は完成品メーカーにいきたいと思ってます。
新しい製品を企画から立ち上げて設計し開発するような仕事がしたいです。

実は先週面接を受けてきたのですが、いわゆる圧迫面接を受けてしまい、
自分の持ち味を上手くだせませんでした。
まだ一年の経験しかないことから業務経験はまったく評価されず、
転職するのはまだ早いのかと迷っているところです。

しかし将来的には絶対に転職したいので、皆様に以下のことを教えて頂きたいと思います。

・完成品メーカーにもとめられるスキル
・完成品メーカーで評価される半導体メーカーで身につけられるスキル
・どのくらいの経験を積んでから転職するのが良いか
・完成品メーカーでは技術者が製品の企画から携わることはできるか
・完成品メーカーでの設計と半導体メーカーでの設計の違い

半導体設計職から完成品メーカーに移られた方の体験談などありましたら、
是非お聞かせ頂きたいです。

入社一年ですが、仕事がつまらないので転職したいです。

新卒のときに留年していたので、なげやりに就活をして
かなり妥協をして学校推薦で今の半導体設計会社に入りましたが、
一年たっても、一度も仕事が面白いと思ったことがありません。

エンジニアになったのに、お金のためだけに仕事を続けていくのは
耐えられません。絶対に無理なので転職したいと思ってます。

今の会社の不満点を箇条書きにすると下のようになります。

・うちはASICという種類の半導体を作っているのですが、
 そのビジ...続きを読む

Aベストアンサー

数社の完成品メーカーを渡り歩いてきたエンジニアです。
あぁ、もう10年になるのか・・・(遠い目)

あのですね、完成品・半導体問わず電気系のエンジニアが
一人前になるのには、相当時間がかかります。
1,2年目じゃ場合によっては半人前以下です、戦力外です。
覚悟してください、みんなそこを乗り越えて一人前になって行くんです。

「半導体は所詮部品」といいますが、
ASICは完成品の中で『心臓』『脳』といった重要な役割を果たす
部品です。やっていることにプライドを持って下さい。

完成品メーカーで評価される半導体メーカーで身につけられる
スキルですが、『verilog』や『VHDL』といった論理設計が
どの位のレベルで出来るか、この一言に尽きます。
これをとことん突き詰めていってください。

他にも書きたいことがあるんですが、もう時間が無いので
今朝のところはここまでにしときます。

Qフライ・テンカラはじめ

もともと、毛鉤の流しでウグイやオイカワを釣っておりました。
しばらくルアーを使っていましたが、釣果が芳しくないため
フライに戻すことにしました。
(池より河川が主)

テンカラを知り、挑戦しようと思いますが、
仕掛けの毛鉤交換はどこからおこなうものでしょうか?
リリアンからラインを外すのか
ラインとハリスの間で切り離すのか?(小さくてもスナップを使うと、毛鉤は沈んでしまいますかね?)

テンカラマスターの方、ぜひご教示お願いします。

Aベストアンサー

テンカラは「一時期やっていた」だげで、マスターにはほど遠い者ですが(^^;)

私がやっていたのは毛針を浮かして流す、ドライ(?)オンリーなので、ドライの仕掛けのみしかわかりませんが、

テンカラの仕掛けは、
竿先から、
テンカラ用テーパーライン→ハリス(フライでいうティペット?)→毛針
で、基本的には針以外の金具は使用しません。
毛針はハリス直結なので、毛針は、ハリスを切って交換します。

私は、テーパーライン+ハリスで、竿より50~100cm程長い仕掛けでやってました。
例えば、竿が3mとすると、
テーパーライン=3m
ハリス=50~100cm
といった具合ですね。

ハリスを長めにしておけば、数回は毛針交換はできると思いますが、
交換頻度が多い場合は、ハリス自体を交換する必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報