教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

ボクシングでの殴り合いは刑法35条の正当行為にあたり違法性は阻却されますが、
仮に強烈な殺意のもとに殴り殺したとしても、
ルールを守っているかぎり無罪になるのでしょうか?


もし阻却されず有罪になるのならば
どういう理屈で違法性が阻却されないとなるのですか?

gooドクター

A 回答 (1件)

「強烈な殺意」というのは具体的にどのようなものでしょうか。



刑法でいう「殺意」=「殺人の故意」とは、「自分の殺害行為によって相手が死ぬ」ということの認識です。「殺意」=「相手を殺してやりたいという気持ち」ではありません。

ボクシングのルールを守っている限り、「このように殴れば相手が死ぬ」というような、確実な殺害方法を認識した上、実行することは不可能でしょう。

ルールの範囲内でしか行動しないということを前提とすれば、行為者の認識としても、「このくらい殴れば相手が死ぬこともあるかもしれない」程度の認識であり、ボクシングをする人の通常の認識の範囲内だと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング