ガウスは、
「数学は科学の女王であり、数論は数学の女王である」
と言いました。

数学は科学のいろいろな分野に影響を与え、かつ、数学自身、独自に発展しています。
数論は数学のいろいろな分野から影響を受け、かつ、数論自身、独自に発展しています。

ところで、ふと疑問に思ったのですが、
数論と無関係な数学の分野、
数学と無関係な科学の分野
はありますか?

A 回答 (2件)

こんにちわ! #1です.



>>「結び目と素数」

言われる通りですね.逆に勉強させてもらいました.
してみると,「数論」は,すべての数学の基礎??
これを突き詰めれば,論文が書けるかも・・・?
    • good
    • 0

>>数論と無関係な数学の分野、



「数論と無関係な数学の分野」は,あるような気がします.
「無関係な」というより,「数論」を意識しないで理論を進める「数学の分野」と
いう意味です.例えば,「結び目理論」など・・・
しかし,今現在は「数論」を意識していなくても,やがて,「数論」を必要とする
時代が来るかもしれません.「数学」は常に,「進歩」「発展」「変化」をしていますから.

>>数学と無関係な科学の分野

科学と名の付く分野であれば,「数学と無関係な科学の分野」というものは,
恐らくないでしょう.地球を含めて全宇宙は,常に数学をしているでしょうから・・・.

以上はごく個人的な意見です.多分,参考にはならないでしょう??.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。でも、
「結び目と素数」
で検索していただければわかるように、とても関連があるようです。

すべての道はローマに通じる
と言われました、すべての数学は数論に通じるような気がします。

逆に、数学とは数論に通じるものと決めてもいいかもしれません。

お礼日時:2009/07/01 13:35

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ