有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて有効的にシェイプアップする場合、
有酸素運動をした後に無酸素運動をしたほうがいいんでしょうか?
それとも有酸素・無酸素・有酸素・無酸素と掛け合わせていったほうがいいんでしょうか?

また、有酸素運動と無酸素運動は時間的に続けてしないと意味ないですか?
 例えば、有酸素運動をしてから2時間後とかに無酸素運動をするとか・・。
       朝は有酸素運動、夜は無酸素運動とか・・。 

教えて下さい!よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

返答どうもです。



>有酸素運動で脂肪を燃焼して、無酸素運動で気になる部分の筋トレをしていこうと思います!

脂肪の分解と、筋肥大は、通常は両立しません。
脂肪が落ちていく様な栄養の足りていない状態では、筋肉は大きくならないです。また、有酸素運動でなくても、ちゃんとした筋トレ(無酸素運動)が出来れば、有酸素運動と比較しても遜色ないレベルか、もしくはそれ以上の脂肪分解効果があります。脂肪を消費する運動は、有酸素のみではないです。
質問者様は、身長と体重の割合で見れば痩せている方、との事ですが、体脂肪率が高く、贅肉が多い、という事でしょうか。

ボディメイクを考えておられるのなら「一度脂肪が付くような栄養状態で、筋肥大トレーニングを行なって必要な部位別の筋量を増し、その後脂肪のみを落とす」という作業が必要です。

脂肪を落としながら、筋肉が付くような事は、通常あり得ないと考えてもらったほうが良いです。
ボディラインをかたどっているのは、骨格と、筋肉と脂肪のつき具合です。骨格はどうしようもありませんが、筋肉と脂肪はある程度自分でコントロールする事が可能です。体重が軽いのに脂肪が多いと感じるのであれば、筋肉量が足りていない、という事になります。

とりあえず、このカテには、筋トレに関して、何度もやり取りを繰り返している過去回答があります。まずはそれらの問答集を読み漁ってある程度知識を得ることから始めた方が良いと思いますよ。
ここで、手間を惜しむようでは、自分の力だけで、自分が思うようなボディメイクは無理です。プロの指導が必要になりますが、これもその辺のスポーツクラブのアルバイトレベルのインストラクターでの知識や指導ではまず不可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>脂肪を落としながら筋肉が付くような事は通常あり得ない
そうなんですか!
有酸素運動と無酸素運動両方すれば脂肪燃焼と筋肥大が出来るように思っていました。
というか、両方しないと意味ないのかと思ってました。
筋肉量が少ないのは明らかなので、筋トレを頑張ってやっていこうと思います!
再度回答ありがとうございました☆

お礼日時:2009/07/07 15:19

追記。


数値からすると痩せ気味ですが、腹部に脂肪が付き全体的にポヨポヨしてるんですか?
腹部に関しては痩せてる人でも脂肪が付いてる場合もありますし、ポヨポヨに関しては弛んでると考えられます。

有酸素運動は軽く行い、筋トレを重点に置きトレーニングされると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ポヨポヨに関しては弛んでると考えられます
まさにその通りです。
筋トレで引き締めていきたいと思います!
再度回答ありがとうございました☆

お礼日時:2009/07/07 15:14

質問者さんのトレーニング可能な範囲で行って下さい。


続けて行っても良いですし、別の日に行っても良いです。

有酸素運動と無酸素運動の関係はどちらに重点を置くかあるいは目的によってもトレーニング方法も違ってきます。
質問者さんの体型(脂肪が多く付いてる場合、脂肪がそれほど付いてない場合、或いはトレーニングの目的によってトレーニング方法も違ってくる)によっても違ってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体重は159cm・45kgなので軽いほうですが、
筋肉が少なく全体的にポヨポヨしてしまっています。
特に、お腹がヤバイんです><
とりあえず、自分のできる範囲で頑張ってみます!
ありがとうございました☆

お礼日時:2009/07/01 11:59

特に、一緒の日にしないといけない、という事は無いと思いますよ。


無酸素には無酸素のメリットがあり、有酸素には有酸素のメリットがあります。
あまり長時間の運動は、ストレスホルモンの増加を促し、疲労の蓄積を招きますから、それぞれの運動を別の日に1時間~1時間半程度の運動が出来れば、それで問題ないと思います。
どちらの運動を選択的に、重点を置いて行うのかは、体型にどれだけ配慮するかによります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

別の日にしてもそれなりの効果はあるんですね!
お腹周り・太ももが気になるんですが、部分痩せは無理だと思うので
有酸素運動で脂肪を燃焼して、無酸素運動で気になる部分の筋トレをしていこうと思います!
ありがとうございました☆

お礼日時:2009/07/01 11:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有酸素運動になりますか?

有酸素運動と無酸素運動の区別がいまいちつきません。ウォーキングや、ジョギング、エアロビクスは代表的な有酸素運動ですが、では、無酸素運動と言われている、筋力トレーニング、例えば、腕立て伏せを30分以上、スクワットを30分以上続けていれば、これは有酸素運動になるのですか?

また室内で、できるおすすめ有酸素運動があれば教えてほしいです。(器具なしで)

Aベストアンサー

こんにちは!
 有酸素運動、無酸素運動について、勘違いをされている方が多いようです。

 アロビックという言葉はアメリカのクーパー博士の考案によるもので、「酸素の存在による好気的活動」という意味で、日本では「有酸素運動」と訳されていますが、現実に酸素を呼吸するわけではなく、全身運動をしながら空気を十分に体内に送り込み、全身の組織・器官、とりわけ心臓の「サビツキ」を予防しようとのこころみで、酸素を十分に体内に取り入れながら運動をすることを言います。

 したがって、ウオーキングでも、水泳でも、ジョギングでも、すべて運動はエアロビックなのです。エアロビックを有酸素運動と訳したことから、勘違いが広がったようです。

 本来の生理学的有酸素運動とは、体に蓄えたATPを使用しての運動、呼吸により酸素を吸収しATPを生産しながらの運動、前者を無酸素運動、後者を有酸素運動と定義しています。また、嫌気性分解により生産したATPを使用するものを無酸素運動、好気性分解により生産したATPを使用するものを有酸素運動と定義することもあります。

 いずれにせよ、有酸素、無酸素運動はイギリスの学者ヒルが、筋肉を収縮するときは無酸素的(ATPから)、つぎに回復するのに酸素を使う酸素的。すべての生命現象は無酸素的に起こり、その後始末を酸素でする。
 と発表してノーベル賞を受賞しています。有酸素運動はこれがすべてです。

 運動の種類により、無酸素運動、有酸素運動と分けることはできないということであり、運動強度が高まるにつれて乳酸が増えてくることは、間違えないようです。

 「サビツキ」の防止もよいですが、やりすぎによる「スリキレ」に注意しましょう。

 以上です。

こんにちは!
 有酸素運動、無酸素運動について、勘違いをされている方が多いようです。

 アロビックという言葉はアメリカのクーパー博士の考案によるもので、「酸素の存在による好気的活動」という意味で、日本では「有酸素運動」と訳されていますが、現実に酸素を呼吸するわけではなく、全身運動をしながら空気を十分に体内に送り込み、全身の組織・器官、とりわけ心臓の「サビツキ」を予防しようとのこころみで、酸素を十分に体内に取り入れながら運動をすることを言います。

 したがって、ウオーキ...続きを読む


人気Q&Aランキング