AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

鉄道特異工事にあたる場合は、鉄道会社で工事を受託し鉄道特異工事有資格者へ発注するのが一般的と聞きましたが、これは法令等で決められているのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

○「鉄道特異工事」とは



  ・各JR、国鉄清算事業本部においては、工事請負契約書に
   「営業線工事保安関係標準示方書」等の添付されている工事。

  ・鉄道工事のうち、営業線の列車運転保安に直接関係する工事
   (線路閉鎖を必要とする工事。営業線路に立ち入って施工する工事。
    営業線路直上で施工する工事。営業線路に近接して施工する工事で、
    列車運転に支障を及ぼす恐れのある工事)

とゆ~ことで、鉄道特異工事は「該当の鉄道会社の所有地であるところの線路内」で行う訳で、土地所有者(鉄道会社)が工事を発注しないで誰が発注するんだろう?

土地所有者でない個人・法人・団体は、他人(鉄道会社)の土地内で勝手に工事は出来ませんよ。

で、鉄道特異工事登録業者の登録は、JRやその他鉄道会社に対して行うのだから、登録する先と発注者は同じ「鉄道会社」になります。

鉄道特異工事の登録制度は「営業運転中の路線内での安全確保の為」にあるんだから、鉄道会社が「安全確保の為に、登録済み業者に発注する」のが当たり前です。

法令で決まってる訳じゃないけど「自分で登録制にしておいて、未登録の業者を使う」ってのは有り得ないでしょう。

もし、事故でも起きて営業運転中の列車の乗客に被害でも出た場合「鉄特工に未登録の業者じゃないか!」って発覚したら、発注元の担当者の首が飛ぶくらいじゃ済まないですから。

少なくとも、記者会見で鉄道会社の社長が頭を下げる事になるのは確実。管理職は左遷か降格。運が悪けりゃクビです。

なお、地方自治体(市町村)等が、線路脇にある自治体所有の土地の工事を行う際に、入札資格に「JR○○の××支社に鉄道特異工事業者の登録をしている業者に限る」って条件を付ける事はありますが、その場合、発注者は土地所有者である地方自治体になり、工事そのものは鉄道特異工事にはなりません(鉄道特異工事に準じる保安・安全確保は求められますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
非常に解り易く解説して頂きまして、助かりました。

お礼日時:2009/07/02 10:30

社内規定には定められているでしょうが、法令では定められていないはずです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/02 10:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q営業線近接作業の根拠となる法律は何ですか

JR営業線の近くで、普通のマンション新築工事を行うときに、
JRさんから当然のように「営業線の近くで作業するなら、当方に協議に来ること」
と言われます。
 鉄道は公共の大切なインフラであり、決して工事の影響を与えてはいけないものなのは分かるのですが、
 JRさんから、協議に来るのが遅いだの、図面が分かりにくいだの、挨拶が悪いだの、言われいつも不快になります。
 法律で JRに頭をさげて、ご機嫌を伺いながら 協議 許可を受けなければならないとされているのでしょうか。
JRさんに聞いたら、「常識や」「当たり前や」と言われました。
  グチになりましたが教えてください。

Aベストアンサー

根拠となる法令はありません。あるのが建設工事公衆災害防止要項です。ここに記載があります。

 
http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/b00097/k00910/kyoutuu/H20sankou/07sankou.pdf#search='建設工事公衆災害防止法'


 まあ、常識と言えば常識ですね。しかしお役所みたいなJR体質は変わってない。お客様と協議なのにグチは判ります。私鉄と大違いです。 

Q指名停止中の法人との契約について

 現在A社は、例の橋梁談合により指名停止中です。
 ところが、当方で使用中のA社製特殊機械が故障してしまい緊急に大規模な修理が必要となりましたが、これはA社の特許製品でA社以外に修理が不可能なものなんです。今の状況では、指名停止期間が終了する12月まで修理契約ができないため、その対策に苦慮しています。
 当方では、苦肉の策としてA社と現在契約している当該機械の保守点検契約を変更して契約できないか検討していますが、これは問題あるでしょうか?

Aベストアンサー

質問者様の自治体の指名停止措置要綱の是非は別問題として、直面している問題ですが、保守点検契約の中で大規模修繕を抱き合わせることは、指名停止の実効を失わせるものとして疑念を抱かれる可能性があります。保守点検業務委託契約の中で行われる修繕は小規模なものに限るべきと考えます。
元々の契約の目的が相違してしまいますし予算科目も違ってきます。

正攻法ではないのでお勧めはできませんが、
今回の指名停止を受けている会社は、大手メーカーであり、これらの会社にはメンテナンス系の子会社があると思います。こちらへ発注することで急場しのぎするということも考えられますが。

いずれにしましても、指名停止中の業者が絡む契約は、透明性・客観性をもった理由を付して事務処理をしておかないと、監査や決算審査はもとより、市民や議会から業者との癒着とか疑念を抱かれる元となり得ます。

一段落したら、契約事務担当部署に相談して指名停止措置要綱の見直しも検討されたほうがよろしいかもしれません。
(1) 他自治体が指名停止したらウチもやるっていうのは主体性がありません。他自治体の措置はあくまで参考とすべきでしょう。
(2) 随意契約の制限の規定に「ただし書き」を追加して、「ただし、やむを得ない客観的な事情がある場合はこの限りでない。」旨を加え、逃げ道を作っておく必要があると思います。

質問者様の自治体の指名停止措置要綱の是非は別問題として、直面している問題ですが、保守点検契約の中で大規模修繕を抱き合わせることは、指名停止の実効を失わせるものとして疑念を抱かれる可能性があります。保守点検業務委託契約の中で行われる修繕は小規模なものに限るべきと考えます。
元々の契約の目的が相違してしまいますし予算科目も違ってきます。

正攻法ではないのでお勧めはできませんが、
今回の指名停止を受けている会社は、大手メーカーであり、これらの会社にはメンテナンス系の子会社があ...続きを読む

Q監理と管理の違いについて

監理と管理について質問します。監理は監督および管理を意味する言葉ですが、例えば次のような場合、どちらを用いればよいのでしょうか?

(1)工事完成、引渡しまでのカンリ。
(2)合理的施工カンリと適切な施工。

Aベストアンサー

建築士法第2条第6項では『この法律で「工事監理」とは、その者の責任において、工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認することをいう。』となっています.
それを受けて建築基準法第2条第11項では『工事監理者 建築士法第2条第6項に規定する工事監理をする者をいう。』だそうです.

また、建設業法第26条第2項では『当該工事現場における建設工事の施工の技術上の管理をつかさどるもの(以下「監理技術者」という。)を置かなければならない。』とされています.

ちなみに、施工管理・工程管理・品質管理で「監理」はあまり使わないように思われます.

ニュアンスの違いがわかっていただければよろしいかと...

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q工期とはいつまでのことを指すのですか?

工事請負契約書に記載の工期とは、発注者の竣工検査を終え合格と判定され、工事目的物を引き渡すまでの期限をいうのですか?それとも、工事を完了し発注者の竣工検査を受けられる状態にする期限をいうのですか?契約書には、工事を工期内に完成し、工事目的物を引き渡すものとする。と記載されています。

Aベストアンサー

工期は工事期間であり、竣工検査の日程は含まれません。

このため目的物を4月1日から使用したい場合、工期が3月31日では竣工検査に無理が生じることになります。

竣工検査を行って手直しの必要な箇所があるとすべて完了して目的物の引渡しを受けようとすると3月15日頃までを工期としておく必要があります。

Q水平地盤反力係数とは

基本的な質問で大変恐縮です。
水平地盤反力係数の数値が大きいという事は、例えば杭などの許容応力が大きいという事でしょうか?
あるいは地盤の許容応力が大きいという事でしょうか?

Aベストアンサー

水平地盤反力係数とは、地盤の水平方向の単位面積あたりのばね係数のことです。

この数字が大きいということは、杭で言えば、杭を水平方向に押した時の地盤の変形が少ないということです。
で、結果的に、杭の曲げ変形も小さくなりますから、杭に発生する曲げ応力が小さくなり、杭の(曲げ破壊で決まる場合・・・たいていそうですが)許容水平力が大きくなります。(杭は全体が地中に埋まっているものとします。)


人気Q&Aランキング