最新閲覧日:

現在開発環境としてVC++(Ver6.0)を使っていますが、
C++Builderの導入を考えています。
(上司がVC嫌いって話もありますが)
こちらは全く使ったことがないのでよくわからないのですが、
両者の違い(?)、また使い勝手などご意見をお聞きしたいのです。
また、VCとC++Builder間での移植は容易に行えるものなのでしょうか?

はっきりとした質問でなくてすみませんが、よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

VCとCBの違についての自分の経験からではありますが、画面作成及びイベント処理作成のみで考えればCB=VBだと思いますが。

画面作成については各オブシェクトを選択して配置するだけですし、イベント処理についても一般的なWindowsイベントがメゾットとして提供されています。また、各メゾット及びプロパティについてのヘルプ機能が充実している様に思います。ですので一般的なGUIの画面を開発するのであればCBの方が短期間での開発が可能かと思います。但し提供されていないWindowsイベントを処理しようとしたりするとCB君が牙を向くかもしれませんが、問い合わせインシデントを購入すれば問い合わせする事でサンプルコード等を提供してくれます(インシデント料金はかなり高いですが)。CBの初心者が開発するには確かに最初は色々と調べることがありますが、VCに比べれば短期間でマスタ出来ると思いまよ。
    • good
    • 0

これもはっきりとした回答でなくて申し訳ないのですが、どうしても C++Builderを使う場合は、使う用途によって分けるのが良いと思います。


うちでは OCXや DLLを作る場合は VCを、ユーザーインターフェースなどを CBで作るという場合があります。ただ、普通の OCXを作れば CBに限らず使えるのですが。
CBは VCLに依存したコードを書く場合は便利ですが、それ以外の場合(APIを多用する場合やコントロールに依存しない OCX等)は、少し使いづらいと感じました。
どちらにしろ、ある程度使い慣れてみないと感覚がつかめないと思いますので、いろいろやってみましょう。
結局は使う人のセンスに合ったものが一番使いやすいので、使ってみないとわからないというのが回答かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

使い分けされていると言うことなので
やはりUIはC++Builderのほうが使いやすいのでしょうね。

今後のメンテナンス等も考えると私一人でC++Builderで作っていいのか?
という不安がありますが、
ちょっと使って調べてみる価値はありそうですね。

ありがとうございました。
また何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/14 12:04

補足です。

というか訂正というか...
C++Builderは、少ししか使っていませんので、何とも
分かっていない部分はあるのですが、Builderは、
単にコントロールを貼りつけてプログラミングを
進めることができる、というだけではなく、
個々のコントロールが、「部品」として分かりよく
独立している、というか...

たとえば、MFCを使うと、ボタンのクリックなんかでも
Windowsのメッセージを選択して、関数を生成して、それを
編集する、というような方式を強いられるわけですが、
Builderの場合は、ボタンのオブジェクトから、「OnClick」
と書かれた「イベント」に関数名を書きこんで(あるいは
ダブルクリックして)関数を作成できますので、Windowsの
メッセージを意識する必要もないし手間も少ないです。

...うーん...でも、こんなのは大した違いではないので、
全然よい例ではありませんでしたネ...(--;

ですが、MFCだとコントロールも「ID」とかで管理したりして、
何となくとっつきにくい感じがあるじゃないですか?
ViewクラスとかDocクラスとかって、ややこしいのもあるし...
Builderでは、そういう面倒がないのです。
(って、詳しくは知らないんですけど...(^^;A

そういったような点で...
非常に手軽で、簡単で、親切な印象を受けるわけです。

なんとも煮え切らない、分かりにくい表現になってしまいましたが、
私が感じた快感、分かってもらえたでしょうか?(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
確かに、VCのとっつき難さはあるんですよね。
ちょっと開発期間の短縮を迫られているので、
GUIの部分だけはC++Builderでやってみようかな、という気もします。

また判らないことがありましたらココへ着ますのでよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/14 11:59

C++Builderは、Delphiみたいにフォームにコントロールを


貼りつけてGUIを設計できます。「できます」というより、
それが標準のプログラミングスタイルになります。VC++の
ように、ダイアログベースのものだけは、コントロール貼りつけ
方式(?)プログラミングが可能、というものではありません。
この点がもっとも大きな違いになるでしょう。

また、
VC++の場合は、大抵の方はMFCを使うだろうと思いますが、
C++Builderの場合は、VCLというクラスライブラリを利用
できます。VCLはMFCよりもクラスライブラリとしての完成度
が高いという評判で、MFCがAPIをラップしただけのような
感じがあるのと違い、ツールとしてよくできているらしいです。
それから、BuilderはMFCをサポートしていますということ
ですので、おそらく、VC++からの移植は比較的容易なのでは?
と思います。(注:やったことはありません。推定です)

私はすこしだけしか使ったことはありませんでしたが、
非常に使い勝手がいいように感じました。
VC++なら結構手間をかけるようなことが、いとも簡単に
できたりして、ちょっと快感でした(^^
すくなくとも、VC++よりも、楽しくプログラミングが
できそうな感じでしたよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ